商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
印刷用の商品撮影について
商品撮影サービスには「印刷用」と「Web用」とに分けられている場合が多いですが、何となくAdobe RGBとsRGBの違いについての理解をされている方も増えてきています。
単純に言えばAdobe RGBは発色領域(色域)が広く、sRGBはAdobe RGBに比べて色域は狭くなります。
ネット向けの商品撮影であれば、写真を見る環境(対象)の人はsRGBですので撮影業者もsRGB上で忠実に再現できる商品色を目指して納品します。
但し、モニターパネルの品質などによって色再現性は大きく変化してしまうため、依頼する業者をキチンと見極めることが大切です。
単にIPS液晶で見ているだけでは正しい色を表示できないため、環境と色を管理するスキルも必要です。

ざっと書いていくとAdobe RGBとsRGBの話題になってしまうので、本日はここまで(笑)
今回は、ウェブ用で納品された写真をそのまま印刷に出したら「色がおかしくなった・・」という、よくあパターンについてです。

そもそもウェブ用のデータを印刷用途で使われてしまう事故はさておき・・、なぜこのような「色味の変化」が生じてしまったかを簡単にご説明します。
まず印刷用とウェブ用とで撮影の仕方が違うことはありません。
また、納品時の「印刷解像度」という点でも、PCモニター上で見る色の変化を感じられないと思います。

原因はCMYK変換です。

「CMYK」では「RGB」とは色域が異なります
ご存知の方もいると思いますが、色を表すカラーモードには、「RGB」と「CMYK」という2種類があり、「RGB」は、パソコンなどのモニター表示などに利用されているカラーモードで、「CMYK」とは、印刷用として使われるカラーモードです。
「カラーモード」という言葉を覚えておいて下さい。後ほど記事のまとめに登場します。

RGBカラーはCMYKカラーに比べ、色の表現できる色の範囲が広く、RGBで表現できる原色に近い鮮やかな色が、CMYKでは表現できないことがあります。
簡単な事例としてRGBで作成した色をCMYK(印刷用)に変換した時の色の違いを見てみましょう。

CMYKとRGBの色合いの違い
同じ色ですがカラーモードが変更されると「くすんだ色」になることが分かると思います。
こうした現象の要因は、CMYKカラーモードは色の三原則:R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)にK(ブラック)を足した「減法混色」であるため、色が混ざるほどに暗くなり、黒に近づいていくためです。

印刷用のデータ作成は色域を確認する
こうしたカラーモードによる印刷後のミスを防ぐには、「CMYK」のカラーモードで撮影写真の編集をしなければなりません。
注意したいのは、印刷用に商品撮影を頼み、そのあと自社のPCで編集を行なう場合、フォトショップで「RGBモード」で写真を開いて校正をしてしまい、そのまま印刷業者に出してしまうパターンです。
これでは写真はCMYKからRGBに変換されてしまいます。(PC画面上は綺麗なのでそのまま入稿してしまう・・)
こうした印刷用のデータを作成する時は出力先に合わせて作業・編集をしなければならないので、必ずCMYKモードを選択しましょう。
「WebはRGBで作成」、「カラー印刷はCMYK」で作業・編集・作成すると覚えます。

カラーモードとカラースペースは違います

最後に今回はカラーモード(RGBとCMYK)について記載しましたが、冒頭で触れたAdobe RGBとsRGBの関係性は???
もちろんございます。
Adobe RGBとsRGBとCMYKでは、再現できる色域つまりカラースペースは異なります。

ん?でもAdobe RGBとsRGB・・どちらも「RGB」じゃないか!!

そうです、CMYKカラーモード上では、Adobe RGBもsRGBもCMYKで出力するために色調補正が必要となります。
「カラースペース」とは色の再現(色域)です。
対して「カラーモード」はPCなのか印刷なのか?出力先に合わせて作成する作業です。

よく勘違いされるのですが、「写真をAdobe RGBで撮ったから大丈夫!」ではなく、印刷に出す場合はCMYKカラー印刷に合わせなければなりません。
そのためAdobe RGBのカラースペース、CMYKカラーモードでの作業時に正しい色を再現できる管理されたモニター環境が必要なのです。

極端にいえば、カラースペースの広いAdobe RGBで写真を撮っても、正しいモニター環境でなければ意図した色味を再現することは難しいということになります。
現在では印刷業者さんもRGBで納品された写真が入稿されることも予想しているようで、色合いが変化して明らかにおかしい場合は連絡をくれるようになっていますが、これは印刷屋さんのご好意なので、入稿する側が理解しておくことに越したことはありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハンガー吊るし撮影
先日、お客様から「ハンガーで吊るした商品撮影はどうやってるの?」ということで、今回はあっさりネタバラシしていきます。
撮影方法とといっても特別なテクニックは必要としないので、条件が揃えばお手軽に撮影することができますのでご参考下さい。

まず、撮影時のセッティングをご案内する前に撮影する商品の縦の長さ(丈)を把握しておいてください。
商品の長さが極端にバラつきがある場合、短い商品の長さで合わせてしまうと、後で照明位置など手間になるので、予め平均的な長さの商品でセッティングを進めましょう。

では、参考画像と撮影時のセッティングをご紹介します。

吊るしたときの商品撮影のセッティング
左が「服を吊るした状態での撮影写真」で右がセッティング時のレイアウト図です。
要は背景の紙自体にハンガーを掛けるためのフックは取り付けられないので(強度の面でも避けてください)、背景の前に図のようなスタンドを置き、中心に「釣り糸(細くて透明な糸)」を巻き、そこにハンガーに掛けた服を通しているだけです。
1度セッティングをしてしまえば、あとは服を変えるだけで撮り進めることができますので、数量が多くても比較的、短時間で撮影作業を終えることができます。

綺麗に撮るコツとしては「背景と商品との距離」です。
近づき過ぎても、離れ過ぎても、商品の右側に出る「ほんわかした影の演出」ができませんので、照明の位置と合わせて吟味しながら調整してみてください。
ちなみにこの撮影時の照明の位置は商品の向かって左側真横よりも少しカメラ側手前の斜めに当てています。(分かりにくいので20度くらいです)

ストロボ光で撮影する場合はお持ちのストロボの光量を一番弱い位置にしてから、徐々に調整すると上手くいくと思います。
自然光で撮る場合は、撮影セットを置く場所を自然光が入る位置を考えてセットします。

もし釣り糸を垂らす背景スタンドが無い場合は、天井にフックを2箇所つけて、伸縮ポールなどを取り付けてしまえば同じような効果を作ることができます。
ハンガーを掛ける釣り糸ですが、吊るす服の重量にもよりますが、極力細めで色が付いていないものを選んでください。
撮影後の写真で糸が見えないくらいにしておくと、後で糸を消す作業の手間も省けます。
撮影方法としては非常にシンプルですが、背景に飾りをしたりハンガーにもこだわっていくと「自然な状態」+カワイイ印象の演出できますので、是非お試し下さい。

商品撮影の方法や手段は、決められた環境でも工夫次第では何とかなる場合が多いです。
普通のテナントだから無理・・と諦めずに「写真で写る部分だけを演出する」この事を考えれば意外と答えは見つかるものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影のテクニックより大事なこと
事務的な商品撮影を行なう環境にいると気付かないことってあると思います。
私自身、写真撮影というとクラアントの意向を考えながら「どう撮る?」という問答ばかりが続きます。
自社で商品撮影を行なっている担当されているスタッフ様も同じように「どうやって撮ったらいいのか?」とテクニック的な事柄ばかりを気にしてしまうケースも多々ございます。

最高な写真とは何か?
今回は見栄え上の商品撮影のテクニックのお話ではなく、写真の哲学的な部分にクローズアップします。

商品撮影を目的にカメラを購入すると撮影対象というのは自社の商品など被写体は限られてきます。
その後、カメラの絞りやシャッタースピードなど組み合わせで無限とも思えるような「メカ的な設定」を模索するようになります。
「画角はこうしたら良い」、「こういう商品の時はF値はこうする」、「照明は45度に配置して!」など知識は増えていくでしょう。

こうした写真を撮るためのテクニック集の多くは「この場合はこういう設定で撮った」というマニュアルであって写真のマニュアルではありません。
では写真のマニュアルとは何か?
そんなものはこの世には存在しません!!そうです!「売れる商品写真を撮ります」という文言くらい存在しないものです(笑)

極論を言ってしまえば写真は良いと感じるものが全て正解なのです。
例えば、テレビドラマで主人公が病気になってやがて死を迎えるストーリー・・・よくあります。
このパターンが視聴者の共感を得たとして、同じようなストーリー設定で続々と真似したドラマが登場する。
こうなると共感というより「悲しいドラマのマニュアル化」ですよね(笑)
共感を得ることができたドラマと真似したドラマの違いは物語ありきで撮影されたものか、脚本ありきで撮影されたかの違いです。
もっと簡単に言えば、「伝えたいことがあって撮影されたもの」と「評価をもらうために撮影されたもの」の違いです。

私が個人的に「売れる商品写真を撮ります」とか「うちの写真は高品質です」という文言を嫌うのは、「評価をされたいと思って撮っている」からで、そこから納品される写真は「どう?綺麗でしょ」、「この写真の良さがわかるか?」と上から目線の写真屋気質が見え隠れして、写真として綺麗でも、受け手(見る側)からすれば、つまらない写真だと感じてしまうからです。

商品撮影において理想の形は「良い商品ができたから撮ってみた~♪」という写真だと感じています。
こうしたカットを出すために必要なのは、カメラを買ったら遊ぶことです。
写真はマニュアルに縛られるとつまらなくなります。

以下はモデルさんにカメラを渡して遊んでいる写真です。(遊び過ぎてお見せできないのが98%ですが・・)

撮影写真サンプル
クマのぬいぐるみを撮りたくて画面からはみ出してもいいんです。
それだけ撮りたかったのでしょう!

おふざけ写真
自分が大好き写真満載でもいいじゃないですか(笑)

商品撮影においてテクニックよりも大事なことは、「写真を楽しいと感じる気持ち」です。
どれだけ書籍やマニュアルを読み漁っても、そこに「気持ち」がなければ気持ちの伝わる写真は撮れません。

業務的な撮影は大変かと思いますが、写真を撮ることを楽しんでいますか??
このエントリーをはてなブックマークに追加
純正レンズを変えて商品撮影
デジタル一眼レフで商品撮影を行う時、どこのメーカーのレンズを使っていますか?
大半はカメラ購入時に付属されているレンズやカメラボディと同じメーカー(純正)のレンズを使っていると思います。
どこのレンズを買えばいいのかは、好みによりますので欲しいと感じるレンズで撮影すれば良いですが、どんな時に純正レンズから変えたいと思うのか、私の事例ですが参考程度にお読み下さい。

まずレンズといっても種類も様々で、細かく書けば膨大なテキスト量になるので、今回は単純にNikonから他社製シグマのレンズに変える動機を説明していきます。
同じ服で撮影された2枚の写真をご覧下さい。

純正と他社製レンズの比較
できれば同じモデル・同じ照明で試したかったのですが、感覚で捉えて下さいね(笑)
最近ではモデル撮影+単色の背景の場合は、シグマのレンズを使うことが増えてきています。
理由としては写真的に強さが出てくる、また人物や服の印象が綺麗に抜けてくる印象です・・(感覚です)

フィルムの頃からコダックカラーが好きだったので、ちょっとクセのある色合いやディテール感を求めるなら、あくまでも私の場合は、シグマ製のレンズの方が好みです。
決してNikon純正が悪い訳ではなく、正確な描写感はさすがの純正レンズです。
主に商品撮影では、トルソーや物撮りの説明写真などでは純正レンズを使っています。

とはいえカメラの設定で「コントラスト」や「彩度」など調整すれば良いと感じるかもしれませんが、商品撮影・・というか撮影時のカメラ側の色合いに関する設定は基本的に全くいじりません(ニュートラルな状態で常に撮りたいのです)。
ただでさえ写真撮影はWB、絞り、シャッタースピード、露出で写真に変化が生じるので、そこにプラスしてデジタル的な処理を加えて欲しくないと感じるオヤジ世代です(笑)
普通に考えればレンズレビューをしているサイトなどでカメラ側の設定が変わっているなら正確なレンズ性能など比較できる訳が無いと個人的に酷評を述べてみたり・・・

こうしたレンズによる描写の違いは写真を撮る行為で楽しい部分でもありますが、予算がかかる部分でもあります。
今持っているレンズから少し雰囲気を変えた写真を撮ってみたい場合は、店舗に行って実際に撮ってみることをオススメします。
カメラボディを持って行って、「試していい?」と聞くだけです。
家電量販店ではNGの場合もありますが、近くにカメラ(レンズ)メーカーのショールームがあるようなら持込みでテストはOKです。
いつものレンズと、テストするレンズで同じ写真を撮ってみて、描写の違いを比較するのがベストです。

あとは予算ですね~描写はすばらしくても冷汗が出る価格だったりするので、これが一番ネックです(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影とマクロレンズの基本:焦点距離
昨日に引き続き、商品撮影で使うマクロレンズの基本その2と題して「焦点距離」についてまとめておきたいと思います。
まず本題に入る前にマクロレンズについてこんな会話を聞いたことはないでしょうか?

「このレンズは、すごい被写体に近づける(寄れる)!」

こう聞くと、レンズ先端のガラス面と被写体との距離を、もの凄く近付けることができるように感じますが、撮影に最も被写体に近づける距離、すなわち「最短焦点距離」は、レンズ先端からではなく、「カメラボディに記されているあるマークからの距離」から近づけた数値(距離)となります。
下の画像にてそのマーク(撮像素子の位置を表す)の箇所をご覧下さい。

撮像素子マークと焦点距離
各カメラごとに撮像素子マークの位置は異なりますが、一般的なデジタル一眼レフカメラであればカメラ天面などを探せば見つかります。
この撮像素子マークを基準とした場合、マクロレンズと望遠レンズの「最短焦点距離」はどれくらい違うのでしょうか?
ワクワクしますよね♪、マクロレンズだから相当近いのでしょう!!

では比較として、Nikonの標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」の最短焦点距離は「0.38m」、対して同じメーカーの非常に高価なマイクロレンズ「Ai AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED」の最短焦点距離は「0.5m(等倍)」です。

あれ?んん!?・・マクロレンズなのにズームレンズより焦点距離が遠い???

はい、ここで昨日ご紹介した「商品撮影で使うマクロレンズの基本その1」で紹介した「撮影倍率」と深く関わってきます。
昨日書きました「マクロレンズは被写体を大きく写すことができるレンズ」ですので、最短焦点距離が長くても、撮影倍率は1倍ですので、狙った被写体を大きく写すことができる訳です。

例えば、自社で商品撮影を行なっている場合、カメラを三脚に置いて、被写体からの距離が50cmくらいで撮影しているなら「撮影倍率」から計算すれば、今使っている望遠レンズと同じ距離からマクロレンズに変えて撮影した場合、どれだけ大きく商品を撮れるようになるかを判断できるようになります。
決してマクロレンズを使うから被写体にレンズを近づけてもピントが合うと誤解しないようにしたいものです。

正しいレンズの特性を知ることで、それぞれの商品撮影シーンに合った最適なレンズを見つけることができますので、「良いレンズ、悪いレンズ」とレンズのメカニカルな他人の評価ばかりを気にせずにシーンに合ったレンズを探すように心掛けましょう!

撮影目的とレンズがキチンと一致して適正に撮影できれば、素人さんでは区別ができないほどの性能を持ったレンズを主要カメラ(レンズ)メーカーは販売しています。
というか、私も写真だけ見て、このレンズがどこのメーカーのどのレンズを使ったなんて判断はできません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション