商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
オーディションや宣材写真について
ここ最近、商品撮影以外で、将来モデルやタレントを目指す若者を撮る機会も増えてきました。
もちろん、弊社に登録している方では無いので、私にとっては「お客様」ですw。

ネットで探して撮影にお越し頂く人がほとんどですが、メディアで拝見したことのある人から今から頑張る卵(駆け出し)の方までキャリアも様々です。
弊社に来た理由を伺ってみると、当たり前ですが「他のスタジオで撮ったけど気に入らなかった」というご意見。

個人的には宣材やプロフ写真をメインに活動されている業態のことは詳しくないですが、1つ感じたことは「圧倒的に短時間過ぎる」ということ。
これは「撮影する」という実作業時間ではなく、コミュニケーション、つまり打ち合わせが無いという事実。
もちろん初めて自分自身の撮影を依頼したとしても「何を要望していいのか分からない」というのもこれまた事実です。

そんな理由から「お任せします」というスタンスで撮影に入れば、きっと「気に入らない写真」になるでしょう。
人物撮影というのは、「カメラマン主観」・「被写体側の主観」・「相互の主観」この3つしかありません。
商品撮影の場合は、「クライアント主観」となりますが、どこの視点で撮られたかで仕上がりは変わってしまいます。

良い写真素材を獲得するためには、撮影前に「欲しいイメージやなりたいイメージ」を伝えることが大事です。
そうした意見を聞き、撮影者は要望に合わせたライティングや演出方法を決めていきます。
ですが、ここでもう1つ注意したいのは「イメージが漠然過ぎないこと」です。

例えば「可愛くして欲しい」・・・困りますよね(笑)
「可愛い」の基準というのも人それぞれで、要望を出しているようで「お任せ」と言ってるようなもの・・・

ではどうしたら良いか?
単純ですが、「目指す女優さんなり、モデルを明確に意識する」これだけで良いのです。
なりたい自分をマネることで「自覚(目標)」が芽生えます。
真似事はイヤだと感じるかもしれませんが、「徹底的にマネようとすれば、必ず個性がでます」
全く同じ人間などいないのですから、「このモデルのこのポーズのマネ!」として撮っても何か変化は必ず起こります。

要は、「可愛くして」というモヤッとした目標を立てるのではなく、「これを完コピする」という分かりやすいゴールを見つけるということです。
こんな感じのやり取り(コミュニケーション・打ち合わせ)が無く、訪問したお客さんに簡単にアンケートを取って撮影するという流れ作業では、写真の仕上がりは「被写体次第」となってしまいます。

プロのモデルは「クライアントが何を考えているか?」を想定しながら写真作りができる人材だと思いますが、商品写真のように「クライアントが存在しない場合」は、「自分を持つこと」、「今回の撮影でのゴールを決めること」で宣材写真の仕上がりは大きく変わります。
正直なところ、そうしたお客様とのセッションは時間も気にせず撮ってしまいますが(笑)、それも「カメラマンをその気にさせた」という点では、将来有望な人かもしれません。

人物撮影に大事なことは、撮影者と被写体がそれぞれクリエイティブであること。
「芸能」という仕事に就きたいのであれば、そうした感覚を持っておくことはプロ・アマ問わず必要なことなのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場からの撤退
少し今さらネタになってしまいますが、音響機器などを販売する「サウンドハウス」さんの楽天ショップからの撤退が話題になりましたね。


商品撮影に関わってはおりませんが、サイト制作業務の兼ね合いで音響用のマイクなどの機材を購入していたので、楽天市場からの撤退は驚きました。
公式通販サイトの方は継続との事でひと安心しましたが、気になるのはその撤退の理由です。

記事の内容を拝見する限りは、楽天市場の運営方針に異議を唱えるもので、サイト上で公開するに至った心情を思うと賛同できる点が多い。
楽天市場へ出店しているショップに何か問題があるということではなく、疑問に思うのは楽天市場というモールの在り方です。

個別のネットショップで考えれば「強いモールに出店する方」がSEOの観点から有利に働くのは明らかです。
消費者から商品を見つけやすくなるメリットと価格競争が生じるデメリット、売上げに伴って変わる楽天市場の手数料などなど・・・
大手モール依存型の出店方法はこの先どうなるのか?

サウンドハウスさんを例に挙げれば、きっと楽天市場での売上げは十分あったでしょう。
しかし、撤退を決めた。

要は、どれだけ売り上げが向上しても楽天市場のルールでしか動けないということです。
こうした出店ルールというのは楽天だけではありませんが、将来を見たときに必ず役に立つサイトというのは自社の公式サイトです。
当然、自社で管理・運営をしているので束縛なく顧客を増やすことができるでしょう。

商品撮影を代行していて時折思うのが「自社ドメインでの公式ショップない企業」の未来です。
事実、自社ドメインでのネット通販は大手モールへの出店のように即効性はないかもしれません。
しかし、「価格競争には巻き込まれなくても済む」という最大のメリットがあります。

モデルコードが楽天ビジネス内の「商品撮影サービス」に参加しないのは、「価格が優先される傾向にあるため」です。
大手モールに出店すれば、毎月費用が必要となり、結果として商品撮影に予算をつぎ込めない・・・
つまり一番アピールしなければならない商品説明の部分を軽視してしまうショップが多くなってしまう。

大手モールへの出店は、自社の通販サイトがまず在って、1つの窓口として販路を拡げる方法が賢明だと感じています。
「ネット通販だから儲かる」そんな曖昧な動機で大手モールに参入すれば、淘汰されてしまうでしょう。

「価格よりも商品力」これはアパレル商材を扱うクライアントのみならず、商品撮影サービスの写真分野でも同じことだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートレートレンズの選び方
ポートレート用途においてレンズ選びの記事を探すと「○○ミリ」とか「ボケ感ならコレ」とか、何かと小難しい項目が並んでいるため、人物撮影をするためのレンズは結局どう選んだら良いのか分からない・・という人もいるでしょう。
実は「ポートレートレンズ」というのはあくまでも誰かが(メーカーですが)・・名付けた単なる呼称であって、ご存知のようにどのレンズを使っても人物写真は撮れます。

ではなぜ「ポートレートレンズ(主に単焦点レンズ)」と呼ばれるようになったのか?
理由は単純で以下の目的に合っているからです。
・何も考えずに被写体を強調した「ボケ感」が得られる
・ズームレンズのように画角で迷うことがない。
・明るいレンズであるが、比較的安価に購入できる。

こんなところだと思います。

人物撮影の場合は、表情や姿勢(ポーズ)は、流動的になります。
「撮りたい!」と思った瞬間に、ズームリングを回していたのではシャッターチャンスを逃してしまう可能性もあります。
そうした場合、単焦点レンズは撮影者が動けば良いので、感覚的に画角は気にせず撮るという動作が自然となります。

ボケ感については被写界深度の問題なので、好みにもよりますが、背景ボケが好きな方には向いているでしょう。
個人的にはポートレート用のレンズには「画角」が重要だと感じています。

実際、120mmまで使えるズームレンズで画角を気にせず人物撮影を撮ると、フル、ウェスト、バスト、クローズアップとバリエーションを変化させても見事に40mm~80mm程度の範囲に納まってしまいす。
つまり、人物撮影においては、35mm~85mmであれば大体カバーできてしまうという事です。

こうした人物撮影を目的にレンズを購入しようとしたときに「35mm換算」という壁があります。
フルサイズ機をお持ちの方であれば、数値はそのまま受け取れば良いのですが、APS-Cやマイクロフォーサーズ機を使っている場合は計算が面倒です。
そこでニコン機を例にとって「人物撮影に相性の良いレンズ」を見ていきます。

まずはフルサイズ機のいわゆる「ポートレートレンズ」単焦点のラインナップの一例です。

フルサイズ機用の人物撮影に向くレンズ
ご覧の3種が「明るいレンズ」+「人物撮影で使いやすい画角」のレンズとなります。
さて、DX機(APS-C)ではどうでしょうか?見てみましょう・・・

DX(APS-C)機用の人物撮影に向くレンズ
ん?ニコン純正の単焦点レンズで探すと35mmしかない・・・
ご安心下さいフルサイズ用のレンズが使えないことはないのです。
一部機能に制限がある場合もありますが、同じフルサイズ用のレンズをDX機(APS-C)で使った場合の画角は次のようになります。

フルサイズ機用のレンズをAPS-Cに変換する
だいぶ画角に違いが出てきますね。
DX機(APS-C)で35mm付近を使い、且つ単焦点レンズでポートレート撮影をするのであれば、20mmと表記されているレンズを選択することになります。

ここまで少し面倒な説明をしましたが、大事なポイントを1つ。
「単焦点レンズにこだわり過ぎない!!(笑)」人物撮影で写真の仕上がりを追求することも大事ですが、「人物がどう写っているか?」が最優先です。
どれだけボケ味や画角にこだわったとしても写っている人物の表情が困惑(暗い顔)していては意味がありません。

人物撮影に最適なレンズとは、「自分の体の一部として使えて撮影に集中できるレンズ」です。
ズームでもマクロでもレンズなど何でもいいのです。
それよりも人物撮影の醍醐味である、被写体との共同作業に神経を使いましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラムAEモードとは何か
デジタル一眼レフカメラに設けられているモードダイヤル、「フルオート」、「マニュアル」、「絞り優先」、「シャッタースピード優先」など使用する人やシーンに合わせた撮影モードをダイヤルを回すことで選択することができますが、謎のダイヤルモードが「プログラムAE」という撮影モード(笑)

カメラを始めたばかりの人によく質問される、この「撮影モード選択内のPのマーク」、確かにファイルカメラの時はこんなモード選択なんて気にすることはありませんでしたが、デジタルカメラ時代の有効な撮影モード機能の1つとして今回少し「プログラムAE」とはどのような使い方ができるのか?を理解しておきたいと思います。

「Pモード」つまり「プログラムAE」は、使い方を知っていれば非常に便利なツール(機能)です。
数年前にスナップ系の有名女性写真家もスナップ撮影をするときは、「プログラムAE」モードに固定して撮っているという発言があって驚いたほど便利な機能です。

では通常よく使われるカメラの「オートモード」と何が違うのか?
結論から言えば「絞りやシャッタースピード」をカメラ(撮影者)任せに切り替えながら撮影していくことができるモードです。
いまいちピンときませんよね・・

さらに噛み砕くと「オートモード」はシャッターを押して写真が出来上がりますが、「プログラムAE」はカメラのメインコマンドダイヤル(ニコンの場合)を回すことで「絞りやシャッタースピード」の数値を適正露出をキープしながら変更できてしまうのです。
機種によってはシャッター半押しの状態でダイヤルを回します。

プログラムAEモードの設定方法
「全部カメラ任せは嫌だけど、個別に絞りやシャッタースピードの設定は面倒・・」という時に最適なモードです(独自見解)
例えば明るさが場所によって異なる室内で、移動しながら撮影をする時などは、明るさの変化を気にせずに撮影に集中できます。
つまりダイヤルを回すことで適正露出の組み合せをポンポンとカメラ側が決めてくれるので、照明の光量や撮影場所によって「暗くなりすぎたり」、「明るすぎたり」することなく手軽に写真撮影が楽しめます。

ボケ味などの意図した数値を個別に設定して撮影したい時は、やや撮影者の意図がストレートに反映されるモードではない気がしますが、適正露出というのは初心者が悩む項目の1つなので、使い方によっては有効な武器にもなりますね。
プログラムAEモードはフルオートでしか撮ったことの無い人が「もう少し絵作りがしたい」という要望に応えるモードですので、まずはこのプログラムAEで表示される絞りとシャッター速度の関係性を確認しながら次なるステップへと進んでいきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真の活用術
商品撮影された写真素材を使った商品ページ画像の作成・・・
外注にページ制作を依頼していない場合は、ショップ担当者様が編集をされているケースが多いと思いますが、実は写真素材をどう構成するか?
意外と大変な作業ですよね。

よくあるパターンとしては着用画像をそのまま掲載していくページ構成、個人的には撮影冥利に尽きる感じはしますが(笑)、少し手を加えて消費者に対して訴追効果を高めたい所です。

ということで、今回は1枚の画像だけで商品説明画像は作れるのか?をテーマに弊社の標準画像サイズ1500pxを活用した構成例を作ってみましたのでご参考下さい。

では、まず元になる画像をご覧下さい。
本番前のテスト画像で申し訳ないですが、敢えて過酷な素材でやってみましょう(笑)
使っている編集ソフトはフォトショップですが、特別な機能は使わず、またフォントも標準のだけで構成してみます。
編集前の写真素材

元画像だけを見ると、商品細部の説明は別の「ポイント(商品アップ)カット」を使いたいところですが、これも1500pxの大きい画像納品のメリットを活かしてこの素材から抽出していきます。
弊社の備品のトップスなので特徴的では無いですが・・袖口と襟元がアピールポイントと仮定して構成してみます。
仕上がりは次の画像になります。
作業時間は3分程度であることと、1枚の元画像からすべてアレンジしてあります。
編集後の写真素材

このサンプルでお伝えしたことは「写真素材の活用方法」です。
例えば商品撮影されたモデル画像は「全身」と「ひざ上」で撮影された写真がほとんどだと思います。
つまり良くも悪くも商品をクローズアップしていない着用イメージ写真だということです。
どうアレンジするかはお客様次第・・w

1枚の画像を1枚として使うのではなく、パーツとして切り抜く方法もあるということ。
こうすることで1着あたりの撮影枚数を調整できますので、撮影コストの交渉材料としても有効です。

どのような商品画像(ページ)を作りたいのか?
それによって必要カット数(予備も含む)は何枚くらいなのか?を考えることができます。

写真素材の良い部分だけを切り取り、構成していくことで「伝わりやすさ」も変わります。
やみくもに写真素材を並べることを考えるのではなく、商品写真を情報として捉えることで無駄な撮影経費を抑えることもできますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション