商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. アパレルモデルについての一覧

アパレルモデルについて一覧

商品撮影のヒント集 > アパレルモデルについてのカテゴリー記事一覧となります。
モデルスクールとレッスンの意味
きわどいタイトルになってしまいましたが、今回は意外と語られることのないモデルレッスンやスクールの話です。
世の中には、モデルの養成所や事務所が主催するレッスンというのが多く存在します。
果たしてこういった類のもの・・お金をかける価値はあるのか??
個人的な見解では、中途半端な気持ちで受けるなら、ただの捨て銭です。

レッスン指導を行う側は、基本的な姿勢やポージング、ウォーキング、そして将来的に役立つであろう応用力を教えてくれます。
では、受講したすべての人が同じように習得できてしまったとしたら、その先は何で判断されるのか?

もしもモデルになるためのマニュアルがあったとして、10人中全員が完璧にこなしたとします。
そこで10人の中から1名だけ専属モデルを選ぶとしたら何を見て決めたらいいのでしょう?
10人ともマニュアルは完璧です!しかもビジュアルも身長も全員、合格点だったとしたら??

現実的なことを書いてしまいますが、最後に残るのは(商品)を理解して表現できる力や常識力です。
そこにはマニュアルなど存在していません。
要は、どれだけ表現や感性に関わる部分というのは、超スーパー優秀な指導者でも教えることができないのです。
そういう意味で「捨て銭」になる可能性があるということ。

当然、きちんとしたレッスンを行っているスクールでは、モデルとしてスタートラインに立てる状態の知識や技法を学ぶことができます。
今現在、そういったモデルとしての基本的な部分が欠けているということであれば、受講する価値はあるでしょう。
しかし、表現力というのは、個性に関する部分なので、誰かに教えてもらった段階で「個性は死んでいる」のです。
日々、何を見て、何を感じ、どこにアンテナを張っているのか?
そうした繰り返しの中で自分で発見したものを撮影現場(仕事上)で表現するしかないのです。

一番痛いモデルとは、目立ちたい一心で過剰な表現をしてみたり、可愛い見栄えを気にし過ぎている人材です。
モデルに対しての知識がある人が見れば、どれだけ目立っても基礎からの展開ではないことはすぐに見抜けます。
確かに企業イメージ(CM)モデルはその人物自体の価値を見出されて起用されるケースもありますが、スタートラインに立ったばかりの無名モデルがまずやるべきことは、基礎を身につけ、表現とは何かを自分に問う姿勢で業務としてのモデルに真摯に向き合うべきです。

つまりは人間性が未熟な人は、どれだけハイレベルなレッスンを受けても、カリキュラムが終了した時点で成長も止まるでしょう。
本題のまとめをすれば、「レッスンを受ければ表現をするという重要性は学べるが、あとは自分で考えなさい」
これが、世の中の摂理というかレッスンする側の本音でしょう(笑)

もっと簡単に言えば、「絵の描き方は教えることができても、ピカソを量産できない事と同じ・・」
レッスンとはそういうものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデル事務所の本音
先日オーディション向けの撮影に来られた某モデル事務所の人と少しお話しする機会がありました。
弊社事ではございますが、2年程前からモデルレッスンを伴う宣材撮影のお仕事をしております。
事務所所属のモデルさんといっても新人の方や、タレントからモデルに転向しようとする人まで様々ですが、事務所は「どんな人材を欲しいと思っているのか?」談笑の中で聞いてみたところ、意外とモデルコードと同じ匂いがしたので、少し書き留めておきます。

まずその方の第一声は、「精神力と常識のある人」だそうです(笑)
これも面白いと思ったのですが、ある一定のレベルの事務所を受ける人は、身長やらビジュアルは既にクリアしている場合が多いらしく、しぐさや表情などを除けばスペック的な部分を重点的に見ることは無いという。
それよりも所属後の方が問題で、不定期に入る仕事に対してモチベーションを保てる精神力があるか?、また目標設定のしにくい業務にどう取り組めるか?
こういった事が何より重要で、毎年新人として入ってきても1年後に残るのは僅かだという。

そして「あるある」と納得してしまったのが、モチベーションの下がっているモデルほど業務連絡へのレスポンスが遅い(笑)
うちの場合でも、何度も経験していることなので、感覚的に「テンション落ちてるな?」という場合は、クライントに保険のモデルを選んでもらうこともある。
弊社のようなに自社モデルを扱っているスタジオも事務所も同じような考えのようだ。

当然、我々や事務所はクライアントに対して責任がある。
業務として信用を失わないためには、わざわざ危険なモデルを勧めるメリットは、双方にとって1つもない。
簡単に言えば「当たり前に仕事ができるモデルしか使わない」ということ。

お話を伺った事務所の場合はそうでもないかもしれないが、個人的には「モデルをサークルや気軽にできるバイトと勘違い」している応募者も少なくない。
何のスキルや努力もなく、「モデルの仕事下さい!」と言われても、何に対して報酬を払えばいいのでしょう(笑)
これでは「英語を勉強したこと無いけど英会話の先生になりたい!」と言ってるようなもの・・
プロの現場に携わるのであれば、プロとしての仕事ができなければ現場に入ることはご法度です。

モデルコードの場合、「自主的な練習はすべて無料で行っている」、ただ自主性が大事なので我々から「練習した方がいいよ」なんて誘いはしません。
このシステムになってから「伸びる人はグンと成長する」、逆に消える人は消える。
これは仕事量にも関係して、「技術があればリピートが増える=更にスキルが上がる」、何も努力をしなければ「一発屋=撮影機会が減少する」、プラスのスパイラルに入るか?負のスパイラルに陥るかは全て本人次第なのです。

厳しい文言が並びましたが、談笑の中で共感したのは、「売り出したくなるモデルはいる!」という事です。
撮影モデルという業界で「運」というかチャンスに恵まれない人も存在する。
例えば、冒頭で書いた「精神力と常識のある人」だと現場サイドから見て絶対の信用はあっても、クライアントが選んでくれない・・
こうしたケースは、「何とか仕事を与えたい」と売り込みにも熱が入るのは確かです(笑)

「女性アパレルモデルは誰に向けて仕事をするべきか?」を考えると優先対象はクライアントではなく、着用写真を見て買ってくれる消費者です。
ひいてはそれが売上となりクライアントも満足する結果へと導くことになります。

一般の女性は男性に「モテる術」というのは潜在的に備わっていますが、女性に対して効果があるかは微妙です。
重要なのは「ターゲットは何か?」を理解して試行錯誤することです。

人気モデルの方程式があるとすれば、まずは「同性に好かれることで、その後男性も巻き込んでいく」今現在、活躍しているモデルさんの人気のキッカケ、そんな部分にも着目してみると仕事への考え方が変わるのかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップクラスの撮影モデルについて
今回は、実体験として「弊社に少し関わりのある、現在もファッションモデル業界でトップクラス」で仕事をしている女性のお話です。
アパレル系のモデルを志す人は、なぜ?モデルを目指すのか?一人のサクセス・ストーリーから吸収できるポイントがあれば参考にして頂きたい。
あえて名前は伏せていきますが、業界人であれば、ここ最近、東海エリアのモデルとして目立っている人といえば分かるでしょう。
ハイブランドや日本を代表するレベルのモデルの話ですので、ちょろっと雑誌に出る程度の人ではありませんので悪しからず(笑)

まずその女性との初対面は、弊社のモデルオーディションの応募からです。
面接リストに並んだ時には、正直、「ただの18歳の女の子」でした。
面接当日にドアを開けて、スタジオに入ってきた姿勢を見た時「レッスン経験者かな?」と感じました。
モデルの面接というのは、カメラテストだけで決めている訳ではなく、「日常の立ち居振る舞い」も観察しています。

面接中、会話している最中も「身長こそ恵まれていました」が、スッピンだったせいか特にピンと来るものはなく(失礼)カメラテストへ・・
簡易的なセッティングで1枚撮影をしてみると「とんでもなく写真がいい!」、一瞬、カメラ壊れたのかと思いましたw
何気なく「少し自由に動いてみてください」と声を掛け、撮影してみると・・当時所属していたメンバーには申し訳ないですが、誰よりも「ズバ抜けて感がいい動きをする」さっきまで「普通の女の子」がウソのようでした。

思わずカメラマンの興味として、翌日撮影予定の商品を着て貰いました。
この商品、失礼承知で申し訳ないですがプチプライスで販売されている商品でお世辞にも「良いモノ」ではありませんでしたが、彼女が着るととても良い商品に見えました。

で、その後カメラテストが2時間続きました(笑)
通常は15分程度ですが、本人の希望により「モデルとして使える技があれば教えて欲しい」とのリクエストからです。
撮影した感覚で「合格」は間違いなかったのですが(笑)、「もっと上を目指したい」とか「モデルに真面目に向き合う」熱意が、誰でも分かるくらい強いと感じたので、私の中で違った感情が生まれました。

というのは、確かにこの人を弊社のモデルとして採用すれば、モデルコードは儲かる!
さらに付け加えると、お客様もこの人しかオーダーしないのでは?というくらいの写真上での存在感でした。
ですが、弊社のようなスタジオモデルで彼女の目指す「トップクラスのモデルになれるだろうか?」という自社への疑念です。
モデルにとって18歳から20歳までの2年間は非常に重要です。
主観でしたが、彼女のレベルならきっと名古屋よりも東京に出て勝負した方が活躍の場が広がるのでは??
多分、どこの事務所も欲しがる素材だろうと感じました。

結果、代表としてはあるまじき行動ですが(笑)、「まずは東京の○○事務所を受けなさい!、5年頑張ってダメならいつでも弊社はウェルカムです」
「合格だけど不合格」意味不明な最終判断でしたが、あれから4年後の現在、彼女は間違いなくトップモデルとして成長しました。
連絡頂いた時は、その後どれだけキツいレッスンをしてきたかが分かりましたが、きっと楽しんで苦しんでいた状況は口調からわかりました。

当時、私自身モデルとして才能を見抜けたとは全く思えません。
そもそも撮ってみないと存在感に気づかなった程度ですので(笑)

ただ1つ言えるのは「私程度のカメラマンを感動させることができなければ、その上のランクなどない」ということ、カメラマンは褒めるのも仕事なので、やたらと誰でも褒め言葉を連発しますがw、本当に感動した時は無言になるものです(笑)

トップモデルになるための第一条件は、「これで飯を食ってく」という覚悟と行動です。
実際、彼女自身も弊社の面接を受ける3年前から「モデルの動きを研究」してすごい細かいノートを何冊か作っていました。
彼女をブランドイメージに採用した超有名ディレクターも「彼女は努力家だ」という賞賛のコメントをしたのも納得できる。

努力は才能を生み出す原動力で、才能は努力をすることで磨かれる。
どちらか一方を諦めれてもダメですが、両方のモチベーションを継続することは非常に難しい。
だからトップクラスなのでしょう(笑)
自分を信じて考え行動することが、トップクラスへの駆け上がり方だと彼女の経験から学んだのでした。
おしまいw
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデル業務を理解する
年齢的にも40歳を過ぎると、モデルを希望する方との世代間ギャップを感じることも多々ございますが、時代や年齢差が関係なく存在しているのは「想いの強さ」だと考えます。

毎月何名かのモデル希望者の方と面談させて頂いていますが、ザックリと分けると2つのタイプになります。
1つは「単にモデルがやりたい(バイト感覚)タイプ」、そしてもう1つが「職業としてモデルを目指すタイプ」です。
どちらかが良い、悪いという話ではなく「想いの強さ」という視点からすれば両者に差はありません。

何を最終目標にしていても、クライアントから「良い評価」を貰った方が、ある意味では勝者なのでしょう。
撮影現場に入れば「結果」だけが残り、個人の努力の過程などオファーを出す側は気にもしないでしょう。

こう書くと「やはり努力よりセンスなのでは?」と感じる人もいるかもしれませんが、経験上、どこかで見たことのあるポージング程度のセンスなど即席で演出することなど大して難しいことではありません。

職業としてのアパレルモデルとは、1件目のクライアントでも10件目のクライアントでも「一定の評価」を得られることが重要で、「いつも安定している人材」というのは意外と少ないのです。
上記に書いたセンスとは「何となくモデルしてみた結果」であって、言い換えれば「たまたま気分が良かったから表情やポーズが様になった」とも捉えることができます。
例えば自身が好きなジャンルの商品の撮影をした場合と、全く興味の無いジャンルの商品の撮影が来たとします。
これを「たまたまセンス」で乗り切ろうと思っても、必ず興味が無いジャンルの撮影後の評価は・・想像できるでしょう。

職業としてのアパレルモデルとして考えると「モデルになりたいという想いの強さ」に差はありませんが、職業として成立させるかどうか?という点では大きく差ができます。
きっと単純にモデルになりたかった人がイレギュラーな撮影が入ったらこんな事を思うでしょう。

「私はこんなジャンルの服着たこと無いもん・・」

「だって私、まだ年齢的にこのジャンルじゃないでしょ!オファーがおかしい」

などなど・・できない理由を並べて納得したいはずです。

しかし、モデル業務というのは仕事です。
例えば飲食店でバイトをして、お客さんが予想以上にたくさんの品数を注文してきたとします。
「そんなにたくさん注文するとは思わなかったから、できません・・」
もしもそんな発言をしてしまったら、仕事としては成立しません。

モデルという職業が特殊なのではなく、こうした事例は単に準備不足なのです。
飲食店のバイトの例ならば、「大量注文がくるかもしれない」と想定していれば回避できますし、ジャンルの違う撮影が入った場合も「年齢以上のジャンルがくるかもしれないから勉強しておこう」これだけで成功率はグンと上がります。

もしかしたら、「業務上の起こるであろう状況」を予測して行動できることも立派な「センス」なのかもしれません。
「○○さんにはこの撮影難しいよね~」となぐさめてもらう人材になるか、「難しいと思ったけどさすがですね!」と結果を出す人材になるのかは「想いの質」によってクライアントの評価は常に変化するのです。

個人的には、どんな動機でモデルを目指しても全く問題無いと思います。
「目立ちたい!」とか「友達に自慢したい!」大いに結構です。

ただ「表現でお金を貰う」という業種であるという事は理解しておきましょう。
「目立ちたい!」という想いの強さから努力をすることも立派なプロ意識だと考えます。

業務モデルと自称モデルとの違いは実は意外と紙一重なのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
応募写真とアプリ加工
写真の加工アプリ、最近では元画像が何なのか撮影した本人すら、わからなくなってしまうケースもあるかもしれませんが(笑)、モデルを希望する方の多くが「応募写真に何らかの加工処理」がされている。
今回は、アパレルモデル云々というより、「自己PRの勘違いネタ」になってしまいますが、心当たりのある方は必読下さい。

まず「加工された写真は選考の土俵にも上がらない」ということを理解しておきましょう。
弊社の場合は、アプリなどで加工された形跡のあるものは不合格者としてプロフィールすら見ません。

SNSなどで個人的に写真を楽しむためにアプリを利用することに何の抵抗もありませんが、モデルオーディション用の写真とは「履歴書」という意味合いが強い。
例えば、会社の面接に行って履歴書を提出する際に「アプリでいじった顔写真」貼りませんよね(笑)
モデルの仕事は企業相手ですので、常識と信用ができる人材で、且つモデルとしての可能性がある人を採用します。

昨今は「とにかく書類審査を通過する!」という発想なのか?アプリで加工してでも自分をアピールしたいようです。
しかし、よく考えてみましょう!
「アプリで加工しなければ可愛くないのなら、その時点でモデルとしてはアウトです」

通常、誰でも入れるモデル事務所でなければ「面接(顔合わせ)」は必ずあります。
アプリで加工された写真で何とか書類審査をパスしたとしても、訪れた本人と写真を比較されれば必ずネタバレしてしまいます。
正直、加工写真で書類審査をパスしても面接で不合格になるのですから、交通費がもったいないですよ。

「モデルになるために自分を磨く」というのはアプリで化けろという意味ではありません(笑)
そもそも実際の撮影では、納品写真をスマホアプリで仕上げるなんてお馬鹿な作業はありません。

選考する側から申し上げると、「加工=何か問題がある」と判断します。
そうした場合、「会っても意味が無い」とその応募者に対してはマイナスイメージしかありませんので、不合格としてしまいます。

逆にレッスンなどモデル業務を行うために準備をしている人ほど「素の写真」が多いことも事実です。
何度応募しても書類審査で不合格にされている人は、一度自分の写真を確認してみましょう。

「アピールすべき点は何か?」をじっくりと考えれば、何が近道なのかが理解できると思います。
写真を加工する、多分ご本人たちは気づいてないのかもしれませんが、私達は写真のプロです。

何かしらの処理がされたかどうか?、ましてやそれが素人が手軽に加工したのであればすぐに分かります。
無駄なところに労力を費やすのであれば、武器になる笑顔の1つでも覚えた方が将来のためになりますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション