商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. アパレルモデルについての一覧

アパレルモデルについて一覧

商品撮影のヒント集 > アパレルモデルについてのカテゴリー記事一覧となります。

引用元:RISINGPRODUCTIONch

西内まりや 公式チャンネル


RISINGPRODUCTIONさんの公式YouTubeチャンネルに“西内まりあ”さんのメイク術風の動画が視聴できます。
ってなぜ!?この動画・・と思うかもしれませんが、モデルさんを語る上ではトップクラスを見て頂いた方が楽しいじゃないですか(笑)
特に理由はありません。

そんなことはさておき、モデルを目指す方々「明日は撮影です」って言われたら勝負メイクのパターンいくつありますか?
「クライアントの要望もあるし・・」なんて言い訳はせずに!ありますか?・・パターン?w
前回のこのカテゴリーでも少々触れましたが、メイクは自分を演出する1つの武器です。

例えばこんなシチュエーションを想像したことはありませんか?
晴れてモデル事務所に所属したとして、ポンポン仕事が入ってくると思い込む、よくある勘違い。

事務所に入る=仕事が安定的に決まる!!
この方程式が成立するのは余程の逸材でしょう。
では、その他大勢はどうするか?

ほとんどはオーディションを重ねて選考されるべくチャレンジを続けるしかありません。
そんな時に「勝負できるメイク術すら持っていない」これでは審査の結果は明白です。

モデルという視点から見たメイクとは「他人から見られる状況での演出方法を知る」という意味においても重要で、要は「自分はどんな顔なのか?」を把握していない人は「人に何かを伝える仕事などできない」のと同じです。

今回トップクラスのモデルさんの動画をご紹介したのは、何年かモデル撮影やカメラテストをやっていて感じることなのですが、第一線で活躍している人が行なっている努力をモデル願望がある人(夢みる人)ほど、こうした演出する努力をしていないのでは?と思ったからです。
「西内まりあさんは、仕事だから・・」では彼女も新人の時はどうしていたのか?

ヘアメイクやスタイリストが付くのは仕事が入った時のことで、仕事を獲得するまでは自分で何とかするしかありません。
弊社のオーディションに来る人の中にも「以前○○事務所に入ってたけど仕事くれなくて・・」と事務所側に落ち度がある言い回しをする傾向が目に付きますが、そうした場合、ポージングのスキルもメイクのスキルも無い・・特徴の無い背の高い人・・雑な表現で失礼ですが、タレント性や“輝き”みたいなものは、努力を継続している人にしか存在しないことを学ぶべきです。

現在のアナタは「おしゃれ女子代表になれる!」覚悟はありますか?
仕事の大小ではなくモデルはそんなお仕事かもしれませんよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
アパレルモデルの容姿について

「周りの友達からモデルになった方がいいよ!」と言われます。

よくあるモデルになろうと思ったキッカケの1例ですが、現実は素人さんの友達から勧められたからといってモデルになれる訳ではありません。
容姿端麗・・でもモデルには向いていない人はたくさんいます。
では「綺麗だけどモデルになれない人とは?」・・今回はモデルの素質について少し触れたいと思います。

容姿端麗でビジュアル的には問題ない人は結構いる
弊社のようなスタジオモデルというジャンルの実体験をお話しするなら、モデル募集を見て面接を受けることになる人の半数以上は「見た目はすごく綺麗な人」が占めます。
当然ですが、面接をして即OK!ということもなく、「カメラテスト」で実際に撮影をしてモデル業務を任せて大丈夫か、“可能性”を試します。

この段階ではポージングなどのスキルは全く問題にはしていません。
では、何を見ているか?

「自分を演出できているかどうか」を判断しています。
つまり答えがないものを見たいと思っています。

活字で書くとややこしいですが、「モデルを演じているか」がポイントです。
モデル業務として撮影に臨む場合は、クライントの意図を演じることが仕事です。

ここが大事で「モデル業務のすべてである」と考えます。
メイクやポージングスキルは努力で何とかなるものです。

ビジュアルがどれだけ良くても撮影時に棒立ちになってしまって免許証の証明写真のようになってしまっては、撮影時に服を着こなす動きになるまでに何年練習をしなければならないか?と考えると、即戦力ではありません。
冷酷な表現をしてしまえば「モデルの覚悟がなければ応募はしないで欲しい」と感じます。

撮影モデルに求めることへの勘違い
モデル希望者だけではなく、撮影を依頼するクライアントもそうですが、「良いモデルの基準」を勘違いしているケースが多いのも現実です。

カメラマンにとって良いモデルは、決して操り人形のように指示されたポーズを繰り出せる小手先の技術ではなく、「無意識に演じる力を持っている人」です。
こうした人材の場合は、撮影カットのイメージや体の向きを伝えれば、あとは自ら演じながら服を着こなしていく。

「とってもギャラの払い甲斐のある人材ですw」

では演じる力って、そもそもどうしたら身につくのか?

簡単な例をご紹介すると、カラオケって行ったことありますよね?(笑)
その時は少しは好きな歌のアーティストになりきって歌っていると思います。
つまり無意識に「アーティストに近づけようとしている」ハズです。

写真撮影でも同じで、誰でも最初は立派なモデルではありませんので、「モデルになろうとする」これが演じる力のヒントです。

でも・・恥ずかしい・・・

そうです。モデルは恥をかく商売です。
言いかえれば、自己表現を恥ずかしいと思っている人はモデルには向きません。
最近のスタジオモデルがクライントへの見栄えを考慮して「ビジュアルを揃えるだけ」の傾向に疑問を感じるのはこういった点です。

撮影に求められる綺麗さを知る
アパレル商材においての「綺麗の絶対条件」は「着こなし(演技)力」です。
これはマニュアル通リのポージングよりも優先されるべきだと個人的には考えます。

本来写真の良し悪しというのは「あっ!かわいい!」、「あっ!綺麗!!」という瞬発的な感情で決まります。
そうした写真が撮られる過程にはモデルや撮影者の「綺麗と思わせる演技」が介在します。

撮影側は光やアングルなどで演出をし、モデルはそうしたパターンに合わせた演技で応える。
そうした写真の中に「クライアントの商材」が入り、商品着用写真としての品質は向上します。

つまり、撮影に求められる綺麗さとは「綺麗な女性が着るか?」ではなく「演じる力のある女性が着るか?」で綺麗な写真の仕上がりは左右されます。
容姿端麗でスタイルが良いというのは、あくまでも指標であって、絶対条件ではありません。

モデルを業務として捉えると大事なことが見えてきますので、アパレルモデルを目指す方は「綺麗とは何か?」を一度考えてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影モデルとしての基礎
ことアパレルモデルというジャンルは商品撮影という業務からみると、販売前の素材力を決める重要なポイントです。
では「商品を伝えるための人物素材」という視点で、これからモデルを目指す人や既にモデル活動をしている人に向けて「最低限知っておくと役に立つ項目」についていくつか触れてみたいと思います。

この記事を読んで「できてないかも・・」と感じた人は、良く言えば「伸びシロがある」、悪く言えば「自称モデル」です(笑)。
では早速、実際の業務からクライアントに指示されやすいモデル像とは何か?を項目別に確認しながら知識を深めましょう。

髪の毛のカラーやメンテナンス
これはヘアースタイルが決まっているということではなく、商品やジャンルに合わせた戦略があるモデルとしての自己管理ができているか?という部分です。
例えば、月の初めにカラーリングをして2ヶ月近く放置している・・、一般の人が考える「そろそろ何とかしなきゃ!」と感じるメンテナンス感覚と不定期に入る仕事に対応しなければならないモデルとでは「人に指摘されてからではアウト」だということを自覚しましょう。

「消費者の代表」として新商品を着用するモデルのヘアコンディションが悪いという時点で、ショップが受けるイメージダウンは避けれれません。
よくある事例が「この前、ちょっと髪色明るくしてみました!」とその時はコンディションが良いケース。
その後、メンテを放棄すれば下手にメンテが大変なカラーリングをしない方が無難だったと悔しい思いをするのはモデル本人です。
カラーやスタイリングの基本は「自分でキチンと管理できる範囲内か?」を考えることが重要で、一発屋のようなヘアコンディションは、正直1度でもメンテを怠った状態で撮影に入れば一気に信用を失います。

アパレルモデルとしての「おしゃれ」と、普段使いの「おしゃれ」は違うと心得るべきです。

目元づくりの勘違い
最近は常用されている「つけまつ毛」、全面的には否定しませんが、ジャンルによっては致命傷になります。
では「つけまつ毛」を使う際に気をつけることは何か?
1つは「表情を潰さないようなものを選ぶこと」です。
写真撮影を行なった時に無表情になる原因として目元を飾り過ぎたことで生じる「本来の目のチカラの消失」があります。

装着している本人は「目元を強調、可愛くする」ために付けていると思いますが、逆効果になることを理解すべきです。
また、糊が目立つようなつけ方をしていると、目線を下に落とした表現の時に「汚い目元」になります。
商業写真は肉眼で見るよりも精細に写りますので、「これぐらい大丈夫」は全然大丈夫ではありません。

カラーコンタクトも同様に考えるとベストな選択とは言えません。
分かりやすい事例としては、フランス人形でも何でも構いませんが、人工で作られた眼球をじっと観察してみてください。
きっとそこには「目から伝わる感情」というのは何も伝わってこないことが分かるはずです。
どんなに笑顔を作ることが上手くても「目玉が笑っていない」・・・却って怖い写真になります。

自分流メイクから脱出する
ネットショップ向けのメイクは「モデル自前メイク」となるケースが多く、メイクアレンジの多さも武器になります。
とはいえ、普段は普通の仕事してるからメイクを勉強する暇はない・・これは言い訳の常套手段です。
こうした人の多くは「写真を撮るからメイクを頑張る」傾向があります。
言い換えれば、普段のメイクは頑張っていないと主張しているようなものです。

普段は普通の仕事・・であれば普段から「ナチュラルメイクを極める努力をする」それだけで良いのです。
そして休日に女子会でもあるのなら「アレンジを効かしたメイク」にチャレンジすれば経験値は増えます。

「私メイク苦手なんです」と言う人はモデルを諦めれば良いだけで、現場では「出来る人」しか残りません。
普段からできる努力を怠る人にクライアントは振り向きません。これが現実です。

街中には美容部員を要した化粧品メーカーのブースがいくつもあります。
タダでメイク術を教わってしまえば知識も増えるでしょう。
できない理由を自慢するのではなく、できるようになる方法を探す人材になりましょう。

以上が基本の「き」として商品撮影モデルとして心得ておくべき項目です。
アクセスが多いようなら第二弾も予定していますので、心臓の強い方はお楽しみに(笑)。

アパレル系や商品撮影モデルは面倒な事が多い。
でもそうした一般の方が日常から面倒と感じることを実践しているからこそ、クライアントはそこに価値を見出し、仕事を任せると思いませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
アパレルモデルが商品撮影で覚えておくべきこと
アパレル向けの商品撮影モデルといえば「服を見(魅)せること」が仕事となりますが、ポージングの基礎や現場での指示などで「自分が描くポーズ」が作れない、または「セオリーを無視した表現が許されるのか?」と自問自答してしまうケースもあると思います。
では “カメラマンが上手い” と感じるポージング表現とはどういう時に生まれるのか?今回はほとんどのカメラマンが感じるであろう「このモデル上手い!」と感じる状況をご説明したいと思います。

駆け出しモデルが陥るミス
まずモデルの仕事についてですが、「1番最初に撮影した現場の雰囲気はどうでしたか?」
たぶん大体の方は「楽しかった!」、「現場の人が上手いとか可愛いと言ってくれた」などのプラスの評価を受けたことでしょう。
ただ・・この言葉に裏の意味があったとしたらどうでしょう?

例えば・・・

「素人さんにしては緊張せずに楽しそうだった。」

「素人さんにしては、上手く動けていた。」

そうです「素人さんにしては」つまり新人にしてはよくやったという評価です。
普通に考えれば撮影キャリアの長いモデルと新人モデルどちらを使いたいかと本音を聞かれれば、答えは明白です。

一般的な撮影の現場でモデルに対して叱るなどの行為があって現場の雰囲気が壊れれば写真に影響してしまいます。
大半の駆け出しモデルが感じる「楽しかった」という印象は、「仕事として成立させなければならない」スタッフの社交辞令というか現場を良くして写真にプラスの影響を出すための努力です。
逆に最初の現場で「モデルとしての改善点を指摘される経験」をした人は非常にラッキーだと思います。

こうした「おだてる行為」はモデル撮影ではテクニックの1つで、楽しい雰囲気ごと写真で表現するには、「被写体を褒める」に尽きます。
きちんとした感覚の持ち主であれば、撮影後に「本当に上手くできたのか?」は自身で分かるはずです。
緊張のあまり頭の中が真っ白だったということであれば、そういう結果という事です。

バイト感覚のモデルが不幸なのは「楽しませてくれる現場ばかり」を経験して実績ができたと勘違いしてしまうことです。
本当の実績とはクライントと撮影スタッフから純粋に好評価をもらうことで、つまり自分では決めにくいものです。
「褒められたから努力はしない」こうした行動が駆け出しモデルにはよくあるミスです。

上手いと感じるポージングの内訳
では「本当の評価」とは何か?
このブログでも再三書いていますが、ポージング(モデルとしての姿勢の取り方)には基本があります。
自分を過大評価しているモデルの場合、「今までに無い表現が良いモデル」と思い込む傾向があります。
確かに目新しい動きや表現は、撮影者にとって新鮮に感じるかもしれませんが、それはあくまでもカメラマンの人物撮影の経験と量によります。
モデルさん自身が「奇抜な表現」と思っていても経験豊富なカメラマンであればあるほど、「それは見たことある・・」という普通の表現だったりします。

このように書くと「もう表現手段など無い」ように感じますが、そうではありません。
「写真のセオリーを崩すタイミング」が大事だということを覚えておくと良いでしょう。
例えば、初対面の人と会話をする時に、最初からタメ口(奇抜な行動)でしゃべっていたのでは、印象は良くありませんが、常識的な礼節をもって接している時に、たまに少し砕けた口調になると印象は良くなると思いませんか?

写真における自己表現とは「基本の中でチャレンジする表現を入れる」こうした瞬間に撮影者は「何かが変わった」と感じるものです。
以下に5枚の写真を撮った時のポーズの内訳を簡単に説明します。

基本ポージングと個性の出し方
左のポージング推移は「基本的なポーズの中に個性的なポーズを1カット入れる動き」、対して右側は「個性重視で1カットだけ基礎的なポーズ」が入るパターンです。
クライアントからすれば、商品を説明するためのモデル着用画像として捉えた場合、基礎的なポーズを重視した動きの方が「使える写真」が多くなることになります。
逆に説明用と捉えた場合、右側の個性の強い動きは、クライアントの意図から外れた写真を量産していることになります。

当然、撮影者(カメラマン)はクライアントの意思に沿った写真を撮ろうとするので、無駄に個性の強い写真はシャッターの無駄押しになります。
上手いと感じる瞬間とは「クライアントの意思を尊重しながら、個性的なポーズでモデル側の提案ができている」ということで、「どこかの雑誌でこんなポーズしてたからやってみた・・・」というのは求められている表現が違えば「ただのお遊び表現」でしかありません。

アパレルモデルのポージング表現というのは、考え込むほど難しくなります。
そうした時に役立つ・救いの手段が「基礎を繰り返す動き」コレに尽きます。
突発的なポーズは「その時の状況によって変化」しますが、基礎が身に付いていればどのようなジャンルの服がきても「冷静に対処」できます。
頭の中がクールになっていれば、服のポイントや形状を考える余裕が生まれるので、それらを踏まえた「個性的なポーズ」を表現できます。

ポージングが上手いと感じさせる秘訣は「どんな動きをしても綺麗に見える基礎的なポーズ」が前提にあり、その中からオリジナリティー溢れる表現へと繋がります。
しかし、基礎を覚え込むには地味な努力が必要です。
モデルを志すほとんどの人が「基礎の段階で挫折します」、つまり「基礎さえしっかりできれば、差別化ができる」とも考えられますので、評価をされるために個性的になろうとせず、評価されるためには何が必要かを見つめ直すことが上達への近道だと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影に使えるモデルになるために
雑誌やネットショップを問わずアパレルモデルの需要と供給のバランスからすれば、「需要はあるが供給が潤沢ではない」のが事実です。
在籍するモデル数は、バリーション豊かな人材を提供できる方が顧客満足度にも繋がるためスタジオやモデル事務所も確保したいでしょう。

しかし、これには条件があります。
「商業用のモデルとして成立する人材かどうか?」です。

今まで私が面談を行なった中で特に気になる自己PRとしてこんなものがあります。

「努力をすることや好奇心だけは誰にも負けません!、もしモデルとして合格できたら自分を変えて頑張りたいです!」

いかがでしょうか??
厳しいですが、こういった人材を採用することは、まずありません。

重箱の隅を突くようですが、「努力することは誰にも負けない」この文言。
誰と比べて負けないとこの人は悟ったのでしょう?
こういう言葉を発する人はの場合、アパレルモデルになる為に努力をしたことが無い人が殆どです。
今までたくさんオーディションを受けてきたなどの自論は何のPR成果にもなりません。

「たくさん受けても落ちたんだね・・」と解釈してしまいます。

また「自分を変えて頑張りたい!」・・変わってから応募して下さい。
自分で「今の私は何も無いです!」と自爆発言をしているようなものです。

規模は小さいですが、弊社も例に漏れず「お客様から料金を頂いて仕事をしています」
例えばカメラマンである私がこう言ったら、どのように感じるでしょうか?

「写真のことは良く解りませんが、お金を貰ったら写真を勉強します!」

こんな発言をすれば、社会人としての常識を疑われますよね(笑)
写真がきちんと撮れるレベルになってから賃金を要求しろ!と一喝されておしまいです。

モデル業務というのは、時給で料金を支払うケースは少なく、「仕事をこなさなければギャラは貰えません」
自分を変えるためにスタジオモデルになること自体は否定しませんが、その前にモデルになる為に自主練習なりスクールに通う事の方が先決だと思いませんか?

街を歩いていたらスカウトされて、気付いたら雑誌の専属モデルになっている。
「努力はしたくないけど、目立ちたい」そんな人ほどシンデレラストーリーを夢見る傾向にあります。

たった1日5分のポージング練習は、1週間で35分、1ヶ月で約2.5時間、1年では約30時間のアドバンテージを一般の人より得ることができます。
こうした地道な努力を続けた結果が「努力をすることは誰にも負けない!」という自信を持った発言に繋がります。

何も行動していなければ「ただの素人」です。
どんなオーディションでも勘違いした自己アピールを無駄に考えるより、今日モデルになる為に何をしたか?
行動さえしていれば、きっとカメラテストで結果(写真)として表現できるハズです。

原稿用紙3枚分の文章より、1枚の写真。
これで評価されてしまうのがアパレルモデルです。

自分はセンスがあると思い込む前に、何が足りないのかを考え行動することが、夢を目標に変えるファーストステップです。
誰でもできるようで継続が難しいのが「努力」であり、プロは当たり前にやっていることで、習慣になってしまえば苦労だとも感じていないのが実情です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション