商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
背景白飛ばしの撮影方法
画像を加工したりする際に「背景が白く飛んでいて商品が目立つ写真」というのは、ネット向け通販撮影では最もポピュラーな手法ですが、こうしたセッティングについての原理は分かっていても中々うまくできないことが多いと思います。
まず考えられることは「露出計」を使用せず、単純に背景と被写体との光量のバランスを調整しようとするパターンで、厳密に言えばカメラ側のヒストグラム表示や白飛び警告表示で探っていけばゴールは同じですが、あくまでも目安に過ぎません。
できれば露出計を1つ持っていれば数字で明度の判断ができますので用意することをお勧めします。

理想的な背景白飛ばしの状態は被写体と背景との明るさが1段以上変化していることが大事です。
さて、この「1段以上」という露出の言い回し・・厄介ですよね(笑)
露出調整は単純に露出ダイヤルでも行なえますが、絞りでもシャッタースピードでも、ISO感度でも変更できます。

こうなってしまうと、もう何が何だか分かりにくい人もいると思います。
そこで前回の記事で「撮るべきカメラ側の設定」を最初に決めると記載しましたが、ここでも当然同じ考え方でセッティングをします。

では進めていきましょう!

最初に絞り(F値)を決めます。
今回はF値(撮り目)を8として照明の配置や光量を決めていきます。
そして、モデルを照らすメイン光をF8になるように調整していきます。
次に背景に向けてストロボを両脇から照射して1段明るくなるようにします・・・

ハイ、ここで出ました「段」という表現、これは以前 「商品撮影で迷うF値の仕組みを知る」 という記事に詳しく記載しています。
つまりF8に対して1段明るくなるということは、背景を露出計で測ると数字はF11になるということです。
ちなみにモデル側をF11で撮る場合は、背景は1段明るいF16となる訳です。
レイアウト図を見て頂ければセッティングの詳細が分かると思います。

セッティング例
注意していただきたいのは、背景に照射するストロボの距離や、モデルと背景との距離です。
状況により変化しますので適宜調整は必要ですが、それぞれの距離が近すぎたり、遠すぎたりしても光量バランスが変わってしまいます。
こうした時に露出計は非常に役に立ちます。
左右にレフ板を置いているのは、背景に向けた跳ね返りの余分な光がモデルに当たらないように設置しています。
こちらが参考写真になります。


仕上がり写真
このような感じで「背景白飛ばしのセッティング」を行なうのですが、やはり少し面倒ですね・・(汗
実際のところ残念なスタジオ撮影サービスの場合、こうした白飛ばしも微妙に光量のバラつきがあったりするようなので、シンプルですが奥が深いライティングとも言えます。

弊社の場合は同じ「背景白飛ばし」でもいくつかパターンを作って、商材によってベストなセッティングを行なっていますが、まずはモデルに当たるストロボは1灯から始めてパターンを増やしてみても面白いかと思います。

こうしたライティング1つ例に挙げても「写真は光をコントロールするもの」だと理解して頂けると思います。
「どこにどれだけ光を当てるか?」感覚でセッティングができるようにするためには、まずはキチンと光を数値化することも大事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スタジオ撮影の準備の仕方
写真撮影の準備というと、ここで敢えて記載しなくても「やるべき準備項目」というのはネット上で知ることはできますが、ストロボを使ったスタジオワークという観点から見ると、「どうやって進めていけばよいのか?」とスタジオの使用時間やモデルが待っているというプレッシャーなのか、順番がめちゃくちゃになってしまって、意図した写真が撮れないケースも多いようです。
要は、やるべき項目は理解していても「やるべき順番」を理解していないパターンがあります。

今回はよくある「ストロボを使ったスタジオワーク」について基本的な撮影に入る前の順番を知って頂く事で、現場で焦らない態勢を整える参考にして頂ければと思います。

たまにお客様の撮影現場にお邪魔するとこんな準備風景を目にします。
ストロボ光量を適当に設定して、カメラテストを何度かくり返して、いざ撮影スタート!
このように目測でセッティングして撮れるなら、もはやプロの領域(苦笑)

これでは別の日に「同じ撮影環境」を作ろうと思っても、「その場限り」の準備をしていたのでは再現は難しくなります。
こうしたケースはよくある事で、慣れない撮影機材を使用すると、どうしても機材が気になってしまいます。

ではどうするか?
まず屋外の太陽(自然)光での撮影とストロボ(人工光)での撮影準備の違いを理解しておきましょう。

太陽(自然)光での撮影では当然ですが、自然の力を人間がどうこうしようとしても無理です。
すなわち「撮影場所の光(量)を基準にカメラ設定」を行ないます。
対して、ストロボ(人工光)での撮影は「人間の力で光をコントロールできる」ので、逆にカメラの設定に光を合わせます。

意外と当たり前のことですが、考え方の根本となることなので、しっかり覚えておきましょう。

そして「人間の力で光をコントロールできる」ので、最初にやるべきことは「どのような雰囲気の写真にしたいのか?」を具体的にイメージすることです。
簡単に言えば「絞り値をどのあたりで撮るか?」など仕上がりを決めることからスタートできる点がストロボ撮影の醍醐味です。

では、順を追ってチャートにしてみましたのでご覧下さい。

撮影準備の解説
大まかな作業の流れですが、「ストロボ光量を決める」ことは最終段階となります。
これが逆になってストロボ光量から決めてしまうと、「ボケ味を活かした写真」を撮りたいと思ってもストロボ光量が多すぎて「クッキリ写真」しか撮れない、慌ててストロボ光量を弱める・・・そしてカメラを手にとって絞りを再度調整する・・・
これでは無駄に時間を費やしてしまうばかりか、モデルも待ちぼうけ・・なんてことになります。

きちんとした順序で撮影準備が出来ていれば、ストロボ光量を決めるプロセスまでに無駄がありません。
また多少ストロボの配置が変わったとしても「撮るべきカメラ側の設定」は決まっているので、ストロボの光量調節だけで済みます。

スタジオ撮影で焦らないためには「設定を気にする箇所は少ない方が良い」
作業前の準備の順番を理解することで、格段にスムーズに現場が進行すると思いますので、準備に時間がかかるという方は1度プロセスを見直してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真のピントとボケについて
今回は写真撮影のピントについて人間の目に例えながら少しご説明したいと思います。
カメラを始めてレンズのことを考えると自然と「明るくて良くボケるレンズ」を探すこともあると思いますが、このボケのメカニズム、、被写界深度など聞きなれない言葉で説明するとややこしいので、ここで今すぐ簡単に理解するための実験をしてみましょう!

ではまず、自分の顔の前(目の近く)に「手」を持ってきて、目線を手に集中します。
すると手を頑張って見ることで、手以外のものはボケて見えますよね?
この状態がカメラでいう「F値を小さくした状態」で、カメラのF値は人間の目のピント調節と似ています。

目の前の1点に目線を集中することで、周りをボカす。
人間の目は「今は手を見てるから、あとの情報はボケてもOK」と無意識に排除します。
恋に落ちて周りが見えない状態とは意味が違うので注意しましょう(笑)

冗談はさておき、カメラの場合は、人間の目のように「何を重視するか?」を判断できないので、F値(絞り)の数値を小さい値で対象以外をボカしたり、また全体像をハッキリ見たければ、F値(絞り)の数値を大きくして見える範囲のすべてを鮮明に写しなさいとカメラに命令(設定)をします。

以前このブログでも、「何でもボカせばいいってものではない!」と書きましたが、人間の目に例えれば「何を見たいか?」ということなので、写真ではカメラマンが何を見ているか?を写真を通じて伝える事になります。
「綺麗にボケるから撮った」ではなく「対象物以外は見せたくないから周りをボカした」が正解のような気がしますね。

では、商品撮影においてのピントの範囲、つまりF値の設定はどのような効果があるのでしょうか?
次の写真をご覧下さい。

ピントとボケの比較サンプル
左側は写真全体にピントが合う(シャープ)状態になっています。
対して右側は「モデルの目」以外は、ボカした状態の写真です。
右側の「目にだけピントが合っているもの」は、素直にモデルの顔に印象が強く残ります。(人間の目で例えると顔を見つめた状態)
逆に左側は頭から腰あたりまでスッと目線が移動する感覚になるかと思います。(試着室の鏡で自分を見たときのような・・)

商品撮影のように服を見せることに重点を置く場合は、左の写真が適していますが、人物メインの写真であれば右側が適します。
さらに言えば、同じ商品撮影でもイメージ重視であれば・・右と左の写真、どちらがいいでしょうか?

ピントとボケの関係性は写真にとって撮影者の意図を明確にするためには重要なポイントです。
「綺麗に撮ること」を優先するよりも、まずは基本的なピントやボケの意味を理解して、「何を写したいか?」を優先できる感覚を養うことが写真の上達への近道のような気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽光を利用した写真の撮り方
写真撮影にとって「光」はとても重要な要素です。
まったく同じ時間帯に同じ被写体を撮っても、「光の向き」によって印象は大きく変わります。
昔、スタジオ撮影を指導してくれた私の先輩は「スタジオに来たらライティング位置だけは盗め!」と言っていたのを思い出します。
それほど写真にとって「光」は仕上がりに影響します。

「Photo」という言葉がギリシャ語で「光」という意味を持つそうですが、そうした言葉の意味を知ると写真撮影は光を探す作業とも言えます。
こうした「光」については、何もスタジオ撮影などの特殊な環境だけではなく、日常的に目にする「太陽」でも同じです。
印象的に撮られたスナップ写真は特別なカメラを使ったということではなく、「上手く光を表現した」とも捉えることができます。

今回は意外とスルーされがちな「太陽光の3つの基本パターン」を見ていきます。
とある映画監督が、「太陽が出ている間の撮影が最も難しい、室内や夜間は光を足したり・引いたりできるが自然はそれを許さない」と語ったそうです。
撮影論はここまでにして、太陽光のパターンを見ていきましょう(笑)

太陽光での撮影基本パターン

順光の特徴
被写体が太陽光を正面に受けている状態を「順光」といい、カメラマンが太陽を背にしている状態となります。
デジタル一眼レフなどのオート機能で撮っても、露出の設定を考えずに適切で過不足ない光で仕上がるので失敗することがほとんどない「光の向き」と言えます。
撮りたい対象を素直に表現でき、青空を「青く」撮影したいときは順光の状態を探すと良いでしょう。

逆光の特徴
被写体の背後に太陽がある状態を「逆光」といい、カメラマンと太陽が向き合っている状況で、被写体が人物の場合は「顔が暗くならないように」露出設定をプラスに調整する必要があります。
またカメラマン(レンズの向き)が太陽光と対面しているので、フレア(光の反射したスジ)などが出ないように注意する必要があります。
観光写真などでは「順光」を選択するケースが多いですが、太陽が眩しくて目を細めた「顔をしかめた表情」になってしまう場合は、逆光で撮影すると素直な表情を撮ることができます。
逆光は上手に利用すれば美しい表現ができますので「太陽光の陽射しの強さ」などを考えながらカメラ設定を変化させていくと「光を考えるクセ」が身につきます。
逆光撮影時にカメラ側からストロボを入れることで人物の顔を明るくする方法もありますが、ストロボ光量を間違えると却って質感を損ねることがあるので、慣れないうちは「露出をプラス側」と覚えてしまいましょう。

サイド光の特徴
言葉の通り被写体の「横から当たる光」です。
特徴としては被写体の凹凸感が強調される状態なので、立体感を演出したいと思うなら迷わず「サイド光」です。
単純に立体感と言っても「どこまで影が出るか?」を考えながら撮影することがポイントで、サイド光の位置によっては顔半分が真っ白く飛んでしまって、顔半分が暗い・・なんてことも・・
サイド光は立体感を出すための光のバランスが命です。

太陽光の3つの基本パターンを簡単にご説明しましたが「基本パターン」という言葉を敢えて使っているのは、この基本パターンから同じ順光の状態でも、「どのくらいの太陽の高さの順光なのか?」・「曇天模様の順光なのか?」などなど「光の強さや角度は360度に対してある!」と言っても過言ではありません。

写真を楽しむ段階から「意図した写真」を撮りたくなったら、まずは光の当たり方の基本パターンから撮影を考えるとヒントが見えてくることがあります。
これはスタジオ撮影でも同じで、何台もストロボを設置して意図が分からない写真になるなら「1つの光から作り直す」これも基本です。

そもそも写真を撮るための基礎となる太陽光はいつでも、どこでも1つしか無いのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラグランプリ2015
カメラファンならずとも毎年注目を集める「カメラグランプリ2015」の大賞が5月20日に発表されましたね。
記事を書いているタイミングの問題で、少し時間差があって申し訳ないです。
このコンテストは1年間で国内発売されたカメラから、最も優れた機種を選ぶもので、2015年はキャノンの「EOS 7D Mark II」が受賞しました。
個人的にはまだ過去に大賞を取っていないPanasonicに期待をしていましたが、それは今後の楽しみにしています。

こうしたカメラ部門というとカメラメーカーとして有名な企業の機種が並びますが、2013年はソニーが受賞した驚きもあり、老舗カメラメーカーがどう動くのを期待していました。
その後、2014年はニコンDf、2015年の今年はキャノン・・、巻き返してきたな~老舗メーカー!と思っていましたが、ふと過去3年の受賞カメラで感じたことがありました・・・

と、本題に入る前に今年、大賞受賞のキャノンのカメラはコレです。
キヤノン:EOS 7D Mark II
引用元: Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.

キヤノン:EOS 7D Mark II

詳しいスペックなどはメーカーサイトでチェックしてみて下さい。

話を戻して「カメラグランプリ2015」を含めた過去3年での大賞受賞カメラですが、いずれもスペックというよりも「楽しさや使いやすさ」が重視されている印象を受けます。
昨年のニコンDfも画素数だけを見れば、お世辞にもハイスペックではなく、昔ながらのカメラファンに原点回帰を匂わせた良いカメラ、一昨年はレンズ交換式ではないソニーのカメラ、実に面白い結果でした。

今年受賞のEOS 7D Mark IIもフルサイズ機ではありません。
レンズ交換式のデジタル一眼で、APS-Cサイズのカメラではありますが、メーカーのこだわりが感じられる魅力的な機種であるのと同時に、消費者側から見ても「欲しい!」と思わせる仕上がりです。

最近はフルサイズ機に目を向けがちですが、今年の大賞を見てみればフルサイズではなくAPS-C機で、言い換えれば「センサーサイズ」でカメラの良し悪しは決まらないことを暗示しているようにも感じられる。

キャノンというメーカーに関してもEOS 7Dから5年後にEOS 7D Mark IIというAPS-Cサイズのカメラをフルサイズ機の全盛になってきたこの時期(正確には去年)に投入してきた開発陣に対しても素直に凄いと感じてしまいました。
実際のところ去年の夏頃に、これからの商品撮影のカメラはフルサイズが主流かな?と私的に考えていたタイミングだった為、キャノンの発表にはハッとさせられた。

新機種カメラの発表は、良くも悪くも評価の対象になりますが、個別の機種だけにこだわるのではなく「メーカーの姿勢」を感じることができるタイミングだったりするので、買う買わないは別として毎回楽しく拝見しています。

消費者に所有欲を満たしながら、同時に楽しさを感じてもらうこと、「カメラグランプリ2015」の大賞を受賞したキャノンというメーカーを通じて自社のサービスの在り方を見つめることもできた良い発表でした。

来年はパナソニックさん頑張れぇ~(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション