商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. スタジオ選びの一覧

スタジオ選び一覧

商品撮影のヒント集 > スタジオ選びのカテゴリー記事一覧となります。
夏物アイテムが本格化してきたということで、弊社にご相談に訪れるショップも増えてきましたが、本日は商品撮影代行を他社で依頼したお客様が不満だった点に着目して、現在の写真サービス業者へ求められる情報提供について触れていきたいと思います。

意外と見られているスタジオの方向性
まず弊社の場合、問い合わせ事項で1番多いのが、やはり「サンプル撮影」です。
これは「実際にショップで扱っている商品を、実際のモデルが着用してサンプル撮りを行なう」サービスです。
手前味噌ですが、この「モデル着用でサンプル写真を出す」というのは調べる限りモデルコードが元祖です。

当初、こうしたサンプル撮影というのは「モデル使用はNG」の業者が多く、お試しで撮るというサービス自体は物撮りのみ内容から少し発展させただけのものでした。
なぜスタジオ側がサンプルの段階でのモデル使用を敬遠していたのか?
肖像権やらと乗り越える壁はありますが、一番の理由は「サンプルのみで終了した場合は赤字になる」ことでしょう(笑)

例に漏れず、モデルコードの場合もサンプルだけで本番が無ければ赤字になりますが、発想を変えれば「写真がきちんとしていれば必ず顧客になって頂ける」と判断したからです。
もしも自分が商品撮影を依頼する側の場合、一度も取引をしたことがない業者に写真を任せるというのは、ある意味賭けとなります。
昨今では、サイトさえあれば信用される理屈など通りません。
弊社のサンプル撮影サービスは、受付から打ち合わせ、写真内容や返送業務まですべてが含まれます。
ネット上では見えてこないサービスに対するスタジオの方向性を感じてもらうには、赤字の恐怖はあってもメリットは大きいのです。

商品撮影の代行という意味
撮影を受付けるスタジオは「お客様の商品を撮る」、この事だけが商品撮影を代行するという意味ではありません。
端的に言ってしまえば、代行して撮影するだけなら少しカメラに詳しい方なら業者に頼まなくても作業はできてしまいます。

商品を預かるということは、現在ネットショップ上でどのような撮り方が注目されているか?
またお客様自身がどのような写真を望んでいるか?など、まさしく顧客のスタッフの立場から撮影業務を行なうことが大事です。
「必要以上のカットは撮らない」などの行動は、ある意味プロフェッショナルなのかもしれませんが、「もしかしたら、こういう写真が好きかもしれないから撮って提出してみる」というのも商品撮影を代行する上で大切な仕事です。

お客様からお聞きするスタジオへの不満というのは、概ね写真だけが納められているケースが多いのも事実です。
あくまでも「商品撮影代行サービス」ですので、スタジオ側の「決められたカット数を決められたパターンで納める体制」を否定はしませんが、「このジャンルの商品はA社と同じだから今回のB社も同じでOK」という理屈が前面に出てくると、顧客の満足度は低くなるでしょう。

照明の設定やカット内容など顧客ごとに「好き嫌い」は必ず存在します。
何もかもを顧客に任せれば良い!ということではなく、判断するための情報をどれだけ掲載していくのか?という点が、今後の商品撮影サービスのサイト構成には必須だと考えます。

「会社概要」・「料金体系」・「参考写真」・「オーダー」・・これら基本的な情報提供も必要ですが、情報提供という観点からみれば「どこにでもあるコンテンツ」です。
新しい情報が提供されて「動いている撮影サービスサイト」が、今後の撮影代行業者を見極める1つのポイントになってくるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
時間単位で大量に撮影するということ
商品撮影サービスでよく見る「1時間当たり15~20着撮ります!」など、時間単位で消化が可能な着数を表記する場合がありますが、弊社の場合、時間当たりの目安に加えて「時間毎の保証数」というのを事前にお伝えするようにしています。
これもサンプル撮影を利用して頂ければ「1着で○分、1時間○着です」というように時間を計って保証数に割り当てます。

目安と実際に要する時間はイコールではありません
なぜ時間で料金を決めているのに「保証数を出すのか?」ですが、コーディネートを伴う商品群では、こうした漠然とした予想着数はあくまでも目安であって、実際は時間がかかることが多いのです。
解決方法としてサンプル撮影時の時間計測で「時間がかかりそうなコーディネートを配送」して頂いてます。

もし料金が後払いになっている際に、1時間で15着撮影するとお客様が思ってオーダーをして、お支払時に「実際は1時間10着しか撮れなかったので、延長料金は○○円です」と言われたら、安くなる分には歓迎ですが、高くなるのは気分的に良くありませんよね。
弊社が「保証数」やサンプル撮影で1着ごとの参考時間を事前に提示するのは、こういった不快な気分にならないように予め料金を決めてしまいます。

時間単位の撮影は数量ではなく正確性を重視しましょう
撮影の現場に詳しくない方からすれば、「着替えて撮影するだけなのに、なぜそんなに時間がかかるの??」と思うかもしれませんが、簡単に言えば「普段の着替え」と「きちんと撮影用に着替える」こととは違います。
例えば、プライベートで服を着替えるのなら少し裾がめくれていても問題にはなりません。
しかし、商品写真ということを考えると「きちんと着用することが常識です」こうなると着替えというよりは、「成形作業」に近くなります。

そして服を着替えたら次の項目をチェックしていきます。
•着方の間違いはないか?
•形状が一番分かるポーズは何か?
•どのような着用シーンが予想されるか?
•クライアントの指示はどこか?
•ターゲット層はどこなのか?
•印象を決める表情+どのようにポーズ展開するか?

基本的な項目ですが、これらが納品レベルになれば次の服に着替えていきます・・体育会系です(笑)

着こなしの感覚が良いモデルの場合は、ボツになるカット数も少なく済みますが、初心者のモデルにとっては、普段自分が着ているジャンルと異なる商品がくれば表現と商品PRの連動したポーズが出るまで時間がかかりますので当然、着用数も少なくなっていきます。
2着目、3着目と作業が進むと同じような表現ばかりになっていないか?など繰り返すごとに課題は増えていきます。

場合によっては5着程度で一旦休憩を入れる場合もありますが、なぜ休憩するかというと、「考える+体力回復」これを繰り返さなければ撮影は成立しません。
単純に流れを説明しましたが、時間単位の撮影作業はこんな感じです。

時間で料金が決まるシステムでは、仕上がった写真でモデルが単調になっていないか?という観点で写真をしっかり見てみると、スタジオ毎の技量を見極めることもできますよ。

ついでに時間制では撮影経験が多いモデルを選ぶ方がベターなのも正直、事実です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
見積り比較サイトの利用について
先日、弊社の商品撮影サービスの情報を「見積り比較サイトに掲載しました」との内容で、1通のダイレクトメールが送られてきました。
「どういうこと?被リンクの申請?」軽い気持ちで掲載情報を見てみると、弊社の画像を使用してページが構成されている・・・
詳しく見てみると、「自社(見積り比較サイト)で調査して優良企業をご紹介しています」的な内容で、通常であれば歓迎すべきなのでしょうが、気に入らない点が多い。

ざっと挙げると気に入らない点は、5つほどございます。
・情報掲載(著作物が許可なく使用されている)が事後報告である。
・「掲載先にヒヤリングなど独自審査を行なっている」とあるが、モデルコードの場合、特に審査をされた記憶もなく利用者からすれば情報の信憑性がない。
・他に掲載されている撮影業者が弊社のブログでも書いている「安値至上主義の業者」が多い。
・やたらとメディアに掲載されていることをPRしているが、特に既存の見積り比較サイトの展開と変わらない。
・サイト規模を確保・拡大するための情報収集で厳選された企業情報でないことが情報登録から予測できる。


ということで、このサイトの担当へ電話してみました(#^.^#)

私:「サイトを拝見したんですけど、商品撮影サービスの業者を掲載するポイントは何ですか?」

担当:「御社のサイトを見て検討し掲載を決めております。」

私:「うちの場合、モデルの宣材写真はありますが、商品写真のサンプルは個別対応なのでネット上では分からないはずですが・・」

担当:「サイトの構成や今ある写真で十分わかりますよ~」(なんかヨイショが勘に触る)

私:「ってことは実際の商品写真を見ないで決めてるってことですか?ちなみに超能力者ですか?(チクリ)」

担当:「審査内容については社外秘となっておりますので・・」

私:「御社の比較サイトでの掲載は止めてください」

担当:「はぁぁ・・」

こんな感じで掲載に至る業者を厳選しているなど、気持ちの良い言葉を使う割には「参加企業はどこでもウェルカム」なのです。

比較見積りサイト利用者にとってのデメリット
こうした料金などを比較して多くの業者から見積りが取れるというシステムというのは何も新しいことではないことや、業種によっては利用を控える方が無難なケースがあることを知っていただきたい。

ちなみに商品撮影サービスというジャンルであれば「金額や評価(口コミ)」だけでは何も分からない。
例えば、商品単体(物撮り)を利用したショップがあったとして、利用者の評価が「良かった!また頼みたい!」と書いてあったとして、その口コミを参考にしてモデル撮影を頼んだら・・全然良くない(~_~;)・・なんてこともあり得る話です。

家電製品のように「どこで買っても同じ製品」であれば比較して安い見積りを出してくれる業者を選ぶことはメリットでしょう。
しかし、業者によって製品(写真やサービス内容)自体が変化してしまう商材などを単純に「価格と口コミ」で比較することは賢明ではありません。

またこうした比較サイトで業者を絞っていけば最終的に大半の利用者は「数字(価格)の判断」になることは明白です。
何度も書きますが写真撮影の業務には適正価格が存在します。
価格が安ければ優良企業という方程式が成り立つなら、弊社にのりかえているショップは何を感じていたのでしょうか?
もしかしたら価格と満足度は比例しないと感じたのかもしれません。

商品撮影サービスにおける比較見積りサイトの在り方
私が感じる比較サイト、特に商品撮影サービス選びの比較システムはこうあって欲しいというシュミレーションはございます。

例えばAショップが仕事を発注したい場合、受注希望業者を募集します。
希望してきた業者をまず3社程に絞って、Aショップで扱うサンプル商品を配送し、撮影データと価格を提出します。
そのデータと価格をAショップが検討して、最終的な発注先を決める。
ここでサンプル商品の配送にかかる費用は「比較見積りサイト側」が負担する。
どの道、比較見積りサイトは受注企業からマージンを取るのですからこれぐらいの負担はしても良いでしょう!

こうすれば「写真と価格」で、納得できるレベルかを判断できるので本当の意味で「比較」が可能だと感じます。

比較見積りサイトのお粗末な点は、「何でも手軽に比較してしまう点」にあります。
しかし利用者は「これだけ多くの企業が参加しているからこの比較サイトは信用できる」、「これだけマスコミに掲載されいるから安心」と納得したい材料を探してしまいます。
ウェブコンサルの視点から言えば、比較サイトのシステム構築などさほど難しいことではなく、こうしたサイト運営側が考えるのは「参加企業の多さ」と「利用者の増大」が最初の目的です。
最終的には参加企業や利用者が多くなった段階でシステムを有料化するなり、広告収益を生み出す力のあるポータルへと変貌していきたいのでしょう。

そうしたサイト成長を否定はしませんが、その過程において比較見積りサイト利用者が悲しい思いをしてしまうのは「必要な犠牲と考えているのか?」と疑ってしまうのは、言い過ぎでしょうか?

商品撮影サービスに限って言えば、優良な企業であれば、こうした比較見積りサイトを利用しなくても、サンプル撮影にも対応し、価格について撮影作業内容などを見直して適正価格を提案してもらえるでしょう。
本当の情報とは、ネット上でポチれば手に入るのではなく、「人と人の会話」から得られる情報の方が遥かに質の高いものだと知っておくことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真の色の再現性について
説明用の写真撮影において、商品カラーの再現性というのショップ側にとって神経を使う部分だと思います。
アパレル商材を扱う店舗にとっては微妙な生地感や色合いで、消費者が想像していたものと違うという理由で返品になってしまうケースもあるようです。
今回はお客様から寄せられた他社で撮影された商品写真の色合い問題の1つの検証をしてみたいと思います。

業者によってデジタル現像に使用するソフトはカメラメーカー準拠のソフトからLightroomなどのサード製のものまで幅は広いですが、比較としてより分かりやすくなるように、スタジオ撮影時のカラーディング(色再現の適正値の把握)を行なっていない場合にどのように商品色に変化が生じてしまうかをご覧下さい。

現像プロファイルによる色の変化
左側の写真はカメラ設定をAdobe RGBで設定して、Adobe RGBにて現像処理を行なったものです。
右側はカメラ設定をsRGBに設定して、プロファイルを「Camera Standard」で現像処理を行なったものものとなります。
厳密にはネットで公開している時点でsRGBとなりますが、色の比較として参考にして下さい。
両画像とも現像処理の段階では特に数値はいじっていませんが、拡大すると同じ商品色になっていないことが分かります。

どちらの写真が実際の商品の色を再現しているかと言えば、「左側の写真」となります。
もし消費者が右側の写真をイメージして商品を購入した場合は「もっと鮮明なブルーかと思った・・」となる可能性もあります。

こうしたカラー障害は、何も上記のカメラ設定だけが問題ではなく、やはり適正なモニター上でのチェックが重要です。
微妙な色の変化に対応できるモニター環境さえあれば、忠実な商品色に近づけることはできるのですが、やはり激安価格でのサービス展開の場合は、「いかに回転率を上げるか!」に重点が置かれる傾向があり、「ただスタジオ環境で撮った」という印象は拭えません。

撮影スタジオに何を求めるのかは利用者側の目的によって変化しますが、実際に商品を購入する立場の消費者からすれば、「綺麗な写真かもしれないが、実際に届く商品の色は、この写真の色合いを信じていいのかな・・?」と余計な所で購入をためらってしまうのはショップ側にとっても得策ではありません。

「綺麗な写真」と「忠実な写真」とは見てもらう側に立って考ることが賢明で、資料としてなら「忠実な商品色を再現したもの」、ショップのイメージ性を出すなら「綺麗な写真」として公開、判別ができるようにしておくべきではないでしょうか?

当然、消費者側のモニターによる色の違いが生じてしまうことは避けられませんが、どこがで「基準となる色」を決めておかなければ商品写真は成立しません。
その役目を担うのは撮影作業を行なうスタジオ側の使命だと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影の著作権への知識
商品撮影サービスを行なっていると、質問として多いのが「画像の使用範囲」や「著作権」があります。
モデル事務所経由で撮影を依頼した経験がある方はご存知だと思いますが、スタジオ側の規約とモデル事務所側の規約が微妙に変わっている場合があるので注意が必要です。

例えばスタジオ側が公表している撮影物に関する規約では使用範囲や期限などが明記されていなくても、モデル事務所側が使用期間は6ヶ月更新で使用範囲は「○○サイト上でのみ許可」となっていると、1度撮影した画像を継続使用する場合、「更新料」が必要となる場合があります。
なぜこのようなことが起こるかと言うと「著作権」に関する対応がサービス業者によって異なるからです。

上記の場合、スタジオ側はモデル事務所に対して撮影用途や期限に関して契約を交わし、クライント(商品撮影をお願いした会社)の撮影を代行します。
一見するとクライントが撮影代金を払っているのですから「著作権」はクライントにあるように感じますが、クライアントは「使用権を有する」状態にあり、画像自体の著作権を有している意味ではありません。
人物が写っている写真の場合は被写体となっているモデル(事務所)が肖像権を有しているため、許可無く使用範囲を超えた転用・使用等を行なうことはできません。

こうした事例は撮影業者であれば、当然のように考えているのですが、はじめてモデルを使った商品撮影を依頼する場合は「面倒だ」と感じるかもしれません。
ではなぜこのような規約を作るのか?ですが、「著作権をクライアントに譲渡することの恐さ」を知って頂くと納得頂けると思います。

例えば肖像権や使用権を含むすべての著作権を譲渡した場合、制限無く使用ができることになりますので、納品された画像を写真素材として販売・貸与したりもできてしまいます。
つまり著作権を有するということは、極端に言えば「何でもアリ」ということになります。

常識的に考えてモデル(事務所)側の肖像権が絡む場合に、こうした無謀な撮影納品を許可することはないので、使用範囲や期限を明記して肖像権を確保し、著作権上の問題が起こらないようスタジオ側が撮影著作物としての権利を保持しています。
使用権とは「撮影技術や人物の肖像権を自社の商品で撮影させて使用できる権利」とも言えます。

弊社モデルコードの場合は、自社モデルと撮影業務を1本化して行なうので使用範囲や期限についてはモデル事務所を通すよりも自由度は上がりますが、自社モデルといえども「モデル個別に肖像権に関する規約をクライント毎に提出」しています。

スタジオモデルでここまでやる必要はあるか?と疑問を持つ人がいるかもしれませんが、トラブル防止やクライントに安心して画像使用を行なって頂く上では大事なことだと考えています。

また昨今増えているのは「画像の二次使用について」です。
例えば自社で製造している商品を小売店に販売する際に商品画像も使えるようにするケース。
つまり卸サイトで個人消費者向けではなく、業者向けに商品を卸している会社が無断で画像を譲渡してしまう事例です。

弊社の場合、こうした利用を前提とする場合は別途「拡張ライセンス料」での対応をしていますが、弊社と直接取引の無い業者への譲渡を行なう場合は、別途「拡張ライセンス使用の際の注意事項」などを結んで健全な画像使用を励行して頂いています。
費用や手間を考えると面倒になる部分ではありますが、こうした規定が無い場合は撮影著作物に関するスタジオの経営姿勢が曖昧であると共に、肖像権などで何かトラブルがあった場合、クライントが全面的に責任を負わなくてはならないケースもありますので必要な事務手続きだとお考え下さい。
※画像の二次使用を制限する意味については、また別の機会にご説明します。

商品撮影を外注する際に必ずチェックしておきたい「著作権」についてですが、SNSなどでの画像の拡散が予想される今のネット状況ですと、知らずに使用範囲を超えていた・・なんてこともありますので、写真に関する著作権のことは知識としてもっていた方が賢明だと思います。
商品画像の著作権についてが不明な場合は、依頼するスタジオに著作物に関する文言や書面での提出を求めれば、健全にサービスを行なっている業者であれば必ず提出してくれると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション