商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 三脚選びで商品撮影は楽になる

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影のための三脚選び
自社で商品撮影を行なっている場合、カメラを三脚に固定するケースも少なくないと思いますが、カメラをしっかり固定させる「三脚」は、カメラ選びと同じように吟味して頂きたい部分です。
しかし、実際に三脚を購入しようと思うと種類が多過ぎて迷ってしまうと思います。
今回は三脚選びの際に、必ず抑えておきたいポイントをご案内しますので、三脚選びの参考にして下さい。

まずは、常設する三脚(あまり持ち運ぶことはない)と屋外で使用することを目的とした2タイプの三脚を例にご説明します。

三脚のタイプ

カメラの重さを知りましょう
間違った三脚選びをしてしまうと、こんなことが起こります。
例えば、三脚にカメラを固定して、いざ撮影といった時に、カメラ+レンズの重量と三脚重量が合っていなくて、グラグラする・・
これでは三脚なのか一脚なのか分からなくなってしまいます(笑)

そこで最初に抑えておきたいポイントは「お持ちのカメラの重量(レンズ含む)」と三脚の「自重」+「耐荷重」です。
三脚の仕様を見ていくと必ず「自重」や「耐荷重」が明記されています。
一般的なカメラ+レンズの場合は総重量が2kg以上になることはまずありませんので、上記の三脚であれば「耐荷重」から見ればどちらでも大丈夫です。
しかし、「自重」から見ると少し注意が必要です。

理由としては、カメラ重量が1kgあったとして、三脚自体の重さ(自重)が1.4kgだった場合、上部(カメラが載っている部分)と下部(支える部分)の重さが近くなります。
当然ですが、三脚は脚を縮めた状態だけで使用することはないので、三脚の脚を全開に伸ばした状態であれば安定感は脚の長さに比例してなくなっていきます。
よく安価な三脚で「耐荷重」だけを見て購入してしまう人もいますが、自重の数値=三脚本来の役目(カメラを安定させる)と考えるべきです。
お気付きだと思いますが、上記の三脚って結構お値段高いですよね。
安価な三脚がダメとは言いませんが、カメラ部分よりも三脚の自重が軽い場合は、撮影者がカメラに触れただけでグラつく可能性があると考えるのが賢明です。

三脚の自重に関してはお持ちのカメラを調べてみて検討すると良いでしょう。
もちろんコンパクトデジカメでしたらカメラ自体が軽いので、安価な三脚でも問題ないと思います。

屋内と屋外で三脚選びは変わります
上記の画像に「常設向き」と「旅行向き」と記載していますが、単純に重量だけではありません。
通常、三脚のタイプには3段と4段タイプがありますが、それぞれパターン分けされている理由は「格納高」、つまりどれだけコンパクトに縮めることができるのかもポイントです。
三脚自体の安定感から見れば「3段タイプ」となりますが、その分自重がありますので重くなり持ち運ぶには苦労します。
対して4段タイプの魅力はフットワークとコンパクトに持ち運べるという点です。
例えば飛行機で旅行する際に機内持込みは60cm以上のものはできないので、4段タイプの格納高40cmであればどこでも持ち運べます。

三脚選びの順番を理解する

ここまでで三脚選びのポイントをご説明しましたが、高さや低さは考慮しなくていいのか?と疑問に思うかもしれませんが、「賢明な三脚選びは仕様を見る順番」です。
失敗しないためには、最低限この順番で絞り込んでいきましょう!
1:常設用か旅行用か?
2:カメラの重さと三脚の自重で安定するものかどうか?
3:撮りたいアングル(高さ)をカバーできるものかどうか?

こうすると三脚の種類もある程度は絞られてきますので、あとはブランドや材質、予算に合わせて最終決定することになります。

最後に、三脚は安いものは避けましょう(笑)
今はコンパクトデジカメで撮影していても将来的に一眼レフを使うかもしれないのなら絶対に良い三脚を1つは持っていて損は無いです。
三脚自体、プロの撮影でガンガンに使っても10年程度は使用できます。
品質の良いものを選定していき、最後に予算と考えるのがベターです。

ご参考までに・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション