商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. かかりつけの商品撮影サービスを見つけるメリット

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
料金が安いスタジオを選ぶメリットとデメリット
商品撮影サービスを行なう業者を撮影回毎にコロコロ変える。
撮影をオーダーする側にとっては料金や内容などによって業者を選択できることはメリットでもあります。
弊社でも「のりかえて割」などの広報活動を行なっていますので、業者を変えること自体は、なんら不自然ではないと考えます。

しかし、たまにこんなお客様がいます。

「今までのスタジオはモデル追加は無料だったよ」

どう思います?

当然、価格面ではできる限り努力は致しますが、弊社は弊社です(笑)
きっと価格交渉をしたかったのだとは思いますが、どこよりも安く・・うちは価格ドットコムではないので、料金設定は今までの業者さんと同じ又はそれ以下では対応できない場合もございます。
そもそも家電製品なら少しでも安い方がお得ですが、写真価格をどこで判断するかが重要だという事をお忘れなく。

例えば上記の例で言えば、全くオファーの無いモデルさんを無料で追加しても撮影側は、さほど痛くはないでしょう。
しかし、安いギャラで呼ばれるのであれば、正規に料金を払って頂ける顧客を優先したい。
これって経営者なら誰でもそう思いますよね(笑)

大概は一見のお客様に多い傾向で、ヨイショする訳ではありませんが、定期でオファーを頂けるクライアントほど無理な要求を提案された経験はありません。
商品撮影をトータル的に満足のいくサービスとして成立させるには、正直費用はかかります。
弊社が適正価格の商品撮影サービスをスローガンのようにしているのは、「他社の方が安い!」と言われてすぐに料金を改定するような業者にはなりたくないと考えています。
単純にお客様の立場になれば、「すぐに安くなってしまうのなら、初めから安い料金にしておいて!」と言いたくなりますよね(笑)

商品撮影サービスを行なう業者を撮影回毎にコロコロ変えてしまうのは、そうした優柔不断な料金プランを励行しているスタジオが存在するからかも・・
高い料金を請求するなら、その価格に見合うだけの写真とサービスを行なえばいいのです。
「安くしてくれたから良いスタジオだ!」、何とも悲しい業者選びです。

モデルコードでは、何度かオファーを頂いたクライントに対しては「撮影サンプル」を納品することがあります。
これは通常依頼された写真とは別に「こんな撮り方もあります」という提案写真で、もちろん無料です。
お客様が欲しくなる写真の提案は「かかりつけの撮影業者だからできるメリット」です。

頼んでもいないのに急に写真が多く納品されて驚かれる場合もありますが(笑)、目先のお金以外で繋がっていくサービス展開が「かかりつけ」ならではのメリットだと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション