商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 用語集の一覧

用語集一覧

商品撮影のヒント集 > 用語集のカテゴリー記事一覧となります。
RAW現像とレタッチの違いはどこなのか?
デジタル一眼レフで撮影した写真に施す「デジタル現像」と「レタッチ」の違いご存知ですか?
まず「デジタル現像」と呼ばれる処理は「RAWファイル」として撮影されたデータの明るさや色調などの調整を施すことを言います。
よくJPEG画像でデジタル現像を行なう・・・という表現をされる方もいますが、あくまでもデジタル現像とはRAWファイル(カメラの撮像素子が捉えたままの状態)
正確にはこの段階では画像データとは呼べず、RGBの各色を調整してJPEGなどの拡張子になって初めて「画像データ」となります。
「でもネットプリントもできるからRAWも画像データじゃないの?」
ネットプリントなどでRAWを直接プリントするときに対応メーカーが記載されていても、それぞれのメーカーごとに微妙に色合いが変わるため、
プリント注文した段階で必ず画像データとして変換をしているはずです。(各メーカーRAWの拡張子は違います)

ではデジタル現像とレタッチの境界線はどこか?というと最近は難しいですが独自の見解でいきます(笑)
画像データとして処理されたものに手を加えれば、すべて「レタッチ」です。

次の画像を見ていただきましょう。
デジタル現像とレタッチ
左側の写真をRAWファイルからデジタル現像をしたと仮定します。
その後右の写真のように「顔の輪郭を調整する」、「腕を細くする」など明るさや色調には関係の無い部分を触ったらレタッチになります。

例えばJPEG画像の明るさを少し上げただけ・・これもレタッチ、つまりRAWファイルから完成した「画像データ」の処理に対してはすべてレタッチになる訳です。
しかし、この独自の見解でいくとRAWファイルの段階でソバカスを消すなどの処理はどうなるの?という疑問が湧きます。
表現的には「デジタル現像時のレタッチ処理」となるのです・・ややこしい(笑)

こうした言い回しもデジタル現像ができるソフトの機能が向上しているので、RAWファイルの劣化がしない特性を活かして積極的にレタッチができるようになっています。
表現として明確に区分けをするのが難しいですが、RAWファイルのRGBの三原色を決め、明るさや色調を調整する程度が「デジタル現像」、それ以上の手を加えることをレタッチと弊社のスタッフ内では呼んでいます・・他はどうなんでしょうね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
手ぶれ補正機能について
手ぶれ補正機能とは、その名の通り手持ちで写真を撮るときにブレを補正してくれる役立つ機能です。
手ぶれ補正にはレンズ側で補正を行なうタイプとカメラ本体(ボディ)側で補正をするタイプに分けられますが、今回は普及している「レンズ側の手ぶれ補正機能」についてご説明します。
まず、レンズに付いている手ぶれ補正機能のスイッチからご覧頂きます。
メーカー毎の手ぶれ補正機能のスイッチ
写真赤枠で囲った部分が手ぶれ補正機能のON/OFFスイッチで、メーカーによってそれぞれ呼称が異なります。
主なメーカー別のレンズ側の手ぶれ補正機能の名称
・ニコン:VR (Vibration Reduction)
・キャノン:IS (IMAGE STABILIZER)
・パナソニック:MEGA O.I.S(MEGA Optical Image Stabilizer)
・シグマ:OS (OPTICAL STABILIZER)
・タムロン:VC (Vibration Compensation)

いずれも機能としては同等のものとなります。
手ぶれ補正機能は常にオンの状態の方がいい?

本来フィルムカメラを使用する場合はこうした「手ぶれ補正機能」はありません。
カメラを構える際は脇をしっかり締めたり、三脚、一脚などを使用してブレないように固定します。
三脚などを用いたからといって完全にブレを防ぐことはできませんが、個人的には手ぶれ補正機能はオフにしてしまいます。
手ぶれ補正機能は「人間が手持ちで撮影したときに機能する」ように設定されていて、三脚などで固定されてる状態を意味していることではありません。
また三脚で固定して撮る場面を想定すると「少しでも良い画質」を求めるので、手ぶれ補正機能によってレンズ性能が一番出る箇所を外される可能性を排除しています。
最近のレンズでは性能も上がっているのであまり見かけませんが、「手ぶれ補正機能を使うと画質が少し低下する」というのが一昔前の定説だったので、そのなごりでクセになってしまっているのかもしれません。

あとは、シャッタースピード自体が早い場合、「そもそも手ぶれすることが無い状態」です。
1/500秒でシャッターが切れる環境でブレるようなら、それは「カメラの構え方の問題」で解決できるハズですので、こうした状況の場合もオフにしています。
手ぶれ補正機能による画質の低下説は賛否両論ありますが、クラシックカメラも愛用してる場合は、「カメラやレンズ本来の画」を求める人もいると思うので少し気にしてTPOに合わせた手ぶれ補正機能のON/OFFを考えてみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボケ味のある写真・・というと写真の表現としてよく使われる言葉ですがこうした写真の雰囲気を決める要素は「被写界深度(ひしゃかいしんど)」で、商品のイメージ撮影においてカメラマンの個性が出る部分です。
では被写界深度とは何かというと「ピントの合っている距離の範囲」のことを指します。

少し分かりづらいので被写界深度については次の写真を見ていただくと分かりやすいと思います。
被写界深度のサンプル写真
左側の写真はピントが全体的に合っているのに対して、右側はピントがあっている範囲は一部分です。
こうしてピントが合っている範囲が狭くなれば写真の中で「ボケた部分」が多くなり、逆にピントの合っている範囲が大きくなると「ハッキリした部分」が大きくなります。

こうした原理を利用してカメラマンはイメージ性のある商品撮影を行う場合、レンズやF値などを考慮して被写界深度をコントロールしています。

では「人物撮影の被写界深度はどう考えたらいいのか?」

基本的な原理は同じですので、人物(商品)全体をしっかり写したいので「被写界深度は深く(F値を高く)」すると考えがちですが、被写界深度を理解する上で重要なのは「ピントの合っている距離の範囲」です。
そもそも白背景ペーパーを使うのであれば、人物と背景との距離があっても関係ないのですが、壁紙などを背景にした場合、主役をしっかり写したいことばかりに気を取られて被写界深度を深くすれば人物も背景もクッキリ写ってしまい「趣のあるボケ味」は無くなっていきます。
ここで考えるのが「ピントの合っている距離の範囲」なので、ボケ味を活かした写真を撮るなら人物はハッキリ!、背景はボケる!被写界深度を探すことになります。
どこまで「背景をボカすか?」が「個性」となります。

カメラの設定にはこうした被写界深度を簡単にコントールできるように「絞り優先モード」がありますので、実際に撮影してみて被写界深度による「ボケ感の違い」を感じながら写真の仕上がりを楽しむこともできます。

商品撮影においての被写界深度の調整は「商品を引き出して余分なものはボカしていく効果」があるので、パッと商品写真を見たときに「主役はコレ!」と伝える効果を出したい時に非常に役立ちます。
こうした被写界深度の効果は使用するレンズによっても変わりますが、もし同じ絞り(F値)で被写界深度だけを変えたいのであれば、主役と背景との距離を大きく(離す)してボケ具合を調整することもできます。

よくボケ味だけを追求するあまりカメラの設定をコロコロ変える人もいますが、屋外などで人物撮影をする場合は、「背景との距離感」を意識するだけで雰囲気の違う撮影ができますので、被写界深度の前提は「ピントの合っている距離の範囲」だと考えましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Web用の画像解像度の勘違い
写真や画像に関する用語でよく耳にする「画像解像度」、カタログなどの紙媒体での写真を依頼する場合に「解像度は350dpiでいいですか?」と聞かれた人もいるのではないでしょうか?
商品撮影を行なっているスタジオも「web用の解像度72dpi、印刷用350dpi」などの表記がされています。

何となく画像解像度は高い方が綺麗!、引き伸ばしたり(拡大)した場合は、画像解像度がないとダメ!・・
こんな言葉の使い方してませんでしょうか?
では実際にWeb用に使う際に、画像解像度の違いが出るのか検証してみましょう。
dpiを変えた画像解像度の違い
まずは、全く同じ画像を72dpi、350dpiで書き出してあります。
比較してみても何の違いもありません。

では、写真の1箇所をグンと拡大したら画像解像度の違いで、「ぼやけ方」に違いが絶対出るハズ!!
拡大した時の画像解像度の違い
いかがでしょう?まったく変化がありませんよね(笑)
ではなぜ、web用と印刷用とで解像度の区別が必要なのでしょうか?

難しい解説は抜きにしますが、もともとweb用と印刷用では解像度の認識が違うと理解して下さい。
webは(dot by dot)ドットバイドット、印刷はdots per inch(ドットパーインチ)・・ややこしいですねw

簡単に説明するとWebの場合は「画像のサイズしかみていない」と考えちゃってOK!
ですので、上記検証画像のように解像度が高い、低い関わらず、拡大すれば同じようにボケます。
極端な話ですが、Web用であれば画像解像度は「1dpi」というふざけた数字でも下記のような画像になります。
解像度の最小値サンプル
お分かりですね(笑)

サイト用で使う画像を「高解像度で下さい!」と表現する方がいますが、それは間違いで、「大きなサイズで下さい」が正しい言い方です。
また「ブログの私の写真の解像度が悪くて・・」なんてのも言い間違い・・引き伸ばしたサイズでおかしい画像なのです(笑)

但し印刷用の場合は、解像度に関する決まり毎が適用される部分ですので、dpi数値が高ければ、高解像度となります。
正確には、引き伸ばしても解像度が良いということですが・・・

ここの話題はまた別の機会にでも記載します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ISO感度について
デジタル一眼レフカメラでの撮影で「ISO感度」という項目があります。
端的に言ってしまえば、「ISO感度の数字を上げると明るく撮れる」のですが、絞りやシャッタースピードで明るさを変えることとはと違います。

もともとISO感度という用語は、ASA感度(アメリカ基準)、DIN感度(ドイツ基準)があり、古いフィルムだとASA「100」とかDIN「21°」とか記載されたものもあります。
ご覧の通り、表記が異なると使う方は「ややこしい」ので、ISO表記に変わりました。
たまにデジタル一眼カメラの取扱い説明書に記載されている「ISO 200/24°相当」とはASA200、DIN24°という意味です。

現在では各社メーカーもDIN表示は省略してISO200とかの表示になっています。
フィルムのISO感度の表示
さてさてISO感度ですがフィルムの話でお気付きだと思いますが、本来はフィルムによって光を捉える感度を変えていたわけですが、デジタルになってフィルムから撮影素子(センサー)によって感度を変えるようになり、そのなごりとしてISO感度の設定項目があります(○○相当)というのはフィルムの感度換算の意味です。

このISO感度の設定は、デジタルカメラ初心者の方にとっても非常に役立つ機能です。
理由としては、カメラの設定でつまづく要因上位の「絞りやシャッタースピードの関係」は数字の計算が少々ややこしく、どちらで明るさを調整するか迷う人も多いと思いますが、ISO感度は感覚的に写真の明るさを変えることができます。
例えば、手持ちで「F8・シャッタースピード1/60」・・この設定で撮りたいけど、手ブレが不安な場合はISO感度を上げれば倍のシャッタースピードで撮れることになる。
つまりISO感度とシャッタースピードの関係はISO100から200に上げれば、シャッタースピード1/60→1/125で手持ちで撮れるので計算が単純ですね。
ISO感度は数字を上げ過ぎると画質が粗くなることもあるので、お持ちのカメラのノイズが出ない限界感度を知っておくと良いです。

すごく便利なISO感度ですが、デメリットも当然あり、各カメラには「ISOの常用感度(一番そのカメラで綺麗に撮れる値)」があり、数字が低いほどカメラ性能を活かしたものになります・・と書きたいところですが、最近は常用感度がISO100~16000くらいのものが多く、ドデカく紙に印刷する目的以外での使用であれば気にすることはないかもしれません。
個人的にはISO800くらいまでが、どのカメラでも合格ラインのノイズ感のような気がしますが・・(熱い論争になりそうですねw)

根本的にフィルム時代との大きな違いはデジタルカメラでISO感度を上げることは、電気信号を増幅させていくことですの、その分ノイズも増幅されてノイズが増える点ではどのデジタル一眼カメラでも起こる現象です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション