商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
レンズ特性を活かした撮影
一眼レフカメラで商品撮影をしている方にとって、レンズ性能といえば「描写力」と考えがちですが、優秀なレンズを使うメリットは何も描写性能だけではありません。
基本的に写真の描写力というのはカメラ側のイメージセンサーや処理エンジンに依る部分も大きいため、一概に「レンズを変えたら世界も変わる!」なんて論理でレンズ部分だけで評価はできません。

では高価なレンズ・・いや?価格だけでは判断できないので、今回は「優秀レンズ」と書かせていただきますが、こうしたレンズの恩恵を受ける場面はどのようなものがあるか、ご紹介していきます。

太陽光下での撮影にみられるフレア現象


フレア現象
屋外で晴れた日に撮影をしていると画面の一部分が白くぼやけたようになる状態がフレア現象です。
この現象はレンズの内の鏡胴部分やレンズの表面反射が原因で発生します。
フレアが起こるとコントラストやシャープネス・彩度も低下することがあるので注意したいものです。

レンズの反射で生じるゴースト現象


ゴースト現象
フレアに似たような現象ですが、強い光源下での撮影で、レンズ面でランダムに反射した光が球状や線状に写ってしまうのがゴースト現象。
ゴーストも基本的に撮影写真から除外したい光線ですが、意図的にゴーストを生じさせて表現する撮影手法もあります。
ゴーストを軽減する対策としてはレンズフードやフィルターを活用します。

望遠レンズの撮影でよくある収差や歪曲


収差と歪曲
望遠レンズを装着して「望遠側」・「広角側」で撮影した時に被写体が膨張したり、「しぼんだりする」写真が撮れてしまう状態が収差や歪曲にあたります。
単焦点レンズや広角レンズでは起きない?というわけではなく、レンズ個々の特性により収差率は変化します。
レンズカタログに記載されているグラフは収差や歪曲の度合いを示しています。

ササッと用語だけを説明しましたが、上記以外にもコマ収差、非点収差、色収差や色かぶり現象などなど、レンズに依って悩ましい写真が撮れてしまうことがあります。
撮影用のレンズを選ぶ時は、こうした写真のトラブルを軽減するために、単純に描写力だけで選ばないようにして、レンズ面のコーティングや非球面レンズ、特殊ガラスなどを使っているのかなども吟味することが大切です。

とはいえ個人的には収差や歪曲は少々難がありますが、フレアやゴーストは表現として有効的に使えば「味のある写真」になるのも事実です。
優秀なレンズは、きちんとした写真を撮りたい人にとっては、便利で役立つレンズですが、写真は光の楽しさを味わうもの、昔の古いレンズを使って反射させまくってしまうのもアリです(笑)
正解がない!だから写真は楽しいのです。
写真は自由
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外からの商品撮影オーダー
非常にありがたいことに「商品撮影の依頼が海外から来る!」というパターンが増えてきたように感じます。
最初のうちは「完全日本語サイトの弊社」をどうやって見つけたのか??と思っていましたが、考えている暇も無いので(笑)頑張って翻訳し合いながら撮影の打ち合わせをしたりしています。

そうした海外サイトからのオファーを受けている内に感じたこと。
今回はそんな記事内容です。

まず意外とアジア圏だけでなくて、「日本人モデルでの商品撮影」というのを探している会社が多いことに驚きました。
何となくメールのやり取りをしていると、ほとんどの撮影スタジオが「英語、中国、韓国などの言語で書かれたメールに返信しない」または「断ってしまう」傾向があるようで、つたない文章でも受け入れている弊社に感謝頂いているようですw。

当然、「言語の壁」はありますので、海外サイトの場合は単純に「メールのやり取りだけ」というのは厳しいため、イラストで説明したりスカイプでジェスチャーで説明したり大変ですが、「写真を撮る」という共通の目的があるので、そうしたやり取りも新鮮で楽しくもあり、リピートを頂いたりすると感慨深いものがあります。

海外のお客様が日本人モデルの商品撮影に求めている事で多いのが「日本人っぽいポーズや表現」です。
逆に日本人からすると「海外の目鼻立ちがクッキリしたモデル写真」は憧れる部分だったりしますが、見方が変われば状況も変わるものだと固定観念は捨てなければと考えさせられる場面でもあります。

「商品撮影文化」というと大げさですが、細かな説明カットやバリエーションのあるモデル画像などが多い点で日本の業者に頼んで良かったと返事をいただくと「当たり前の作業を褒めて頂ける」ことにちょっとビックリです。
とはいえモデルコードの場合、日本の中でも1着あたりの納品カットは多すぎるのですが・・w

最終的なネットショップ上での写真の掲載方法も日本では多く見られる「キャッチコピーや説明文」をいれたりする加工や装飾はせず「写真だけを並べる傾向」が強いため、撮影する側の重要度も感じられるので逆にモチベーションも上がります。

以前、ドイツのショップさんから頂戴した文言に「1枚でアート」とドイツ語で書いてありましたが、その写真はおまけで付けたイメージ写真・・
この言葉が妙に引っかかり、「もしかしたら日本の市場も個性的な写真を発信できるスタジオが増えることを望んでいるのでは??」と感じたりしています。
正直なところ、「こうすれば平均点の写真は撮れる術」というのはプロならばどこも知っているでしょう。
ですが「その先へ・・」と想いを巡らせれば、ひょっとしたら日本市場の「定番アパレル写真」の顧客意識を変えられるのかもしれないと感じる今日此の頃で、「1枚の写真とカートボタンだけの構成」、これだけで商品の売上に繋がる写真になるように日々、精進です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影時の明るさ調整は露出それともISO?
自社で商品撮影を行っている方に質問です、「写真の明るさ調整」は露出、ISO感度のどちらを使っていますか?
今回は「露出」と「ISO」の明るさ調整の言葉の違いと意味をご紹介します。
意外と人のカメラを借りたりするとISO感度がギュイーーンと上がっていたりする場合がありますが、果たしてこれは正解なのか?

まず前提として「露出」についての調整はMマニュアルモード時で絞り(F値)とシャッタースピードによる調整を「露出調整」ということにします。
くれぐれも「露出ダイヤル」をいじることではないのでご了承を。

撮影で使われる露出調整

撮影の現場では出た目(露出計の出した数値)から絞りを「1段上げる」「1段下げる」などと指示することがあります。
これは露出計が出した数値を「適正露出(ちょうどいい明るさ)から上げる(明るく)、下げる(暗く)かどうかを決めています。
商品撮影の場合、照明のセッティングによっては、モデルの顔(目元)の部分の適正露出と服の部分の適正露出が微妙に異なるので、出た目から撮り目(実際に撮影する設定値)を決めます。

参考写真から露出を上げ下げするとどうなるかイメージを掴んで下さい。

露出調整のサンプル
プラスに振れば、「白飛び」が、マイナスに振れば「黒つぶれ」になる可能性がありますが、商品撮影の場合は適正露出はまず「商品に合わせます」、その後、人物が介在するならどれくらいの調整がバランスの良い明るさなのか?を考慮してさらに露出を追い込みます。
ちなみにストロボなどの人工光の場合は、カメラ設定は予め決めておき、光源側で調整するパターンが多いです。
漠然と明るさ調整の工程はご理解いただけたと思いますが、露出とは絞りとシャッタースピードによって、任意の明るさに調整することだと覚えましょう。

明るさ調整はISOでも同じでは?

ざっと絞りとシャッタースピードによる露出調整を紹介しましたが、「ISO感度の設定でもノイズが出ないように気を付ければ同じでしょ!」と思うかもしれません。
確かに最近のカメラは優秀ですので「ISO感度を上げても綺麗な描写」をキープしてくれますが、要は手順の問題というか、考え方です。

ISO感度とはデジタルカメラが無かった時代でいう「フィルム感度」です。
よく昔のフィルムには「100」とか「800」とか必ず感度数値の記載がありました。
フィルムカメラを使っている人は、撮影シーン(環境の明るさ)によって充填するフィルム感度を変えています。
つまり、基本的に「ISO感度」はフィルムを充填した時点で固定されるワケです。
当然フィルムの仕様は記載されている感度数値で「綺麗に写る」ように仕上げてありますので、撮影者が露出を試みるには、基本的に「絞りとシャッタースピード」となるのです。

デジカメの場合は、このフィルム感度をカメラ機能として内蔵しているため便利な半面、ユーザーが何が常套手段なのか混乱するようになりました。
個人的には最もカメラ性能を発揮できるのは「ISO感度は上げ過ぎない」状態で、どうしてもISO感度を調整する状況としては、写真を撮る上で「絶対に絞りやシャッタースピードを変えたくない」・・でも暗い・・そんな時にISO感度で露出調整をするのが正解だと思います。
よくISO関連で出てくる「手ブレが生じそうな場合はISO感度を上げましょう」と表現されますね。

でも厳密に言えば、人物などの動く被写体でなければ、ISO感度に頼らなくても三脚を使えば何の問題もありません。
そもそもストロボ撮影が多い私の場合、ISO感度の機能がさらにパワーアップ!と言われても「は!?それで?」って感じです(笑)

撮影時の明るさ調整は、「露出」でも「ISO」でも効果は似てきますが、絞りやシャッタースピードによる調整は「間接的な機能」、ISO感度設定は「フィルムごと変えてしまうような直接的な手法」と考えれば、どちらを先行するべきかの手順が見えてくると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
アパレル俯瞰撮影の方法
平置き撮影できちんと形状をキープしたまま商品写真として仕上げるには「俯瞰(真上)の状態」から撮影することは皆さんもご存知でしょう。
スタジオであれば、こうした俯瞰撮影については無難に対応するとは思いますが、自社で行うには天井の高さの都合などで難しい場合があります。
「大きな三脚を使って垂直にカメラを固定すれば・・」とマニアックな意見もあるかと思いますが、アパレル商材の場合、「服の丈」によっては固定ポジションが常に変化する場合があります。

例えばトップスとワンピースでは丈の長さが異なり、全体を撮影するにはそれなりの大きな機材が必要となります。
今回は「予算を抑えた俯瞰撮影の方法を考える」と題してご紹介したいと思います。

一般的に服を床に置いて撮る場合は、撮影者が脚立に登って、頑張って真上から撮ろうとしますが、やはり長尺のものは天井や脚立の高さに制限があります。
簡単な回避方法としては、服自体に傾斜をつけてしまえば、撮影者が高い脚立に上る労力が軽減されます。
要は、カメラに対して服が垂直になっていれば「俯瞰の状況になる」ので、それを構成します。
用意する部材は、白いスチレンボード(最低タテヨコ90☓180cm)と角度をつけるための台座(100均の発泡ブロックでOK)これだけです。
実際の撮影イメージが以下のイラストとなります。

俯瞰撮影の見取り図
ご覧のように俯瞰撮影が実現できるように配置すれば、巨大な脚立や三脚がなくても撮影は出来てしまいます。
撮影者が上り降りする作業が地味に集中力を削いでしまうので、商品点数が多い場合は有効です。
しかし、これにも問題点はございます。

お気づきかと思いますが、服をのせる白ボードの大きさに制限があり、且つ角度をつけ過ぎると服が固定できず傾斜によってズリ落ちてきます。
都度、ズリ落ちないようにパーマセルテープなどで留めれば良いのですが、面倒ですよね・・・
しかも、「予算を抑えた」と謳った割にはパンチ力が無い(笑)

そこで最終兵器の登場です!
イスに乗って撮るだけで俯瞰撮影をしたように見える方法を教えます・・というよりソフトを使用しますが(笑)
まずは、ある程度俯瞰になるように椅子の上に立ってパシャッと撮ります。
この時は、白ボードなど特に必要ありません。
背景にする白い紙を床に貼って、服を置いて撮るだけです。(もちろん照明には気をつけて)

こうして撮ったままだと当然「服の形状は歪んでいます」ので、あとはフォトショップなどの加工ソフトで歪みを調整して終わりです。
参考例として、普通のパイプ椅子に立って撮影した写真を俯瞰になるように形状を調整した事例をご覧ください。

俯瞰撮影テクニック
レンズ性能もあるので、ある程度初期の状態(左)でも「見れる状態」ではありますが、やはり形状がおかしくなっています。
最終的に「ゆがみ」を補正して仕上げます(右)

ポイントとしては後から歪みを補正するので、撮影時に余白を多めに撮っておくことです。
ファインダーを覗いて服を四隅ギリギリで撮ると、歪み調整を行った時に余計な作業が増えてしまうのでご注意を♪

俯瞰撮影は難しいと思われがちですが、一般の人でも撮影方法と加工ソフトを使うだけで実現できます。
実際に撮影してみて、今使っている外注先の写真と比べ遜色ないようであれば、自社で撮ってしまえば経費削減ができるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真の撮り方と見せ方
商品写真とは「消費者に商品を伝えるもの」という考え方は誰でもご存知ですが、そうしたコンセプトが浸透している事柄ほど落とし穴があるものです。
ネットショップの商品撮影の裏側を感じながらネットサーフィンをしていると、「これ・・現場で気づかないかな??」と不思議に思うものがある。
例えば、紐の結び方が雑な写真やモデルの髪が極端に長くて服の正面を撮った商品写真なのに、モデルの髪が邪魔で商品デザインが見えないなど、プロあるまじき写真が並んでいるケースを目にすることもあります。

商品撮影のみならず、写真は「じっくり考える撮影方法」と「インスピレーションに任せる撮影方法」の大きく2パターンに分けられますが、商品写真とは間違いなく前者の「じっくり考える」ことが重要で、モデル撮影においても、その場のテンションだけで撮っている業者は先述した「凡ミス写真」を生むことになります。
今回は、「立ち止まって考える事」で撮り方や見せ方でイメージが変わるということについて少し触れていきます。

ではまず例として商品は「コーヒー豆!」・・
えっ!なんで!?と思うかもしれませんが、パッと浮かんで個人的によく飲むので例題にしちゃいました(笑)
早速、いってみましょうw

よくあるパターンは「商品全体」を写して最終的にロゴを入れるケースです。

全体を説明する写真
悪くはありませんが、「主題」が豆なのかロゴなのか??少し伝わりにくい印象になります。
商品の説明写真としてはページの1枚目に持ってくる写真ではありませんね。

続いて、主題は「豆」だということを意識して最大限にアピールしてみます。

主題を強調した写真
おぉ!確かに分かりやすいですが・・・くどい・・(笑)
画像のタテヨコのサイズ感もありますが、この写真の全体的なカラーを考えると、「ロゴの文字色」に「黒は使いにくい状況」になります。
サンプルの写真では白色の文字になっていますが、サイト全体の配色も考えなければならなくなります。

そして最後は、「主題とロゴのバランス」を考えて撮影した写真です。

バランスを考えた写真
いかがでしょうか?
豆の多さもイメージさせつつ「コーヒー感」のコンセプトも失っていません。
何より商品ページを構成する際に「1枚目に見せる写真」として使いやすい印象になります。

商品写真の撮り方や見せ方は、外注スタジオの考え方やデザインを担当する人のセンスによりますが、冒頭で述べました「商品写真とは消費者に商品を伝えるもの」というコンセプトをしっかり撮影完了まで考えていれば、シンプル且つ印象的に仕上げることが可能です。

例えば、トップスの撮影を依頼して「前後のカットだけ撮って」と指示したとして、スタジオ側が現場判断でもっと伝わりやすい角度の写真をプラスしてくれたならば、依頼者の満足度は上がるでしょう。
当たり前の要望を当たり前にこなす・・これは少しカメラに詳しい人であれば、誰でもできる作業です。

プロの撮影屋ならば、「撮り方と見せ方」を意識して「指示よりも1つ先をゆく写真」を目指すこともサービスだと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション