商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. アパレルモデルについての一覧

アパレルモデルについて一覧

商品撮影のヒント集 > アパレルモデルについてのカテゴリー記事一覧となります。
商品撮影にアパレルモデルを使う人へ
実際に商品販売の武器となるモデル素材は慎重に見極めたいところです。
スタジオモデルというジャンルは、一般の女性へモデル募集をしてアパレルモデルとして採用・掲載することが多く、当たり外れもあることは否定しません。
採用側が「アパレルモデルとしての最低条件」を考えて採用していることを切に願いますが、中には希望者を全て合格にしてアパレルモデルと称しているスタジオもあるので注意が必要です。

では、一体モデル採用の基準って何なのか?
もちろんすべてを公開することはできませんが、弊社のアパレルモデル採用の基本の「き」を少しお話します。
アパレルモデルという言葉を聞くとビジュアル面が先行した「綺麗・可愛い!見た目の良い人材」を連想するかもしれませんが、私服の写真で可愛いだけであれば月間で数十名は合格者は出せます(笑)
しかし、業務を担うアパレルモデルの容姿の条件として「クライアントの服を着て綺麗or可愛いのか?」があり、弊社では「服が活きる表情を持っているか?」を見ています。
まず、下の表情のイラストをご覧下さい。
表情で撮影モデルを見極める
いずれも顔の形状や目鼻のパーツは同じですが、女性が共感できる・・嫌味の無い表情は左側のものになると思います。
真ん中のように素人過ぎる印象がるものはもちろん、右端のようなギャル系雑誌を真似たような個性を狙った表情を作って、逆に個性的でなくなる勘違いな表情も同性としては嫌なものでしょうw。
こうしたパッと見た表情1つで、その人がアパレルモデルになりたいのか、自分が目立ちたいだけの人間かを判断することができます。
私が弊社のブログで「読モ嫌いを公言」していますが、読者モデル(そもそもそんな業種は無くただの雑誌のモニターです)に個性アピールが酷い人が多く、「クライントの服より目立ちたいならタレントを目指して欲しい」と考えてしまうからです。

アパレルモデルはクライアントの服を伝える1つのパーツでしかなく、名も知れないモデルが着たからといって一般の消費者が共感して「モデル売れ現象」など起こるはずはありません。
であるならば、まずは謙虚に服を伝える努力をして、クライアントに貢献し認めてもらうことを繰り返すことでモデル業務とは何かを経験していく方が大事です。

撮影スタジオのモデル採用基準は当然、個々のスタジオの方針に委ねられますが、実際にネットショップで販売を行なう担当者にとってモデル着用写真にどういう人材が必要かを考えれば、商品撮影のモデル選びポイントは必ず見えてくるはずです。

お時間のある時にでも、イラスト左のような綺麗な表情を作っているモデルがどれだけいるか?
確かめてみるとすぐに分かります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデル事務所の選び方
商品撮影にモデル着用画像を使用する場合、当然モデルに関する決まり事が存在します。
例えば使用先や期間など肖像権に関する規約があります。
しかし、こういった規約は依頼する撮影スタジオによって取り決めは異なり、初めてモデルによる商品撮影を依頼しようした場合は分かりにくいのが現状です。
大きく分けてモデル撮影では「提携先のモデル事務所を使う場合」「撮影スタジオに所属するモデルを使う場合」この2パターンになります。
弊社の場合、後者の「自社のモデル」ということになり、使用範囲や期間については直接モデルとの交渉によって決めることが可能です。
他社から乗り換えてこられるお客様の中には「半年経ったら更新料を請求された」などスタジオ毎の規約を未確認のままオーダーしてしまうケースもあるようです。
では、「提携先のモデル事務所を使う場合」のスタジオ・モデル事務所・依頼元、この3社の間にはどのような関係性があるのかご説明します。
撮影に関する相関図
相関図をご覧頂くと分かるようにスタジオは窓口にはなっていますが、実際のモデル肖像権については、モデル事務所の管轄となります。
つまり、1年経ってモデル画像を継続使用とした時に「スタジオ側が独断で継続許可を出せない」ということです。
とはいえ、依頼元がモデル事務所と直接交渉することは稀であって通常は最初の撮影規約を履行することになります。

最近増えてきているのはフェイスブックやtwitterなどのSNSなどで商品PRの為にネットショップ側がモデル画像を拡散していくケースで、モデル事務所側から使用範囲超過となってしまい、追加料金を請求されることもあるようです。
こうした流れを踏まえて弊社では、「画像の二次使用について」にて情報を公開しており、規定は通常より適用範囲を柔軟に捉えています。

こうした書き方をしてしまうと不安になってしまうかもしれませんが、健全に運営を行なっているサービス企業もございますので、撮影前に下記の項目について確認しておくと良いでしょう。
・起用モデルは自社のモデルか?または提携先のモデルか?
・モデル画像の使用範囲や期限に制約はあるか?
・撮影依頼時に使用範囲等に関する規約をデジタル書類などで控えをもらえるか?

以上の点は必ず確認しておくと万が一のトラブル予防にもなります。

また提携モデル事務所を使った商品撮影サービスを使う場合は、評判の良いモデル事務所を使っているかを見極めることも大事です。
間違ってもスタジオがコントロールできる「肩書きやキャリアの履歴」だけを信用せず、モデル事務所名称をスタジオ側に聞いて、そのモデル事務所が下記の団体等のいずれかに所属しているかを調べ、どのレベルのモデル事務所と提携しているかが判断することもオススメです。
・一般社団法人日本モデルエージェンシー協会の会員事務所か?
・(社)全国民営職業紹介所協会の入会事務所か?
・日本タレント名鑑に掲載されているモデルか?(直近1年掲載)

有名モデル事務所提携!と謳っていても実際はモデルサークルのような団体と提携しているケースもあるので、曖昧なモデル起用をするのであれば、管理判断が明確な撮影スタジオ所属のモデルを起用した方が安全です。
ネットショップに起用するモデル撮影は少しでも見栄え良くしたい意向も分かりますが、著作肖像権などに関するトラブル回避の為に慎重に選びたいものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション