商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. アパレルモデルについての一覧

アパレルモデルについて一覧

商品撮影のヒント集 > アパレルモデルについてのカテゴリー記事一覧となります。
商品撮影のアパレルモデルに必要な条件
弊社のみならず、アパレルでの商品撮影にはモデル着用イメージというのは不可欠になってきていますが、これからアパレルモデルを目指す人に知っておいて頂きたいのは「自己主張の意味を理解する」ことです。
今回は、より実践的な心構えがテーマになりますが、現場で何が求められているのかを少しでも知ることで、いま自分が考えている「モデルの認識(意味)」と照らし合わせて考えてみると面白いかもしれません。

モデル商品撮影での「自己主張」というと、優れたポージングだったりを連想するかもしれませんが、経験上ポージングなどの「練習して習得する部分」については個人差はあっても練習、つまり努力をすれば誰でも身につけることはできるはずです。
しかし「自己主張」としてポージングを捉えれば一定のパターン化された動きでは個性を出すことは困難になります。

ではどうするか?

モデルや撮影について、猛勉強や研究をする必要は全くありません。
自身の生活パターンの中で「心を動かす作業」を積極的に行なえばいいのです。
少し宗教っぽくなって自分で書いていて笑ってしまいますが、簡単に書くと「自分が見て、聞いて、感じた」そうした事柄の中にモデルにとって大切な「表現力」に通じるヒントがたくさん存在しているという意味です。

自己主張(表現力)とは、その人の中にある感情や意識の幅によって変わります。
モデルになることを意識して生活をしている人とまったくしていない人、この両者では明らかに生活の中で得ることのできる情報量は変わります。

例えば、女性雑誌を見ていて「このポーズと笑顔のバランス覚えておこう」と考える人は、雑誌の出版社側から雑誌を見ている、つまり自分が撮影モデルになることを意識して雑誌を見ていることになります。
対して一般の人は「この服かわいい!どこのブランド??」と消費者側からの目線で雑誌を見ていることになります。

何気ない行動パターンですが、撮影現場で「○○で出てくるブランドの感じって分かる?」と質問すると消費者側から見ているだけの場合は、頭の中に服のイメージしか残っていないので、表現方法はおろかイメージの方向性すら掴めない状態になってしまいます。

モデルとしての表現(しぐさ)は、「ものまね」から始めればいいと考えます。
自己主張としての表現方法を「自ら生み出してやる!」と意気込んでも、きっと失敗に終わるでしょう。
理由としては「個人が考える表現」よりも「世間に認知されている表現」を素直に学ぶべきです。

商品撮影に起用したいモデルの条件としては、「表現方法のパターンを多く持っている」ことも重要です。
クライアントから指示されて「何もパターンが思いつかない・・」これではアパレルモデルとして失格です。

テーマの最後にアパレルモデルになりたいと思ってはいても勘違いしているよくある5つのパターンをご紹介。
1:自分が好きなアイテム自慢はできるが、イレギュラーなジャンルのアイテムを着こなすスキルはない。
2:メイクが上手そうに見えるが、1つのパターンしかなくジャンル別のメイク方法を知らない。
3:手足は長くてモデルとしては理想的だが、動いたらスタイルが崩れる。
4:やたらとSNSで顔のアップを撮っているが、全身写真での自身のスタイルバランスの悪さを本人が気付いていない。
5:何となくサロンモデルなどの撮影経験は豊富、でも撮影毎に求められている内容を理解する力がない。


上記に1つでも該当する場合は、アパレルモデルとしての「自己主張の意味を理解する」これに尽きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
アパレル商品撮影の練習
モデルを使った商品撮影、特にアパレル商品に関しての撮影ではモデルのポージングは非常に重要になります。
昨今では「可愛い」・「スタイルがいい」だけでアパレルモデルと名乗っている人(スタジオモデル)も多いですが、実際弊社の場合、アパレルモデルとして掲載に至るまでにどのようなモデル知識(ポージング技術)を教えているのか?
ほんの1部ですが、今回はアパレルモデルとしての練習撮影についてご説明します。

まず最初はアパレルモデルといっても、やみくもに動いてポーズを行なえばいいというものではありません。
「アパレルモデル」すなわち「服が一番綺麗に見えるための動きを知る」その第一歩はキチンとした姿勢です。
極端な話、綺麗に成形されたマネキンが動き出せば綺麗に見えると思いませんか?
それを人間が行なう場合は、自身の姿勢のクセやポーズを展開する際に気をつけるポイントがあります。

実際に撮影時にカメラマンがどこに気をつけてシャッターを切っているか?を簡単にご説明します。

モデルの姿勢と注意点
まずは「A:体の軸」です。
Bと関係性がありますが、上記の2枚の写真のように体の軸がブレてしまうと、どれだけ頑張っても綺麗なポーズはできません。
頭のテッペンから足のかかとまで1本の線で繋がるように意識することで改善できます。

続いて「B:足のつま先」です。
これは重心がどこに向くかのか?、そして上半身はどこに向くと下半身とのバランスで自然に見えるかを決める重要なポイントです。
不自然なポーズに見えるモデル写真の多くに、つま先がカメラ正面、または45度の位置に向けていない時に不自然なポーズ写真となります。

そして「C:手の位置」です。
アイドル写真にありがちなのが、顔に手を置く「歯が痛いの?」と勘違いするような写真(笑)
アパレルモデルで動かす「手の位置には基本パターン」があり、応用もすべて固定位置から展開されます。

ここまででお気付きかと思いますが、一般の女性がモデルに重要だと思い込んでいる「顔(ビジュアル)」などほとんど見ていません。
表情やしぐさというのは、撮影経験などによって身につけていくものなので、基礎の段階では強要はしません。
綺麗な体のラインを作って、動作ができるようになれば、自然と表情は柔らかくなるものです。
またビジュアルはメイクやニーズによって様々なことや、前提として顔だけが可愛く綺麗でもアパレルモデルにはなれません。

ではでは基礎的なポイントを修正してアパレルモデルとしての綺麗な姿勢を作ったサンプルをご覧下さい。

アパレル商品撮影のポーズの基本
いかがでしょうか?
無駄な動きが無くなって自然なポーズになっていると思いませんか?
モデルというジャンルは様々ございますが、弊社は企業からの依頼でアパレル商材を扱います。
モデルに対してどこを基準に指導していくのかを見極めることができなければ、商品撮影は成立しません。

今、ご利用のスタジオモデル、アパレル商材を任せるスキルを持っていますか?(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデル事務所についての考察
今回の記事に関しては、私的な経験談を含めた内容となりますので、どう捉えるかは読者の方に委ねます。
と、前置きをしておきますが、モデルによる商品撮影をしようと思った時にこう感じたことはありませんか?

「モデル事務所のモデルなら確実にいい写真が撮れるハズ!!!」

答えは8割程度の確率で期待ハズレに終わります。
商品撮影に「モデル事務所」と呼ばれる企業が介在して撮影を行なうことは4年ほど前に流行りましたが、費用対効果の関係上、今ではネットショップ用の商品撮影で少し名の知れたモデルが登場することは極端に減少しました。
よくあったパターンとしては、「人気読モの○○ちゃん愛用」なんて文言も流行りましたね(笑)
何をもって人気なのかはさておき、今ではステマのイメージが強くなって、こうした戦略はかえって企業イメージを損なう可能性もあります。

とはいえ、女性がモデルになりたいと思う人気度は相変わらず高く、需要と供給のバランスではモデルが増え過ぎてしまっている現状も否定できないでしょう。
そうなるとモデル事務所は何を考えるか?
増え続けているネットショップをターゲットにモデルを売り込むことを考えます。

弊社にも毎月何らかのアプローチは頂きますが、すべて断っております。
理由としては、「訓練されているモデルが極端に少ないこと」です。

モデル事務所側からすれば、「売れるかどうか分からない人材に経費をかけて教育する」ことに関してはリスクを伴いますが、オファーをする側からすれば最低限度の教育はして欲しいと思うはずです。
経験上、そうしたモデル事務所のモデルを撮ってみると基本的な姿勢もとれない、撮影意図を理解できないなどモデルとしてギャラを取るにはお粗末な人材登用を行なっている例も少なくありません。

在籍人数が多い事務所=それだけの人数をレッスンするだけの体力のある企業なのかをサイト等で吟味する!
こうした登用失敗にならないための予防策は講じておくべきです。

一昔前のモデル事務所とというのは「モデル業へのプライド」があったように感じますが、「自称モデル」の台頭によってモデル業の意味合いが「モデルとして採用したからモデルなんです!」と理不尽な思想があるように感じてしまいます。

ネットであれ雑誌であれ、アパレルモデルとは特殊な技術は確かに存在しますが、モデル事務所側がその「技術」を理解していなければ「ビジュアルやスタイル」だけで「モデルっぽい女性」を量産しているに過ぎません。

これから本格的にアパレルモデルを目指す女性にアドバイスを送るのであれば、しっかりと教育体制が整った事務所を受けることです。
もしそうした事務所に合格できないのであれば、「自身に何かが足りないのです」
誰でも合格できるモデル事務所に入れば「モデル気分」になれるだけで、それ以上のステップアップは無いと理解する方がベターです。
夢を叶えたいのであれば、今自分は何の努力をしているかを問い直して下さい。
ほとんどの人は「雑誌を見て研究」・「メイクの勉強」そんなものは誰でも簡単にできます。

商品撮影においても、「実力派モデルが多数在籍!」などの文言に惑わされれば、期待ハズレに終わるのは明白で、そもそも実力があって人気のモデルであれば、そんなに簡単にスケジュールが組めるなんて事はありませんよね(笑)

以上、勝手な見解でしたw
このエントリーをはてなブックマークに追加
着用イメージカットについて
アパレル商品のモデルの着用写真で必ず指示される「バック(背面)のカット」、実は意外とこうした簡単に見えるカットでも撮影経験やモデルとしての「質」を判断できます。
たまにネットで目にするモデル写真で前面のイメージカットはもの凄く良いのに、背面カットだと「人生終わったような悲しげな背中(笑)」になってしまっている残念な商品写真に遭遇することがあります。
このような残念なカットになる理由は簡単です「基本姿勢が取れていない!」これだけです。
私が一般的にプロモデルと素直に呼べる職種の人は、徹底的に基本的な(綺麗な)姿勢が取れています。
それは何も撮影をする時だけではなく、普通に会話をしている時でも同じです。

やや厳しい言い方ですが、いわゆる「自称モデルやなんちゃってキャリア」を持った方を面接すると、採用可否という前提に「キャリアは嘘or余程ゆるい撮影経験しかない」ことは、その人の姿勢を見れば明白です。
そうした人はよくこういった話を自慢げに語ってくれます。

「某有名モデル事務所の1次は通ったことがあるんですけど、話が上手くないから面接だと落ちるんです。」

ハイ(笑)、話が上手くてもその怠けた姿勢で面接官の前に立っていれば100%落ちます(笑)
モデルコードも例外ではなく、話を聞く前から採用NG前提のルーティンワークになります。

アパレルモデル、対企業相手の着用モデルになる為には何が必要なのか?
まずスタートラインに立つためにはどんな服でも綺麗に見せる土台(姿勢)を習得する。
非常にシンプルな所ですが、見逃しがちな基本の「キ」です。

また冒頭で書いた残念なカットは、撮影する側の責任でもあります。
明らかに商品よりもモデルの「悲しげな背中」が目立つようなら商品写真の意味がなくなってしまいます。

起用しているアパレルモデルに対して陥りがちなケースや着用画像としての意味を伝えていくことで残念なカットが流通することはないでしょう。
そうした点を気にせず撮って納めるスタジオ撮影サービスは、単なる流れ作業で写真を撮っているように思えるのは私だけでしょうか?
最後に、姿勢に気を遣ったバックショットの事例をご覧頂いて、現在の撮影サービスのモデル画像と比較してみてください。
商品撮影の背面カット写真
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデルのギャラについて
今回はモデル撮影にまつわるギャラ(報酬)がテーマです。
現実的な事柄ですが、昨今のモデル撮影の低価格化は当然利用される方へのメリットの1つではありますが、少し違った観点から物事を見ていくとモデル撮影を利用される方にとっては良い面だけではないことを感じて頂ければ幸いです。

例えば、1着のモデル撮影が1000円をだった場合、撮影業者の純利益はどれだけあるのか?
モデルコードの場合、撮影料金プランで着単価が1000円という格安設定はありませんが、仮定として内訳を公表します。
スタジオ使用料や部材など除いた分をモデル側と5割・弊社5割にしています。
この比率をどう見るかは業者によって様々ですが、弊社の場合はモデルに支払うギャラを削ってまで撮影料金を安くする方針は今後も行なわないでしょう。
理由としては、掲載しているモデルについては、ある程度プロとしての常識的なスキルや心得を伝えています。
これを履行するためには日常から体のメンテなど費用はかかると感じています。
当然、一定のレベルが保持できなければ即刻掲載は中止しています。

こうして撮影スタッフ側とモデルの取り分を半々とすることで、仕事に対して自問自答するようになり素人感覚から「プロとしての自覚」が芽生え、価格に見合ったモデルへと成長していきます。
一番楽な採用の仕方は、「モデルになれますよ」と感じの良い言葉で希望者を募り、タダ同然でモデルとして使い、クライアントには印象の良い格安料金で撮影サービスを提供する方が業者としては儲かりますが、モデル写真の質の低下に繋がることは明白です。
1着のギャラが200円程度で50着頑張って仕事をしてもモデル報酬は1万円、そうした料金設定はモデルにとって最初のうちは写真撮影が楽しくて納得していても必ずテンションは衰退します。
職業としてのモデル、特にネットショップ向けのモデルが軽視されているのは1990年代後半からストリート系雑誌で流行した読者モデルブームで一気にモデル価格は低下しました。
そのなごりが元々プロモデルとしての理解が薄いネット媒体でモデルの価格基準を読者モデルに合わせてしまっていることは容易に想像がつきます。

昨今ではさらにギャラの低価格化は進み、上記のようなタダ同然となっているようで、弊社にもモデル事務所だがサークルだか分からない団体から「タダでも良いから使ってくれ!」と営業をかけられます。
安すぎるモデル撮影料金には理由があり、また高い場合も正当な理由があります。

モデルによる商品撮影を利用するお客様は、サービス事業者側が提示する価格で「モデルの質」を判断するしかありませんが、もし自分が着単価が極端に低い状態でクライアントの売上げのことまで考えたパフォーマンスができるかを考えれば、「人件費(モデルのギャラ)」にはそれなりに相場はあると理解頂けるはずです。

たまたま低価格でも技術的に平均レベルのモデルを賭け事のように探すより、一定のレベルを保っている業者を見つける方が賢明だと思うのは私だけでは無いハズです。
クライアント側が安すぎるモデル撮影を行う業者を警戒する意識がモデル品質を向上させて、ネットモデルの格付けの見直しに繋がることを願うばかりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション