商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
バナー用の写真素材の活用術
商品撮影された写真を個別ページ以外に、バナー広告用の素材に活用されているショップも多いと思います。
しかし、この写真素材の活用方法1つで消費者に与える印象が変わることをご存知でしょうか?
今回はよくあるカテゴリーページの上部にバナー画像を置く際の写真素材の活用術について例を挙げながらご説明します。

まず、バナー素材と商品説明用の写真素材との違いについてですが、撮影の段階では同じ「全体像を写した写真」であることを条件とします。
元になる画像は下のブレスレットの写真をとなります。

元画像
スタジオ撮影を依頼した時は「商品用として」納品されたカットで、バナー素材に流用していきます。
定番の使い方としては、「画像サイズを縮小してキャッチコピーを加える」ことになります。
早速、定番のバナー素材用に加工した例を見てみましょう。

全体を縮小したパターン
いかがでしょうか?
良くも悪くも落ち着いた印象にはなりました。
ここで少し考えます。
元画像は「商品説明用に撮られたカット」ですが、今回の使用目的は「ブレスレットページのトップ画像」です。

となるとイメージを先行して「消費者の目を惹く商品ポイントを強調した方が良いのでは?」と考えられます。
商品をよく見てみると特徴となるのは「カゴと星のチャーム部分」これを上手く使ってレイアウトしてみましょう。
次の画像は、特徴となる部分だけをクローズアップした画像の使用例です。

特徴を活かしたパターン
これだけで印象が変わると思います。
どちらが良いということではありませんが、前者は「単純に縮小して置いたもの」、後者は「イメージを重視したもの」との違いです。

例えばこの画像をスマホから見ているユーザーがいたとします。
当然、スマホの表示画像サイズはPCと比べると狭くなりますので、前者はディテール部分は認識しづらくなります。
対してパーツを強調した方はクローズアップした分、パッと見た時に目を惹く可能性は高くなります。

バナー素材というのは「見た目のバランス」も大事ですが、「目線を誘導する」ことも想定しておくべきです。
言い方によっては「バナー広告」という言葉があるようにPRできるようにレイアウトしましょう。

こうした特徴部分を捉えるという作業は、商品撮影を自身で行う際にも無意識に身につく写真術にも繋がります。
例えば今まで漠然と全体像を撮影している状態から「どのアングルで、どの部分を見せる構図が伝わりやすいか?」など
伝えようとする意識が芽生えることでしょう。

写真撮影とデザインというのは「感性」という点で非常に似ている部分があります。
要は商品ページやバナー画像を制作している時は、自然と撮影の核心をついた共通項に携わっているとも言えるでしょう。
伝えるということを意識するだけで、消費者に対してショップの姿勢を感じさせることができるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影の担当者がまず読んでおくべき5つの基本サイト
ネットショップを開店して自社で商品撮影を行ってみようと考える担当者も多いと思います。
しかし、いざ自分でカメラ知識と撮影までの基本テクニックを学ぼうと「ゼロからやるぞ!」と思っても、撮影に至るまでの基本的なことを学習する時間が無い場合もあります。

個人的な見解としては「商品撮影は回数をこなすことで向上する!」という持論があるため、撮影文献を読むよりも実践あるのみ!というのが本音です。
しかし、全くカメラを触ったことのない初心者の方が「単純に撮る」といっても必ずギブアップしてしまいます。
こうした状況になる原因は「基本的な知識不足」に依るものが多いため「何を知って撮影に取り組むか?」で状況は打開できます。

今回はそうした「商品撮影をはじめる前に知っておくべき項目」を読みやすく且つ短時間で把握できる5つの基本サイトをご紹介しますので、まずはカメラや撮影の根本的な部分を読み込んで頂き、撮影業務に活かしていただければ思います。
物撮りというのは、自社で行うことができれば商品公開のスピードアップに役立てることもできますし、外注に依頼する際の「スタジオレベル」を判断する材料にもなります。

その1:カメラの基礎知識


カメラの基本機能と設定を知る

デジタル一眼レフカメラを初めて購入した人が戸惑うのは「設定項目の多さ」だと思います。
最初は「フルオート(全自動)でいいや!」とカメラ任せにしていても、撮り続ければ必ず次のステップにいきたいと感じるはずです。
メーカーによって名称は多少変化するかもしれませんが、基本的な構造や設定項目は同じです。
カメラに表示されているマークや役割など取扱説明書では文字数が多くて読む気にならない・・という方にもオススメできるよう整理されたページ内容となっていますので、是非ここからスタートしてみてください。

その2:シーに合わせた写真講座
引用元:Panasonic

写真講座 きほん


シーンに合わせた基本的なカメラ撮影

カメラの構造を学習したら、次はいよいよ撮影に入ります。
しかし、撮影する対象やシーン、撮りたいイメージというのは人それぞれです。
Panasonicの写真講座では、初めて撮影するときに「こうしたい!」という誰でも思う項目を分類分けして説明されています。
例えば「背景をぼかすには?」とか「暗い事務所で明るく撮るには?」など、初歩的な撮影の壁を乗り越えるには有効な情報です。
番外編としてスナップ撮影にも参考になる部分もございますので、このサイトで撮りたいイメージを膨らまして下さい。

その3:レフ板を使った撮影


撮影には欠かせないレフ板の意味と効果を知る

レフ板を使うというと、本当に使って効果があるのか?と感じる人もいるかもしれませんが、商品撮影においてレフ板効果は光を操る最重要グッズです。
個人的な見解ですが「レフ板が無い商品撮影なんて非常に稀なケース」とも感じます。
撮影ジャンルを問わず使用される機材としてのレフ板効果、何となくわかっているようで詳しく掘り下げるページは少ないと思います。
商品の大きさや撮りたい光の質感などを考えながら最適なレフ板を探す手助けになるページです。

その4:撮影に使われるストロボ光源


ストロボ機材を使用しての撮影知識

商品撮影を日中、太陽光を利用したり蛍光灯を使用する。
雑貨などの物撮りではある程度の条件が揃えばこうした光源でも対応はできますが、日照時間や撮影対象の大きさの制限なく「光をコントロール」したいとなると、やはりストロボ光源は必須となります。
しかし、単純にストロボといっても値段や目的によって種類も様々です。
自社の撮影の場合に最適なストロボは何か?
ストロボ光源の特徴や種類についての理解を深め、本格的な撮影にチャレンジしましょう!

その5:露出計と撮影の関係
引用元:SEKONIC

露出計の使い方


デジタル時代でも露出計は撮影の強力なツール

最も写真撮影で購入をためらってしまう露出計という撮影サポート機材ですが、多くの理由は「カメラで撮りながら明るさの調整はできる」という点でしょう。
現在のデジタル一眼レフには確かに「カメラ内臓の露出計」はございますが、単体の露出計と機能は大きく異なります。
例えば、カメラを使わず複数の方向から入ってくる「光の強さ(数値)を正確に測る」には単体の露出計が非常に重宝します。
屋内の太陽光で撮っていてお昼と夕方での「光の強さの違いを把握すること」は「適正露出」を得るためにはまず計測ありきです。
絞りやシャッタースピードなど露出の決め方が分からないという人は是非導入して頂きたい機材の1つです。
写真の光を数字で理解する、この重要性がわかってくると写真撮影はさらに楽しくなるはずです。


以上が、「商品撮影の担当者がまず読んでおくべき5つの基本サイト」のご紹介です。
カメラや撮影に対しての知識や理解は、撮影時につまづいた所をフォローしながら学習することも大切ですが、まずは「撮影とは何か?」という一連の基礎知識を知らなければ「やるべきこと」は見えてこないものです。
これから自社で商品撮影にチャレンジする人に少しでも参考になれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ用試着アプリの撮影と開発について
先日、実店舗での服飾ショップのサイト制作の件での打ち合わせの最中、「試着アプリの開発」というキーワードが出てきました。
このアパレル商品のバーチャル試着システムというのは、2年程前にスタッフブログでも紹介させて頂きましたが、一言で「バーチャル試着」といっても内容は技術仕様によって違いがあります。

結論から言えば上記オープン予定のショップの場合「試着アプリの撮影や開発」は見送ることになりましたが、なぜ見送ったか?を少し現状を含めてご案内しますので、検討中というネットショップがございましたら参考になれば幸いです。

まず、「バーチャル試着の内容の違い」ですが、大日本印刷が開発したデジタルサイネージ(大きなモニター看板)を活用した「バーチャル試着システム」と個人消費者が使うアプリとの違いについて知って頂きたいと思います。
(以下、デジタルサイネージ型はAR技術、スマホ用はアプリ型と記載します)

デジタルサイネージ(AR技術)は、基本的に店舗内の大型ディスプレーに訪問客が着替えることなく様々な商品を試すことができるのが特徴です。
対してアプリ型はスマホにインストール後、自分撮りをした写真に商品を合わせて試着するタイプです。
最近ではヘアアレンジアプリなども多く出ており特に目新しいサービスではありません。

一見便利なアプリですが、普及しないのには理由があります。
まずは試着するまでのプロセスが面倒なことです。
アプリ型の場合は、「アプリのインストール→自分写真の撮影→商品を選ぶ→試着イメージを確認する」非常に面倒です(笑)
またAショップ用の試着アプリはAショップの取り扱い商品でしか使えなかったり、屋外で撮った自分の写真と商品写真の合成の感じが微妙だったりりと不満点は多い。
そもそもスマホをいじっている時に、自分の全身写真を綺麗に撮ってアプリで試そうというテンションにならないのが最大のネックです。

しかし、AR技術の方は購入目的でショップに訪れた顧客に向けての試着サービスである点と姿見鏡のように自分をディスプレイに映して試着が開始されるため手間も軽減されるし、何より試着した時の行動もリアルなのがポイントです。
服を試着した時は必ず横や後ろの着用感を体を振って無意識に見てしまいます。
AR技術は、バーチャル試着(服の動きも認識)なのでグルっと回っても服がちゃんと動きに合わせて追従するため、よりリアルな試着が可能です。
対してアプリ型は2Dなので、平面的な試着(合成写真)という感覚は避けられません。

AR技術はメリットがありそうですが、コスト面で費用対効果があるかと聞かれれば疑問です。
現実問題として試験的に運用を始めたユニクロ・サンフランシスコ店でも2型分の試着に留まっているようです。

↓記事参照
http://www.dnp.co.jp/news/10056353_2482.html

単純な試着アプリであれば撮影コストを除けば、20万円程度で導入は可能ですが、ショップ側が気になるところはサービスとして成立するかどうか?という点です。
現実問題として某有名ブランドも2014年春にアプリ提供を始めましたが、1年で終了したという経緯を見ると実用的ではないのかもしれません。
新しいネット販売のカタチというのは今後も楽しみではありますが、「導入時期は慎重に」というのが個人的な見解です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
グラスなどのガラスの撮影方法
「ガラス製の食器の撮影は難しいのでしょうか?」少し前にこんな問い合わせがありました。
撮影屋としては当然、お仕事として受けたいというのが本音ですが(笑)、そのお客様は自身で撮影をしてみても上手くいかなかったとのこと・・
そこで、詳しく聞いていると必要な各部材を既に持っているようだったので、こんな画像と撮影レイアウトをメールさせて頂き、再チャレンジして頂きました。

結果、弊社に依頼するまでもなく自社での撮影で何とかなったとお礼を頂きました。
撮影をしている同業者には「公開して欲しくないネタ」かもしれませんが、今回の撮影方法のように簡単なセッティングで撮れる以上のクオリティーで商品写真を目指して頂ければ良いだけなので(笑)あくまでも初級編として公開しちゃいますw。
まさか、これくらいの撮影で料金を取る業者は怪しいですが・・・

話が逸れそうなので本題に戻して、グラス(ガラス)商材の撮影方法として下の画像を御覧ください。

撮影手順とセッティング
例としては透明なガラス製のワイングラスを撮影したとします。
左の写真が完成イメージですが、簡単ですので覚えてしまいましょう。
まず、こうした透明なガラス製品などを撮る時につまづいてしまうのが、「輪郭が出ない」という問題です。

しかし、これは光の当て方で解決できます。
グラス正面に光を照射するのではなく、「背面から当てる」ことで、輪郭は出てきます。

次に「トレーシングペーパーの活用」です。
グラスと照明の間に1枚トレーシングペーパーを差し込むと「光が拡散します」上手く拡散しない場合は、照明とトレーシングペーパーとの距離を調整します。
この紙1枚で均一に光が当たってガラス本来の「深み」が出てきます。

あとはグラスの側面にレフ板(この大きさなら100均で買えます)を配置して、光の回り方を目視で調整していきます。
その後は、実際にカメラでバシャバシャ撮ってみて、「いい感じ」になるようにカメラ設定をいじってみましょう。

以上で「簡単にできるグラス(ガラス)の撮影方法」となります。

ポイントとしては、
・照明の高さと位置(照明はストロボである必要はありません)
・レフ板での光の調整
・カメラの設定値


この3点に気を付けてセッティングをすれば、サンプル写真に近づけることができると思います。
アレンジとして床面をアクリル板にしたり、レフ板を白いものではなく黒いものに変えてみたりするとニュアンスが変わってオリジナリティは向上します。

こうした物撮りは最近ではカメラを持っている方が多いので、業者にお金を払わなくても実現できるケースもあります。
グラスやガラス製品の商品撮影を外注すべきか否か?、と迷っている方は500円のワンコインで部材は揃えられますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影前に着手するべきこと
商品撮影をしようとする人が必ず通るのが、「ライティングをして撮影をする」というのは言うまでもありませんが、本格的な撮影というと意外に機材的なことばかりに注目されがちですが、今回は「まず撮影に着手する前にやるべきこと」について基本的なことですが、少し振り返りたいと思います。

ネット上で商品撮影用の機材やグッズを探すと照明やスタンドなど多種多様な選択肢が待っています。
しかし、こうした商品販売ページというのは「これさえあればパーフェクト撮影!」みたいな触れ込みが多く、初めて本格的なライティング撮影を行う人にとっては「何を揃えれば正解なのか?」と迷走してしまいます。

こうした機材を購入予定の方にとって大切なのは「被写体の大きさと撮りたい写真」を決めることです。
業者に言われるがままボックスライトなどの拡散光グッズを購入しても、実際に撮りたいのはパキッとシャープな光の写真かもしれません。
ライティングを行う機材を撮影前にしっかりと把握しておけば、その後の撮影テーマへの拡張にも対応ができ無駄が少なくなります。
例えば、商品撮影セットと題してアンブレラ付きのストロボを買っても、被写体の大きさに対してアンブレラが小さかったり・・こんな失敗はよくあります。
その後、別途大きなアンブレラを買い足すなんてことは無駄でしかありません。
「被写体の大きさとテーマ」を決めること!無駄な出費を抑えるためには撮影前に着手すべき点の1つです。

次に被写体の大きさが決まったら、被写体に対して「どれぐらいの光量が必要か?」を考えます。
単純に考えると「光量の大きなものであれば問題ない」つまり大は小を兼ねる・・という発想。
実はコレ、正解のようでメーカーの仕様によっては失敗することもあります。

例えばモノブロックストロボを購入したとして、200W程度で十分な撮影なのに大きな光量を求め300Wを買ったとします。
メーカーにもよりますが、最大光量と最小光量をどれくらい決めれるか(任意で設定できるか)も重要です。
大きな光量の機材を買い、撮影時に50W程度で出力したいと思っても、仕様上100Wが最低出力ならセッティング自体を考え直すことになります。

個人的にお手軽な撮影キットというのを購入しない理由は、「こうしたチョットした不便さ」が撮影時間に影響を与えることを体験しているからです。
1週間に1回程度の撮影なら問題ないかもしれませんが、頻繁に撮影したり、撮影対象が人物だったり静物だったりと変化する場合は、光量値の最小・最大の絞り込みは重要です。

ざっとご説明しましたが、ここまではライティングや撮影テクニック云々というより「撮影前に決めておくこと」です。
「何を撮るために必要なのか?」を事前にブラッシュアップして撮影に向けての準備に着手することを覚えておきましょう。
撮影の小技やテクニックよりも以前に「撮る対象に適した準備ができているか」の方が遥かに重要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション