商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 機材とテクニックの一覧

機材とテクニック一覧

商品撮影のヒント集 > 機材とテクニックのカテゴリー記事一覧となります。
コンデジ選び
コンパクトデジカメを商品撮影で使っている人も多いと思いますが、最近のコンパクトデジカメ良いですよね~
先述しておりますが、私も最近パナソニックのDMC-LX100を購入しまして楽しんでおります(本番では使っていませんが・・w)
カメラ自体のメカニカルな部分を話しても長くなるので、今回はこのコンパクトデジカメを選んだ理由について雑談的に書きたいと思います。

まず、購入機を決めるまでのリサーチは好きなので、最近出ているコンデジについては結構調べました。
自分の使用用途からコンデジに求める優先順位はこんな感じです。
・撮像素子が1型以上であること
・毎日バックに入れて持ち運ぶ(仕事上サッと撮りたいことが多いため)
・自然な色合いで撮れる事


価格についてはコンデジもピンキリですが、上記条件に当てはめると上限は8万程度かなと予想できました。
また画素数などについては、ガッツリ業務用ではないのであくまでもデジタル一眼のサブ機として考えていました。

そして各メーカーのコンデジを実際にノーマル状態で撮ってみると少し気になる点が・・・
というのも普段の業務で使うのはNikon時々、キャノンなので、何となく色合いは予想できたのですが、条件に当てはめていくと最終的にはSONYとPanasonicになりました。(ソニーはDSC-RX100M3、パナソニックはDMC-LX100の2機種)

手に持った印象は明らかにRX100M3の方が持ち出しやすく好感が持てましたが、2機種のカメラの設定を初期化して(すいません勝手にw)、それぞれ写真を撮ってみると大きく発色の違いが見られました。
撮った印象をサンプル画像化してみましたので、ご参考までに

メーカーによるコンデジの発色の違い
左はパナソニックDMC-LX100の印象で、対して左はソニーRX100M3の印象を再現したものです。
パナソニックは写真好きからすれば「眠い感じの写真」、対してソニーは「コントラストと発色が良い」印象です。
ま、カメラの液晶モニターの違いもあるのでしょうが、個人的には撮った時に「良い写真でしょ!」と主張するカメラは嫌い(笑)
感情論ではなく、こうしたコントラスト強めな感じは初期設定から各所をいじれば、どのメーカーでもある程度補正はできます。
ただ求めるのは「初期設定の状態からフィルター効果っぽい画像を出さないでね♪」という切なる願い(笑)

厳密に言えばレンズが違う、処理エンジンが違うなど挙げれば論争ネタは多くなりますが、要は撮った時の購入者の感覚です。
個人的には彩度が多少低くても「ナチュラル」に撮れるパナソニックのDMC-LX100に即、決めました。

コンデジだけではなくカメラ選びは「ファーストインプレッション」が重要で、仕様に左右されずに「あ!いい感じ」と思って買うと長く使うカメラになります。(実体験)
「性能の良いカメラ」が「使ってみたいカメラ」である理屈はなく、「使ってみたいカメラが、その人にとって性能の良いカメラ」なのです。

今回ご紹介したソニーDSC-RX100M3、パナソニックDMC-LX100の2機種はいずれも良いカメラです。
大事なことは良いカメラを使って、どれだけ良い写真を撮っていくかです。
手にした段階でカメラのメカニカルなことばかり評価するのはやめましょう(笑)なんちて
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影のための三脚選び
自社で商品撮影を行なっている場合、カメラを三脚に固定するケースも少なくないと思いますが、カメラをしっかり固定させる「三脚」は、カメラ選びと同じように吟味して頂きたい部分です。
しかし、実際に三脚を購入しようと思うと種類が多過ぎて迷ってしまうと思います。
今回は三脚選びの際に、必ず抑えておきたいポイントをご案内しますので、三脚選びの参考にして下さい。

まずは、常設する三脚(あまり持ち運ぶことはない)と屋外で使用することを目的とした2タイプの三脚を例にご説明します。

三脚のタイプ

カメラの重さを知りましょう
間違った三脚選びをしてしまうと、こんなことが起こります。
例えば、三脚にカメラを固定して、いざ撮影といった時に、カメラ+レンズの重量と三脚重量が合っていなくて、グラグラする・・
これでは三脚なのか一脚なのか分からなくなってしまいます(笑)

そこで最初に抑えておきたいポイントは「お持ちのカメラの重量(レンズ含む)」と三脚の「自重」+「耐荷重」です。
三脚の仕様を見ていくと必ず「自重」や「耐荷重」が明記されています。
一般的なカメラ+レンズの場合は総重量が2kg以上になることはまずありませんので、上記の三脚であれば「耐荷重」から見ればどちらでも大丈夫です。
しかし、「自重」から見ると少し注意が必要です。

理由としては、カメラ重量が1kgあったとして、三脚自体の重さ(自重)が1.4kgだった場合、上部(カメラが載っている部分)と下部(支える部分)の重さが近くなります。
当然ですが、三脚は脚を縮めた状態だけで使用することはないので、三脚の脚を全開に伸ばした状態であれば安定感は脚の長さに比例してなくなっていきます。
よく安価な三脚で「耐荷重」だけを見て購入してしまう人もいますが、自重の数値=三脚本来の役目(カメラを安定させる)と考えるべきです。
お気付きだと思いますが、上記の三脚って結構お値段高いですよね。
安価な三脚がダメとは言いませんが、カメラ部分よりも三脚の自重が軽い場合は、撮影者がカメラに触れただけでグラつく可能性があると考えるのが賢明です。

三脚の自重に関してはお持ちのカメラを調べてみて検討すると良いでしょう。
もちろんコンパクトデジカメでしたらカメラ自体が軽いので、安価な三脚でも問題ないと思います。

屋内と屋外で三脚選びは変わります
上記の画像に「常設向き」と「旅行向き」と記載していますが、単純に重量だけではありません。
通常、三脚のタイプには3段と4段タイプがありますが、それぞれパターン分けされている理由は「格納高」、つまりどれだけコンパクトに縮めることができるのかもポイントです。
三脚自体の安定感から見れば「3段タイプ」となりますが、その分自重がありますので重くなり持ち運ぶには苦労します。
対して4段タイプの魅力はフットワークとコンパクトに持ち運べるという点です。
例えば飛行機で旅行する際に機内持込みは60cm以上のものはできないので、4段タイプの格納高40cmであればどこでも持ち運べます。

三脚選びの順番を理解する

ここまでで三脚選びのポイントをご説明しましたが、高さや低さは考慮しなくていいのか?と疑問に思うかもしれませんが、「賢明な三脚選びは仕様を見る順番」です。
失敗しないためには、最低限この順番で絞り込んでいきましょう!
1:常設用か旅行用か?
2:カメラの重さと三脚の自重で安定するものかどうか?
3:撮りたいアングル(高さ)をカバーできるものかどうか?

こうすると三脚の種類もある程度は絞られてきますので、あとはブランドや材質、予算に合わせて最終決定することになります。

最後に、三脚は安いものは避けましょう(笑)
今はコンパクトデジカメで撮影していても将来的に一眼レフを使うかもしれないのなら絶対に良い三脚を1つは持っていて損は無いです。
三脚自体、プロの撮影でガンガンに使っても10年程度は使用できます。
品質の良いものを選定していき、最後に予算と考えるのがベターです。

ご参考までに・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影に使うカメラブランド選び
少々レンズのややこしい記事が続きましたので、今回は漠然とカメラメーカー選びのお話です。
商品撮影に使用する初めてのカメラ、NikonかCanonどちらにしようか迷ったことがあると思います。
ま、他のオリンパスやパナソニックなどはどうなんだ!と意見が出そうですが、一般的に迷いやすいカメラメーカーについて、個人的な視点で書きますので、参考程度にお読み下さい。

ニコンかキャノンかを選ぶ
まず、私は業務用のカメラは「Nikon」をメインに使っています。
なぜ?ニコンなのかと言われれば、こんな経験からです。
私がカメラを初めて買ったのは、「キャノン機」で、当初は楽しくて風景やら何やらスナップ的に撮っていまして、もちろん当時は各メーカーごとのカメラやレンズを所有する余裕はなく、「キャノンがすべて!」と思っていました。
気軽に撮ったとしても、何となくいい感じの色合いの写真が撮れて、上手くなった気がしていました(当時は)

が、キャノンを使い始めて2年ほど経って、某商業カメラマンからニコン機をお借りする機会があって、同じように撮っていたところ・・
「俺、写真下手なの???」と撮れてくる写真にガッカリしました。
当時としてはニコンのフラッグシップ(高級機)だったので、明らかに私(撮影者)の撮影技術がないことが写真で表現されました。
気になって持ち主のカメラマンに尋ねると、

「ニコンは下手な写真は下手なままの写真になるよ・・」と、ズバリ(笑)

以来、キャノンのカメラを売り、すべてニコンに変えました。
はい、悔しい経験がございまして「ニコンで撮って上手いと言わせてやる!!」という半ば恨み節です(笑)

現在はそうした感情はなく、キャノンっぽい写真を要求されたり、そこの店舗がキャノン機をメインに撮っているようならば、キャノンを使ったりします。
重複しますが、個人的な感覚で、キャノンは発色も良くパッと撮っても万人受けする写真が撮れます。
逆にニコンは、良く言えば「現実に忠実な写真」、悪く言えば「もう少し写真が上手いと勘違いさせてくれ!」と思う時もあります。
ペットで例えたら、キャノンは犬、ニコンは猫・・なんだそりゃですが、私的な感覚です。

となると、初めてのカメラはどっちのメーカーがいいの?と聞かれれば「キャノン」でしょう!
色合いからすべての点で一般向きで、キャノン的なカラーを好む人は多いと思います。

ざっくりカメラ選びを2社のメーカーで書きましたが、それぞれ各社の機種ごとのグレードの違いもありますので、まずはメーカーを決めてお店で触って、撮ってみて「心がときめくカメラ」を選びましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加


いまさらネタという感じも少ししますが、商品撮影を便利にするEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カードについて触れておきます。
Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カードというのは、SDHCメモリーカードにWi-Fi機能が内蔵されたカードで、例えばカメラのSDカードをEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)に変えて撮影して、お持ちのスマホやタブレット、PCにリアルタイムに転送する便利グッズです。

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)だと何が便利なの?
製品の動画を見る限りはお遊び便利グッズのようですが、自社で商品撮影を行なう場合には非常に便利になります。
具体的には「ピントチェック」でしょう!
細かな商品を撮影して、カメラの小さいモニターで拡大して確認・・・その繰り返し・・・
商品数が増えてくると、地味に目が疲れます(笑)
このEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)を使ってipadなどの端末に転送していけば、大きな画面でピントや構図など確認しながら作業ができるので、撮影効率が良くなります。
よくあるスタジオの撮影風景でモニターにカメラで撮った写真が写し出される状態を簡易的に再現できます。

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)の活用のコツ
個人的な感想としてはカメラ側にSDカードスロットが2枚あると便利です。
例えばカメラ側でRAW+JPEG画像を同時記録できるようにしておいて、SDカード1にはRAW画像をSDカード2にはJPEG画像を保存するようにしておいて、「JPEGのみ端末へ転送する」ようにしておけば、よりスムーズになります。
なぜこのように記録形式を分けるかというと、「転送速度」を重視したいからです。
RAW画像は後からしっかりデジタル現像ができますが、その分データ容量は大きくなってしまうため、当然転送速度に時間がかかります・・というか実用レベルではないと感じます。
端末で確認するのは構図やピント、色合い(端末による)のチェックなので、JPEGの最小画像でファイル容量を軽くして転送効率を上げておきます。
同製品のMobi ProはRAW転送にも対応していますが、パソコンに転送する人以外は、転送がもたつくのでお勧めしません。
もちろんカメラ側のSDカードスロットが1枚の場合でも、2枚スロットがあった方がファイルの管理する上で便利なだけですので、RAW+JPEG画像を同時記録できれば問題ありません。

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)で商品写真をダイレクトに公開
ここまではカメラで撮影した画像を転送して確認する作業について書きましたが、機能的には転送写真をそのままSNSなどにアップすることもできますので、RAW現像などを行なわずJPEGで撮ってすぐ公開することもできてしまいます。(あまり実用性を感じませんが・・)
考えられる小技としては、例えば東京と大阪で支店があって、東京で撮影している画像をリアルタイムに大阪のスタッフに見せていくこともクラウドの共有設定をすればできますよ♪

Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)で注意しておきたいこと
メリットばかり書きましたが、当然、欠点もあります(笑)
それはタブレットやスマホに転送を繰り返すと異常にアプリ容量を取ってしまうこと、大体1000枚くらいを何度か繰り返すとEye-Fi Mobi(アイファイ モビ)自体のアプリ動作が遅くなります。
使い方としては1日撮った画像はパソコンに保存したらアプリから削除する、撮影毎にクリアの状態でスタートさせておくと過去の写真を読みに行く時間が短縮されるので比較的スムーズに動くようになります。
ですが、半年に1回はアプリ自体をアンインストールして、インストし直すことをお勧めします。
私もピントチェックなどの確認用に使っていましたが、大量に画像を扱って削除を繰り返していくとフリーズすることもあります。
調べた結果、アプリ上で削除してもキャッシュのようなものが残っていくようなので、アプリが立ち上がらないなどの症状が出たら「アンインストールして、インストし直す」これがベストです。
プロシリーズを出すならこうした不具合をメーカーさんも考えて欲しいのですが・・

ともあれ、商品撮影の画像を手軽に大きな画面で確認しながら撮影したい場合は、一度お試し下さい。
便利さにちょっとニンマリすると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートレートと商品撮影の違い
自社のスタッフさんを使って商品撮影にチャレンジされているショップの場合、商品のみの物撮りは何とかクリアできても「人物写真」となると急に難しく感じることもあるようです。
単に被写体が大きくなるという事以外にどのような原因があるのでしょうか?
今回は静物写真と人物写真(ポートレート)の撮影それぞれに対して私自身が心掛けていることを少しお話します。

静物の商品撮影はじっくり丁寧に
静物の商品撮影については、「自分の思うイメージ」に近づけるために時間や労力は惜しまず投入しています。
時間的な拘束はありますが、撮る前の準備や撮ってみて気に入らないところは何度も修正を加えています。
こうしたことができるのは、あくまでも人間(カメラマン)と商品(静物)の関係性があるので、準備までに時間がかかっても機嫌を気にすることもないので当然です。

人物による商品撮影で気をつけること
簡単に静物写真の撮影について書きましたが、人物と静物の撮影で大きく違うことは「100%思い通りにならない」と考えると撮影時の気持ちも落ち着くはずです。
これは単にイメージ通りの写真が撮れないという意味ではなく「人間ならではの意外性」に期待するということです。

例えば、ポーズや撮影側のイメージを強く被写体(人物)に要求した場合は「やらされている感じ」が強く印象として出てしまいます。
自社のスタッフを使った人物撮影ではプロモデルとは違い、写真撮影に慣れていない方だと思いますので、しゃべりながら撮影を進めると互いに気分良く作業ができるでしょう。

人物撮影は写真を撮るというより、現場の雰囲気を撮る感覚でチャレンジすれば、楽しい写真になると思います。
たまに私が使う手段!?として「クールで無機質な写真」を要求されている時は、モデルと一切会話をせずに撮り進めたりします。
そうした緊張関係が表情に出てることを期待してみたり・・・w

マニュアル通りにはいかない人物撮影
人物撮影(ポートレート)は、どれだけ撮影本(マニュアル)を読んでも意味が無いと感じています。
そうした教則本に書かれているのは、「会話に心がけましょう」とか「この場所のカメラ設定はこうでした」など実用的ではない書籍が多いと感じます。
会話といっても十人十色で、「まずはこう話し掛けましょう」という題目があったら笑ってしまいますよね。

人物撮影は「徹底的に1人を撮りまくる!」、または「たくさんの人と写真でセッションする!」こうした現場で理解することがすべてです。
マニュアル本などは言い換えれば「失敗したくない人が読む本」であって、私自身「失敗したらゴメンと謝る(笑)」シンプル発想ですw
これはアマチュアでもプロでも同じだと思います。
それにマニュアルを読んでいる以上は、「その本の筆者は超えられない」ということ!

ってプロを目指してませんけど・・と突っ込まれそうなので今日はこんな感じです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション