商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
自動露出補正について
商品撮影を行なうときにデジタル一眼レフカメラが機械的に判断する自動露出(AE機能)は、大半の方が普段は気にすることはないと思います。
最近のカメラは、精度よく露出を自動で判断して撮影することができます。
しかし、ごく稀に撮影側が意図していない露出(明る過ぎ or 暗過ぎ)になる場合があります。
そこで登場するのが「露出補正」ですが、ちょっとした原理や対処法を知っていると狙い通りの露出補正ができます。
物撮りをしていて「何かちょっと・・」とカメラ任せの自動露出に関して疑問のある方はお読み下さい。

実はデジタルカメラは極端な色が苦手なのです
デジタルカメラ機能の自動露出は極端な色、例えば画面いっぱいに「白い物体がある」または「黒いものが大部分を占める」などの状況や、デジタルカメラの機種にもよりますが、「彩度の高い赤色」は撮って確認すると朱色やオレンジ系になってしまったりします。

このようなことが起こる原因としてほとんどのデジタルカメラの露出計は「色を判断していない」からです。
簡単に言うと「光の反射率」を判断しているだけで、カメラの露出計は18%グレーを基準として明るさを判断しているので、実際は白や黒、その他の色に対しても露出計は色を認識しているわけではありません。

つまり同じ赤のスカートを太陽光とタングステン光の環境で撮っても、カメラの露出計は写真のニュアンスではなく、物体の反射率を判断しているだけで、ホワイトバランスを18%グレーで設定するのも、「この反射率から明るさ(これが白だ!)を判断しなさい!」と命令している状態です。

自動露出のクセを知る
自動露出の段階で「色を認識していない」というのはお分かり頂けたと思うので、次は場面ごとの露出補正を見ていきます。
そしてカメラ任せで顕著に出る自動露出の例として、「白いもの」・「黒いもの」で解説していきます。

まずは白いものとして「雪の写真」のサンプルをご覧下さい。
白いもの自動露出の調整
カメラ任せの自動露出で撮ると全体的に白いものが写っているのでカメラは、「画面がすごく明るいから少し暗く調整しよう」と判断します。
しかし、撮影者は「白い雪を表現したい」ので露出補正はプラスにします。

次に黒いもの「屋内で黒っぽい上着を着た写真」のサンプルをご覧下さい。
黒いもの自動露出の調整
こちらはカメラ任せの自動露出で撮ると全体的に暗い(黒い)ものが画面を多く占有しているのでカメラは、「画面の多くが暗いから少し明るく調整しよう」と判断します。
これも撮影者の意図とは違うので露出補正はマイナスにして黒を表現します。

自動露出は色ではなく明るさで対応
サンプル事例を見ると「白はプラス、黒はマイナスでOK!」と考えてしまいますが、正解のようで間違っています。
「カメラの露出計は色を判断していない」ので、白いものは反射率が高い、黒いものは反射率が低いことから露出をプラスなのか、マイナスなのかを人間が判断します。

例えば、ものすごく天気の良いピーカンの青空を撮って、眩しいくらいの陽射しを表現したいのであれば自動露出(自動で暗く補正する)に頼らず、プラス補正で空の光を強調するのも良いでしょう!
つまり撮影者の意図によって露出はどのようにもできるということ!
上の「雪の写真のサンプル」でも、もし撮影者が「寒々しい感じ」をもっと強調した表現にしたいならセオリー通りのプラス補正ではなくマイナス補正になるでしょう。

今回ご説明した露出補正はあくまでも基本的な対処方法であって、商品写真や作品撮りなどの目的によって露出の決定方法は変化しますので、適正露出は「自分で決める!」ということも頭の片隅にでも置いておいて下さいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
AFエリアモードの選択方法
3日ほど前の記事で「商品撮影はAFフレームの自動ピントにご用心」というタイトルで、AFエリアモードについて少し触れましたが、今回は補足として商品撮影などを行なう際にTPOに合わせたAFエリアモードを選択できるように各AFモード種類と特長について記載しておきます。

まずAFエリアモードとは何かをご説明しますと、簡単に言えば撮影対象物によってオートフォーカスポイントを任意または自動で行なうかを決めるカメラ側の設定です。
「そんなの自動でいいでしょ!?」と感じる人もいると思いますので、自動にしてしまったよくある事例をご紹介します。
下の写真をご覧下さい。

AFエリアモードの失敗例
集合写真などで撮影対象が人物ですが、人物より前に何かしら遮るものがある時(この場合は木の柵など)にカメラ任せのAFエリアモードで撮ろうとするとピントが人物の顔ではなく「柵から出てる手にピントを合わせてしまう」こともあります。
人物が動いていれば問題ないですが「はい、撮るよ~」と撮影者が声を掛ければ全員ポーズをとって静止する・・カメラは全部が静物(風景!?)と認識して一番手前の柵から出ている手を主役としてピントを合わせてしまうw

こうした自動ピント状態では狙った箇所のピント合わせを人間ではなく、カメラ(機械)が決めるということになります。
とはいえ、カメラ任せのAFエリアモードもシーンによっては大活躍しますので、一概に人間任せがすべてということではありません。

では実際にどのようなAFエリアモードがあるか見ていきましょう。
下の写真は一般的なデジタル一眼レフのAFエリアモードの種類です。

AFエリアモードの種類について
どのフォーカスポイントを選ぶのかを決める設定がAFエリアモードとなり、
・シングルポイントAFモード
・オートエリアAFモード
・ダイナミックAFモード
・3D-トラッキング

などが各カメラによって設定できると思いますので、お持ちのカメラの取扱説明書をチェックしてみて下さい。

AFエリアモードの種類と特長

AFエリアモードはそれぞれの撮影時に適切な設定をしておくと写真撮影が楽しくなりますので、自身がよく出くわす撮影シーンを考えながら参照してみてください。

シングルポイントAFモード
ファインダー内のズラッと並んだ四角のフォーカスポイントの中から撮影者が任意に選択したフォーカスポイントを使用してピントを合わせる場合に設定します。
基本的には静止している被写体向けなので、商品撮影の「物撮り」で狙ったポイントにピントを合わせたい場合に便利です。

ダイナミックAFモード
フォーカスポイントの選択方法はシングルポイントAFモードと似ていますが、被写体が一時的にフォーカスポイントから外れた場合に周囲のフォーカスポイントが引き続き被写体を捉えてピントを合わせ続けますのでポージングを行なう人物撮影などでも有効です。
例えばモデルの目にピントを合わせ、次の瞬間ほんの少し合わせたピント位置からズレたとしても自動で捕捉してくれます。

オートエリアAFモード
カメラ側が、全てのフォーカスポイントから被写体を自動認識してピント箇所を決定して合わせます。
被写体の色や形状なども考慮して自動的に行なうので各メーカーや機種によっても挙動は異なります。
基本的にはカメラに一番近いものを優先してピントをあわせると思いがちですが、人間を優先判別する機種もあります。
「笑顔認識モード」など人に感知するのもこのモードに属していると思います。

3D-トラッキング
まずこのモードの特長は「撮影者が選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わせることです」
その後、シャッターボタンを半押ししている間は、構図をずらしたりする変化に応じて、フォーカスポイントを自動的に切り換えてピントを合わせ続けます。
よくある例ですと、ペットにピントを合わせて、動き回るペットを追尾してシャッターを切るまでピントを合わせ続けてくれます。
スポーツシーンや飛行機を撮るなどピント合わせが難しい場合に非常に便利です。

以上が主なAFエリアモードの説明となりますが、シーンに合わせてモードを決めるって・・考えすぎると面倒ですよね(笑)
個人的には「シングルポイントAFモード」しか使っていません(~_~;)
多分ですが、フィルムカメラ時代から触っていた人はシングルポイントAFモードで十分だと感じている人も多いと思います。
「ピンを合わせてサッとシャッターを切る」これで人物を含めた商品撮影はOKのような・・・

三脚固定の撮影ではそもそもマニュアルフォーカスにしてしまうので・・
盛りだくさんのデジタルカメラならではのAFフォーカス機能は嬉しいのですが、フォーカス機能縮小版でカメラが安くなるならもっと嬉しいと思う今日この頃・・

余談はさておき、色々AFフォーカスモードを試して、ご自身に合うモード設定を見つけて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
料理写真の湯気の表現
モデルコードではあまり料理写真などの依頼は少ないのですが、「料理写真の湯気の表現」について解説させて頂きます。
というのもこういった撮影方法は商品自体が透明な場合などにも覚えておくと便利なので自社で商品撮影を行っているショップはご参照下さい。

最近ではテレビなどの料理番組などで、レポーターが食べている姿とは別に「料理の物撮り」を行なって、より美味しそうな映像を目にすることもあると思いますが、簡単にラーメンなどの湯気を表現するのであれば、「黒い背景で撮る」これで湯気の表現はできてしまいますが、通常の料理写真の場合は、「自然な状態」で美味しそうに見える撮影手法が必要となってきます。
とはいえ今回はいかに湯気を写すかですが・・(笑)

まず、前提として重要なのは、撮影前の準備です。
例えば料理を仕上げてしまってから、写真撮影の段取りをしていては、暖かい商品も冷めてしまいます。
また湯気を表現したいからといって極限まで熱くする必要もありません。
これは季節や室温などを考えて湯気のベストな立ち昇り!?を把握しておきましょう。

あとは撮影のセッティングですが、基本は「逆光で撮る!」
照明機材などが無い場合は、窓際にテーブルを置いて太陽の光で料理が逆光に照らされる位置を探します。
下のレイアウト図をご覧下さい。
料理写真の撮影方法

完全に逆光にするのではなく、少し斜め後方から料理を照らす逆光気味にすると、料理の具材などが立体的になってより本格的な料理写真になります。
左側に設置しているレフ板は100円ショップなどで手に入るカラーボードなどで代用しても大丈夫です。
レフ板は逆光で撮るので、料理手前側が陰になり暗くなるのを防止するためにレイアウトしています。

準備ができたらいよいよ撮影ですが、カメラアングルにも気をつけて、料理の中身が見えつつ湯気も見えるアングルを探します。
これで手軽に湯気を表現しつつ温かみのある料理写真を撮ることができますよ。
ポイントとしては背景はゴチャゴチャさせずに、シンプルに仕上げることでさらに湯気の感じが引き立ちます。

撮影するカメラアングルを少し下げたり、上げたりすることで、カタログ本のような雰囲気に近づけていきましょう!
使用するカメラは自然光の場合、スマホでもコンパクトデジカメでもカメラは選びませんので、レシピ写真などを撮っている方は参考になれば幸いです。

逆光による撮影手法はこうした料理写真だけに限らず、人物や静物の商品撮影でも使い方や工夫次第で楽しい写真が撮れます。
自社で商品撮影をする時も高価な機材を利用することばかり考えるのではなく、撮るための思考を養うことでその人らしい商品写真になりますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットショップの商品画像の色について
ネットショップを運営されている人にとって、ネット掲載時の商品の色合い表示は、消費者からの返品にも繋がる事項なので、悩みを抱えているケースも多いと思います。
本来、不特定多数のユーザーが、個々に保有している端末からアクセスするネットショップでは、ユーザー環境に依存してしまうため100%正確に伝えるという手段は残念ながらありません。
例えば同じiPhoneの同一機種を使っていても「明るさの設定」や「屋内・屋外」で見ているのか?こうした少しの違いでも色に対する印象は変わってしまいます。

回避法としては「モニター環境によって色合いに誤差が生じる場合がございます」など、商品ページ下部に表記する方法がありますが、今回はもう少し「色合いにを丁寧に伝える方法」をご紹介します。

色合いに影響を与えるのはモニターだけではありません
冒頭からモニターでの色合いの変化について書いていますが、実は商品写真の色合いに影響を与えるのはモニターだけではありません。
例えば正確な色再現ができるモニターであっても「フォトショップ」で画像を開いた時と、ネットを見るためのブラウザ「Internet Explorer」でも見え方は異なります。
つまり商品撮影を行なったスタジオ側が納品した写真をフォトショップで見ていて、納品先のお客様がWindows標準のビューア(画像をWクリックして開くソフト)でも誤差があるということです。

商品画像を見るための条件を提示する

モニター以外でも色合いが変わってしまうのであればお手上げだぁ~!と諦めず対処する方法として、「この環境で見てください」と消費者にサンプルを提示すれば良いのです。
テキスト文字で「モニター環境によって色合いに誤差が生じる場合がございます」よりも説得のある方法となります。
では、下のシャドーテスト画像をご覧下さい。
カラーチャート見本

この画像は適正なモニターで管理したグレーシャドーテストの画像です。
左から右まで9つのブロックに分けてグレー階調を表示しています。
もし、画像内の「MODELCODE」のアルファベット文字が上下2つとも見えなければ、モニターの明るさを調整する必要があります。

モニターの明るさ調整でもアルファベット文字が見えない場合は、フォトショップなどのカラー情報を読み込めるソフトを使ってみてください。
それでも見えない場合は残念ながらお使いのモニター環境では正確な色再現はできないと判断できます。

こうしたシャドーテスト情報の表示を行なうことで、ネットショップ側の問題なのか、消費者のモニター環境の問題なのかが、ある程度正確に判断できます。※
消費者からすれば、グレーシャドーテスト画像で文字が見えていなければ「実際の商品の色あいは違うかも・・?」と想像がつくでしょう。
※モニター設定でコントラストなどをいじってる場合を除く

まとめとなりますが、消費者にとっての指標となるカラー情報を提示する取り組みはネットショップへの信頼性にも繋がりますので、是非グレーシャドウテスト画像を表示利用することをお勧めします。

ご注意頂きたいのは商品撮影を行なうスタジオを見極めることです!
基準となるべき商品写真自体の色合いがおかしい場合は、前提から崩れてしまいますので正確な色再現を求めるのであれば安価な撮影業者に飛びつかないことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
AFフレームの自動ピント
先日、チラシ制作などでお世話になっている地元の料理教室のお客様からこんなご相談がありました。

「写真を撮るときにピントがゴチャゴチャになる・・・」

自身でカメラを買って撮影することを勧めた手前・・実際お伺いして撮影風景を見させて頂きました。
カメラは先月購入されたキャノンのキスデジ、故障ということはまず考えられない。

撮影者を見てみると、フォーカスが合った音がしてから、すぐにシャッターボタンから指を離して、カメラを離したりしてピント合わせをやり直す動作を繰り返している・・・
どうやら上手くピントを合わせたい箇所にピントがきてくれない模様でした。

カメラ設定を見てみると案の定、AFフレームが自動ピントの設定になっています。
このAFフレームの自動ピントはデフォルトでは「カメラが自動でピントを合わせる」設定になっていて、手前にピントを合わせたいけど、奥に合ってしまったりと任意の場所にピントを合わせたいときは厄介です。・・動きの早い被写体の場合は厄介ではありません(笑)

まずは下の図を見ていただくと、ファインダーを覗いたときに見える四角のボツボツ・・これが測距点といってピントが合った時に赤く光ります。(設定による)
ファインダー内のAFフレーム
しかし、このままカメラ側の自動ピントになっていると任意の箇所でピントを決めることができないので、AFフレームを中央一点に限定します。
詳しくはお持ちのカメラの取扱説明書をご確認下さい。

こうした中央一点を利用した撮影行動で注意したいのは、構図を決める順番です。
全部カメラ任せのオートで撮っている人に多い傾向が、最初に構図を決めてからシャッターを切るという順番です。
スマホでカメラを向けて構図を決めてからピントを合わせたい箇所を画面でタッチして撮る、これも同じ行為です。

中央一点の場合は最初にピントを合わせたいところでシャッターを半押ししてから構図を決めて撮ります。
微妙な違いですが、スマホ世代は意外と慣れないようです(笑)

AFフレームの中央一点での撮影方法
上の画像のような順番で撮影を行なえば、狙った箇所にピントが合って、意図した構図で撮ることができます。
これでもピントが合わない場合は、被写体に近づき過ぎていたりすることもあるので、お持ちのレンズの最短撮影距離を調べてみるの良いでしょう。

今回の事例は、「こんなことで迷うんだ!」と少し衝撃でしたの記事にしました。
まだまだ、撮影業者が当然と思っていることがそうではない!ということが多くあるかもしれないと教えられた気分です。

とはいえ、カメラの取扱説明書に載っているといえばそれまでですが、カメラを買ったらすぐ撮りたくなってしまって、分厚い取説を読みたくないですよね(笑)
ご興味がある方はご参考にして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション