商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
光学式と電子ビューファインダーの違い
タイトルからして面倒な記事になりそうですが、ミラーレス一眼レフをご購入予定の人には有益な情報かと思いますので、ご参考までに。
まず「光学ファインダーと電子ビューファインダーってそもそも何?」という方へ

光学ファインダー
通常の反射鏡(ミラー)を用いたデジタル一眼レフカメラに搭載されているファインダーです。
シャッターを切る時にパカパカするタイプです。
一般的にデジタル一眼レフといえばこのファインダーを採用しており「見たままの画像が映るため、自然な画像を確認」できます。

電子ビューファインダー
反射鏡を使わないミラーレス一眼に採用されている電子式(映像)ファインダーです。
ファインダー内のスクリーン上に液晶画面を使って、映像を映し出しています。

両者の違いは、鏡に映ったものを直接見る(光学ファインダー)、映像化した像を見る(電子ビューファインダー)
更に噛み砕くと、光学ファインダーは紙芝居(アナログ)、電子ビューファインダーは液晶テレビ(デジタル)と仮定します。

で、今回この記事で何が言いたいのか?ですが、キャノンのミラーレス一眼を数週間借りており、実際の撮影現場(事務所モデルの撮影)で使ってみました。
もちろん普段からLX100を使っておりますが、メイン機として仕事の現場で使ったことはなく、キャノンのEOS M3という事で画質などへの安心感で「現場撮影用に投入」してみました。
カメラ的には「良いカメラ」で仕上がりの写真自体は非常に満足がいっております。(クライントも満足)

こちらがそのカメラ↓
キャノン EOS M3
さて撮影スタイルですが、普段の撮影時はファインダーを覗きながら撮影しています。
今回のEOS M3はミラーレスなので、背面の液晶で見ながら撮影もできるのですが、いつもの撮影スタイルのごとく、「ファインダーを覗いて撮影」をしていました。
撮影時間は3名撮って約半日ちょっとでしたが、撮影枚数は1,000枚程です。

さして撮影枚数が多いわけではありません。
ですが、撮影後にPCに取り込んで写真を編集をしていると、どうも目の疲労感が尋常じゃない。
原因は「電子ビューファインダーを見続けた事」です。

普段使っている光学ファインダーでは感じたことがない疲労感。。
例えるならモニターの近くでずっと映画を凝視しているような感覚です。
結論から言えば「背面液晶を見れば??」となるのですが、それでは何か気合が入らないためミラーレスでもファインダーを覗きながら撮りたいのです(笑)

EOS M3は撮影時のファインダー内に映し出される画像自体も綺麗で、テンション上って撮っていましたが、迫り来る目の疲労感は思わぬ盲点ですw
これって個人的に老化したオッサンの目の問題なのか?はたまた電子ビューファインダー自体がこれ程、目に負担となるのか?
光学式と電子式のカメラを現場で採用する検討材料として考えさせられた決定的な違いでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真は綺麗かリアルかどっちが大事?
昨日、某大手通販サイトで商品を購入する際に、他の方のレビューを見ていて、少し「なるほど」と感じた投稿が目立ったので、本日のお題に取り上げてみました。
私が閲覧していたのは複数のショップが集まり綺麗に整頓された商品写真が並んでいるECモールで、着用画像に関しても正統派のモデルを使ってよくまとまっている商品ページ(サイト)でした。
実際わたしが購入しようとしていた商品は「モッズコート」で、カラーはオリーブとカーキの中間くらいの色合いのもので、ファー部分がチープじゃないものw
こうした目的で物色していると気になる商品が何点か挙がってきました。

しかし、どこのショップのモッズコートを見ても1つ疑問が湧く・・
それは「商品写真は綺麗なのですが、リアルではない」ということ、どういうことかと申しますと、「陰影を強くつけたライティングの写真」であったので、モデル着用画像の色合いと平置きやパーツ部分の写真の色合いが「どれが正しい色なのか判断ができない・・」

これは普段撮影をしている側から見ると、「気を遣う色」というのがあって、「カーキ系」もその1つです。
光の反射によって「濃いグリーン」にも「薄いグリーン」にもなり得ます。
私のように「カーキとオリーブの中間色希望」となると「どの写真が本当の商品の色あいなの??」となってしまい、多分「平置き写真が実際の色に近いのだろうと」と購入しようとしましたが、レビューを見てみると購入された方の数名がこんな書き込みをされていました。

平置きもモデル画像も実際の色と違ったので返品しました


こういう書き込みを見ると“ポチる”のを躊躇します(笑)
商品そのものや写真としては綺麗なのですが、「平置きもモデル着用画像、どちらも色が正解ではない・・」
第1候補がそんな具合でしたので、第2候補を吟味していると今度は光を当て過ぎた商品写真でレビューを見てみると「届いたら画像より色が良かった」などのコメントが・・

繰り返します。
私のように「カーキとオリーブの中間色を希望」していると「思ったより良かった」では意味不明となります。
「思ったより良かった購入者」が何色を欲しいと感じて買ったのかも不明で、深く考え過ぎると時間の無駄だと思い、結局は第1候補を求めて欲しいと思うブランドを扱うショップに直接出向いて購入しましたw。

で、実際の商品はどんな色だったのかと言えば「モデル画像と平置きの中間ぐらいの色あい」でした。
どちらが正解と聞かれれば、モデル画像がリアルな商品カラーに近かったという結末です。

余談ですが、好奇心もあり購入したショップに電話で聞いてみたところ「モデル写真と平置き写真の撮影業者は違う」との回答で妙に納得しました。
商品撮影を行う立場上、「綺麗な写真」というのは必須な部分ですが「リアルな写真」というのも今回の私のような購入目的を持つ消費者に向けては必要な事だと感じた次第でございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
サンプル撮影サービスの無料化について
ネットでの商品撮影サービスを展開する業者が受付けている「サンプル撮影」というサービス、この目的は「初回のお客様も安心て本撮影を申し込めるよう配慮したサービス」です。
例に漏れず弊社も行っており、モデル着用で行うサンプル撮影のスタートはモデルコードが初だったと感じます。

◇弊社のサンプル撮影サービス詳細
該当ページをご覧頂くと分かると思いますが、弊社の場合は「すべて無料(無条件)」ということではなく、条件付きの無料で有料になるケースもございます。

◇サンプル撮影が有料となるケースは?
・本撮影が10着未満を予定しているショップ
・既に1度サンプル撮影を利用しているショップ
・背景パターンを追加する場合

上記に該当する場合は有料となります。

他社スタジオの場合は「条件なしで無料」となることもあるらしいです。
さて、ここからが本題ですが「サンプル撮影無料」どうお考えになりますか?

モデルコードも昔は「モデル着用3着までサンプル無料にて対応」としてスタートしました。
当時は「モデル付きで無料」という物珍しさもあり、サンプル依頼は急増しました。
しかし、その半数以上は「サンプルだけ」または「最初から3点分の写真が手に入ればいい」という考えの依頼者でした。
その後、半年もせずに「上記の条件」を設定した次第です。

撮影側としては「サービスを知ってもらいたい」、「安心して依頼して欲しい」など永くお付き合いできるお客様を迎える入り口として考案したのですが、少し残念な気持ちになったのは正直な所です。
サンプル撮影の無料化に条件を設けてからは「本当に必要としている方に利用して頂ける状況」になったので、本来の意味を成していますが「無料」という文言の危険性を痛感した出来事でもあります。

事実、現在でも稀に「他社は無料だよ」との意見を頂くこともございます。
そこで経営者の立場から少し考えて頂きたいことがあります。

まず無料で行う業務としてどのような事柄があるのかです。
・サンプル品のチェックと撮影準備
・スタジオ枠の確保
・モデル手配(交通費やギャラ)
・撮影データの編集・納品
・預かり品の返送などの事務処理

少なくとも最低限必要となる事柄であり、弊社の場合はあくまでも本番撮影を想定したものですので本撮影と変わらないフローとなり、当然「人が動く」ので人件費等も発生します。
これらを経営者の立場から無料で提供するとなるとリスクが生じる事もご理解頂けると思います。
例えばアパレルショップで「他社はトップス無料だよ、だから1点頂戴!」と言われても困りますよね(笑)

どのような見込み客に対して無料でのサンプル撮影サービスを届けたいか?
これはサービス提供側であっても無償である以上、選択の余地は残されるべきだと感じています。

何もかも無条件で無料にしてしまうというサービスは、裏を返せば「リピーターが少ない」とも言えます。
信用のおける撮影サービスであれば継続的にオーダーが入るものであり、無料に固執する必要はないということかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォーカスモードを知って便利に撮影
今回は、何かと混同しがちな「フォーカスモード」のお話です。
オートフォーカスという言葉に関しては「ピントを自動で合わせてくれる機能」・・もう説明は要りませんね(笑)
ただ、最近のカメラではこのオートフォーカスの中でもモードの種類があります。
顔認識や49点のピント範囲とかではなく「フォーカスモード」の部分です。

まずはどんなフォーカスモードの種類があるか見ていきましょう。
フォーカスモードの種類
意味不明なアルファベット3文字「AFS(シングルAF)」、「AFC(コンティニュアスAF)」、「AFF(AFフレキシブル)」だそうです。
カメラ好きの方なら感覚で理解できますが、初心者の方には「何だこりゃ~??」となってしまいますw。
意味がわからず設定を変えてしまうと「ピントが合わない」、「写真がブレブレ」なんてことにもなるので、それぞれの特長を理解しておきましょう。

AFS(シングルAF)とは

カメラメーカーによって「呼称」は異なりますが、AFS(シングルAF)とはシャッターボタンを半押しして押している間はピントは固定されます。(被写体が動いても追従はしません)
その後、構図を決めてシャッターを押し込む!一般的な撮影方法を行うフォーカスモードです。
ピント範囲は1点でも49点でも構わず、半押ししたらシャッターを切る(指を離す)までは、ピント固定をするモードが「AFS」だと覚えましょう。
カメラ購入時には通常はこの「AFS」に設定されているので普段撮影していて気にならないのであれば変更の必要は無いでしょう。

AFC(コンティニュアスAF)とは

AFSではオートフォーカスが難しい被写体、例えばペットがお座りしていている状態でシャッターを半押ししてピントを合わせる「さあ撮るぞ!」といった瞬間に立ち上がって動き出す・・こうした場合にこのAFCフォーカスモードは役立ちます。
動く被写体に対してシャッター半押しの状態であれば「動くものにピントを合わせ続けてくれます」、とっても便利(笑)
ペットに限らず動いているものであればOK!空港で飛び立つ飛行機を撮るなんて時も役立ちますね・・・
飛行機ってあまり商品撮影のシーンではなさそうなのでw、もう少し具体的に言えば、屋外で歩いてるモデルさんを撮りたい時など便利ですね。
動きのあるもの・不規則な挙動の被写体は「AFC」にすると覚えましょう。

AFF(AFフレキシブル)とは

これが一番悩ませる原因w、AFSは半押しピント固定、AFCは半押しで被写体が動けばピント追従、ここまでは単純ですが、AFF(AFフレキシブル)は、AFS・AFC両方の自動切り替え!という親切なモードなのです。
噛み砕いて説明すると、被写体が止まっているならAFSモード、動き出したら自動的にAFCモードに切り替えてくれるモードです。
「なんだ、超便利!!」ずっとAFFモードに設定すればどんな被写体でも対応できると感じますが、カメラによっては「ピントスピード」が遅くなるものもあるので注意が必要です。
また、ピント位置の任意設定ができないなどオートフォーカス機能に制限が設けられているケースがありますので必ず取扱説明書などで確認しておきましょう。
個人的には、このAFFモードを使う場面に遭遇したことはありませんが、テーマパークなどで動くもの、静止しているもの、被写体を限定せずにオートで撮影したい場合は重宝するかもしれませんね。

最近主流となっている「3つのフォーカスモード」静止画撮影を想定してきたカメラ製品に動画というジャンルがマストになってきているので、こうしたフォーカスモードの種類も増えてきたのでしょう。
ただフォーカスモード以外にも「ポートレート」「風景モード」などカメラの設定はたくさんあって嬉しくもあり、困ったものでもありますね。
新機能の設定は初期値にして、あとは手動マニュアルですべて決めてしまう方がシンプルで明解だったり・・それを言っては進化は止まりますね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影写真のヒストグラム表示を理解する
自社で商品撮影を行っている方にとって、「写真の白飛びや黒潰れ」というのを何で判断していますでしょうか?
目視で写真を見た時にコントラスト差などは分かるから大丈夫!
でも、もしもその目視しているモニターが画面の明るさの自動調整などで適切な判断ができない状況だったら「大丈夫」と言い切れるでしょうか?
今回は、そんな状況下で「写真そのもの(目視だけ)」で判断するのではなくヒストグラム表示を確認しながら撮影写真を判断するポイントを見ていきます。

まずは、露出計で「適性露出」を出して撮影した写真とヒストグラム表示を確認してみましょう。

適正露出のヒストグラム
ヒストグラム上ではグラフ表示された「山」がありますが、「白飛び・黒潰れ」を判断するにはグラフの左右両端を確認します。
左側は「真っ黒の部分」、正確には純黒を表示しています。
大して右側は「真っ白(純白)を表示していますので、赤枠で囲った部分にグラフピークがきていれば写真上に「白飛び・黒潰れ」が生じている箇所があると判断できます。
上記の写真は左右の赤枠部分いずれもグラフピークはなく「適正」と呼べます。


では、次に「白飛び」が生じたヒストグラムを見てみましょう。

白飛び写真のヒストグラム
純白を示す右側部分グラフピークがきており、「白飛び」により色彩が失われている箇所があることを示しています。
参考写真のカラーチャートでも「淡い白やグレー」のマスの色の違いが認識できなくなっているのが分かります。
商品撮影の場合、こうした状況だと「色の再現性」という点で消費者に正確な商品カラーが伝わらない写真になりますので注意が必要です。

次に「黒潰れ」が生じた写真のヒストグラムを見てみましょう。

黒潰れのヒストグラム
真っ黒を示す左側部分にグラフピークが集中して「黒潰れ」が生じている箇所があることが分かります。
カラーチャート上では「黒の種類」の識別が難しくなり、どんなブラック?チャコールの濃さ?など商品撮影での色表現に影響してきます。

この他にもヒストグラム表示では「コントラストの強弱」や「写真の全体的な色の分布」なども目安として視覚的に理解することができます。
ここで疑問なのは「白飛び・黒潰れはダメ写真なのか?」というと、決してそうではありません。

商品撮影の場合でも「背景を完全に白で飛ばす」というケースもございますし、ロウソク1灯で雰囲気を出す撮影もあるでしょう。
その時は当然、ヒストグラムは左右両端にグラフピークを表示します。
撮影した写真のヒストグラム表示を見るポイントは「何を引き立たせるか?」の情報を読み取ることです。
白飛びしてしまっては困るもの、黒潰れは避けたいなど、まずは両端2箇所を気にしておくことで、撮影状況によってどのようにヒストグラムが変化するのか観察することが大事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション