商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 機材とテクニックの一覧

機材とテクニック一覧

商品撮影のヒント集 > 機材とテクニックのカテゴリー記事一覧となります。
商品撮影とケルビン値について
商品撮影をした写真をデジタル現像を行なう際に写真加工ソフトで「ホワイトバランス」の項目で数値をいじる人もいると思いますが、以前、素朴な疑問で「色温度」と「ケルビンの数値」の関係性がおかしい・・と言う人がいました。
詳しく聞くと、「一般的に色温度と言われている数値を写真ソフトで入力すると逆の色合いになる」という。
そう言われて普段さほど気にしていなかったが、勘違いしやすい項目なのでメモ書き程度に記載しておきます。
まずはカメラの取扱説明書などの記載してある色温度(ホワイトバランスモード)のチャートを見てみましょう。
カメラの取扱説明書に書かれている色温度
ご覧の通り、「ケルビンの数値」が高くなれば青味が強くなり、低くなれば赤味(オレンジ)っぽくなると示しています。
これを見て実際の写真をソフト上で現像しようとするとこうなります。
写真加工ソフトで色温度を変える
あらら?
「ケルビンの数値」が下がると青っぽくなって、上げると赤っぽくなってる!!
説明書と違う!写真ソフトが壊れているのでしょうか??
大丈夫です(笑)、何も問題はありません。
色温度とホワイトバランスはそもそも混同しがちです。

商品撮影で写真を撮る際は、通常その撮影環境の「光の質や量」に合わせてホワイトバランス(適正な色)を取ります。
つまり上記の写真では基準値「5300K」が現場の照明に合った色とします。
これを4300Kに下げると青くなる・・この場合写真加工ソフトはこう判断します。

「撮られた状況が赤っぽい光だから、本当の色を出すために青いフィルターをかけなくちゃ!」

こうして基準の写真が青くなる、逆も同じことです。
もう少し付け加えるとオレンジの光を放つ「タングステンライト」のもとで、「見たままに撮れば人物の肌はオレンジっぽい色をしています」
ではこの状況で、蛍光灯で撮ったようにするにはどうするか?光はタングステンのままです。
答えは「タングステンにブルーフィルターを被せてオレンジ色を打ち消します」
書き方が写真屋っぽくて少し自分でも嫌ですが(笑)、裸電球にカラーフィルターを被せて好きな色にするようなものです。

これと同じようなことを写真加工ソフトの「ホワイトバランス調整」で行なっているだけです。
そもそも「色温度とは」光が持つ色合いを「絶対温度としてケルビン(K)数値で示したもの」です。

カメラの取扱い説明書に記載されているのは絶対温度ですので、この絶対温度を基準に「どのフィルターをかけますか?」という項目がホワイトバランスの機能です。
あくまでも「色温度による発色の違いをコントロールする役割」ですので、適正にホワイトバランスを取って撮影した写真を基準にすれば、ケルビン値を2000Kと入力すると青いフィルターを、6000Kと入力するれば赤いフィルターをかけなさいと命令しているのです。
結果、適正な色からホワイトバランスを大きく数値をいじると、「色温度(絶対温度)」と逆の印象になるということ。
普段気にせず触っている箇所ですが、解説すると非常に長く、回りくどい感じなってしまいますね(笑)

商品撮影を自社で行なっている方は少しこうした色温度のことを考えてみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
バッグの商品撮影を紹介
アパレル商材を扱うネットショップではバックやアクセサリーなどの各種雑貨を販売しているところも多く、「これだけ物撮りしてもらえませんか?」というリクエストはたまにあります。
物撮り撮影は弊社でももちろん受付していますが、名前の通り「モデルコード」なので、依頼者はモデル撮影が圧倒的に多いです。
ではどのレベルの商品撮影で料金を発生させるか?が一つの課題で、最近では商品単体撮影を1カット300円程度で行なっている撮影業者さんも少なくない。
弊社の場合は数量にもよりますがコーディネートの1部としての商材の物撮りは精度に応じて無料にする場合があります。
まず、簡単に済んでしまう商品撮影の事例を実際の写真でご確認下さい。
バックの商品撮影サンプル
4カットの基本的なバックの撮影ですが、「プロの目」からすれば「ん?」という点はありますが、補足商品の紹介で簡易的な販売であれば必要十分ではないでしょうか?
このお客様の場合は、モデル撮影の着数がある程度多かったので、こうした物撮りはサービス(無料)でパッパッと撮ってます。
理由としては、定番の簡易ライティングですので、特に「プロ技」なものではないので無料にしちゃいました。
業者さんによってはお金取るのでしょうね(笑)

では、どんなライティングを行なったかをイラストで解説します。
自社で蛍光灯などのボックス型の定常光などを1つでもお持ちの場合は、参考にしてみて下さい。
セッティングはこんな感じです。
商品撮影の方法
ホワイトボードと書いてありますが、大きなバックなどでなければ、白と黒のものであれば、100円ショップのカラーボードで十分です。
撮影のポイントは「黒い革の部分」、白のボードで囲って撮影してみて反射が強くて白っぽくなり過ぎる場合は、黒ボードを商品の横に配置して革の部分に写し込ませることで「濃い黒」を表現します。
またメインの光が強い場合はトレーシングペーパー(100均でOK)などをライトに被せて弱めます。(光も柔らかくなります)
写真はそのまま白で囲っています。

商品だけの撮影は商材によってライティング方法は異なりますが、1つ定番を覚えると撮影は楽しくなります。
ここで現実的な話ですが、このレベルで1カット300円×4カット、1点当たり合計1,200円・・・10個取ると12,000円・・
これが商品入荷ごとに続くとなると、カメラとライト1つあれば相当な経費削減になるような・・・

自社で物撮りをしていて困った場合は、弊社のお客様であれば無料でアドバイスもさせて頂いています。
商品撮影はコツを覚えれば自分でできてしまうかもしれませんヨ!?

ご興味のある方はお試しくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラのメンテナンス
アパレル向けの商品撮影は数量も多く、カメラに負担がかかることは言うまでもなく、特にモデル撮影となるとバンバンシャッターを切ります。
そうなると気になるのはカメラ(シャッターユニットなど)の寿命やレンズ回りの状況だったり・・
カメラは機械なので振動によってカメラ内部のイメージセンサーにゴミや埃が混入すると、せっかく綺麗に撮った写真に黒い粒・・なんてことは避けたいものです。
レンズ面のメンテナンスであれば、個人でもある程度は清掃は可能ですが、カメラ内部となると話は変わります。
特にイメージセンサーなどのデリケートな部分は、ネット上でも無水エタノールやシルボン紙などを使った清掃方法が紹介されていますが、個人的にはお持ちのカメラのメーカーに持ち込んでクリーニングしてもらうことがベストです。
理由としては、こんな感じです。

・自己流でやってしまうとセンサーが傷付いてしまい、カメラ自体が葬られてしまう
・クリーニング以外に不具合が出そうな箇所を見てもらえる
・新製品のレンズやカメラのテストシュートをさせてもらえる
・クリーニングのついでにシャッターユニットの状況も知れる
※何よりメンテナンスのプロがいる

油性のゴミなどは市販のクリーニングキットで無理に擦ると“にじみ”が広がってしまいます。
意外とこうしたメンテナンスを自分でやってしまうと、「これで本当に正解だったのか?」という感情が出ます(笑)
そうした意味も無い不安を抱えながら撮影を続けるのはナンセンスなので餅は餅屋に任せましょう。

私の場合、商品撮影でメインで使っているのはニコンなので、サービスセンターはこんな内観です。
ニコンショールーム1
ギャラリーの展示やNIKON純正のグッズなどが並んでいます。
レンズの陳列棚
最新のカメラやレンズもズラッと並んでいます。
スタッフに声を掛ければ自分のカメラに装着してテストしてみることも可能です。
レンズを換えてみると普段使っている写真との違いが分かって物欲が増して大変ですが・・

こうしたサービスセンターは頻繁に撮影をする人は半年に一回くらいはメンテナンスすると良いコンディションをキープできます。
では、頻繁ではないが、カメラのイメージセンサーにゴミがないかをチェックしたいという人は、以下のようにチェックしてみて下さい。

プロに聞いた簡単なチェック方法です。
まずは、レンズを外してカメラ内部(イメージセンサーが露出するようにして)を目視して見えるゴミがないか確認。
この時にゴミが見えるようであれば、「軽くブロアーで吹く」または、カメラ側の「イメージセンサークリーニング」を実行してみる。
それが済んだら、

・ISOはカメラ設定の最小の数値にする
・カメラのF値(絞り)は、F16~22程度にする「絞り優先モード(A/Av)」
・着装しているレンズは望遠側にする
・ピントは合わさず無限にする「マニュアルフォーカス」
・白い紙をが全体に写るようにする
・撮った画像をパソコンで確認する

こうして撮影をしてみて、実際にイメージセンサーにゴミがあるとこのように写ります。
イメージセンサーのゴミ
汚い・・
自己流でクリーニングを行なうとよくある事例が、何度清掃してもゴミが移動して永遠に終わらない気がしてしまうこと(笑)
ゴミが見つかったら、自身で清掃するか、サービスセンターに持っていくかしましょう。

改めて言いますが、費用と言っても2000円程度ですので、商品撮影でカメラを使うのであれば、「サービスセンターに持っていくとをお勧めします」
イメージセンサーはカメラにとって非常に重要な部位ですので、くれぐれもご注意を!
このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタル現像の方法
デジタル一眼レフで撮影した写真は、「あとで色々いじることができる」ことで撮影に対してのハードルを下げてくれる点はメリットですが、こうした写真を補正する「デジタル現像」は、どのくらいまでが許容範囲なのか?今回は商品撮影を前提に少し私なりの見解を述べたいと思います。

まず弊社で公開しているモデル写真については当然「商品撮影」ではなく、「宣材撮影」でメインとなるのが商品なのか、人物なのかで当然「デジタル現像の幅」は変わります。
例えば商品撮影の写真に色を無視してドンドン脚色を加えていけば、ネットショップに来るお客さんは購入するための写真情報に不安を感じます。
逆に宣伝用の写真であれば、人物が目立ってくるように補正を加えて目的に合った写真に仕上げることも良いでしょう。

勘違いされがちなのは「作品用」と「商品説明用」とを混同してしまうケースです。
写真を綺麗に見せようとして撮った写真をあれこれいじってしまって、個人的には満足でも使用用途によっては「悪い写真」になります。

現場でシャッターを切るまでにしておくべきことは、ホワイトバランスはもちろん、ある程度、最終的な写真の仕上がりをイメージしておくことは大事です。
「何のためにどう撮るか?」商品撮影のスタートを常に意識すると変な方向に進むことを予防できます。

では、商品撮影を前提に次の写真をデジタル現像(基本補正)を行なってみます。
使用ソフトはAdobe Lightromm5です。
デジタル現像前
この段階ではすべての数値は0ゼロですので、いわゆる「撮ったまま」の状態です。
ここから補正したいポイントを探すのですが、「商品撮影」ですので、色のバランスは現場である程度詰めていますので、今回はモデル顔・髪や肌のトーンなどを触るだけです。
撮影スタジオのカメラマンが撮る場合、この段階で商品の適正な色合いが狂っていることはないと思いますが、試しに基本補正項目で「自然な彩度」「彩度」を調整します。

では、基本補正をした写真を見てみましょう。
基本補正後
変化に気付きますでしょうか?
肌や髪色などくすんだ部分が明るくなっている感じが特徴です。
注目して頂きたいのは、「着ている服の色はそのまま」変化していない点です。
露出計で計測して、カラーチャートでカラー取っていますので、超微調整で留めます。
つまり商品撮影で「服の色を触ることは慎重に!」ということ。

ネットショップに掲載されている写真でたまに見かけるのは、服の色が極端に濃いまたは薄いなど、「どんなモニター?どういう意図の補正?」と心配になる商品写真もあります。
上記の例はほんの一例ですが、デジタル現像はTPOに応じて変更箇所は異なるため、自信の無い人は撮影したスタジオに相談することがベストです。

今回お伝えしたいのは、「商品撮影で納められる写真のほとんどは、デジタル現像をされたもの」で、RAWファイル以外での補正は色の変色を招く恐れもあります。
JPEGで納品された写真を後でいじる場合は、ほんの少し明るく、ほんの少し暗く程度の調整で済ませましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影には色温度が大事
このカテゴリーで「ホワイトバランスは撮影にとって重要です」と記載しましたが、今回は色温度(WB)を曖昧にして撮影するとどのような色の変化が出てくるのかを見ていきます。
商品撮影において、「適正な色(見たままの色再現)」というのは前提としてあり、写真撮影を始めた人が一番迷走する部分が「ホワイトバランス(色温度)」です。
理由としてはカメラ設定でオートもしくは標準で入っている「シーン選択」で撮り進めてしまって、後でPC上で調整しようと思ってもリアルタイムで見ていた色の再現ができない(思い出せない)状態になってしまいます。

先述したカラーチェックツールを利用するのも良いですが、面倒だ&値段が高い!という人には2000円程度で購入できるグレーカードをオススメします。
作業は簡単でカメラのホワイトバランス設定でプリセットを選び、撮影箇所でグレーカードをパシャと撮影するだけです。

ホワイトバランスと聞くと「色の白いものを写せばOK!」と考える人もいますが、微妙に言葉の意味が違います。
「光が当たっている環境で写っている白を正しく白とする設定」がホワイトバランスでカメラに認識させるのは18%グレーがホワイトだと考えて下さい。
なぜ18%グレーを写すのかを論じると長くなるので割愛させて頂きます(笑)

早速、18%グレーで色温度を設定した画像と暖色・寒色になってしまった写真の違いを見てみましょう。
色温度の違いサンプル写真
1番左側は適正の色温度ですが、右側の2枚は基準色から比べると大きく色が変わってしまっています。
色温度がおかしい状態でパソコンで補正処理で各所を触っていくと、基準色が何だが分からなくなり迷走する結果になりますので、デジタルカメラで撮影をする時は必ずホワイトバランス(色温度)を取って基準色を決めておくべきです。
「RAW現像だから後からどうにでもなる!」という記事を多く見ますが、その場しのぎの対応ではなく、キチンとした色を把握するクセをつけることが上達する近道です。

また18%グレーを使ってもカメラ機種やカメラ側が色彩良く写そうとする機能などは、極端な脚色を招く場合もあるので、個々のカメラのクセを把握することも大事です。
そうしたカメラ側のクセが分からない場合は「ノーマル」・「スタンダード」などの設定でしばらく撮ってみる(詳しくは個々の取扱説明書を参考に)

万が一撮影環境(光の当たり方や量)が変化する場合は、18%グレーのカードを被写体と共に撮っておくと、後からPhotoshopのスポイトツールなどを使って適正温度を抽出することもできます。

18%グレーカード
購入は「銀一グレーカード」で検索すると出てきますよ。

見たままの色を再現するには基準色(現場の色)をしっかり把握することで、脚色加工などの質感も随分変わります。
そのまま出す場合も、加工する場合も商品撮影で大事なことは色温度と覚えておきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション