商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 機材とテクニックの一覧

機材とテクニック一覧

商品撮影のヒント集 > 機材とテクニックのカテゴリー記事一覧となります。
トップライトを利用した商品撮影ボックス
以前に商品撮影用のボックス作りについて触れた機会がありましたが、今回はGW期間中ということもあるので少し目線を変えて撮影業務に役立つ「トップライトを利用した撮影台」の簡単な作り方をご紹介します。
そもそもトップライトを使う意味は、「照明によってできる不要な陰を消す」ためには有効です。
人物撮影の場合は「髪の毛に光を当てるヘアライト」にも使われますが、今回はコンパクトに小物商品で使える商品撮影ボックスの製作事例となります。

使用する部材は、フォトフレーム(撮影する商品に合わせた枠)とトレーシングペーパー、そして撮影の土台となるボックステーブルの脚です。
フォトフレームはA4サイズ程度であれば、すべて100円ショップで手に入ってしまうのでとてもお手軽です。
※フォトフレームは黒枠などの色は避けて白かベージュの淡い色の枠組みでできたものを探します。
※テーブルの脚となる部分は発砲スチロールのブロックでも代用できます。

トップライトの配置例
フォトフレームのガラスは外しても外さなくてもOKですので、フレーム枠内にトレーシングペーパーを貼ります。
トレーシングペーパー越しに光を当てることで陰が柔らかくなるので、撮影イメージに合わせてトレーシングペーパーを貼るか否かは決めましょう。

商品撮影ボックスの作り方といっても土台に置くだけで大枠は完成してしまうので、移動も設置も簡単です。
準備ができたら撮影する商品を設置して、早速、上から光を当てて調整します。
もし、事務所などで天井の蛍光灯しかない場合でも、そのまま撮影するよりは写真の印象は変わりますので、1度そのままの光源で試してみてカメラ側でISO設定などで調整します。
どうしても光量が足りないようならスタンドライトを準備してトップライトの光量を強くして下さい。

トップライトの設置が終わったら、商品から見て45度の角度からもう1つくらいライトを当てると、より立体感のある写真になると思います。
小物類が多く、業者に撮影を依頼すのはちょと・・と感じている方は一度チャレンジしてみて下さい。

こうした小物類の商品撮影ボックスは市販のモノも多く出回っていますが、価格が高いです。
サイズが極端に変わらない場合であれば、原理を知ってしまえば代用はいくらでもできます。

どんなプロスタジオでも撮影の為の小技グッズ(箱馬など)は自作していることも非常に多いのです。
万能型の商品撮影ボックスはない!と考えれば、自身が取り扱う商材に合わせて作ってしまえばあとは撮るだけです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真表現について
今回はほんのり商品撮影とは脱線するかもしれませんが、「写真表現のありかた」についてエッセンスとして記述します。
「写真を加工する!」というと、本来写真は、「真実を写すもの」だから、最初に撮った写真をあれこれレタッチしてしまうのは邪道だと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には全くそのような考えを持ったことはありません。

特に日本人が漠然と抱いている「写真」という意味合いは非常に限定的で、海外では一般的に(写真=photograph)とは、「光を描く」意味合いが根底にあって、同じ写真を撮っても個性的になる傾向があります。
1つの例として下の風景写真をご覧下さい。

表現方法の違い
左側の写真はよくある「見たままを表現」する、いわゆる日本人が写真を考えるイメージの「真実を写すタイプ」、対して右側は表現として積極的に光と陰を描こうとしている写真です。
どちらが正解という評価ではなく、2つの写真ではスタート地点(考え方や目的)が異なっているように感じます。

デジタル写真が全盛になって、スマホアプリや編集ソフトで写真で遊ぶことが多くなった現在、こうした写真を否定的な目で見る人もいらっしゃいますが、写真を加工すること自体は、フィルム時代から当然のように行なわれてきた作業で、「暗室にこもって現像する」こうした作業は現代のパソコン上での編集作業のようなものです。
写真プリントのクロスプロセス現像などは典型で、アプリのインスタグラムのような加工処理を愛する人は昔からいたのでしょう。
デジタル写真が無かった時代は、ネガフィルムを割り箸で擦って独特の雰囲気を演出しようとする行為も言い換えれば加工写真です(笑)

写真表現において基礎知識は確かに必要ですが、もっと重要なのは写真で表現する目的であって、正解があるとすれば「真実を写したい」と思って写真を撮ったなら、上の画像の左が正解で、濃淡を強調したいと思って写真を仕上げれば右側の写真が正解なのでしょう。

写真表現の評価をするサイトが多く存在しますが、見極めるべきは「撮影者の意図」であって、彩度やシャープさなどの撮影者の意図と関係の無い部分は優先順位からすれば低いモノだと感じます。

見ていて楽しい写真表現がたくさん出てくることを願うばかりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影のライト選び
商品写真は照明の当て方次第で写真の印象は大きく変わります。
少しでもライティングこだわろうと思うと次に欲しくなるのが、「モノブロックストロボ」になりますが、一般の方にとっては使用頻度が多くなければ、使用していない時は、とてもかさばる代物になってしまいます。

当然、撮影に特化した機材なので、その分商品撮影に使用すれば写真の幅は拡がりますが、でも少しガチ過ぎる・・・(笑)という人もいると思います。
そう感じてしまう方や、次の項目に当てはまる場合は各カメラメーカーから発売されている「スピードライト」を検討するのも良いかもしれません。
・照明は基本的に1つあれば十分
・商品撮影以外でも手軽にストロボ撮影を楽しみたい。
・1回の撮影で数百枚も写真を撮ることがない

簡単ではありますが、該当する場合はご検討下さい。

ご紹介した、「スピードライト」ですが、基本的にはカメラの上部(ホットシュー)にはめ込んで撮影するため、レンズと同じ方向、またはカメラ上部の位置を基点としたライティングしかできないと思いがちですが、少し付属でアクセサリーを足せば、カメラから離してストロボライティングを行なうことができます。
では、システムを見ていきましょう。

スピードライトを使用したシステム
スピードライト以外に必要なのは「ホットシューに付けるアダプター」と「シンクロコード」のみです。
使用したい距離(カメラと離したい距離)に合わせてコードを選べば、サイド光やトップライトとして商品撮影でも十分応用が効きます。
また、ライトスタンドを使用してアンブレラ撮影なんてこともできますので、比較的コンパクトに撮影を楽しみたい方には向いています。
スピードライトはカメラ内臓のフラッシュと違って、ストロボ単体で光量を調整できますので、撮りたいイメージに合わせた微調整もできます。

お勧めするのご使用のカメラメーカー純正品ですが、サードパーティ製品もたくさんあるので、気になった方はチェックしてみて下さい。
※お持ちのカメラにシンクロコードの挿し口があるか、確認をお忘れないように・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラの種類と商品撮影での活用
つい先日、カメラ選びについて少し記載しましたが、最近のデジタルカメラの種類(ジャンル)って多様化してるように感じませんか?
各カメラメーカーの努力もあるのですが、高性能化や軽量化も進んで、ちょっと前までは「デジタル一眼レフカメラ」が、プロには最適!と感じていましたが、今ではコンパクトデジカメでも非常に綺麗な写真が撮れてしまう時代です。

ではプロの現場でもデジタルカメラの種類は気にしなくてもOKなのか?
というと、ネット使用の画質のに限れば、どのカメラのジャンルを選んでも高級デジタル一眼レフとコンパクトデジカメを見分けられるのは、ごく限られた人になってくるでしょう。
しかし、実際の撮影状況によってはそれぞれの特徴を考えながら使用する必要があるようです。

細かく機械的な話をしてもつまらないので、どんな撮影状況(シーン)で役立つのかを考えながら、カメラを大枠の種類に分けて、それぞれの特徴を見ていきます。
まずデジタルカメラの種類についてざっと区分けしてみます(メーカーはNikon)
カメラの種類一覧
大枠としてはどのメーカーもデジタルカメラはこの3ジャンルとなります。
ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

デジタル一眼レフカメラの特徴
デジタル一眼レフカメラが他のジャンルと比べて大きく違う点は、オートフォーカス(ピント合わせ)のスピードです。
高速にピント合わせができるので、動きの早い被写体を撮るには最適です。
動きの早い被写体というと、飛行機や車を想像しがちですが、人物撮影でも場面によっては高速で動きます。
例えば、風に揺れる髪の動きの一瞬を撮る場合や、アパレルなら服の生地が揺れた一瞬なども動きの早い被写体といえます。
他のジャンルと比べるとサイズも大きいので、写真を撮るぞ!と意気込むたい人はこの種類のカメラです。

ミラーレスカメラの特徴
一番悩むのはこのジャンルの存在性でしょう(笑)
コンパクトでありながら一眼レフカメラっぽい・・何だこのカメラのカテゴリー??
個人的にも注目しているジャンルですが、理由として「気軽に持ち運べて、あなどれない画質を持つ!」ことです。(レンズ交換もOK)
デジタル一眼レフカメラはサイズが大きくなるため、写真を撮るぞ感(なんだそれw)がありますが、ミラーレスカメラはサイズ感も良く被写体に妙なプレッシャーを与えません。
モデルの商品撮影を行なっていると、たまに感じるのが大きなカメラを使うと「カメラの圧力」で人によっては緊張してしまうことがありますが、こうしたミラーレスサイズのカメラだと変なプレッシャーを与えることはありません。
但し、機種によっては背面の液晶画面で操作を行なう場合もあるので、ファインダーを覗くことに慣れている人は最初は使いづらいかもしれません。

コンパクトデジカメの特徴
どのジャンルより手軽に撮影できるのがコンパクトデジカメの特徴ですが、気をつけたいのはオートフォーカスのスピードです。
他のジャンルに比べて仕様上、撮りたいと思った時からピントが合う速度にズレが生じるため高速で動く被写体を撮影するのは苦手ですが、単純に料理写真や商品単体の撮影レベルであればニーズを満たす機種も多く出ているので、機動力と写真を残すという点では魅力があります。

カメラの種類と機械的なこと
上記3種類のカメラの特徴について書きましたが、「おいおい、メカニカルな事は無視していいのか?」と感じる人もいるかもしれませんが、こだわる人はこだわってください(笑)
そもそもカメラのメカニカルな事は個人的にはどうでも良いと思っているタイプで、機械的な仕様は「その時撮りたい写真」がある時だけ気にします。
「色合いがまろやか」とか「解像感がすごい!」とか・・そうした主観に依る判断はカメラ雑誌などがきっと検証してくれることで、それが好きどうかは別の話ですよね。

他の人は「キャノンの○○に対してこの機種はオレンジ色が強く出てしまう!」とか仰っても、そのオレンジが強く出てしまうことが好きな人もいるのも事実。
カメラの種類と漠然とした特徴を知って、自分の使い勝手に合うカメラを手に入れたら、たくさん写真を撮ってみてください。
そうすれば、カメラ(機械)ではなく「あなただけの写真の特徴が生まれる」ハズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮像素子から考える商品撮影に使うカメラ
写真やカメラのことを少し勉強すると、フルサイズ機とAPS-C機、はたまたコンパクトデジカメどれを選ぼうか?
と、悩む方もいると思いますが、「果たして商品撮影に向いているカメラはあるのか?」を撮像素子の話を交えながらご紹介したいと思います。

撮像素子って一体なに?
この手の話になると非常にややこしい部分になるので、簡潔にご説明すると、デジタルカメラの内部には光を受け止め感知する基盤があります。
カメラのフィルムに35mmとか中判フィルムなど種類があったようにデジタルカメラでは撮像素子があります。
つまり撮像素子=フィルムのサイズだと考えて頂くと分かりやすいかもしれません。

では実際に撮像素子のサイズの違いをご覧下さい。

撮像素子のサイズ説明
フルサイズ、APS-Cサイズ、4/3サイズ、1/1.8サイズ、1/2.5サイズetc・・デジタルカメラといっても多様な撮像素子の大きさがあることが分かると思います。

・フルサイズ機のデジタルカメラは、35mmフィルムの大きさが基準
・APS-Cは2年程前まではデジタル一眼レフカメラでは主流のサイズです。
・4/3サイズ(フォーサーズ規格)を採用した撮像素子はオリンパスやパナソニックのデジタル一眼レフに採用されていることで知られています。
・1/1.8や1/2.5サイズの撮像素子は、コンパクトデジタルカメラで多く採用されています。


こうして見ると撮像素子が小さいと写せる画角が狭くなってしまうの?と感じるかもしれませんが、撮像素子が影響を与えるのは、
・写真の画質(撮像素子が大きいほど高画質になる)
・画角(異なる撮像素子を持つカメラで同じ距離から撮影した場合の写せる範囲)

ということになりますが、ここで力を発揮するのは「カメラのレンズ」です。
写せる範囲が狭くなってもレンズによって画角を調整しています。
例えば、レンズに「35mm換算で○○」と表記があるのはフルサイズ機以外のものとなります。

やっぱり商品撮影には撮像素子が大きい方がいい!?
フルサイズのデジタルカメラの撮影素子が大きいことはメリットですが、撮像素子のサイズが大きいと、1画素あたりの面積が大きくなるので、感度やノイズといった画質を左右する性能が高くなります。
つまり写真を綺麗に撮れる人は、よりキレイに、初心者の方はそれなりに荒も目立つ・・とも言えます。

個人的にフルサイズ機を求める理由は、フィルムカメラで使っていた過去のレンズが使えることや、APS-Cサイズで違和感を感じていた35mm換算という曖昧な数値から開放されるという点だけです。

撮像素子が大きければ高画質になる!これは数値上は間違いありませんが、写真の良さを決めるのは高画質だけでしょうか?
商品撮影で考えるならば、最優先されるべきは「伝わる商品写真であるかどうか?」で構図やモデルは重要視されますが、ネット上で使用する画質であればフルサイズ機が絶対であるという理屈はありません。

ちなみに今までJPEGで撮影していたものを、RAW撮影に変えるだけで中間階層の色階調は相当変わります。
スマホで撮りましょう!とは言いませんが、フルサイズやAPS-Cなどの観点からカメラを選ぶことは単純に所有欲を満たすだけであって、写真が綺麗に撮れることとイコールではありません。

昔、有名な写真家が使い捨てのインスタントカメラで木村拓也さんの写真集を撮ったように、「カメラは機械で撮るのは人間」それで写真など簡単に変わってしまうのです。
商品撮影に使うカメラで大事なことは撮像素子などの性能ではなく、「伝えたい写真を撮れるカメラかどうか?」です。
最近のコンパクトデジタルカメラは性能も良いですが、メーカーが直感的に使えるよう試行錯誤しているのはこうした理由かもしれませんね。

メカニカルな部分に惹かれるのであれば性能重視で、また逆に「カメラの形が可愛いから買う」、これも素敵な写真を撮るための重要な要素です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション