商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 機材とテクニックの一覧

機材とテクニック一覧

商品撮影のヒント集 > 機材とテクニックのカテゴリー記事一覧となります。
シグマのレンズで撮影テスト
デジタル一眼レフカメラの交換レンズ、もちろんメーカー純正のレンズというのが相性から言うとベストな選択ですが、狙っているレンズによってはかなり高額になっていきます。
カメラを始めた頃の実体験として、高価な純正レンズには手が出せず同じような機能を持つ「純正の廉価版レンズ」をいくつも揃えてしまったことがあります。
結果どうなったかといえば「あまりレンズ交換で変化を感じることができない」というお粗末な状態になります。

最近ではレンズにも恵まれてると感じますが、一般の方の場合、すぐにハイスペックなレンズを購入するには躊躇してしまうでしょう。
そこで今回は、サードパーティ製のレンズの「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」を使ってストロボ撮影をしてみました。
既に弊社の公開した写真で閲覧頂いた方もいるとお思いますが、この写真はニコンDXフォーマットにSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを装着して撮影したものです。

撮影サンプル
シグマのレンズとというと、「色ノリにクセがある」という評価も多いですが、撮ってみた印象は「寒色が強い傾向」があるかなといった感じです。
特徴があるレンズは特徴に合わせて照明を当てると、スキっとした印象の仕上がりになるような・・
では商品撮影に使うレンズとしてこのSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMはどうなのか?
結論としては「お好きなように(笑)」という感じです。

基本的に私の場合、ニコンならニッコールレンズとの組み合わせで納品する写真は撮っています。
理由としては、「色合いの微妙な再現」を優先したいからです。
ですので今回ニコンのボディにシグマのレンズなので「多少の違和感」は想定内です。
もしかしたらシグマのカメラボディに同じレンズを装着したら、結果は変わることは明白でしょう。

こうしたサードパーティ製のレンズの評価というのは単純に「レンズ相性を無視して良し悪しを決めるのはどうなのかな?」と感じます。
例えるなら「高音質がウリのハイレゾ音源を1000円のスピーカーで視聴して評価するのと似てるような・・」
少し話が逸れましたが「レンズは使用カメラのボディとの相性」さらに言えば「カメラ側の設定値や撮影環境」によっても写真の仕上がりは変わります。

レンズ購入前に他の人が撮った写真サンプルを参考にしても意味は無い。
サンプル写真と同じ場所や時間帯+同じカメラで設定値も合わせて撮ることはないのです(笑)
「どれくらいの明るさで何ミリのレンズが欲しいのか?」そこだけは自分で決めて、あとは自分が所有するカメラとの組み合わで仕上がりを理想に近づける設定値を見つける。
これも写真撮影の楽しみでもあります。

高価なレンズと安価なレンズ、内容的には決定的に描写の違いはありますが、どんなレンズでも使い込めば愛着は湧くものです。
今回のサンプル写真を見て「シグマのレンズ良いかも?」と感じた人は、すぐにレンズ購入はせずにちょっと立ち止まって考えてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージセンサーのゴミの除去
写真撮影をしていて、仕上がった画像を見た時に「ゴミ発見!」なんてことはよくある話で、機材のメンテナンスは撮影前に必ずしましょう!
というのは誰でも分かる予防策ですが、撮影中にイメージセンサー上にゴミの混入を発見してしまうとテンション下がりますよね(笑)

付着して時間が経っていないただのホコリ程度であれば、ブロアーでなんとかなることもありますが、意外としつこいホコリってあります。
出張先でこうしたゴミやホコリを見つけてしまうと対処できなかったりして、後で加工ソフトでゴミ消し・・大量に撮影してたりすると意外と厄介です。
こうした突発的なゴミや埃の混入時の簡単な対処方法を今回はご紹介します。

まず写真を撮った時の写ってしまうゴミ・・果たしてレンズなのかイメージセンサーなのか?
ゴミの出処を探しましょう!

最初にやって頂きたいのは「レンズを変えてみる」ことです。
ゴミが写り込むとすぐにカメラ内部への混入を疑ってしまいがちですが、レンズの後面、つまりカメラにガチャとはまっている側のレンズ面にゴミが付いていることもあるので、とにかく「レンズを変える」そしてもう1度テスト撮影してみましょう。

それでもやはり「ゴミがある」と判断できれば、次にカメラ機能の「イメージセンサークリーニング(ニコンの場合)」を数度実行して試します。
これで除去されしまえばハッピーですが、まだゴミがある・・・いよいよイメージセンサーを見ていきます。

ミラーレス以外の場合は、イメージセンサーが露出する設定がありますので、まずはカメラボディのレンズ差し込み口を下にして露出させます。
そして軽くブロアーで吹いてみましょう。
一旦、レンズを戻してテスト撮影します。・・・でもゴミがある・・(汗

そうしたら、今度はカメラ、レンズのオートフォーカス設定を「マニュアル」にして「絞り優先モード」にします。
F値は22で固定してA4程度の真っ白い紙を画面全体に広がるようにしてシャッターを切ります。
この時ピントは合わせなくてもOK、シャッターが切れれば大丈夫です。

センサーのゴミと確認方法
さて撮影した画像を見てみると、ゴミを確認できると思います。
この画像を参考にイメージセンサーにブロアーを吹くわけですが、写っているゴミの場所がイメージセンサーのどこの位置にあるかを確認してピンポイントでブロアーを吹くようにしましょう。
出張先や屋外でこの作業を行う時は、極力無駄にブロアーを吹いて余計なゴミや埃を拾ってしまわないようにするためです。
もちろんカメラのレンズ差し込み口は下向きですよ!!

時間が経過して付着したゴミは厳しいですが、撮影中に急に現れたゴミであれば、この工程である程度は除去できます。
しかし、これでも除去できない場合は、指でセンサーを・・・そんなことは厳禁です(笑)

予防策となってしまいますが、ペンタックスから発売されているイメージセンサークリーニングキットというものがあります。


先端が粘着質になっていてペタッとゴミが引っ付きます。
ペンタックスだけにペンタっと付きます(笑)
冗談はさておき、かさばるものでもございませんので、撮影の時は持っていると安心です。

くれぐれもこれは自己責任の応急処置です。
定期的にメーカーに持っていけば安価に綺麗にイメージセンサーは掃除してくれるので、メンテナンスは忘れないようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初心者が高級カメラを買ってもいいのか?
写真を始めたばかりの人が、いわゆる高級機のカメラやレンズを持っているとどう感じますか?

カメラ好きやマニアにとっては「オーバースペックだ!」、「最初は扱い易い方がいい」、「そんなハイスペックで何撮るの??」など悲観的な意見が出そうですが、個人的には、「何の問題もない」と感じます(笑)
予算が許すのであれば、最初に物凄く高価なカメラを買ってしまうのは、アリです♪

理由としては、今のデジタル一眼レフの解像度などを考えると、L版程度でプリント写真を楽しむのであれば、ずっと使い続けることができるでしょう。
カメラみたいな道具は、「持つ人のテンション」で選べば良いと思っているので、入門機とかプロ志向など考えずに買ってしまいましょう。
そもそも入門機とかプロ機とか決めてしまう感覚が微妙ですw

また、カメラを初めて買うと絶対に起こる衝動・・・それは「さらに良いカメラを求める病w」
こうした衝動を劇的に無くすには、初回のカメラを圧倒的に高級機にしてしまうのも予防手段かもしれません。
「一生もののカメラ」は存在しないかもしれませんが、万が一、高級カメラを手放す(売って買い換える)時でも、中級クラスのカメラ程度であれば引き換えは容易です。

機材としてのカメラを考えると、一定の金額を超えた機種というのは「撮影者を満足させる何か」は必ずあります。
もし、手堅く安価な入門機を買って「スマホ写真と変わらない・・」と凹むよりは、ガツンと描写の違いを感じることは「撮影意欲」にも繋がります。

どういう写真が撮りたいか分からない・・とか、カメラのことはよく知らない・・でも高級カメラが欲しい!理由はそれで十分です。
持ってるだけでカッコいいから買った(笑)賞賛すべきですw

こうした機材に対する考え方はそれぞれですが、個人的には「良い物買って、不要になればヤフオクで売れば何とかなるw」こんな単純回路で考えているので、その時(時代)に良いとされているカメラで撮るというのは、撮影対象となる業界的にも歓迎されることだと感じています。

カメラというのは、スペックよりも形状やシャッター音など好きになるポイントはたくさんあります。
「好きなカメラで撮る」こうすることで写真に愛情も注げることでしょう。

初心者に高級機は難しいとか考えず、・・そもそも初心者ならカメラの事自体が難しいはずですので、そこに高級カメラの多機能部分での難しいが少しプラスされる程度です。
入門機を買って、年月と共にレンズ、カメラの機種変更を繰り返していって、最終的には高級カメラを買うのであれば、トータル的なカメラライフを考えると、初めから高級カメラ購入で勝負した方がおサイフ的にも優しいかもしれませんよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影モデル画像を補正するテクニック
ぽっちゃり体型のモデル写真をスタイル抜群の写真に変える!
こう書いてしまうと、デジタル処理の高等テクニックのように感じるかもしれませんが、実はさほど難しい処理ではありません。
どんな時に使うのかといえば、商品撮影のパーツ画像などです。

例えばカタログで出版する「ストッキングの着用画像」など、理想の脚の細さってクライアント毎に変わります。
理想の脚を持つモデルを探すのがベストですが、1カットだけ使用するためにモデルを追加する・・そんな経費の無駄は嫌ですよね(笑)

では実際に撮影した後に体型を変えるフォトショップの使い方を今回は見ていきましょう。
まずは画像を見て頂いた方が早いので、補正前後を比べてみてください。

モデル写真の補正サンプル
左は「補正なし」で右側は“くびれ”を強調して少しバストアップしています。
元からスタイルは悪くない参考画像ですが、フォトショップでここまでは簡単にできてしまいます。

実際の作業方法はこうなります。
フォトショップのメニューから「ゆがみ」をクリックします。
そうすると画面が切り替わって、補正画面になります。

撮影写真の補正手順
慣れていない方は、まず「左側のツール」で「縮小ツール」、そして右側の「ツールオプション」で、ブラシサイズ150、ブラシ密度50、流量20くらいにして、スタイルを補正したい箇所を軽くクリックしながら輪郭を調整していきます。
この動作を繰り返して、違和感の無いように調整して、納得のいく状態になったら「OK」で閉じます。
ハイ、出来上がり(笑)簡単です!

誤解のないように記載しますが、弊社のモデルリストの画像はスタイル補正は一切行っていないのでご安心くださいw
こうしたテクニックは「標準を目指す説明写真」にはちょくちょく利用される補正方法です。
手タレ、脚タレなどパーツ専門モデルさんを使うのも1つの方法ですが、今の時代はこうしたデジタル処理が出来てしまうから怖いですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加



高解像度モニターでの写真現像、またiMac Retina 5K displayネタで申し訳ないですが、しばらくアドビのLightroomで写真現像を行ってみてのご報告です。
特にこうした高解像度のモニターで写真を見ましょう!とお勧めしている訳ではなく、ネットショップで写真を扱う担当者様の参考になればと思います。

写真の現像についてですが、iMac Retina 5Kの雑感としては、今まで使っていたモニター(FHDサイズ)で現像するとテンションが落ちる・・という心理的変化が起こっています。
既存のモニターも決して安いものではなくEIZOさんのカラーエッジなので色への信頼度としては満足しています。
しかし、今どんな状況になっているかというと、iMac Retina 5Kで現像を行い、EIZOで最終チェックして納品している感じになっています。
多分、時間をみつけてiMac Retina 5Kのカラマネをしっかりして、単体で納品までもっていく計画です。

マックが飛び抜けて良いとは感じませんが、パソコンのスペックと高解像度モニターによって写真を見る目が変わる感じがしています。
例えば、お使いの一眼レフカメラが入門機(エントリーモデル)ということであれば、ほぼ等倍でモニター上で写真を見ることもできるため、編集作業は体感できる程に早くなります。
ページ制作の場合でも、モニター上の作業エリアが広くなるため、やたらとスクロールすることなくページ全体を把握しながらの編集も可能です。

撮影写真の編集の場合は、1件あたりで1000枚以上のカットをセレクトしていく時の写真チェックに要する時間は劇的に早くなりました。
拡大して詳細をぐるぐるマウスで拡大部分を移動して・・などの地味な時間が短縮されます。

但し、注意していただきたいのは「高解像度ではあっても色の再現性は絶対ではない」ということです。
こうしたモニターで見ている側は「綺麗!」と感じていても一般向けモニターで見た時の「色の再現性」は考えないといけません。
要は高解像度且つ、カラーマネージメント処理を適正に行っておくことです。

先述した通り、最後にEIZOのモニターで確認しているのも「綺麗すぎて怖い」というA型の性格が出ています(笑)
メリットとしては恩恵が大きいのは間違いありませんが、単純に解像感だけで納得してしまうのは危険な気もします。

結論としては「高解像度モニターは安いものを選ばない」これが今のベストな選択です。
知人のDELLの4Kモニターで写真を見せてもらうと、やはり「色合い」という点でかなりiMacとは異なります。

撮影した写真を趣味で楽しむ場合は、それほど心配することはありませんが、業務で写真を見せる、またはネットショップ等で販売するための写真を見るモニターとしては高解像度+色合いのバランス(調整できるかどうか)は大切なポイントです。

とはいえ、こうしたモニター選定の前提は何も4Kor高解像度に限らず「色の再現性」には常に気を遣った方が無難ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション