商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ネットショップ運営のヒントの一覧

ネットショップ運営のヒント一覧

商品撮影のヒント集 > ネットショップ運営のヒントのカテゴリー記事一覧となります。


引用元:Google 日本語入力

site |https://www.google.co.jp/ime/


今回は文字入力システムのお話です。
ネットショップのページ作成時に文字入力(テキスト打ち)された構成にするのはSEO上も有効です。
でも長文を入力は苦手・・という人も多いハズです。
メールなどの短文の打ち込みではあまり不憫に感じることはないかもしれませんが、長文となると文字入力ステム(IME)の変換精度によって作業効率は大きく変わります。

こうした文字入力用のソフトとして有名なところでは、ジャストシステム社の辞書機能などもある便利なATOKが有名ですが、無料ではありません。
となると標準のIMEとなってくるのですが、変換能力はあまり賢くはありません。
そこでGoogle 日本語入力は無料でインストールして使うことができ、意外とハイレベルな精度を持っています。

正直、Google 日本語入力のサービス初期段階は「ATOKの方が良い」と感じていたのですが、1年ほど使ってみて変換や学習するという点では有料のATOKと変わらない便利性があると感じています。(今ではATOKがサブです)
無料で高機能なIMEと聞かれればGoogle 日本語入力がベストと紹介したいです。

何がそんなに良いかといえば、やはり変換の精度です。
四字熟語やタレントやアーティストの名前などを入力した時に「細かく区分けして変換する必要が無い」のです。
随時、最新の語彙が更新されるのも好感が持てます。

例えば、安室奈美恵、倖田來未なんかの文字列は意外と地味に面倒くさいw
さらに、こんなビジネス文・・

「貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は格別のお引立てを賜り、厚くお礼申し上げます。」

一気に打ち込んで変換すると標準のIMEでは意味不明になったりします(笑)

商品撮影後のネットショップのページ構成で一番悩む部分が商品の説明や紹介文のテキスト打ちだと思いますが、そんな時に変換誤差などでイライラするなんてことは避けたいものです。
商品に対しての想いを書き綴る時に、「変な漢字で変な感じw」になると文章を見直す一瞬で、その時ひらめいた良いキャッチコピーを忘れるなんてことも・・・

無料で賢いIMEを探すならGoogle 日本語入力がベストです!
あとは余談ですが、最近iPhoneの音声入力(Siri)を使ってこんなことをしています。

サイト制作でクライアント先に訪問して、商品を見せて頂く時に、その時のリアルな感想を音声入力でメモをとっておきます。
ボイスレコーダーとは違って、音声データではなくテキスト変換されて保存できるので、商品紹介文の資料テキストで使い回しができるので大変重宝します。

カメラもアプリも自分の手足になると非常に便利になりますね。
効率的に有効な情報をまとめておく作業は、ネットショップ運営には大事なポイントです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影参考ショップ JCrew


綺麗さと遊び心に溢れたサイト構成は秀逸

J.Crew の通販サイトは何かとメディアでも紹介されているので、ご覧になった人も多いと思います。
日本のECサイトでも同じような方向性を目指したサイトを目にすることがありますが、やはりココは一味違います。
まず圧倒的な清涼感というか爽やかさが商品を詳しく見なくても印象付けられてしまいます。
左側のナビゲーション部分のギミックもシンプル且つ効率的にカテゴリーイメージを伝える効果も抜群です。

採用されているモデルさんの品質の高さにもウットリしてしまいますが、決め手となっているのは撮影のコンセプトが明確であるという点。
年間を通じてJ.Crewサイトを見ていると、季節に応じて撮影時のライティングもしっかり管理されています。
例えばリピート訪問している消費者が、SSシーズンからAWシーズンに変わったことが、写真上だけで理解ができるため自然と購買意欲を触発される仕掛けになっています。

つまりバナー画像などで「秋冬アイテム入荷!」などの告知をしなくても「印象で伝える効果」が十分にあるということです。
実店舗がマネキンの衣替えをするように撮影手法で衣替えを行なうことで、過度になりがちな広報を避けている点も支持される理由の1つでしょう。
季節ごとの照明セティングを利用した撮影でこんなにも効果的なサイトプロモーションができるのだと気付かせてくれる是非参考にして欲しいサイトです。

着用イメージと説明写真を区別して撮影する

では実際に自社のサイトも同じような方向性で商品撮影を依頼するためには気をつけるべき点とは何か?
どれだけ綺麗に仕上がるとはいえ、大幅なコストアップになってしまっては躊躇するケースもあると思います。
まず重要なのは、依頼するスタジオがどれだけ季節をテーマにライティングのパターンを作れるのかを見極めること。

日本のネット向け撮影サービスの場合「料金は安いが同じ写真しか撮らない傾向」が強いため、サンプル写真を要求するなどしてパターンの応用がどれだけ効くのかを判断すると良いでしょう。
また必要最低限のイメージカット数を提示しておくことも重要です。
例えば1着あたりのイメージは4カットで、カット数よりもセッティングに注力するようスタジオに依頼します。
イメージ写真の場合は撮影時間とカット数との関係で料金算出されるケースが多いので「不要な部分を事前に提示」することで、コスト高になることを避けながらイメージ性の高い写真撮影を実現する交渉もしやすくなります。

J.Crewサイトを見ると商品詳細ページに掲載されている構成写真は「モデル着用が4枚+物撮り1枚」が主流です。
物撮りに関しては「正確な商品の色味を伝える目的」、モデル着用は「色味よりを印象を重視」と区別されているのもポイントです。

モデル商品撮影の依頼で多い「背景白抜き撮影」は「説明」の意味合いが強いため、それだけで商品ページを構成すると平坦な印象になりがちです。
実際に弊社のお客様の場合でも「白抜き指示」であっても、弊社側がおまけ写真として、「ライティングを変えた画像」を納品すると次回からは「イメージ写真」を希望する例は少なくありません。

「魅せると伝える」こうしたコンセプトを把握して写真撮影を依頼することでショップを構成する商品画像は相当変わります。
乱立するネットショップの中で価格以外で勝負するためには、写真という分野は1つの武器になることは確かです。

他のショップの真似事でも構いません。
まずは自身が好感の持てるネットショップをスタジオ側に提示して写真の方向性を相談してみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットショップ開店時の商品撮影の依頼方法
楽天市場などのショッピングモールを初めて利用して、ネットショップを開店予定の方へ個人的な経験から、一言。

「売れてるショップと肩を並べるために商品撮影に出す数を増やし過ぎないで下さい!」

商品撮影を生業としている側からすれば、「変な意見」ですが、スタートダッシュを狙う販売方法や、とにかく商品数の多さで「人気(ひとけ)」を印象付けたいなどの安易な理由で撮影数を多くすることは非常にリスキーです。

各大手モールの1ショップ当たりの平均月商を疑うことを覚える
モールに出店するにあたって、既存のショップがどれだけ売上げがあるのかは知りたいのは当然ですが、「1店舗あたり約250万円!」など大手モールに出店すると平均でこれくらいは売れますよ!という比較サイトもあったりします。
しかし、ネットで検索して出てくる情報は真意をまず疑うことが大切です。
例えばこうした比較サイト自体が「アフェリエイト」をやっているようなら、単に都合の良いことを書いて出店してもらい、バックマージンを貰いたいのだと判断しましょう。
また、1ショップ当たりの平均月商を見る上で大切なのは「メガヒットしているショップ」を除いたら果たしてどれだけ平均月商の数値が下がるのか?
さらに、楽天などの場合は他の大手ショッピング系の企業を買収していますので、買収により生じる数字が入れば・・・月商の数値のトリックを疑うことが賢明です。
気をつけるのは「こんなに売上げが上がる!」という期待ではなく、「何を売りたいのか?」が重要です。

商品撮影は売るためだけの目的ではありません
商品撮影を依頼するショップの多くは「写真素材を最大限活用していません」
こう書いてしまうのも、私が把握する限り写真素材を「商品販売ページ」でしか使っていないのです。

例えばモデルを使った商品撮影を行なって「モデル画像が10枚」あったとします。
商品ページでモデル画像を3枚使い、あとは商品のみの物撮り画像でページを完成したとします。
では残ったモデル画像7枚はどうしていますか??

表情などの点で素材的に使えない場合は除いて、バナー画像や特集ページ、店長日記(ブログ)等々で使用済みの画像と異なったアプローチに使えますよね。
弊社の商品撮影で写真数量(カット数)を多く納品する理由は、単に「選べる画像が多い」だけではなく「使う用途を拡げる目的」があります。

大手モールに出店されているショップにありがちな傾向として「販売商品数を増やすために商品撮影を依頼するパターン」です。
商品を着用している自社の戦略素材の写真ですので、少し思考を巡らせば多様な使い道があると真剣に向き合うべきです。
とはいえ既に販売実績がある場合は大量撮影はウェルカムです(笑)

確実にショップを成長させるのは商品撮影ではない!
ネットショップを運営し始めて陥りがちなのは「商品追加」だけで広報活動はOkだと思っている担当者が多いこと。
取り扱う商品数だけが増えていき、売上げは伴わずヒット商品を探すため、また商品撮影を依頼する・・・これでは負のスパイラルです。
個人的には「長くじっくりショップと付き合いたい」という願いがあります。
例えば初回で100着のオーダーを頂き、半年後には閉店してしまうショップより、月に5着でも定期的にオーダーを頂いた方が、なぜか安心します(笑)
商品撮影は「写真を撮ること」であって売上げに直結することではありません。

商品撮影をプロに任せることで、「根拠の無い安心感」を商品撮影サービス業者はネットショップに向けてアピールしているような気がします。
同業者ではありますが、撮影費用をかけて頂いた分の効果として売上げが向上して頂きたいと願いますが、現実として商品写真だけで売上げが上がることは幻想でしかありません。

オープンしたばかりのショップの場合は、商品撮影は数を多く出すのではなく撮影写真をどのように有効活用するのかを第一に考えるべきで、そうすれば自然と数ではなく「ネットショップ自体のサイトの質の問題」だと気付いて頂けるハズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場で商品撮影よりも大事なこと
商品撮影を希望される方の中には、「商品写真が変われば楽天市場で売れる!」と思い込んでいるケースもありますが、正解のようでそれは間違いです。
商品写真はあくまでも訪問者が来た時の「決め手になる説明画像」であって、写真が訪問者を連れてきてくれることはありません。
つまり商品撮影で売上げUP!という意味は、ある程度アクセス数があるショップに限られる為、モデルコードはそのようなキャッチコピーは使いません。
そう!これからもずっとです(笑)

では実際に楽天市場で売上げに悩むショップに対していつも弊社がお勧めしている最低限の楽天市場でのページ作成のポイントをご紹介します。
今回は撮影ではなく実践的なページ構成を見直すキッカケになって頂ければ幸いです。

まず、楽天市場で目立つため(訪問者に商品を見てもらうため)には検索上位を目指さなければなりません。
俗に言う「楽天SEO」ですが、通常のGoogleに向けてのページの構成方法と楽天市場では少し趣きが違います。
楽天市場での検索上位を占める最強の要因を持っているショップというのは「売上げ」と「レビュー数」の多いショップです。
こう書いてしまうと「やる気がゼロ」になってしまうかもしれませんが(汗)、考えてみてください。
現在の上位サイトを占めているネットショップもスタートはゼロだと思えば、少し希望が見えてきませんか?

簡単にできる方法ではありませんが、確実に楽天市場でのショップを育てるために重要な項目は以下の3つです。
・商品ページ構成の最適化
・きちんと商品に合ったカテゴリの選択をして商品登録をする
・レビューを書いてもらうよう消費者に促す

大枠としてはこの3つの項目がきちんとできれば、楽天市場での検索結果は必ず変わります。
「商品撮影をできる業者に頼む!」なんて項目は出てきませんよね、今のままの商品画像で十分試すことができます。

では重要項目の「商品ページ構成の最適化」をご説明します。
楽天市場の検索窓にキーワードを打って出てくる検索結果ページは次のようになります。

楽天市場での検索結果ページ例
青枠の部分は広告部分なので、楽天の営業さんの甘い誘惑に負けたら広告枠を利用しましょう(笑)
今回は緑部分の「自然検索」の部分をクローズアップします。

楽天検索の順位決定の商品ページ構成要素は次の4つです。
1:商品名(ページタイトル)
2:キャッチコピー
3:商品説明用の文章
4:販売時の商品仕様などの説明文章


1の商品名では実際の検索タイトルとなりますので最優先に考えます。
例えば「ワンピース」で検索された時に「検索1ページ目」に出てくれば多くの消費者の目に触れますが、オープンしたばかりのショップはまず夢を持たずに複合キーワードで攻めます。(ワンピース+○○+△△など)

この時、参考にしたいのは「ワンピース」と打った後にスペースを入れると「検索候補のキーワード」が表示されます。
下の図のように「ワンピース」に関して複合キーワードとして検索されている候補が出てきますね。

複合キーワードの候補例
さらに探す場合は、楽天が提供している「サーチワード広告」を使って関連する複合キーワードを洗い出します。
キーワード候補が決まったら、実際に販売する商品と結び付けてタイトルを決めていきます。
参考にするのはズバリ!上位に表示されてるショップを研究してみましょう。
「ワンピース」で上位表示されているのショップはこんな感じです。

上位に表示されるショップ
最初に見て頂きたいのは、赤文字1番の「タイトル部分のキーワードの分布」と緑2番の「説明文の箇所」を参考にします。
1位のショップはタイトル部分に「ワンピース」というキーワードをたくさん使っています。
対して2位のショップは説明文にこそキーワードが使われていますが、タイトル部分にはアレレ!?無いですね・・・
でも、レビュー数が1位と1桁違いますね(笑)、これが重要な項目で挙げたレビュー数を多く保持しているショップの強さです。

ページ構成のタイトル部分においてあまりキーワードを連発することは推奨しませんが、全く同じにならないように工夫しながらタイトルを決めていきます。
そして、2:キャッチコピーでもキーワードを必ず意識して書き込み、3:商品説明用の文章では、短文にならないよう、できるだけキーワードを含めて長文になるように熱い商品への想いをテキストで打ち込みまくります。
さらに4:販売時の商品仕様などの説明文章でも「ワンピースを綺麗に着こなす寸法の測り方」などのミニコーナーを作ってさらにキーワードを強めていきます。

この工程をすべての個別商品に対して行なっていき適切なカテゴリへ商品を登録していきます。
面倒ですよね?でも商売とはネットも実店舗も大差なく努力が必要なのです。

面倒だから、「商品写真を変えれば売り上げUP!」みたいな胡散臭いスタジオサービスに頼ってしまうのです。
商品写真は消費者がページを訪問して初めて効果を発揮することを忘れずにショップ運営頑張ってみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットショップの商品写真について
サイト運営のサポートをしているとこんなお客様が多い、「どんな写真を並べたら売れるのか?」
何度も書きますが「写真は手段」であって写真だけ変更して、売上げがすぐに大幅増なんて魔法はありません。
では、楽天市場やYahooショッピングで売れているショップは商品撮影された写真を多く掲載して「縦に長くスクロールできるページ構成」でPR力がすごいではないか?
と考えてしまいます。

確かに俗に言う「売れている氷山の一角のショップ」は、たくさんの商品写真を掲載して訪問者に対してのアピール効果は高い、ハイ「訪問者に対して」です。
では、現在の自社のネットショップのページ毎の訪問者数を解析してみてください。
たくさんの商品写真を掲載して、アピールできる訪問者の絶対数がありますか?

例えば1ページあたりの閲覧数が数千人もいるのに商品が売れないのは確かに商品写真を変えた方がいいかもしれません。
しかし、ページあたりの訪問者が圧倒的に少ない場合は、写真よりまずネットショップの商品ページの構成を変更した方が良いでしょう。
また他社との商品の取扱い数やレビュー数などは開店間もない場合は、先行しているネットショップにすぐには追いつけない部分もあります。

今回は1つの案として「他社との差別化」とはどういうことなのか?を探っていきたいと思います。
アパレル系のネットショップでよくある例として差別化をしているつもりが「普通のサイト」に近づいてしまうことがないようにする構成を考えます。
普通になっているパターンとして多いのが、
・おしゃれなショップ名
・モデル画像をロケなどをして費用をかける
・当たり前の商品名でのSEO対策をする
・よくみかけるキャッチコピーをつける「モテ」や「可愛い」など・・
・サイズ寸法をそのままイラストなどで簡単に説明

ここら辺はNGではないですが、どこのショップも当然やっていること、つまり普通です。
もちろん、同じジャンルへのバナーやセール情報をプラス程度も同じく普通です。

ここからは商品ページのサンプルを見ていただきページ構成方法を考えていきます。
商品ページの構成例
左側は一般的によく見かけるネットショップの商品ページの構成例です。
対して右側は構成に手を加えていくサンプルです。

テキスト文の入力箇所は各モールのSEO上で有利な箇所に記載していけば良いですが、ポイントは「想い」を伝えるテキスト分量です。
例えば上記の例でいけば「レース生地の由来」や「自社のレース柄のポイント」など売り手の人柄が見えるように徹底して解説していきます。
またサイズ寸法などは「モデル着用はMサイズ」の記載だけで単純に済まさないでスタッフの人でも良いので、スマホで撮って「身長156cm普通体型だとこんな感じ」など訪問者に役立つサイズ寸法の目安を写真や文章で書くなどすれば、同じ商品を扱っているライバルショップとは異なるページ構成が可能になります。
こうした作業で自然とSEO上、1ページあたりのボリュームがある中身のある商品ページと認識され長期的に有利になります。

「面倒くさい・・」そう感じた方は、大手に勝てるだけの商品の仕入れ費用と、撮影費用と、外注のサイト制作費用などetc・・たくさんお金を使ってください。
そうして1年後閉店しているか、売れるショップになるか結果が出ると思います(笑)。

「面倒な作業」というのは大手であれ個人店であれ感覚は同じ「面倒で手間がかかる」。
しかし面倒な作業を続けることができたショップが最終的に「売れるショップ」として他社から参考にされるのです。

小手先のコーディネート写真を並べるために商品撮影に費用をかけるのであれば、無料で改善できる編集作業があることを知ることで、撮影業者が使う常套手段として「売れる商品撮影あります!」などの何の裏づけの無い表現に踊らされて写真を変更すれば道が開けるなどと錯覚しないようにして頂ければ幸いです。

商品写真で勝負するタイミングは、こうした自社でできるページ構成の施策を見直して、結果として訪問者が増えたとき「手段として写真の変更」をしてみることをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション