商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ネットショップ運営のヒントの一覧

ネットショップ運営のヒント一覧

商品撮影のヒント集 > ネットショップ運営のヒントのカテゴリー記事一覧となります。
ネットショップはスマホかパソコンどちらが重要?
商品撮影を行っていて、ネットショップ担当者の方のお悩みとして挙がるのが、「PC用とスマホ用」どちらに注力すべきか?という問題。
世の中の流れとしては、「今はスマホの時代!」という記事が乱立していることにプラスして2015年11月現在の統計上のデータもECコマースにおけるスマホユーザーの割合も全体の約49%という数字を出しているものもある。

サイト自体を「レスポンシブ化」する傾向は、まさにスマホ登場が起因しています。
しかし、サイト業務に携わっている私の場合「モデルコードはスマホに最適化していません」
・・えっ?なんで??
と感じるかもしれませんが、一頃グーグルが「スマホに最適化しましょう」との触れ込み記事が出回りましたが、無視しております(笑)
結果、検索順位に影響があったかといえば、影響はほぼ受けておりません。

これはどういうことかと言いますと、「ネットで商売をしているからスマホ用にサイトを作らなければならない」そんな義務は無いのです。
単純に考えてみてください。
例えば1回あたりのオーダーが「数万円」となる弊社のような撮影サービスをスマホ上だけで確認して「ポチる」・・
そんな非常にありがたい顧客はいないでしょう。
入り口はスマホなどのモバイル端末であったとしても、最終的にはPC上で確認、または電話などでやり取りを行います。

さらに1件毎に撮影指示書やオーダー票を制作する個別対応スタイルですので、依頼主が「スマホだけしかない」そんな状況などあり得ません。
持論ですが、「スマホのことだけ考えるネット運営は危険」です。

要は、取り扱う商材の価格から「PCまたはスマホ」どちらを優先すれば良いかを検討すれば間違いありません。
取り扱う商品の平均価格が1万円以下なら「スマホも視野に入れる」、対して1万円以上の商材が多くブランド性も強調したい場合は「スマホはあくまでも入り口」として活用し、説明はPCサイトで充実させるべきでしょう。

想像してみてください。
自身が高価な商品を買う場合、余程ブランドの知名度や価格相場が分かっているものならスマホで決済を完了させると思いますが、その逆の場合は価格に見合った商品なのかじっくりPCサイトをチェックしませんか?
さらに付け加えるならば、「スマホでしか商品を買えない」つまりパソコンとスマホを両方保有していない消費者は「お金がない」という人が多い事実(怒られそうw)
スマホしか持たない十代に向けて高価な商品をスマホサイトを作ってアピールする・・閲覧は増えても売上にはつながらないと判断しましょう。
高価な商品を扱うならどちらを充実させるべきか?はたまたプチプラ商品を扱うならどちらを充実させるべきか?もうお分かりですね(笑)

結論を述べれば「取り扱う商品の価格によって消費者行動を考える」これが大事です。
スマホへの最適化を無視しろとは言いませんが、ネット通販の何もかもすべて「スマホを意識」なんて考えは捨てるべきです。
少々厳しいことを書きますと、「PCサイトも充実していないのに次はスマホを意識する」こうした行動は注視すべき作業労力の分散にもなってしまいますし、最終的には「PCもスマホも中途半端な情報しかないサイト」になってしまいます。

商品やサービスを売るための最善で一番の近道は「まずは1つの媒体に向け十分な情報と説明を盛り込む」これに尽きます。
他の媒体へは特化したPCサイト情報から抜粋するような形式で対応させて制作し、余裕があればスマホオリジナルのコンテンツを視野に進めれば良いと思います。

自社サイトに求める客質が「見にくるだけのお客を呼びたいか?キチンと買ってくれるお客を呼びたいのか?」これをしっかり見極めることがヒントです。
冒頭に挙げたECコマースにおけるスマホユーザー49%という数字も単純に若者を中心に「スマホ保有者が増えた」というだけのことで、スマホでの購買率が49%上がった訳ではありません。
「スマホファースト」こんなキーワードに惑わされると損する場合がありますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット通販のセールによる販売戦略を見直す
我々が商品撮影として扱う商材は、通販を行うショップにとっては「主力商品」となる場合が多いですが、新規オープンサイトで価格競争を意識してか「セール品」を出すサイトもあります。
少し消費者側の立場になって考えると「開店したばかりで、すぐにセール品が並んでいる状況」というのは、無意識に「その他の商品もいずれ値が下がる」→「少し待とう」と購入を見送るケースがあることも考えて頂きたい。

弊社が撮影に携わって、サイト構築のアドバイスを求められた時に1つの方法として「お試し商品」を用意するよう意見することがあります。
もちろん、サイト運営状況により方法は異なりますが、重要なのは「消費者にそのショップで買った経験をしてもらう」ことです。

今までの成功例として「特定の人気品番を100着分、無料で配る」商売としては赤字覚悟のため勇気が必要ですが、確実に顧客動向などの情報が入手できるのでメリットは大きいのも事実です。
では、こうした一見無謀な販売から何を得ることができるか?説明していきます。

まず前提として「無料配布品」は「確実に消費者が欲しい(人気)商品」であることです。
こうした企画を実行しようとすると「見切り品」や「人気の無いカラー」を用意してしまいがちですが、それでは却って消費者は離れます。
充分にお金を払っても価値ある商品(欲しい商品)が無料で配布されることに意味があることをご理解ください。

話を戻して100着を100人に対して商品を届けると計算上は100人がそこの店舗で「商品を購入した経験」を持ちます。
余程、配送上のミスなどが無い限り、受け取った消費者は「良い店舗、お得な店舗」という意識を持ちます。
次回ネット通販を利用する時に「必ず店舗を覗くハズです」
これが1つ目の「購入体験によるリピーターの獲得」です。

次に100人に該当しなかった消費者です。
購入こそせずとも「インパクトのある商品販売をするショップ」という意識からブックマークする消費者も存在します。
ネット上の販売は100着売れたから100の情報ではなく、潜在顧客を見込むことが大事だと覚えて下さい。
新作商品の投入時、無料でなくても人間の意識として「お得に商品を提供する店舗」という感覚があるため、敢えて価格競争を図る必要性はなくなります。
また無料配布商品を今度は「通常価格」でも販売します。
無料配布したから「在庫切れ」にするのではなく、無料配布後も「通常価格」で継続販売します。

こうすると無料でゲットした顧客が再訪した時は、「やはりお得だった」と満足感が増し、100人に漏れた人は「買っておけばよかった」と店舗をチェックするようになります。
その後のセールのタイミングで購入してもらうか否かの戦略は企業秘密ということで割愛します。

そして「無料配布商品」のオーダー率から「次の仕入れを検討する」、これも重要です。
「確実に消費者が欲しい商品」を配布すると記載しましたが、あくまでも店舗側が「これは売れる」と考えた商品ですので、もしかしたら無料配布しても売り切れないかもしれません。
当然、普通のショップが「無料配布」することはなく、「無料でも売れない商品を扱っていた」と気づくことはないと思います。
逆に考えれば「買い付け段階の見直しが必要」ということに気づけたなら、これは非常に価値ある情報になります。

まとめておきますと「無料配布」により得られる情報は大きく3つです。
・確実な購入体験を消費者に与えることができる
・潜在顧客のショップイメージを定着させることができる
・取扱い商材の方向性の見極めができる

上記以外にも副産物としてのメリットはございます。

現在のネット通販は「ただ安いだけ」では長期ショップ運営は厳しい状況にあります。
であれば、早い段階で少々強引な企画で消費者動向をリサーチすることも必要となります。

「価格なのか?取り扱う商材の方向性なのか?」
こうした見極めは「セール品」という見慣れた販売戦略ではなく、差別化した企画を施すことで得られる情報もあるということ。
無料提供が厳しいということであれば、こんなのはどうでしょう?

「自宅で試着して気に入ったら購入できるシステム」

もう既に大手通販ショップも行っていますね。
狙いは確実に「消費者に購入体験をしてもらう」ことです。
欲しいと思った商品を手にとってしまって返品する消費者がどれくらい存在するでしょうか??・・・
私なら粗悪品でなければ迷わずそのまま着用してしまいます(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影というキーワードを外した結果
今回はネットショップ運営者の誰もが気になる「SEO上のキーワード」のお話です。
本当のところ、この内容を公開することに関しては非常にためらいましたが、サイト運営の参考になればと箇条書きにしておきます。
参考にして頂き、上手くサイト構成を行うと経営方針の再検討を促す起爆剤になるかもしれません。

検索数の多いキーワードを考え直す


どこのサイトでも基本軸としてサイトキーワードがあります。
弊社の場合であれば、最も検索数が多いであろう「商品撮影」というキーワードです。
誰もがパッと思いつき、検索をしてくれると予想するキーワードです。
アパレル商品を扱っている場合だと「ワンピース」で1ページ目に出てくれば閲覧数は伸びるでしょう。

うちの場合も、例にならってこうした検索語句を軸に構成していましたが、やめました(笑)
ではどうしたのか?というと、「全くSEOを気にしないサイト構成」にシフトしました。
具体的には「全く気にしない」というのは少し違いますが、要は上位に掲載されたい語句の競合サイトの検証をしてみたのです。
結果、弊社のコンセプトと競合するサイトが乱立するのかどうか?疑問が湧き、昨年の10月ですので、約1年前から「商品撮影」というキーワードを意識したサイト更新を減少させていきました。

このように検索数の多いキーワードを考え直すことになった経緯をご説明します。

撮影の問い合わせ内容の質の悪さ


サイト内でも何度か登場する「適正価格の写真撮影」ですが、これがヒントです。
要は、検索され発見される可能性は上がっても「料金の値引き要請」を主眼とした問い合わせが増えても経営上のメリットはありません。
つまり「本当に必要とされるクライアントに情報が届いていない」という感覚です。
撮影スタジオは、オーダーを獲得することに注力しますが、「どのような顧客を獲得するか?」についてのコントロールはできているか?は疑問です。

例えば「商品撮影」で検索した時に出てくるのが「価格設定の安さをウリ」としているライバル他社が圧倒的に多い場所に「モデルコードは似合わない」・・・であればここから退散しようという理由です(笑)
1件の撮影単価を激安スタジオに近づけていくのではなく、「キチンとした写真を希望する市場に向けて情報を流す」この方がモデルコード自体のコンセプトはブレません。
こうした施策を行った結果、どうなったのか?1年後のレポートをさせて頂きます。

顧客数の減少に反比例して利益は伸びた


結論から申しますと、見込み客(問い合わせ)や実際の顧客数は減少しました・・
が、しかし一昨年の同時期と比較すると利益率は伸びました♪
つまり、「顧客数を増加させることが良い」という今までの考え方が180度変わる結果が出たということです。

撮影価格という面でみれば、利用者にとっては「安価に越したことはない」のですが、現在の顧客層は「安すぎる料金は安い写真になる」ということに理解があるお客様が多くなったと感じています。
これについては、感謝しかありませんが、作業面においてもじっくりと撮影に向き合える状況になったのは確かです。

将来を見据えた商品撮影の在り方


実際に自社のサイトでの顧客層の変化を感じて思うことは、「継続性、将来性のあるショップと付き合っていくことの大切さ」です。
商品撮影サービスをはじめて以来、様々なネットショップと取引を行ってきましたが過去3年程度を振り返っても「存続しているネットショップ」というのは、撮影に対して「価格よりも質」を求めている傾向にあります。

たかが商品写真という分野ではありますが、「投資すべきポイント」の嗅覚というのはショップ担当者のセンスだとも言えます。
最終的に商品を買う消費者に対して「どのような商品をどのように見せて販売するか?」これがネット販売の優先事項です。
撮影料金の価格破壊については、企業努力もあると思いますので完全に否定はできませんが、商品販売の脇役として弊社のようなサービスがあるとするならば、3年後も継続するようなショップになってもらうための写真素材の提供を心掛けなければなりません。

検索キーワードを通じて改めて「ネットの不思議」に触れた感覚にもなりましたが、情報をどこに流すかによって状況は変えられることを学びました。
ビックワードが乱立するアパレル市場ですが、もしネット販売で行き詰まっている担当者様がいらっしゃいましたら「今のキーワードに固執しない」というのも1つの経営戦略かもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットショップ運営のヒント
大手ショッピングモールに出店して、モール担当者から売上向上のためのアドバイスを聞いて実行している方も多いと思います。
ズバリ!、その結果どうなりましたか?
中には上手くいった事例もあるでしょう。
しかし、モール担当者の意見を実行しても一時的に売上は向上したけど、その後は低迷した・・という事例があることも事実です。

本日は、サイト制作業務のプランニングを実際に行ってきた経験からネットショップを運営・管理する担当者が現実的な数字から考えておくべきことについて少し触れていきます。

まず最初に1つのネットショップのSEOから販売経路の開拓や売上向上に結びつくまでに1名が担当するショップ数の限界を考えると、モール担当者に任せることがどれだけリスクを伴うのかが分かります。
正直申しまして、新規サイト(ネットショップ)を顧客が納得するレベルまで引き上げるには、相当な労力(予想・検証・実行などの繰り返しによるデータ蓄積)が必要となります。
ましてや、ショップを管理する人がHTMLなどの知識が全くない、画像のリサイズすら十分にできないとなると、モール担当者のスキル云々のレベルの話ではありません。

そうした知識がなくても手軽にショップ運営ができるよう初心者の方でもカンタン入力の管理画面がありますが、このシステム自体をじっくり把握する人はまずいないでしょう。
20年近くネットに携わってきた経験上、「システムは簡素化されたが、扱う人間がついていけない」ジレンマがあります。

少し昔の話ですが、windows95くらいの時代は、「こうすればこうなる」という「理由と結果」を同時に把握しなければパソコンは扱いにくい代物だったのですが、今は「結果先行型」でシステムが簡素化されている為、昨今のネット運営担当者の行動が「売れているショップになるための結果」を求め過ぎている。
実際のところ「売れるための行動を起こさなければ、売れるショップにはならない」、閉店するショップはこうした行動をしない傾向があり、その結果は想定内のショップの閉店に追い込まれる。
時代を問わずネット上での販売というのは、「予想→検証→実行」が基本となります。
これは絶対です。

そして話を戻して、大手モール担当者がこうしたノウハウを顧客に伝え、そのアドバイスを軸にネット運営を行うわけですが、「1ショップ=担当者1名」ではありません。
大手モール担当者は他のショップの面倒を見ないといけないので、その労力はとてつもなく多いでしょう(笑)

ネットに関する知識や成功事例をデータとしてどれだけ持っていても処理をするのは人間です。
想像してみてください。
「アパレル」、「食品」、「家電」、「コスメ」、「インテリア」各ジャンルで1ショップ、合計5店舗を担当したと仮定して、「深く関わり調査して、そのショップの今後まで見極める」なんてことが現実的に可能でしょうか?
私には無理です(笑)

例えば某大手モールの従業員数が約13,000人、その中からネット通販事業部で3,000人を配属させたとします。
そして現在のショップ登録数が約42,000店舗とすると、一人の担当者が抱える店舗数は14店舗です。
またまた想像してみてください。
たった1名で14社分の売上向上を確約できる経営スキルありますか?
これまた私には無理ですww

これはあくまでもモール担当者がネット知識に長けていることを前提にしています。
当然3,000人の中には実務経験の少ない人もいることを考えると、自社のネットショップをモール担当者のアドバイスで構築していく危うさが理解できると思います。

核心を突いてしまえば、モールに参加(出店)する企業は日々増えていく・・・
HTMLなどの知識に乏しく、悪く言えば「手がかかる割にチャレンジをしないショップ」は見放されるでしょう。

ネットショップの運営は「実店舗と同じように考える」これが常識です。
決して、「大手モールに出店したのに売上が上がらない!詐欺だ!」とか考えないで下さい。
現実として、ネット知識が無いのにネットで儲けようと出店する方に問題があるのかもしれません。

地元で繁盛する八百屋さんは商いを行う地域のことをよく観察して知っています。
ネットでもリアルな世界でも商売は同じなのです。
「この人参どうやったら売れる?」そんな質問、八百屋さんはしないですよねw。
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト制作とiMac Retina 5Kとの相性
写真編集とiMac Retina 5Kについての相性に関しては、以前の記事で触れさせて頂いた通リバツグンです。
ではネットショップなどのサイト制作においてiMac Retina 5Kでの作業はいかがなものか?
導入して2ヶ月程度となるので、参考程度に書き留めておきます。

まず私の場合サイト制作で頻繁に使うソフトとしては、アドビのフォトショップ+イラストレーターで画像関係を仕上げて、最終的にテキストエディタでCSSを手打ちしています。
Dreamweaverとかは、サイト制作は初めから「メモ帳」で作ってきた世代なので、特に必要としていません・・慣れてしまって(笑)

こんな感じでメインとなる作業用のソフトですが、映像や音声をいじる時は「アドビ製品」は使ってません。
といのもプレミアでフルハイビジョンの映像データにエフェクトを少し重めにかけると、「ちょっとしたタイムラグ」が生じたからです。
iMac Retina 5Kのスペック的には「全部盛り」の状態なので、ソフトとの相性のようです。
ちなみに「ファイナルカット」の場合は、こうした遅延は全く感じません。(さすがアップル純正w)
プレミアの遅延といってもスピード重視の作業環境ですので、一般のちょこっと編集では問題ないかと思います。

で、実際の作業の感覚ですが、フィトショとイラレ程度でしたら全くストレスはありません。
フィトショで編集画面5つ、イラレで編集画面6つ程度が常に開きっぱなしですが、ファンすら動かない状態で余裕があり過ぎます(笑)

気になるのは5Kの解像度での作業、画面サイズは2880 x 1620ピクセルがお勧めです。
72dpiのウェブ横幅サイズ1200px程度を行うには充分過ぎる領域を確保できますので、縦長のページレイアウトでも効率は上がります。
但し5120×2880ピクセルの画面表示もできますが、実用的ではありません。

今までサイト制作で画像編集をする際にパスを切ったりする時は、何かと拡大を使っていましたが、今はショートカットをクリックする機会が激減しました。
2880 x 1620ピクセルの画面サイズでも、1画面全体が見渡せている事と、ピンポイントの画像編集では見やすい状態が200%~300%ですので、すぐ狙った作業ができます。

総じてサイト制作程度の作業ならiMac Retina 5Kで不自由に感じることは皆無となります。
ただ笑ってしまったのは、youtubeなどのフルハイビジョン映像を全画面で見ようと思うと「モザイク状態」です。
これはご愛嬌ということで4K映像が盛んになるのを待ちましょうw
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション