商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. スタジオ選びの一覧

スタジオ選び一覧

商品撮影のヒント集 > スタジオ選びのカテゴリー記事一覧となります。
料金が安いスタジオを選ぶメリットとデメリット
商品撮影サービスを行なう業者を撮影回毎にコロコロ変える。
撮影をオーダーする側にとっては料金や内容などによって業者を選択できることはメリットでもあります。
弊社でも「のりかえて割」などの広報活動を行なっていますので、業者を変えること自体は、なんら不自然ではないと考えます。

しかし、たまにこんなお客様がいます。

「今までのスタジオはモデル追加は無料だったよ」

どう思います?

当然、価格面ではできる限り努力は致しますが、弊社は弊社です(笑)
きっと価格交渉をしたかったのだとは思いますが、どこよりも安く・・うちは価格ドットコムではないので、料金設定は今までの業者さんと同じ又はそれ以下では対応できない場合もございます。
そもそも家電製品なら少しでも安い方がお得ですが、写真価格をどこで判断するかが重要だという事をお忘れなく。

例えば上記の例で言えば、全くオファーの無いモデルさんを無料で追加しても撮影側は、さほど痛くはないでしょう。
しかし、安いギャラで呼ばれるのであれば、正規に料金を払って頂ける顧客を優先したい。
これって経営者なら誰でもそう思いますよね(笑)

大概は一見のお客様に多い傾向で、ヨイショする訳ではありませんが、定期でオファーを頂けるクライアントほど無理な要求を提案された経験はありません。
商品撮影をトータル的に満足のいくサービスとして成立させるには、正直費用はかかります。
弊社が適正価格の商品撮影サービスをスローガンのようにしているのは、「他社の方が安い!」と言われてすぐに料金を改定するような業者にはなりたくないと考えています。
単純にお客様の立場になれば、「すぐに安くなってしまうのなら、初めから安い料金にしておいて!」と言いたくなりますよね(笑)

商品撮影サービスを行なう業者を撮影回毎にコロコロ変えてしまうのは、そうした優柔不断な料金プランを励行しているスタジオが存在するからかも・・
高い料金を請求するなら、その価格に見合うだけの写真とサービスを行なえばいいのです。
「安くしてくれたから良いスタジオだ!」、何とも悲しい業者選びです。

モデルコードでは、何度かオファーを頂いたクライントに対しては「撮影サンプル」を納品することがあります。
これは通常依頼された写真とは別に「こんな撮り方もあります」という提案写真で、もちろん無料です。
お客様が欲しくなる写真の提案は「かかりつけの撮影業者だからできるメリット」です。

頼んでもいないのに急に写真が多く納品されて驚かれる場合もありますが(笑)、目先のお金以外で繋がっていくサービス展開が「かかりつけ」ならではのメリットだと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影にとって大事なことは何ですか?
と聞かれれば大半はカメラや照明などの撮影機材のことや撮影テクニックのことが書かれることが多いですが、個人的に商品撮影に必要なことは撮影までのプロセス、つまり「下準備」でしかないと考えています。
どんなに最高のモデルを使っても下準備ができていなければ撮影は止まってしまいます。
また撮影についての機材選びなどは経験則に基づくことが多く、そんなことは極論、お金で解決する問題です。

しかし、撮影に至るまでの商品への理解を深めるための行動はお金では解決できないため、地味に調べて自ら学ばなければ撮影物に対する「撮るための下準備」はできません。
例えば私事で恐縮ですが、女性アパレルの撮影をメインとして行っているので、大体、女性誌を月に10冊ほどは目を通しています。
当然、男性ですので(笑)、服を見て「可愛い~」とトキメクことはなく(笑)、客観的にモデルさんの雑誌別のポーズの傾向や写真の撮り方の流行などをチェックしています。
またネットショップについても、いわゆる「売れているショップ」でのモデル起用傾向や商品画像のレイアウト方法などもチェックの対象としています。

この手のことはアシスタントに任せればいい、という考えもありますが、撮影者が自分の目で見て確かめた情報は、口頭で聞いた情報よりは確実に浸透します。
商品撮影と下準備
撮る側が商品に対しての知識が低い、この場合は商品をたくさん撮っている回数ではなく、理解力です。
いくらたくさん服を撮っていても、あくまでも商品を綺麗に撮る技術があるだけで、商材に合ったアプローチができているとは限りません。

昨今は撮影業務についても「効率化」という点でスタジオ側が勘違いしている例も多いと感じることがあります。
そもそも撮影作業は効率だけを重視していくと「写真のオリジナリティは損なわれる」この事実は明白です。
例えるなら写真サービスのコンビニ化というか・・手軽に簡単に撮影して納品する!?
便利といえばそれまでですが、その先に待っているのは「どこにでもある商品写真」になっていくことでショップの個性は無くなっていく。

今回は撮影に対する「思想的な下準備」について書きましたが、物理的な下準備(撮影前の作業)の効率化を図っているケースも多いので、こういったサービスが是か非かは利用者の考えに委ねるとして、個人的には昔ながらの写真屋さんのスタイルは残していきたいものだと思います。

写真撮影は手間のかかる作業と分かって商売していれば、面倒だとは感じないのですが、何ともデジタルな時代なのですかね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデルコードの商品撮影が続く理由
数ある商品撮影サービスの中で弊社、つまりモデルコードドットコムが続いている理由について考えてみました。
というのも、おかげ様で今月で8年目に突入することもあって、弊社がスタジオ撮影を行なってきた過去から現在を少し感慨にふけります(笑)

商品撮影サービスとして過去から現在を振り返ってみると、この商売は2つの流れになっていると感じています。
1つの流れとしては大手をはじめとする「低価格重視派」があり、ネット上での露出度はもちろんですが、分かりやすい点としては1カット分の料金を安価に見せることで顧客を増やすタイプです。
もう1つは、そうした大手に負けないように無理に価格破壊にチャレンジして自滅していく「真似したら失敗した派」です。

モデルコードは撮影に関しては、儲けを重要視していない。
こう書くと薄利多売と誤解されてしまいますが、弊社の場合は、例えば1件も撮影が入らなくても潰れません(笑)
つまり商品撮影は業務ジャンルの1つのサービスであって、本筋は地元の企業向けのデザイン業務がメインですので、必要としているショップがあれば撮影を行なうスタンス。
こうした点で、通常のスタジオ撮影サービスとは少し路線が異なります。

とはいえ、撮影自体を軽視していることは無く、写真の仕上がりについてはデザイナー目線で自社他社問わず「いけてない写真」の線引きは厳しいです。
私自身、昔デザイン業務だけ行っていた時期は、現在弊社を利用して頂くお客様と同様に写真は外注にお願いしていました。
しかし、実際に数社の写真を見てみると「自分で撮った方が綺麗だな・・」と上から目線で思ってしまったことがモデルコードをスタートさせるキッカケでした。

デザイン業務を行なう際に「写真」は特に重要な素材です。
補足すればそれだけトップレベルの商業写真については業務上、大量に見ています。
1枚の画像に○万円を払うことも当然ありますが、金額に見合った写真品質があるからです。

ネットショップ向けの撮影サービスを見てみると「この品質やモデルでこの価格は無いでしょ!」と突っ込みたくなるケースも多いですが、そこは需要と供給のバランスなので特に否定はしませんが、写真に何を求めるかはお客様の主観に頼ることになります。

モデルコードでは失礼とは思いつつも「値段のみの交渉」をされるお客様は「他社へどうぞ」と促すケースもあります。
こうした金額のみを重視する依頼者を断る理由は3つあります。
1つ目は弊社の撮影料金は他社と比較しても高いわけではなく、むしろ平均より少し安いと感じています。
2つ目は「モデルコードは撮影が無くても問題ない経営」なので、他社より価格競争で勝り、顧客を獲得することに何の喜びもありません。
3つ目は、理由としては一番重要ですが「価格重視のお客様と長く取引が続くことは無い」ということを経験上知っているからです。

モデルコードのオープン以来、ずっと利用して頂いているショップは「価格だけの交渉」をする人は1件もいません。
つまりモデルコードを気に入って利用して下さっていて、価格は相場であれば良いという感覚の方が多いということ。
逆に価格を重視して商品撮影サービスを探してコロコロ業者を変えているショップは長くて2年くらいで閉店している。
経営者や担当者の「物事の考え方」というのは長く続くショップとそうでないショップという点で何かしら意味があるのかもしれません。

今の時代の流れというのは、マスメディアなどで他社との差別化など謳われることが多いですが、個人的な感覚として昔ながらの「顧客と公平且つ真摯に向き合い、サービスを提供する運営」を行なえば、ライバル他社が価格重視などで「安くするからお立ち寄りください!」的な差別化を図ってくれるので、なぜか普通にやってるだけでそれが個性になってしまう状況にあるモデルコードって幸運なのかもしれません。

ネットならではの販売戦略や広報活動があることは、15年以上ネット業界に携わっているので十分理解できますが、「小手先よりも中身」という感覚は現在のネット上ではまだまだ重要度が低いとも感じています。
モデルコードドットコムの商品撮影サービスが続く理由は、もしかしたら顧客件数よりも顧客の資質を見てきたからかもしれませんし、利用するショップの方々も表面上のサービス品質ではなく作業工程などの実質的な満足感を得たいと思う客層がたくさん存在している証拠なのかもしれません。

写真は人間が撮るのですから、撮影サービスの運営方法も人間っぽい提供を重視して今後も続けたいと思った次第です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
出張撮影サービスについて
ネット上で商品撮影サービスを展開している場合、多くは「商品をスタジオに配送して、撮影代行を行なう」という流れになりますが、取り扱う商品の性質や数量などの都合上、カメラマンに出張撮影を依頼するケースもあるかと思います。
アパレル商材でいえば、コーディネート商品が多くランダムに変えたり、撮影場所などが具体的に決まっている場合もあるでしょう。
こうした出張撮影サービスは便利な反面、抑えておきたい注意ポイントがあることも事実です。

撮影サービスを行なうスタジオには当然カメラマンが在籍していますが、「全国出張」と記載されている場合、撮影サービス提供元の規模も考慮することが賢明です。
例えばスタジオ所在地が東京で、「全国どこでも出張します!」と記載があって、依頼元が鹿児島の場合、出張可能エリアではありますが、直接東京から鹿児島にカメラマンが出向くのか?、そこのスタジオの契約カメラマンが出向くのか?によって大きく違いが出る場合があります。

つまり、どれだけ撮影サービスのサイト上で「雰囲気の良いサンプル写真」が公開されていても、実際派遣されるカメラマンが撮ったものではない可能性もあるということです。
最悪の場合は、撮影技術や経験の浅い「アルバイトカメラマン」が来るケースもあります。

単に「アルバイトカメラマン」を否定する訳ではありませんが、依頼主の立場からすれば、「雰囲気の良いサンプル写真」を見てオーダーしたのであれば、写真の仕上がりは同等のレベルを求めているハズです。

時間で拘束費用が決まることの多い出張撮影では、イレギュラーな事が起こった場合に、カメラマンの知識不足から時間と費用がかかってしまうのは最悪のケースですが、カメラマンによる仕上がりの誤差は何も技術や経験だけではありません。
例えばAカメラマンは、撮影機材を多く現場に持ち込み、急なリクエストにも柔軟に対応する。
対してBカメラマンは、機材が少なく対応ができなかった・・しかし料金は同じ・・これでは依頼元は満足できないでしょう。

私自身、15年前からWeb制作に従事しており撮影カメラマンは何人も依頼しましたが、同じ会社に頼んでもカメラマンによって写真が異なることを多く経験してます。
結果、カメラマンを指定して依頼することになります。
アルバイトカメラマンの募集告知を見れば一目瞭然ですが、「時給900円でカメラ・機材(要ストロボ)などをお持ちの方ならOK!」など安易にカメラマンと出張契約しているスタジオはサービスの質に格差が生じることも視野に入れておきましょう。

では、出張撮影を依頼するにはどうしたらいいのか?
商用レベルの写真を出張カメラマンに依頼するのであれば、やはり「地元」から選択することをお勧めします。

出張費用等々については差があるかもしれませんが、地元であれば直接カメラマンと会って検討できるメリットもありますし、アルバイト派遣では無い可能性もグンと上がります。
写真のレベルを統一する・・というよりカメラマンを育てる作業というのも撮影スタジオにとっては時間と手間はかかりますが、そこを飛び越して安易にカメラマンを多数派遣できるシステムがあるということは、依頼者側も企業をしっかり吟味することが大事になっているのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影でのオプションの意味
アクセサリーなどの商品撮影の場合、業者さんによっては難度が上がる撮影ということで、「オプション料金」が発生するケースがあるというのはご存知の方も多いと思いますが、こうした「難度が上がる撮影」と言われてもほとんどの方が「何か特殊なことをしているのだろう・・」くらいの感覚でスタジオ側に言われるがまま納得してしまっている場合もあるので注意が必要です。

先日、某撮影業者さんで撮っているショップから、「ジュエリーを主にモデル撮影しているのだが安くならないか?」と相談を受けました。
詳しく内容とデータを確認してみると、費用に見合わない料金設定でこのショップが不審に思うのも納得できるものでした。
当然この業者さんも「オプション料金」として光沢物の特殊な撮影なので・・ということだそうですが、私が見る限り「何を理由に撮影難度が上がったのか分からない・・」
照明のセッティングとしてはモデル後方からアンブレラで逆光を作って撮っただけで、ジュエリーに向けての何の撮影上の工夫も無い・・
こうした事例で気を付けなければならないのは、照明によって陰影を作ったからといって「撮影難度があがっている」こことイコールではないという点です。

商品撮影において難度が上がるということは、その商品(光沢物)が活きるベターなライティングに追い込むことです。
ジュエリーの場合でいえば「逆光で爽やかにはなるが、モデル前面に付けるネックレスなどの輝きは逆光では不利に働くことがある」これをスタジオ側が理解すべきです。
下の写真を見ていただきましょう。
これは弊社でおまけとして撮ったイメージ写真です(笑)・・無料です。
ジュエリー撮影サンプル
照明の設定としてはモデル側面からボックスライトを当ててレフで調整しただけですので「何も特別なことはしていません」なのでおまけのカットです。
本撮影は別に人物大のボックスを使って映り込みなどを徹底的に排除しています。(設定は企業秘密です)

「ワンランク上の撮影」称してオプション対応にしているものには「単純なライティング」の場合もあります。
ストロボ配置の移動料金としてオプション費用が発生するなんてことはあり得ないことですし、写真に詳しくないお客様を欺くような撮影を行なうスタジオには注意してください。

イメージ写真のサンプル見て「モデルの影の輪郭がハッキリしている」画像しかなく、ハイクオリティーと謳っている場合は、ほとんどが簡単にできるライティングだと考えてください。
光沢物の商品撮影はそんなに単純ではありません。

ブライダル系のジュエリーを専門に撮っている優良な業者さんであれば、1カット¥5,000出しても安いと思えるくらい手間と時間を掛けています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション