商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 機材とテクニックの一覧

機材とテクニック一覧

商品撮影のヒント集 > 機材とテクニックのカテゴリー記事一覧となります。
撮影レンズを決める5つの要素
初めて一眼レフカメラのレンズを追加を検討する人の中で多いのが「標準ズーム」に「単焦点レンズ」を買い足すケースですが、何を求めてレンズを変えるのか?
今回は単純にF値が明るいからという理由だけではなく、実際に撮影レンズを決める上で大切な5つの要素を紹介しますので、ご参考頂ければと思います。

まずレンズに求めるものは何か?
人によっては、焦点距離や画角を重視して表現力は重視しないというパターンもあるでしょう。
しかし、レンズの最大の特徴である表現力をしっかり吟味しておかなければ、広角で撮れるようになったけど、「写真がのっぺりした」などの購入後の後悔にも繋がるので気を付けたいものです。
では早速、レンズ表現とは何か?個別に見ていきましょう。

発色の要素を考える


発色
発色に優れたレンズとは単に鮮やかということではなく、撮影対象物の「本来の色」を忠実に再現に加えて鮮やかさが表現できるのか?という点で重要な要素です。
例えば同じような仕様のレンズで同じ真っ白な被写体を撮影した時に、いずれかのレンズで撮ると白色が少し黄色が滲んだように見える「色の濁り」やカラフルな被写体を撮った時に生じる「色かぶり」もレンズ個々の表現特性ともいえます。
被写体の色彩を美しく撮ることは風景写真を主に撮る人は、特に気を付けたい部分です。
レンズにどのようなコーティングがされているのか?これで発色は決まります。

明暗差のコントラスト


コントラスト
俗にいう「メリハリ感のあるレンズなのか?」コントラスト表現は、最近のカメラではカメラ内蔵設定でも行えますが、現状は単純に明暗差を強調したコントラストという印象があります。
レンズ上のコントラストは明暗差をスキっと再現すること+「ヌケ感が良い」というのもチェックしておきたい要素です。
活字にすると難しいのですが、太陽光の下で撮影した写真の陰影の濃淡に奥行きがあるような感覚で捉えて頂きたい。
メリハリに情緒があるというか・・
機会があったら撮り比べをしてみます(笑)

雰囲気を再現する階調


階調表現
雰囲気をと書きましたが、撮影時の空気が撮れるわけではなくw、薄いグラデーションや影の部分のトーン変化などの「滑らかさ」の具合です。
例えば夕焼けの空を撮った写真でオレンジ色からグレーにグラデーション発色している部分がキッパリと色の境界線が目立つようなら「滑らか」ではありませんよね。
あえて活字で描写するのでしたら「ニュアンスを豊富に含んだ写真」が撮れるレンズと言えます。
写真に写るカラーは単色ではなく「黒の中にもどんな黒の集合体なのか?」というディテール色があると覚えてしまいましょう。

みんな大好き解像度


解像感
レンズを語る時に意見が多い、「写真の解像度!」カメラマニアは大好きですよね(笑)
例に漏れず私も大好きですが、どこまで細部を精細に美しく撮れるレンズなのか?これはレンズ選びの醍醐味です。
よくサンプルで登場するのが動物の毛並みの1本1本まで再現できているか?、精細な表現の中に滲みがないか?など解像度とはシャープさの追求でもあります。
F値を上げればシャープになるでしょ!と思う方もいるかもしれませんが、良いレンズは開放で撮った時の解像感は鳥肌モノです。
絞りの調整ではなくレンズの解像感とは “通し” で撮っても満足の得られるシャープさときめ細やかな美しさがあるものだとお考え下さい。

ボケ味の美しさにこだわる


ボケ味
解像度と密接に関わるボケ味、このボケ感は、撮影した被写体のピントが合った部分の前後に生まれ、主題を明確にする役目とイメージの演出には欠かせないものです。
主題には解像感が求められボケ味には写真を見る人の想像力を掻き立てる効果もあります。
抽象的な言葉はさておき、このボケ味を決めるにはレンズ個々の収差や絞り羽根の枚数や構成によって、ボケ味の好き嫌いが分かれます。
ボケ味の特性として光が円状になる「玉ボケ」や「柔らかいボケ」が好まれますが、個人的にはボケ味に正解はなく、主題が引き立つのであればどんなボケ感で美しいと思います。
円形のボケが好きな人は、レンズを前から覗いて羽の形状を確認して、羽が重なりあってできる中央の穴の部分が「円に近い」ものを選べば、「玉ボケ」しやすくなりますよ。

以上が、撮影レンズを決める5つの要素ですが、当然レンズには価格や性能にそれぞれ個性があり、万能なレンズは存在しません。
しかし、これらの要素はレンズを決める上で重要であり、撮影後の満足感に関係するポイントです。
レンズを購入する時は、カメラやレンズメーカーのショールーム等に行って、実際にお持ちのカメラに装着して試し撮りをしてみても良いでしょう。
あとは値段との相談ですね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ロケハンや撮影に持ち出すイヤフォン
電車通勤などをされている方は、スマホで音楽聴きながら・・なんてことも多いと思いますが、私の場合ブラっとスナップ写真を撮りに行く時やロケハンなどに出掛ける時には、スマホで音楽聴きながら♪ぶらぶら妄想を立てたりします。
で、今回はイヤホンタイプのヘッドフォンのお話・・

どうでもいいことですが、個人的に撮影などで持ち運ぶ時のヘッドフォンは、昭和の雰囲気バリバリのaiwaのものを使っています。
今はこのメーカー自体も吸収されてしまいましたが、「これに替わる良い物がない」と感じています。
で、実際に使っているアイテムはこれです。

撮影のお供のグッズ
キズがひどいのでモノクロで申し訳ないですが、見て頂きたいのは「収納ケース」です。
購入当時(約20年前)の世の中は、こんな収納ケースに入っているのが一般的でした。
今は本体だけ売っているパターンが多く、ケースとかコードのウネウネを何とかするにはクリップなどを別途買っていますよね。

でも、正直バックに入れておくと、絡まったり、コードがゴム素材だったりするとゴミやホコリで汚くなります。
潔癖症ではありませんが(笑)、スマートじゃない・・

これだと、コードも簡単に巻き取れて、出す時もコードがいつもピンと張った状態で、結果ここまで長持ちしているのだと思います。
昭和の製品もバカにできないものです。

現在は音質や軽さやデザインは遥かにカッコよくなったかもしれませんが、大事なのは「機能性」で、撮影などで使う場合はカメラとイヤフォンだけではなく、コードが多いグッズもバックには入るので「スッと出せて撮影に集中する」には、コンパクトでスマートに限る。
無駄にイヤフォンを買っては止めてを繰り返していますが、最終的にコレになります。

唯一不満があるとすれば「Bluetooth対応ではない」ことですが、昭和のものですので仕方がありません(笑)
スマートに持ち運ぶという意味ではこうした昭和な収納ケースなど不要なのかもしれませんが、「無くして欲しくない機能」というのはある訳で、これはカメラ業界も同じです。

便利になるだろうと想定した機能が登場する影に「割愛された機能」があったり、実は撮影現場では割愛された機能を多用してたりして、仕方なくカメラメーカーを切り替えるなんてことはよくある話です。

写真を撮る目的でのカメラに関してもう少し触れるなら、画質や解像度の面では正直なところ現在どのメーカーであっても「綺麗に撮れる」、というより人間が使う用途としては中身的なものは十分満たされていると感じています。
こぞって各種メーカーは「不要な使い勝手のこだわり機能」や「ありえないシュチュエーションでも撮れる機能」などPRポイントを必死に探しているようにも思えます。

時代とともに電子機器は変化する事自体は避けられないですが、「必要か不要か?」を見極める感覚は常に持っておきたいものですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加


先週末にいよいよiPhone 6s/iPhone 6splusが発売開始されましたね。
iPhone 6をスルーして今回は、「替えようかな?」と思ってましたが、スルーしました(笑)
というかアンドロイドの方に気持ちが傾く今日この頃です・・

iPhoneについては、毎年恒例行事のように話題に挙がる端末ですが、毎年感じる「また独壇場なのね」という残念な気持ち。
先日iPad proについては褒め過ぎ状態でしたが、iPhone 6s・・何がいいのでしょうね(笑)
カメラ機能の向上で撮影写真が綺麗になったとか、解像度も向上したなど進歩はあります。
進歩は大事ですが、アップルには他の目線で進歩して欲しかったのが正直な所です。

カメラ画質については、何度もこのブログでも書いていますが、「インスタグラム」程度の写真をバンバン撮るといっても、この程度の向上は、アンドロイド系の後追いでしかなく、きっと日常で画質の違いでの恩恵や感動を覚えることはまずないでしょう。
加えて4K動画の撮影についても、RAMが2GBの弱さを感じることや、4K自体30秒も撮影すればファイル容量は400~500MB程度にもなる。
SDなどの外部ストレージを利用できないiphoneでは実用的ではない(笑)

いやいや、「3D Touch(押しこむ操作)」があるじゃないか!
これって若者世代はいいですが、おじさん、おばさんのスマホの操作をアップルは考えているのだろうか?と疑う機能。
そもそも年配の人は、「押しこむ動作」をしがちです、そうです!毎日が3D Touchなのです(笑)
普通にメールアプリを立ち上げる時も「グッ」と押しこむ・・
スマホが登場した時は「押し込まなくていいんですよ~」と教えられたオジサマ達も多いでしょう。
もし、この世代が「3D Touch」を搭載したら、誤作動のオンパレードです(笑)
管理画面で「3D Touch」をオフにすることぐらいできただろうに・・・
「誰もが使いやすい端末」今はなきCEOは言っていましたよね・・

私見的にはデザイン的にも前機種を見事に踏襲して何の魅力もないままですので、スペックだけ見れば、グッと価格も安く、高機能なアンドロイド系に興味を持っていかれるのは自然なのかなと感じています。

業界的な話で言えば、デザイナー仲間でもアップル離れが進んだ時期がありました。
正直、作業効率を重視する場合は同じAdobe系のソフト使った場合はWindowsの方が遥かにスピード向上を体感できてしまう。
Mac Proの登場で一旦アップル離れは若干止まったようですが、価格面や拡張性で考えればWindowsは頑張っている。

iPhoneからアップル製品を使いはじめた人は多いと思いますが、長年アップル製品を使っている人は「たまに全く使えない製品を出す」というのは知っているので、即買いする人は少ないのも事実。
ただ、そうしたチャレンジ製品で業界をリードしてきたことも否めませんのでアップルは人気なのです。
物理的なボタンを取り去ったiphoneの登場も当時は「誹謗の的」でしたが、今はそれがスタンダードです。
であれば今回のiPhone 6sも既にある機能の単純な向上だけではなく、何か強烈に賛否が別れる端末に仕上げて欲しかったと思います。
例えば、絶対にキズが付かないディスプレイでもユーザーにとっては嬉しい地味に革新的だとは思うのです。

されどアップルには期待してしまう私でした・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真撮影をはじめるために必要な機材ベスト5
こと本格的に写真撮影をはじめるとして、機材選びで真剣に考えてしまうのはやはり「カメラ」だと思いますが、実はカメラにこだわっているプロカメラマンは意外と少ないと思います。
誤解の無いように記載しますが、「なんでも良い」ということではなく、必要に応じてカメラを選んでいるということです。
カメラ好きの方に多く見られる傾向として「このカメラがあるから被写体を探す」というパターン。
プロカメラマンは「この被写体(案件)を撮る必要性があるからカメラを選ぶ」という点で「逆の思考!?」であり、少し機材に対する考え方が異なる気がします。

このブログでもよく触れている「カメラは機材の1部でしかない」という観点から、まず業務として本格的に写真撮影をはじめる場合に重視している機材やアイテムは何か?
主観になりますが、優先度の高い順にベスト5をご紹介していきたいと思います。
この優先順位は10年余り業務カメラマンとして活動しておりますが、変化することはありませんのでご参考になれば幸いです。

1位:ディスプレイはとことんこだわる

デジタル時代の写真術としては、やはり写真を実際に見る「ディスプレイ(モニター)」選びは何よりも投資をするべきだと考えます。
今となっては考えられないのですが、駆け出しの頃はHPのノートPCを使ってました(笑)
ハイ、市販のミドルクラスの汎用品です。
そのノートPCで1年ほど写真現像を行っていましたが、たまたま故障したので、新規にディスクトップPCを導入をした際に「EIZOのColorEdgeシリーズ」を購入し、既存の写真データを見た時に青ざめました・・・
「こんなギャグのような色合いで納めてたのか・・スイマセン!!!」

それ以来、モニターはIPSパネルでカラーマネジメントが高い精度でできるタイプ以外使いたくないという感覚になりました。
ここでよく質問があるのが、Macなら高いから大丈夫でしょ?という先入観w
はっきり言いますと「Macだから大丈夫ということはない」というのが個人的な意見で、Macでも外部のカラーマネジメント機器を使って調整するのがベストです。
こうしたディスプレイ(モニター)は少し高額になりますが、「きちんと写真を見る」ことができなければスタートラインにも立てないと考えれば投資する価値も理解できると思います。

◇参考:最低限用意したいデュスプレイ




2位:パソコン内蔵機器(パーツ)

1位はディスプレイですが、2位は実際に処理をするパソコンのパーツです。
パソコンのスペックについては、高い仕様であることに越したことはありませんが、単純に高価だから良いという訳ではありません。
注目するのは、最低限「グラッフィックボード(ビデオカード)」の性能が良いもの。
グラフィックボードはGeforce系統とRadeon系統とメインどころがありますが、細かく記載してしまうと難解なので簡単に説明しますと、「モニターと直接接続するPCパーツ」ですので、「良いモニターと良いグラフィックボードの関係」については相互関係があることはお分かり頂けるかと思います。
「インテルなどの内蔵グラフィック」は、2015年現在の状況では実用レベルとは言い難というのが個人的な見解です。

◇参考:グラフィックボードの形状




3位:編集ソフト

外部的な編集機材環境が整ったら、次は「編集ソフト」です。
初心者の方の場合は、カメラメーカー純正のソフトを使うことが多いかもしれませんが、個人的には純正ソフトは使っていません。
「Adobe Lightroom」または「Adobe Photoshop」の2択です。
なぜ純正ソフトを使わないかと言いますと、カメラ機能の「綺麗にしちゃう処理(笑)」を再現しちゃうからです。
RAW撮影を行った時に、現像するために「素の状態(RAWのまま)」で編集したいため、こうなっているというのが現状です。
カメラ側でピクチャコントロールなどの機能を全部OFFにできるのが理想ですが、仕方ないのですかね・・それとも勉強不足??
要は「自分の写真」を作る上で、編集ソフトは「整理と編集機能が高いもの」が扱いやすいと思います。

◇参考:編集管理ソフト




4位:露出計

地味なアイテムの登場と思われるかもしれませんが、「どんな撮影にでも絶対持っていくのは露出計」です。
最悪、カメラを忘れてでも持っていたいアイテムです(笑)
写真というのは言うまでもなく、「光を描く」ことですので、根本的に光を把握するには露出計は不可欠です。
「そんなのプロなら目視で感じろ!」という意見もありですが、「プロだから正確に計測して把握する」のです。
入射光と反射光の測定ができれば、適正露出が得られるため、現像処理もスムーズにいきます。
その場限りの感覚で、撮影後に「白飛びが激しかった・・」と反省するようではプロではありませんw。



5位:カメラ

最後にカメラです。
長文をお読み頂いた方ならお分かりかと思いますが、上記の1位~4位が整って初めてカメラ性能(写真の質)が確認できるのです。
厳し言い方をすれば、「環境が整っていない状態ではどんな高級カメラを使っても判断すらできない」ということです。
カメラ固有の解像感や色合いの描写力は、閲覧環境や使用アイテムによって大きく見解は異なります。
「何をもって良いと判断するのか?」それはプロの仕事なのかもしれませんね。

◇参考:カメラはお好きなものをどうぞw

以上、勝手にランキングでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は、昨日発表されたアップルの「iPad Pro」について、写真撮影の現場で役立つツールとなり得るか?について少し考察してみます。
用途を限定した記事になるので、目的に合わない場合はスルーして下さいね。

まず個人的に写真撮影業務を行っていて「iPad」は業務に欠かせないツールになっています。
iPadで撮影するなんてことはありませんが、使用用途としては、撮影した写真をリアルタイムにiPad上に表示するモニター的な存在として使っています。
大きなディスプレイを設置するのも良いですが、「iPad」の利点は機動性です。
発表会を見る限りは、遊び感覚の用途ももちろんですが、名称通リ「Pro向け」の需要にも応えた感があります。
「ビジネスのサブ機用途」としてスマホとは一線を画したのは嬉しい限りです。

出張先に持ちだしてすぐにクライアントも確認できる写真のモニターチェック環境を築く用途にも非常に重宝しますし、撮った写真をリアルタイムに大きめの画面で表示できるので、カメラ背面のモニターで確認するよりは遥かに視認性にも優れています。
こうした理由から役立つツールであることは事実としてあるのですが、気に入らない点もありました。
実際に「iPad」で写真の現像は色の正確性という点で作業はしませんが、ディスプレイのサイズ(9.7インチ)は不満でした。

これを払拭する丁度良いサイズ12.9インチの「iPad Pro」は待ちに待ったジャストなサイズ感です。
厚みや重量など「iPad Air2」に比べてどうか?という意見もあるかもしれませんが、サイズアップしていてこの仕上がりは素晴らしい。
そもそもカメラ機材の何よりも軽いのですから、大きく重いモニターを持ち運ぶことを考えたら「iPad Pro」は3キロとかのレベルではないので、重量は気にするポイントですらありません。
iPadを利用したテザー撮影もこれで更に使い勝手が良くなるでしょう!

撮影写真を表示するだけ??これだけの為に「iPad Pro」は必要なの?
きっと写真を表示するという感覚が、趣味的な作業環境と業務用の現場とでは少し異なります。
単純に100枚程度の作業(撮影写真のリアルタイム表示)であれば、「iPad Pro」でなくても全く問題ないでしょう。

しかし、1件あたりの撮影枚数が1000枚程度になる現場が、1日に3件入ったとしたら・・・
たかが写真と言えども長時間連続したデータ処理が増えればカクツキを生みます。
タブレットにそこまで求めては可哀想ですが、アップルには現行タブレットの先端を行って欲しかったので、正直10インチ以下のディスプレイや他メーカーと比べて非力な処理速度やメモリ容量では高価な分、スペック不足は価格に見合いません。
中途半端なら単純に市販のモニターとカメラを繋げたほうが効率は良くなります。

「iPad Pro」の処理能力とディスプレイの大型化、写真表示をスムーズにリアルタイムに行いたいと思う人は、必ず気になるポイントです。

ただアップル製品独特の表記ですが、CPUやメモリの数値について「歴代のiPadに比べて○倍」という書き方をしています。
アンドロイド系ならCPUはスナドラ810、RAM3GBなど、客観的に比較しやすいのですが、アップルはググらないと出てこない(笑)
最新の「iPad Pro」を買っても、もしかしたらアンドロイドのタブレットよりスペック的に劣るのでは?と不安ですよね。
「iPad Pro」はAdobeによるとメモリは4GBになっているそうなので、一部ASUSのスマホを除けば現行市販されているタブレットの中でもメモリは特盛にしてきた印象です。(安心w)

経験談として、私自身も今年の6月に発売された「Sony Xperia Z4 Tablet」を購入しようとしてました。
用途は変わらず、写真のリアルタイム表示程度ですが、実機に触れて感じたことは「嫌な予感」です(笑)
迷惑とは思いながらも、「Sony Xperia Z4 Tablet」を10分程度触りまくってました。
すると背面が熱い・・気になるくらい熱い・・10分なのに・・熱い・・
バッテリーの持ちやサクサク感については文句なしでしたが、熱が気になったので諦めました。
メーカーが違うので一緒にしてはいけませんが、某タブレットを所有していた時に、熱問題で半年で逝ってしまったのでトラウマなのか「すぐに熱くなる機器」は怖くて買えませんw。

あくまでも個人的な見解ですが、今回の「iPad Pro」は、「Sony Xperia Z4 Tablet」よりバッテリー容量などスペック的には劣る部分はあると感じています。
Apple:12.9インチとSony:10.1インチのタブレットなので比較してはいけないですが・・

そもそもなぜタブレットにこだわるか?
同じアップル製品ならノートブックPCでも同じでは?と感じるかもしれません。
ごもっともな意見ですが、「タブレットなら雑に扱える!」コレがタブレットにこだわる理由です。
似たような機器として「Surface」もありますが、雑に扱うには端子類や排気口の穴などの露出具合に難があります。
マイクロソフトはパソコンをもっと気軽に持ち運べるようにした点は凄いと感じますが、写真表示などの単純作業をさせるにはやはりタブレットの方が扱いやすい。
また撮影現場にいるクライアントもiPadなら気軽に触りますが、Surfaceのようなパソコンライクなものは所有者に気を遣うため扱いにくいと感じるでしょう。

いわゆるパソコン的な機能を持つと、作業は多目的に行えますが写真撮影の現場での目的は「ピント確認やライティングの確認」程度です。
「iPad Pro」についてはAdobe製品アプリを使ってパソコン的なことはできますが、私の場合100%使いません(笑)。

「iPad Pro」は写真を扱う人にとっては重宝する存在になるでしょう。
何よりも大きくなったディスプレイとメモリ容量のアップ&処理速度の向上は、高画素時代の写真を撮る現在では力強い武器になりそうです。

ただ・・写真屋でなかったら・・あ、多分買いません・・
ノートパソコン買います(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション