商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
撮影写真のヒストグラム表示を理解する
自社で商品撮影を行っている方にとって、「写真の白飛びや黒潰れ」というのを何で判断していますでしょうか?
目視で写真を見た時にコントラスト差などは分かるから大丈夫!
でも、もしもその目視しているモニターが画面の明るさの自動調整などで適切な判断ができない状況だったら「大丈夫」と言い切れるでしょうか?
今回は、そんな状況下で「写真そのもの(目視だけ)」で判断するのではなくヒストグラム表示を確認しながら撮影写真を判断するポイントを見ていきます。

まずは、露出計で「適性露出」を出して撮影した写真とヒストグラム表示を確認してみましょう。

適正露出のヒストグラム
ヒストグラム上ではグラフ表示された「山」がありますが、「白飛び・黒潰れ」を判断するにはグラフの左右両端を確認します。
左側は「真っ黒の部分」、正確には純黒を表示しています。
大して右側は「真っ白(純白)を表示していますので、赤枠で囲った部分にグラフピークがきていれば写真上に「白飛び・黒潰れ」が生じている箇所があると判断できます。
上記の写真は左右の赤枠部分いずれもグラフピークはなく「適正」と呼べます。


では、次に「白飛び」が生じたヒストグラムを見てみましょう。

白飛び写真のヒストグラム
純白を示す右側部分グラフピークがきており、「白飛び」により色彩が失われている箇所があることを示しています。
参考写真のカラーチャートでも「淡い白やグレー」のマスの色の違いが認識できなくなっているのが分かります。
商品撮影の場合、こうした状況だと「色の再現性」という点で消費者に正確な商品カラーが伝わらない写真になりますので注意が必要です。

次に「黒潰れ」が生じた写真のヒストグラムを見てみましょう。

黒潰れのヒストグラム
真っ黒を示す左側部分にグラフピークが集中して「黒潰れ」が生じている箇所があることが分かります。
カラーチャート上では「黒の種類」の識別が難しくなり、どんなブラック?チャコールの濃さ?など商品撮影での色表現に影響してきます。

この他にもヒストグラム表示では「コントラストの強弱」や「写真の全体的な色の分布」なども目安として視覚的に理解することができます。
ここで疑問なのは「白飛び・黒潰れはダメ写真なのか?」というと、決してそうではありません。

商品撮影の場合でも「背景を完全に白で飛ばす」というケースもございますし、ロウソク1灯で雰囲気を出す撮影もあるでしょう。
その時は当然、ヒストグラムは左右両端にグラフピークを表示します。
撮影した写真のヒストグラム表示を見るポイントは「何を引き立たせるか?」の情報を読み取ることです。
白飛びしてしまっては困るもの、黒潰れは避けたいなど、まずは両端2箇所を気にしておくことで、撮影状況によってどのようにヒストグラムが変化するのか観察することが大事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影時の開けると絞るの言葉の意味
お持ちのレンズの参考著書などを見ていると「こうした場面ではレンズを絞る」または「開ける」など初心者の方には「何言ってるの?」という疑問が湧く事もあるかと思います。
以前にも「商品撮影で迷うF値の仕組みを知る」と題してレンズと光量の法則を解説しましたが、もう少し単純に解説していきます。

「レンズを○段開ける・絞る」というのは、光の量を段階化したもので、「現在の設定されているF値からどうするか?」をアドバイス(指示)する際に使用されます。
ここで言う「段数(段階化)」というのは、例えばこんなシチュエーションです。
人物撮影時に最初にF値5.6で撮った写真が、背景が少しハッキリ写り過ぎてボケ味が少なく人物が引き立たないと感じたとします。
そこで、「もう1段開けて(開放)で撮ってみたら?」と考えます。
つまりF値の数字を小さくして「ボケ味」を強くするということ。

・開ける=F値の数字を小さくする

・絞る=F値の数字を大きくする

たったこれだけの意味です。
私もカメラを始めた時はわざわざ小難しい言い回しをせずに「F値小さくして!」「F値大きくして!」と言えばいいのにと思ったものです。
しかし、ここからが肝です。

絞りとレンズの変化
「1段」という“段数”ですが、これが指示には欠かせません。
例えば、カメラ講習をやっていて、生徒さんが撮った写真だけを見ても「どのF値で撮ったのか?」は分かりませんが、その写真の被写界深度(ピント範囲)などから「もう1段」という表現が便利になります。

どういうことかと言いますと、撮影経験上「見せられた写真」からどのくらいF値を変えれば、より印象的な写真になるかを経験則で言っているのです。
F5.6で撮った写真で主体(人物)がモヤっとしていれば「あと○段絞れば、よりシャープに細部まで表現できそう」といった具合です。

撮影者にもよりますが、上記の「F値の並びとボケ味の割合の推移」というのは自然と頭の中に入っているものです。
「絞るか?開けるか?」をF値の並びと照らし合わせて発言している場合が多いですね。

当然、F値を上げ下げすれば「写真の明るさ」も変わってきますので、F値の並びとともにシャッタースピードの変化も覚えてしまっています。
面倒なようですが、F値もシャッタースピードも段数には法則がありますので、たくさん撮ると自然と覚えるといった方が適切だと思います。

F値は単純に明るくするための変更だけではないので、難解ですが「同じ位置」でまずはF値を1段毎、変化させて仕上がりを実感する。
その後に明るさを調整するためのシャッタースピードを合わせせていくと、撮影感覚が身につきやすいかもしれません。

撮って撮って撮りまくって下さいね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
HDRモードの撮影と表現効果

HDR撮影ってどんな写真になる?

最近のスマホカメラにも搭載されている「HDR」という撮影機能、文字だけは見たことがある人も多いと思います。
デジカメを持っている人なら機能は分かっていても「どんなシーンで使うの?」とか「撮影してみたけど効果が分からない・・」と条件によって変化する撮影方法とも言えます。
そもそもHDR撮影とは「写真の明暗部を調整する機能で撮る」ということで、シチュエーションとしては「白飛び」や「黒潰れ」が起こる撮影環境(ピーカンの太陽下と日陰で明暗差が強い場合や夜のライトアップされた紅葉を撮るなど)で活躍します。
HDRモードでシャッターを切ると、「明るめ・適正・暗め」の画像を合成した写真が出来上がることで、極端に明るい・暗い部分が出ないように調整してくれます。
似たような機能として「夜景モード」がありますが、これは主に「暗部が強い場合(夜景)」に強く、HDRモードはオールマイティと言ったところです。

撮影してみて「人物と風景のどちらも適度な明るさで撮りたい場合」は、HDRモードを使ってみると良いでしょう。
補足としてHDRモードでも「明暗差が無い条件」ではあまり効果を確認しにくいのも事実です。

HDR効果を使った現像と表現方法

フォトレタッチの分野では、HDR効果のような手法は昔から使っていました。
簡単な方法としては、撮影時に「適正露出」+「1段明るい・暗い」写真をそれぞれ撮影しておき、PC上で合成して1枚の写真にします。
では実際にフォトショップを使って合成したサンプルを見ていきましょう。
まずは、元画像となる写真がこちらです。

効果適用前
このままでも綺麗ですが、良くも悪くも明るさが適正で「平坦な印象」となります。
この画像に1段暗くした画像(彩度も少し調整)を合成してみます。
合成後の結果がこちらです。

HDR効果適用後
緑が栄えて、明暗共に締まった印象になります。
単純にコントラストで調整しても良いのでは?という感じもしますが、「色潰れ」という事を考えるとHDR合成を使った方がある程度ディテールを保つことができますのでオススメです。

じっくりHDR合成をかける場合は、木1本1本の明るさや地面の陰部分など細かく調整していきます。
よく海外の風景写真で「あっと驚く奥行き感とインパクト」がある写真はHDR撮影されたものを処理している場合が多いですね。

スマホの場合もHDRモードとアプリ使うことで手軽に印象的な写真を作ることが出来るので、このHDRモードを試してみると楽しいかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影時のカメラ側のピクチャースタイル設定
商品撮影時のカメラ設定を教えて欲しいとのリクエストを頂いたので、公開しちゃいます。
意外とカメラ側のセッティングを公表しちゃうスタジオも珍しいかもしれませんが、デジタル一眼レフカメラで自社撮影している方は参考にして頂ければ幸いです。

まず、「撮った写真の現像や整理をどのソフトで行うか?」を確認して下さい。
私の場合は現在メインで使用しているのはAdobeのLightroomです。
このソフトでデータを取り込む場合のカメラ側のピクチャースタイル設定は、すべて「ノーマルに近づけておきます」、ニコン機の場合は「ニュートラルまたはフラット」、キャノンの場合は「ニュートラル」、パナソニックは「ノーマル」です。

せっかく各メーカーが「いい感じの色合い」になるように幾つかの「ピクチャーコントロール(スタイル)」が用意されていますが、Lightroomに取り込んだ時はカメラ側の設定までは読み込まれないので意味が無いのです。
厳密に言えば、Adobeソフト側で各メーカー毎のピクチャースタイルに合わせた色合いも再現できますが、商品撮影の場合「色の再現性」を優先させたいので、自分で都度コントロール(設定)するか、予めプロファイルを作って適用させています。
そのままLightroom初期値でプロファイルを適用させると「色あいは変化」してしまいます。

ではメーカー純正のソフトを使った方が良いのでは?と考えてしまいますが、Lightroomを使う理由はやはり大量の写真の整理とPhotoshopとの連携力です。
例えばニコン純正のViewNXであればカメラ側のピクチャースタイルも反映されますが、「写真の整理」となると弱さが出てきます。
対してLightroomであれば現在20万枚程度のRAWファイルを常に読み込み状態ですが、ストレスなく管理・整理・現像・書き出しまで行えます(PCスペックにも依ります)
いずれにせよ純正ソフトでも任意に「色あい」は設定するので、大量の写真を扱う場合は「落ちにくいソフト」の方が重宝します。

カメラ側の設定を触るケースは、単純にポートレート撮影を行う時・・「単純に」という表現が少々おかしいですが、簡単に言えば「色再現よりも写真の印象を重視する撮影」の時です。
例えばモデル事務所の宣材撮影を依頼された時は「服の色を最優先させる必要」はありませんのでカメラ側のピクチャースタイルを変えて印象を変えたりする「場合」があります。

「場合がある」というのは、クライアントによっては、撮ったその場ですぐに写真を渡す事、いわゆる「撮って出し」もあるので、扱い易いように「JPEG」+「ピクチャースタイル:ポートレート」くらいで設定して、納品します。(印刷用途の場合はその場でRAW現像→JPEG書き出しで仕上げを行います)

その他の「輪郭強調」や「コントラスト」についての調整も同じようにLightroomに取り込む場合は設定しても仕方が無いと感じています。
まとめますと、私のような流れの場合は「カメラ側の設定は“素”の状態」で撮っておき、デジタル現像に回すという感じですね。

デジタル現像の段階で8割完成させておき、最終的にクライアントに合わせた色あいに仕上げていく方法だと何かと便利です。
元の撮影写真自体が「ノーマル」なのでコントラストや彩度などで変化を楽しめますよ。
もう少し細かな設定については機会をみて書き留めたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真撮影を楽しむ方法
業務としての商品撮影以外にプライベートで写真を撮っているか?と聞かれれば答えはYESです。
何度か登場しているPanasonicのLX100は常に携帯してますし、「撮ろう」と感じた時はスマホを手にすることなく迷わずコンデジを握ってしまいます。
撮る目的は特にございませんが、あっ、なぜこのような文節の書き出し方をするのかですが、先日知人からこんな質問を真剣にされました。

「キスデジ(キャノンのデジタル一眼)が欲しくてたまらないのだが、買って損はしないだろうか?」

回答に困る質問(愚問)ですが、目が真剣でしたので(笑)、少し考えてみました。
そもそも「損をしないとはどういうことか?」多分、買ってしばらくしたら飽きてしまうという事だと思いますが、最近のカメラは故障しない限りずっと使い続けるスペックはあります。
確かにセンサーやら便利な機能など機種の上位性を見ればキリが無いですが、普段使いであれば問題なく使うことができますし、プロの人でも一定の基準を満たしていればOKで、カメラの内部構造にこだわる人は撮影者というより評論家に近い存在だと感じます。

こうしたケースと同様にキスデジ問題でも同じように「写真を撮りたいのか?」、「カメラを保有したいのか?」これによって見解は違ってきます。
カメラを買う=保有欲を満たしたいのであればキスデジではなく、とんでもなく高いカメラを買ってしまった方が満足するでしょう(笑)

でも写真を撮りたいのであれば、損をしないで楽しむ方法はいくつかございます。
簡単なのは「人に見せる事」、友人・知人でもOKですし、SNSで写真にコメントしてもらう事でモチベーションも上がってくるでしょう。
カメラは何でも良いです。

写真を始める、または始めてしばらくして飽きてしまうパターンとしては「撮るものが無い」という鉄板文句です。
私も写真を撮るクセがある方ではないですが、「何かを感じた時」にカメラを持っていないと損した気分になります。
要は「はじめは誰でも写真を撮る習慣なんて無い」ということです。

初めてカメラを買った時にたくさん撮るクセがついた人は写真を撮ることが好きになって、やがて日常化しますが、カメラを買った後に自分の買ったカメラがどのくらいの評判なのか?など写真とは関係ない機械的な部分にベクトルが向いてしまうと写真も上手く撮ることができません。
結果、撮ることの楽しさを感じることなく放置される・・・

写真撮影が楽しくなる方法は「カメラではなく撮ることを楽しむこと」です。
たくさん撮ってたくさん間抜けな写真ができるのも1つの写真の楽しさですw。
1年後に振り返って、間抜けな写真が「いい感じ」になってきたら、より撮影が楽しくなります。

「撮りたいものでカメラを選ぶ」これが一番賢明なのかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション