商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 動画撮影サービスの一覧

動画撮影サービス一覧

商品撮影のヒント集 > 動画撮影サービスのカテゴリー記事一覧となります。

引用元:モデルコード商品動画撮影サービス

サービス詳細ページ |http://www.model-code.com/movie-service/


今月から弊社も撮影ジャンルを静止画から動画(ムービー)分野にも進出を始めました。
新サービスということで、この記事内でもカテゴリーも新たに「撮影サービスの方向性」、「ネットショップの商品動画の在り方」について記述していきたいと思います。

動画の撮影サービスについては、実は当初は今年1月にはスタートする予定でしたが、大幅に遅れました(笑)
単に私のサイト編集に時間がかかったことも否めませんが、1番の要因は「他社と同じコンセプトならつまらない」と感じてしまったので、機材の見直しや通販業者様へのアプローチについて思考を巡らせていました。

機材面については現行の4K撮影ではなく、フルハイビジョンを想定しておりましたが、「どうせなら現在最高のものを」という思い立ちで機材も全て新たに導入しました。
また動画にできて静止画にはできないことは何か?要は「動く」ということですが(笑)、意外とテストを繰り返していると見えてきたことは「モデル力の必要性」です。
CM用では弊社のメインモデルを使っておりますが「ポージングができない人材だと動画はヤバいw」、これは他社さんでも動画サービスを始めようと思ってもできない理由の1つかもしれません。
静止画であれば、ポーズという点では、「撮影者側で指示して進行すること」ができますが、動画の場合は特長として「動きの連続性」から見ると「モデルとしての基礎力」が露呈してしまう可能性が大いにあります。

例えば、弊社のアシスタントを歩かせると「完全に素人が歩く状態」になりますが、モデルであれば「絵になる」。
当然のようで意外に現存する動画撮影サービスのモデルさんを探訪すると「素人が動く」というパターンが多いのではないでしょうか?
動画を想定していた訳ではありませんが、ポージングに関してうるさく言っていたことは、「動画撮影でも活きる」ことを痛感しました。

さて「モデルによる商品動画」、今後はどうなっていくのでしょう?
ここ2年程前から動画配信者なるものがクローズアップされ、消費者も動画コンテンツへの興味も強くなっていますが、既存の撮影業者を見てみれば、60秒ほどのムービーでも本格的なCM風の動画を作れば10万円以上と、高額になっていきます。
対して激安で撮影するムービーは、「写真でも伝わるものを動画にしただけ」という悲しい現実があります。

例えばモデルが棒立ちで、服の裏地を見せる、ぎこちなくその場で回転する・・・
こうしたムービー制作に予算を投じる意味や消費者に与える影響を考えると疑問を感じます。
「企画」→「構成」→「キャスティング」→「撮影」→「編集」この5つのポイントは業務(プロ)用でなければなりません。
単純にカメラ固定で動画を撮るのであれば、駆け出しのユーチューバーでもできてしまいます。

商品を魅力的に伝わりやすいイメージに変えていくことが、サービス提供者側には求められ、必須のミッションでもあります。
「ベストな状態の納品」を目指していきますので、モデル起用なども含めご相談頂ければ思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション