商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真と撮影についての一覧

商品写真と撮影について一覧

商品撮影のヒント集 > 商品写真と撮影についてのカテゴリー記事一覧となります。
撮影スタジオの料金交渉とは
さて今回は「撮影スタジオ側が敬遠したくなる価格交渉とは?」について触れていきます。
どうしてもサービス提供側なので「お客様第一主義」のようなキレイ事ばかり並べがちですが、これはあくまでも「お客様になった場合」です。
日々撮影に関する見積もりや問い合わせの中には、正直「受けたくない要望」というのが存在します。

昨今は比較的アパレル商材を扱った経験の無い方でも、脱サラなどしてネットショップを開店するケースも多く、外注撮影に関しては「適正価格」というのが「自身のものさし価格」で考えられてしまう傾向が目立ちます。
「お客様は神様だ!」という理想論も理解できますが、撮影スタジオも利益を求める仕事です。

多数存在するスタジオが経費などを考え各々で料金設定を行っていますが、よくある問い合わせとして、

「他社はこの価格でやってくれるよ!」

というお客様候補のご指摘・・・たまに「安くしろ!」という情熱が強すぎて今後の友好関係は築けなさそうな物言いだったり・・(笑)
弊社の場合は、明らかに自社の作業内容に見合わなければ、アッサリお断りしてます(すいません)

というのも、長年ネット上で商品撮影サービスをやっておりますと、「他社からのりかえ」で、訪れるお客様が多いのです。
撮影に向けて相談を受けていると他社のスタジオがどんな写真をどれくらいの価格で撮影しているかは大体把握しています。

まず、次の2枚の画像を御覧ください。
一応弊社アピールが強すぎると宣伝のように思われる可能性があるので無料素材を使います。
さてさて画像です。

撮影料金の比較画像

いかがでしょうか?
例えば、今まで左側の商品写真が300円だったとして、同じ価格で右側のような「良さ気な写真」をスタジオに要求したら・・
端的に言えば、「左:ただ白い紙の上に置いて撮ったもの」と「右:照明などに配慮して撮られたもの」これを同じ土俵に上げて交渉されてもスタジオ側も・・渋い顔になります。

これが右のように整頓された写真なら料金は変わっても良いというのであれば、頑張って見積もりますが、クオリティは上げて価格はそのまま300円で撮影して欲しいとなると、スタジオのプライドの問題になってきます。

当然、左のような写真を納品することに対して「プロとして許せない」と感じるはずなので、右の写真を最低ラインにすると思います。
そこで考えるのは「利益が出るかどうか・・」アパレル商材を扱うスタジオは繁忙期が必ずあります。

シーズン前の繁忙期に300円物件を無理に入れるかどうか??
撮影側や依頼側は関係なく、経営として考えれば得策ではありません。

良いスタジオというのは、「顧客によって値段が劇的に変動することはありません」、その替り「品質は保証されます」
顧客側からみれば、自分のショップは単価500円なのに他のショップは300円で受けてる・・そんなの嫌ですよねw

商品撮影というのはスタジオごとに最低ラインや適正価格がありますので、「とにかく安く」という料金交渉はお勧めできません。
スタジオが出す見積りというのは他社スタジオの動向や自社との兼ね合いを踏まえ、算出されているはずですので、「出された金額と欲しいと考える写真の仕上がりが一致している」これが業者を決める判断材料としては適しています。

今やデジタル写真は誰でも手軽に撮れる時代です。
大なり小なり撮影に対して「お金を払う」ということは、数字ではなく内容を見極める力が依頼主にも求められています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
プロカメラマンへの近道
本日は写真という分野でプロとアマチュアの違いについて少し触れていきます。
モデルコードでもカメラマン志望の方を面接させて頂くと上手く撮れている写真を持参するケースが多いです。
でも「写真の上手い下手とは何か?」実際の所、私の中でも答えはありません。

しかし、明確に感じていることはカメラ性能や機材の有無ではないことはハッキリしています。
例えば何かしらのモデル撮影会で撮った写真を持参して、「自分の作品」だという・・
これでは写真の良し悪しの判断はできても撮影者のセンスや意図を判断することはできません。

撮影会の主催者が用意した場所やモデルで撮影者が複数人で「集団行動する」状況でポートレートを撮る。
これはあくまでも趣味であり、カメラやレンズのテスト撮影の意味合いが濃くなります。
つまりそこに撮影者の意図が反映されにくい写真だということです。
どれだけ上手く撮れていたとしても、「何がしたかったのか」を読み解くことができません。

写真だけで第三者を説得するには撮影者の意図が分かる写真を用意することが大事です。
人物写真のジャンルでプロを目指すから、人物写真のブックやサンプルが必要なのではなく、静物写真でも構わないのです。
ジャンルに関係なく意志ある写真には「いい写真!」と感じる瞬間は必ずあります。
撮影を頼みたくなるカメラマンは技術云々よりも意志が伝わる写真を撮る人だと感じます。

プロを目指すのであれば、まずは色んなジャンルの写真を撮ってみることです。
多くのジャンルを少し深く撮影を重ねることで、「自分の好きなジャンルの写真」が見えてきます。

機材が無いとか、環境が恵まれていないとかネガティブな意見もあると思いますが、そうした悔しい思いは、プロのカメラマンであれば誰でも経験していることです。
プロへのステップとして始める事は「何が撮りたいか」ではなく、今の自分の状況で「何が撮れるか」をまずは考えて行動することです。

クライアントの指示の元で撮影を行なう商業カメラマンは、許される範囲の中で遊びを入れる。
こうした決められた環境や制約の中で「何が撮れるか?」という自問自答はどんな現場でも起こります。

高価なストロボやハイスペックなカメラがあるからプロになれる訳ではなく、需要に合わせて設備を整えただけの話です。
アマチュアとして活動している時期は「必ずこの機材がいる」という思い込みがあって、手持ちでの機材で何とかするという考え方が欠如しやすくなります。
「何が撮れるか?」を考えることは撮影能力の向上に繋がるのだと信じて行動するべきです。

プロとアマとの境界線は継続的に顧客がいるか、いないかの違いで、その点を除けば立場に差などありません。
写真をプロっぽく見せることを優先せずに、意志を明確にする撮影を重ねるように努力しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
RAW撮影データの納品
ネット媒体で使用する写真のデータ形式では「JPEG納品」が一般的ですが、先日カメラマンデビューをした知人からこんな相談を受けました。
「RAWデータのまま納品して欲しい」というリクエストがあったのだがどうしたらいい?

RAW設定でカメラ撮影をしている方、もしRAWデータが欲しいと言われたらどう感じますか?
きっと意見が分かれるところだと思います。

個人的な経験談からすると、「RAWデータでも納品することもアリ」です。
しかし、条件があります。
私の場合、RAWファイルつまり未現像の記録情報(あえてデータとは言いません)を渡す場合は長年付き合いのある印刷業者に対してなら信頼関係から渡すことに躊躇いはありません。(凄くラクできるともいう・・w)
店内用のパンフの挿し込み写真は全体の構成(色合いの統一)もあると思うので、現像も業者に任せて「記録を仕事」に撮影することもあります。

作品写真のようなものはRAWではなく、現像後TIFF形式で渡せば印刷用途でもJPEG渡しのように劣化もなく扱えるので問題ないでしょう。
印刷屋さん曰く、JPEG納品の場合は、JPEG形式自体が既に画像の劣化が生じていることや、写真メインのパンフレット用の撮影で取引経験の無いカメラマンに頼む場合は現像スキルが不明なためRAW納品を要求することもしばしばあるそうです。

で、知人が何を不安がっているのか??

答えは、簡単で現像していない写真を渡す(フィルムで言えばネガ渡し)だからです。
当然、RAWで納品してしまえば撮影者の意図とは無関係にWBも露出も彩度もいじられ放題です(笑)
これが撮影者としては納得いかない部分もあるのでしょう。

とはいえネット向けの商品撮影サービスをやっていると「これがウチの写真です!」とJPEG納品しても、クライアント先のページ上ではさらに加工されてたりと、自分の現像にこだわっていたらキリがありません。

自分の世界観の色合いと、クライアントの欲しい色合いは時々すれ違う!?くらいの感覚でいた方が精神衛生上、良いでしょう(笑)
作品写真のように「自分がジャッジマン」となる時は徹底的にこだわれば済むことで、「消費される写真と残す写真」との境界を持つことも柔軟な撮影業務に繋がるのかもしれません。

RAWで納品して、「デジタル現像のプロ」に任せて、仕上がりに感動した経験があると、「他の人が触ると自分の写真はどう変わる?」という探究心を持ってみるのも写真の楽しみ方です。
要は現像処理を誰に任せるかで、撮影者のジレンマは解消されるハズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボケ感を演出する写真撮影の要素
商品撮影のイメージ写真には「ボケ」を活用した撮影方法がよく使われますが、一般的にはF値の低いレンズ、いわゆる明るいレンズで絞り開放で撮ることがセオリーのようになっています。
しかし、カメラを購入する時に付いてくる「キットレンズ」でも「ボケ感のある写真」を撮影することはできます。

なぜF値の低いレンズが良いのか?といえば、単純に「被写界深度」の浅い、深いの関係ですが、「ボケ感」は何も被写界深度だけで決まるわけではありません。
今回はよくある撮影用語の誤解と共に、F3.5程度のレンズでも「ボケ感」を演出する方法を見ていきます。

ボケ写真の構成について

焦点距離でボケを作る
まずは「焦点距離」です。
以前も少しこのブログでも書きましたが、焦点距離はカメラ内部の撮像素子からレンズまでの距離です。
意外と「レンズから被写体までの距離」と捉えている人も多いので注意しましょう。
さてこの焦点距離はレンズを見ると「50mmとか180mm」とか記載されいる数字のことです。

「ボケ感」を強く演出するには、50mmよりも180mmの数字の高いレンズの方が良くボケます。
つまり同じF値5.6で撮影したとしても、180mmのレンズの方が「ボケ感」は強くなります。

撮影距離でボケを作る
次に撮影する被写体との距離で「ボケ感」を演出します。
上のイラストを見ていただくと分かるように撮影距離とはそのままカメラから撮影対象までの距離です。

まずはキットレンズのズームリングを固定します。(例:100mmの位置に固定)
そしてそのまま撮影者が動きます。
被写体までの距離を遠くから近づきながら数枚撮っていきます。
当然、ズームを固定しているので画角は変わりますが、「ボケ感」も近づくにつれて増すことが分かると思います。

商品撮影でのボケの応用
焦点距離と撮影距離で「ボケ感」の演出は可能だということは分かって頂けたと思いますが、「もう無いか?」といえばまだ方法はあります(笑)

少し力技になってしまいますが、「被写体と背景との距離をとる」これでも「ボケ感」は作れます。
とはいえ、自然相手の場合では難しいことも想定されますが、撮影用に背景を設置している方は有効かもしれません。

こうした「ボケ感」の演出を求めるときに「レンズの買い増し」を考えることは手っ取り早い方法ですが、お持ちのレンズの特性と「ボケ感」の仕組みを知ることで対応できる場合がありますので、お試し下さい。

但し、単純に「ボカしただけの写真」にならないように「何を伝える写真なのか?」を意識して撮影することを心掛けましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
iMac5K 撮影写真
社内で一番古いMacがパン!と悲鳴を上げて逝ってしまってから、1週間ほど経ち「次のマシン」を探すのにAppleストアに立ち寄り「iMac5K」の実機を見てきました。
ストアで見た感想は「壁紙を見る限り普通のiMacと決定的な違いは感じなかった」というのが正直なところ・・また写真を印刷用途で扱うマシンやモニターは既にあるので、「主にWeb制作用に」ということでオーバースペックですが、カスタマイズして「全て盛り」で注文して届きました。

何気なく電源を入れ、写真現像ソフトの「Lightroom」をインストして、クライアント用ではない撮影した写真を数百枚読み込ませてみた・・・

衝撃!!!!!
メチャクチャに鮮明に!そしてリアルに写真が目の前に飛び込んできました!!!

「なんなんだ!!これは!!」
思わず、鳥肌物でした(笑)

「iMac5K」の説明でよく用いられている「印刷物のような質感」というよりは、「今そこに存在しているかのような質感」でした。
キャリブレーションを行い、「iMac5K」のモニター上で現像を行ない、プリントしてみる・・・

「遜色ない色合いで見事にプリント再現がされる・・!」
鳥肌リターンズです(笑)

今までもEIZO ColorEdgeで確認して現像プリントをしていた私にとって、1発のキャリブレーションでここまで再現性に優れているとは溜息しかでない。

「綺麗なのはiMacのRetina画面上だけ」と思い込んでいた私が馬鹿でしたw
もちろん画面上に映し出される写真の解像感もハンパない!
例えるなら、A3サイズでプロラボに出した印刷物がドンドン出てくる感じ・・・もう写真好きには至高の時間です。

ネット上でiMac Retinaの「綺麗な写真」は見ることはできますが、実際に撮った写真を見るのとでは体感が全く違います。
もうカリカリにした写真を撮ってこの画面上に映し出したい衝動にかられますw

5Kの解像度というのは写真に衝撃を与えます。
立体感や繊細さ・・そして息を呑むほどのリアル感・・EIZOのモニターどうしよ・・?
全マシンiMac Retina 5Kにしてしまおうかと邪な考えすら湧いてきます。

感想のオンパレードになってしいましたが、ポイントは5Kの解像度に尽きます。
というのもMacbook Pro Retinaでは、ここまで感じなかった解像感が5Kにはあります。

撮影した写真を現像して楽しむという点だけでは価格も40万程度しますので、オーバースペックかも!?と悩むところかと思いますが、「現在1番オススメするマシンです」ハイ、個人的主観を抜きにしてもです!

こんな風にリアルに写真を見たかった!
そんな叶わないと思っていた願望を見事に現実として可視化してくれる点で、撮影意欲も一気に上がります。

ただ悩みもあります。
「主にWeb制作用に」という本来の目的が変わってしまうかもしれない(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション