商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 動画撮影サービスの一覧

動画撮影サービス一覧

商品撮影のヒント集 > 動画撮影サービスのカテゴリー記事一覧となります。
楽天市場とYahooショッピングの商品動画の使用法
商品動画の使い方についてご質問頂きましたので、今回は主要ECモールの楽天市場とYahooショッピング出店ストアでの商品動画のアップロード及び扱い方の違いについて記載していきます。
まず、「なぜAmazonはないのか?」ですが、現時点でのAmazonでの商品動画使用については一般出品者での動画投稿には制限が設けられていますので、正式対応がされた段階でご説明させて頂きます。

では楽天市場とYahooショッピングでの動画投稿の方法をご案内します。
弊社にて撮影された商品動画のファイル形式については「MP4形式」となりますので、いずれのモールにも対応している動画フォーマットになります。
◇商品動画の撮影プラン

楽天市場での商品動画のアップロード方法

楽天市場の場合は、「外部サイトからのリンク(YoutubeなどからURLを埋め込み共有)」は基本NGとなっていますので、商品画像を扱う場合と同様に楽天RMSからの操作となります。
つまり自社の楽天サーバー内に動画をアップロードすることになります。

操作方法は簡単で、まずはRMS内の「動画登録」をクリックして「動画管理画面」に移動します。
画面左上の「新規動画アップロード」ボタンをクリックして、「動画の選択・入力画面」を立ち上げます。

「動画アップロード」ページ上にて、
1:PC内の動画ファイルを選択
2:アップロード先を指定(商品動画というフォルダを作っておくと分かりやすいです)
3:タイトルを入力(必ずキーワードを含めて記述する)
4:コメント入力(説明文ですが、ココもキーワードを散りばめます)
5:指定キーワード3つを入力

上記項目を記入したら「アップロード」ボタンをクリックします。
元の画面に戻りますので、「貼り付け用HTMLソース欄」を確認して、記載されている文字列をコピーします。

これで概ねの準備は完了ですので、次に商品ページに動画ソースを貼り付けていきます。
商品動画を追加する商品を選択して編集画面に移動します。

商品ページ設定枠内に「動画(HTMLソース)」の該当欄がありますので、そこに先ほどコピーした文字列をペーストして保存。
以上で、商品動画の設定は完了ですので、商品ページを確認して商品動画が表示されればOKです。

※Youtube外部リンクが可能という記事もありますが、動作の安定性を考えるとこの方法がベターだと思います。

Yahooショッピングでの商品動画の使用方法

Yahooショッピングの場合はグッと簡単になります。
まずはYoutube内に自社のチャンネルを開設します。(今回は開設していることを前提に記載)
Youtube内の管理画面から「商品動画」をアップロードします。
動画をアップロードすると個々の動画に「コンテンツID」が割り当てられますので、そこを確認・控えておきます。

「YouTube」のコンテンツIDは、
「YouTube」URLの「http://www.youtube.com/watch?v=」の=の後の部分となりますので覚えておきましょう。

参考例:「YouTube」URLが「http://www.youtube.com/watch?v=abcde12354」の場合、「YouTubeのコンテンツID」は、「abcde12354」となります。

コンテンツIDが分かっtら、Yahoo!ストアエディターにてタグを入力します。

1:ストアクリエイターProを開く
2:ストア構築へ移動
3:ページ編集へ移動
商品動画を挿入したいページの編集画面を開き、フリースペースや商品説明部分に次のタグを記載します。
商品動画用のタグID

※赤文字部分は動画毎の任意の「YouTubeのコンテンツID」となります。
※半角全角・スペースなど注意して記載して下さい。

これでYahooショッピングでの商品動画を使用したページが完成しますので確認してOKとなります。

最初の内は少し慣れない作業ですが、流れを覚えてしまえば難しい設定ではありません。
こうした作業を業者に依頼すると無駄に費用がかかってしまいますので、商品動画のアップロードや設定は自力でやっていきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
映像・動画編集ソフトの選び方
さて今回は動画編集ソフトの2巨塔(個人の見解ですw)であるAdobe Premiere ProとFinal Cut Pro X どちらが使いやすいのか?
先に結論を言ってしまうと私の場合WinもMacも長年業務で使っているのでいずれのソフトも問題なく触れ・使用上特に両ソフト共に文句はございません。
これを前提に「あえて粗を探せばどうなのか?」を参考にして読んで頂ければ幸いです。

映像分野で業界標準ソフトとなっているのは「Adobe Premiere Pro」となります。
今後本格的に映像を編集する、また業者間で動画編集ファイルなどをやり取りする予定があるのでしたら、この1択になると思います。
Adobe Premiere Proの場合は「アップデート」や「新機能追加」という点において、新機能を使う?使わない?は別として開発が止まるということは現段階では考えにくいのもメリットです。

対してAppleのFinal Cut Pro X は、最近のAppleの印象からするとAdobeと仲良しなのでw、Final Cut Pro X自体の開発を今後続けてくれるのか?という不安もあります。
しかし、Macを持っていて動画編集をしようとした場合、どんな動画ファイルでもバンバン取り込み編集するにはAdobeより若干キモになる動作が軽快な印象があります。
※Macのスペックを全部盛りした状況下です。
Mac使いで、初めて映像編集を行う人なら直感的に操作が分かりやすいFinal Cut Pro X をオススメします。
追記すると「Motion」の扱い易さはAffterEffectより触りやすかもしれません。

なるべく専門用語が出ないように書いておりますので、表現しにくいですが「MacならFinal Cut Pro X !・・でもPremiereもあるよ」、「WindowsベースならAdobe Premiere Pro」という感じで選択するのが適当かもしれません。

あとは価格の面でも大きな違いがあり、Adobe製品は「定額制」で、Appleは「買取制」です。
両方使っている立場からすると、4K以上の動画編集が今後必須となったタイミングでPremiere Proに完全移行して、Final Cut Proはその時のアップルの対応次第かな?と感じています。

現在編集しているMacでFinal Cut Pro Xの動作は快調ですが、MacのOSがバージョンアップするに従ってソフト面もキチンとサポートしてくれるのかが見極め時期かなと・・
細かな点を除けば両ソフトともに動画編集という流れ自体に大差はありませんが、「本格的」となった時にAdobe Premiere Proに傾くと思います。
「本格的とは?」例えばカラーグレーディングを詰めるなど、Adobe関連製品との連携をバンバンするということであればAdobe Premiere Proしかありません。
その他、実用上使う動画編集ソフトもありますが、業者以外使う必要はないソフトですので割愛します。

おまけですが、Macをお使いの方で動画編集をこれからチャレンジしたい!という人は「iMovie」から始めても良いでしょう。
ネットで調べると「酷評」も多いですが、基本的な映像編集であれば十分優秀なソフトですし、何より無料です。
編集ソフトも「高機能だから良い」という訳ではなく、「必要な機能が付いておいくら?」と選択していく方が賢明です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
youtubeで4K再生をする手順
弊社公式チャンネルにて公開中の商品動画撮影サービスのCMムービーの「4K再生」についてのご質問頂きましたので、補足説明させて頂きます。
4K映像での視聴に関しては、以下の手順にて「再生画質」を選択して頂くことで4K(ウルトラハイビジョン)」で視聴いただけます。

↓4K対応の動画CMとなります。


4Kでの視聴設定は参考画像をご参照下さい。
youtubeプレイヤー設定方法
お使いの端末によっては4K設定での再生ができない場合がございます。
スマホの場合はHD画質が標準となる場合がございますので、パソコン環境での視聴をお勧めします。

※4K設定にするとカクカクする原因は?
4K映像は非常に高画質のため、動画のデータサイズ・ビットレートも非常に高くなります。
お使いの通信環境の速度や再生端末(PC)によっては読み込みが間に合わず再生時にカクカクした動きになる場合があります。

少しスペックのあるPC+4K対応ディスプレイでご覧頂くと「圧巻の高解像度」なりますので髪の毛1本1本まで見えてきます。
エフェクト効果もすべて4K対応していますので、環境がある方は是非体感してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品動画の撮影方法の落とし穴

縦位置用に動画を撮影する危険性

商品動画の撮影サービスには「スマホに合わせた正方形での撮影・表示」を推奨するケースもあるようですが、個人的にはこうした仕様変更はオススメできません。
理由としては、現在の標準となっている16:9でのアスペクト比(画面比率)をわざわざ正方形の1:1や4:3にする意図を疑う。
発注があれば撮影は行いますが、スマホであれタブレットも縦位置で動画が見づらければユーザー側は自然と横位置に傾けるでしょう。
そもそもこうした端末は「フレキシブルであること」が特長であり、動画配信者側が「縦で見て!」と強制するのはナンセンスです。

しかし、商品動画を提供する側は「より商品を大きな映像で」という親切心からスマホ縦位置を想定していることも事実です。
16:9での映像と1:1の正方形映像・・悩みますよね(笑)
ネットショップによっては訪問客の大半が「スマホユーザー」である場合は、動画配信のアスペクト比は気にするようです。

縦位置用に特化した動画を配信する方法

では、いっそのこと「スマホ縦位置に特化した動画」の制作方法について少し記述していきます。
簡単に言ってしまえば「縦で見るのか?横で見るのか?」・・正方形の映像は中途半端だから使う側も迷うのです。
例えば縦位置で商品動画ページが表示された時に「最大化しなければならない」と直感的に感じればOKです。
横:縦の比率が16:9、これを90度回転させた動画を撮影して、スマホを縦位置で最大化した時に画面いっぱいに表示される動画にします。
少々わかりづらいので、下のサンプル画像をご覧ください。

縦位置での動画の表示例
左は「正方形の映像を最大化した状態」、対して右側は「縦長映像を作って最大化した状態」です。
いかがでしょうか?
明らかに見やすさは縦長映像の方だと思います。

問題点は、PC表示の場合や視聴者が最大化ボタンをタップせずに見た時は・・妙に小さい映像になります。
あくまでも「スマホを縦に持っているユーザーに特化させた場合」とご了承下さい。

ここまで読んで頂いた方は、感じて頂けると思いますが、こうした論争自体がそもそもくだらないのです(笑)
正攻法で16:9で撮影を行っていき、商品の見せたい部分は「映像をズームイン」したり「パン&チルト」していけば良いのです。
静止画と違い、動画はこうした抑揚をつけていくことができます。

つまり、正方形にこだわるということは「カメラが固定されている場合」であって、撮影者が商品の魅力を引き出すために動くことです。
決まったポジションからの撮影だけにこだわってしまうから、アスペクト比を気にしなければならなくなります。
本来の映像制作の現場では16:9を主軸としてカメラワークを考えるのは当然であり、個別の端末に向けて制作するのは極めて稀なケースです。
正方形の映像を推奨している場合、「カメラ自体が動いていない=映像の良さを理解していない」このことに依頼者が気づき、疑問を感じるべきでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
4Kムービーの商品撮影を考える

4K映像はもうすでに一般化している状況です

商品動画撮影における映像記録の解像度としての「4K(ヨンケイ)」と聞くと、「まだ先の話でしょ?」と感じる方も多いでしょう。
個人的にも制作分野に携わっている身として、周囲が盛んに4Kを意識したのは2年ほど前だと思います。
もちろん当時は「4K映像を見る機器」が普及していなかったという点に加え、4K映像を編集するマシン(PC)も「どの程度のスペックなら安定運用できるのか?」など業者内でも迷走していましたが、それも今は昔の話で通常のスタジオやデザインワークを行う業者なら設備的に4K編集は問題はありません。

ですがここで1つ問題なのは、「4Kムービーの意味」です。
一般の方にとって高解像度の4K映像は「フルハイビジョンの2倍」ということは知っていても、そもそも基準となるフルハイビジョンの解像度への理解も曖昧なはずです。
誤解を恐れずざっくり説明してしまうと「アナログ放送から地デジ」に変わるくらいの感覚だと思って頂くと分かりやすいと思います。
例えばアナログ放送と地デジを併用していた時期も「タテヨコの比率は変わったかな?」程度だったと思います。
今では4:3のアナログ映像は「昔っぽい」と感じるはずです。

分かりやすく例えましたが、普通にネットで動画を楽しむ場合でも自然と「4Kコンテンツ」を目にする機会が多くなったと思いませんか?
お持ちの端末で4Kムービを見れる環境がある方は、4K映像を体験してしまうとフルハイビジョンには戻れないと感じる人もいるでしょう。
逆に閲覧するディスプレイ環境によっては「大して差がない!」と感じる人もいるかもしれません。
高解像度の4K映像は、もう既に配信提供も進んでおり、珍しいものではありません。

4K映像は流行ではなく標準の規格となっています


4K対応テレビを量販店に見に行くと「まだまだ高価」で、「本当に普及するのか??」と思いがちですが、端末側の価格はメーカーさんに頑張って頂くとして(笑)、映像規格自体は対応端末の普及云々に関わらず標準となってきています。
4Kのみならず総務省のロードマップには2020年の東京オリンピックの2年前の2018年には8K(フルハイビジョンの4倍)の放送も開始するとしています。
これはどういうことかと言うと、「フルハイビジョン撮影は過去の産物になる」ということを示差しています。(ビデオテープ並の扱いになるでしょう)

一般家庭用の4K対応テレビの普及は遅くても、PC/スマホ市場における4Kディスプレイ化は1年も待たずに完了していくことでしょう。
そうした普及端末がある中で映像制作側が「過去の映像規格」にこだわるのはナンセンスで、積極的に高解像度化に向かうべきです。

YoutubeはもとよりアマゾンTVなど4K映像を視聴できる環境は既に提供されています。
商品撮影でこうした4K映像の撮影が必要かと問われれば答えは全力で「YES!」です(笑)。
理由は単純でAショップの動画コンテンツは「4K対応?またはNG?」と消費者が高解像度の映像を求め出した時に「対応している」、これだけで他社とのアドバンテージを獲得できる可能性が現時点ではあるからです。

小難しい内容になりましたが、4Kで撮影された映像はフルハイビジョンに変換することは可能ですが、撮影時にフルハイビジョンで撮られた映像素材は4Kアップグレードすることはできません。
要は4K撮影を標準にして映像素材を持っていれば、現状の映像コンテンツの解像度で困ることは無いということです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション