商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 純正レンズの交換で商品撮影が変わる!?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
純正レンズを変えて商品撮影
デジタル一眼レフで商品撮影を行う時、どこのメーカーのレンズを使っていますか?
大半はカメラ購入時に付属されているレンズやカメラボディと同じメーカー(純正)のレンズを使っていると思います。
どこのレンズを買えばいいのかは、好みによりますので欲しいと感じるレンズで撮影すれば良いですが、どんな時に純正レンズから変えたいと思うのか、私の事例ですが参考程度にお読み下さい。

まずレンズといっても種類も様々で、細かく書けば膨大なテキスト量になるので、今回は単純にNikonから他社製シグマのレンズに変える動機を説明していきます。
同じ服で撮影された2枚の写真をご覧下さい。

純正と他社製レンズの比較
できれば同じモデル・同じ照明で試したかったのですが、感覚で捉えて下さいね(笑)
最近ではモデル撮影+単色の背景の場合は、シグマのレンズを使うことが増えてきています。
理由としては写真的に強さが出てくる、また人物や服の印象が綺麗に抜けてくる印象です・・(感覚です)

フィルムの頃からコダックカラーが好きだったので、ちょっとクセのある色合いやディテール感を求めるなら、あくまでも私の場合は、シグマ製のレンズの方が好みです。
決してNikon純正が悪い訳ではなく、正確な描写感はさすがの純正レンズです。
主に商品撮影では、トルソーや物撮りの説明写真などでは純正レンズを使っています。

とはいえカメラの設定で「コントラスト」や「彩度」など調整すれば良いと感じるかもしれませんが、商品撮影・・というか撮影時のカメラ側の色合いに関する設定は基本的に全くいじりません(ニュートラルな状態で常に撮りたいのです)。
ただでさえ写真撮影はWB、絞り、シャッタースピード、露出で写真に変化が生じるので、そこにプラスしてデジタル的な処理を加えて欲しくないと感じるオヤジ世代です(笑)
普通に考えればレンズレビューをしているサイトなどでカメラ側の設定が変わっているなら正確なレンズ性能など比較できる訳が無いと個人的に酷評を述べてみたり・・・

こうしたレンズによる描写の違いは写真を撮る行為で楽しい部分でもありますが、予算がかかる部分でもあります。
今持っているレンズから少し雰囲気を変えた写真を撮ってみたい場合は、店舗に行って実際に撮ってみることをオススメします。
カメラボディを持って行って、「試していい?」と聞くだけです。
家電量販店ではNGの場合もありますが、近くにカメラ(レンズ)メーカーのショールームがあるようなら持込みでテストはOKです。
いつものレンズと、テストするレンズで同じ写真を撮ってみて、描写の違いを比較するのがベストです。

あとは予算ですね~描写はすばらしくても冷汗が出る価格だったりするので、これが一番ネックです(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション