商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

持ち運びが便利な撮影機材
撮影用の機材は何かとサイズや重量が大きくなったりするものですが、中でも照明などを設置する際に使用する「ライトスタンド」、これが本数が増えると相当な重さになります。
ある程度スペースの確保できるロケ先の場合は、多少かさばっても「安定感」を優先させたいので大きなものを搬入していますが、先日「サロン」からの依頼で店内写真を撮りに行くことになり、荷物を見直しました。

というのも撮影先がビルの3Fにあり、エレベーターがない・・それに少々狭いとのこと・・
機材を一式運ぶのに腰がやられそうだったので(笑)、ライトスタンドを軽量且つコンパクトなものを追加しました。
購入候補は、最近は出張撮影をする機会も多くなったので、今後のことも考えコンパクト収納且つ、人物撮影にも対応できる高さが確保できるものを探しました。

余談ですが照明を付けるスタンドは「有名なメーカーのものが良い」、意外とネットで探すと安価なタイプもありますが、撮影事故を防ぐためにも極端に安いものは避けたほうが賢明です。

ということで、「銀一」と「マンフロット」のコンパクトなものを2つ購入しました。
形状的には似ていますが、価格はマンフロットの方が1本12,000円で、銀一製品の2倍しました。
今回はスタンド自体の仕上がり(出来栄え)の違いで追加購入も考えているので、試しに両社から1個づつ買ってみました。

コンパクト収納のライトスタンド
結論から言いますと銀一製品の方が重量こそ軽めで不安はありますが、モノブロックを載せる程度であれば問題ない範囲でした(ウェイトは置きましょう)
追加購入は価格も安い銀一で決定です(笑)

使い勝手としてはどちらも底面の脚部が地面に這うように大きく開いて、邪魔にならない!
これは日頃から通常ライトスタンドを使っていると意外に便利な構造だと感じました。
モデルさんの真横にスタンドを立てても、スタンドの脚が写ってしまうことがありません。
また「持ち運び」という点でも超コンパクトに折りたたむことができますので、ロケに使う照明分のスタンドを差し替えても良いレベルです。

自社で撮影をされている方には「持ち運びが便利なライトスタンド」はピンとこないかもしれませんが、かさばりがちなスタンドを使わない時はコンパクト収納できる便利さは意外と気分がいいものです。
自宅と事務所など撮影拠点が異なる場合にも重宝する商品ですので、参考になりましたら幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影した写真はどんなカメラで撮ったの?
弊社のCMムービーを見て頂いた方から動画の終わり部分に登場する3枚の写真は「どんなカメラで撮ったの?」とご質問頂きました。
ご興味を持って頂いて感謝しつつ、答えは「普通の一眼レフカメラです」と、つまらない答えですいません。
多分、フィルムカメラが好きな方は「トイカメラ」を連想されたかもしれませんが、元は普通のカラー写真です。

スマホなどの写真アプリではこのような効果はよく見られますが、こうした色合いの写真を「クロスプロセス」とい言います。
って活字で書いても分かりづらいので、実際に元画像と「クロスプロセス」の写真を比べてみてください。
右側の雰囲気のある色合いのものがそうです。

クロスプロセス
デジタル処理による「クロスプロセス効果」は本当のクロスプロセス現像を知る方からすれば「お遊び」と感じるでしょうw
ちょっと昔はフィルムで撮られたものをプリントする際に「クロスプロセス」を指定すると、料金も日数もかかりました。
ですが、使うメーカーのフィルムや撮影カメラによって、すごく印象的に仕上がるのでトイラボ(クロスプロセスを行う現像所)選びも楽しいものでした。
個人的にもトイカメラは、非常にはまった時期があり、中版フィルムではHOLGAは定番ですが、LOMOやDianaなどの35mmカメラで撮りまくっていて、プリント代が恐ろしいことになったのを思い出します(笑)

フィルムカメラの魅力は「装填するフィルムを変えられること」です。
例えばコダックと富士フィルムでも違いが出ますし、海外製のAGFAは特に色合いが独特でトイカメラでは常用でした。
今のデジカメでは「カメラボディ毎」変えなければなりませんが、フィルムの場合は擬似的に1つのカメラでも「フィルムを変えること」で、機種変更してる感覚になれるのも大きな魅力です。
フィルムによってクロスプロセス効果も大きく違うことも魅力です。

今回の動画撮影用に使う静止画の撮影では「モノクロ」を想定していましたが、編集段階で「トイカメラ熱」が出てしまい、普段の業務ではできない現像をしています(笑)
とはいえ、デジタル現像での「クロスプロセス」は良く言えば「優等生」ですが、フィルムの時のように現像時の「裏切り」は無いですね。
色合いはそれっぽくなっていますが、クロスプロセス現像の醍醐味は「任意に再現できない色の変化」ですが、デジタルの場合はコントロールできてしまう・・
「偶然による写真の仕上がりの感動」は、まだまだアナログ処理には勝てないというのが個人的な意見です。

綺麗な写真を撮れることも大事ですが、オヤジ世代の写真好きは、デジタルでは再現できない1枚を持っていたりするものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット通販のセールによる販売戦略を見直す
我々が商品撮影として扱う商材は、通販を行うショップにとっては「主力商品」となる場合が多いですが、新規オープンサイトで価格競争を意識してか「セール品」を出すサイトもあります。
少し消費者側の立場になって考えると「開店したばかりで、すぐにセール品が並んでいる状況」というのは、無意識に「その他の商品もいずれ値が下がる」→「少し待とう」と購入を見送るケースがあることも考えて頂きたい。

弊社が撮影に携わって、サイト構築のアドバイスを求められた時に1つの方法として「お試し商品」を用意するよう意見することがあります。
もちろん、サイト運営状況により方法は異なりますが、重要なのは「消費者にそのショップで買った経験をしてもらう」ことです。

今までの成功例として「特定の人気品番を100着分、無料で配る」商売としては赤字覚悟のため勇気が必要ですが、確実に顧客動向などの情報が入手できるのでメリットは大きいのも事実です。
では、こうした一見無謀な販売から何を得ることができるか?説明していきます。

まず前提として「無料配布品」は「確実に消費者が欲しい(人気)商品」であることです。
こうした企画を実行しようとすると「見切り品」や「人気の無いカラー」を用意してしまいがちですが、それでは却って消費者は離れます。
充分にお金を払っても価値ある商品(欲しい商品)が無料で配布されることに意味があることをご理解ください。

話を戻して100着を100人に対して商品を届けると計算上は100人がそこの店舗で「商品を購入した経験」を持ちます。
余程、配送上のミスなどが無い限り、受け取った消費者は「良い店舗、お得な店舗」という意識を持ちます。
次回ネット通販を利用する時に「必ず店舗を覗くハズです」
これが1つ目の「購入体験によるリピーターの獲得」です。

次に100人に該当しなかった消費者です。
購入こそせずとも「インパクトのある商品販売をするショップ」という意識からブックマークする消費者も存在します。
ネット上の販売は100着売れたから100の情報ではなく、潜在顧客を見込むことが大事だと覚えて下さい。
新作商品の投入時、無料でなくても人間の意識として「お得に商品を提供する店舗」という感覚があるため、敢えて価格競争を図る必要性はなくなります。
また無料配布商品を今度は「通常価格」でも販売します。
無料配布したから「在庫切れ」にするのではなく、無料配布後も「通常価格」で継続販売します。

こうすると無料でゲットした顧客が再訪した時は、「やはりお得だった」と満足感が増し、100人に漏れた人は「買っておけばよかった」と店舗をチェックするようになります。
その後のセールのタイミングで購入してもらうか否かの戦略は企業秘密ということで割愛します。

そして「無料配布商品」のオーダー率から「次の仕入れを検討する」、これも重要です。
「確実に消費者が欲しい商品」を配布すると記載しましたが、あくまでも店舗側が「これは売れる」と考えた商品ですので、もしかしたら無料配布しても売り切れないかもしれません。
当然、普通のショップが「無料配布」することはなく、「無料でも売れない商品を扱っていた」と気づくことはないと思います。
逆に考えれば「買い付け段階の見直しが必要」ということに気づけたなら、これは非常に価値ある情報になります。

まとめておきますと「無料配布」により得られる情報は大きく3つです。
・確実な購入体験を消費者に与えることができる
・潜在顧客のショップイメージを定着させることができる
・取扱い商材の方向性の見極めができる

上記以外にも副産物としてのメリットはございます。

現在のネット通販は「ただ安いだけ」では長期ショップ運営は厳しい状況にあります。
であれば、早い段階で少々強引な企画で消費者動向をリサーチすることも必要となります。

「価格なのか?取り扱う商材の方向性なのか?」
こうした見極めは「セール品」という見慣れた販売戦略ではなく、差別化した企画を施すことで得られる情報もあるということ。
無料提供が厳しいということであれば、こんなのはどうでしょう?

「自宅で試着して気に入ったら購入できるシステム」

もう既に大手通販ショップも行っていますね。
狙いは確実に「消費者に購入体験をしてもらう」ことです。
欲しいと思った商品を手にとってしまって返品する消費者がどれくらい存在するでしょうか??・・・
私なら粗悪品でなければ迷わずそのまま着用してしまいます(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品動画の撮影方法の落とし穴

縦位置用に動画を撮影する危険性

商品動画の撮影サービスには「スマホに合わせた正方形での撮影・表示」を推奨するケースもあるようですが、個人的にはこうした仕様変更はオススメできません。
理由としては、現在の標準となっている16:9でのアスペクト比(画面比率)をわざわざ正方形の1:1や4:3にする意図を疑う。
発注があれば撮影は行いますが、スマホであれタブレットも縦位置で動画が見づらければユーザー側は自然と横位置に傾けるでしょう。
そもそもこうした端末は「フレキシブルであること」が特長であり、動画配信者側が「縦で見て!」と強制するのはナンセンスです。

しかし、商品動画を提供する側は「より商品を大きな映像で」という親切心からスマホ縦位置を想定していることも事実です。
16:9での映像と1:1の正方形映像・・悩みますよね(笑)
ネットショップによっては訪問客の大半が「スマホユーザー」である場合は、動画配信のアスペクト比は気にするようです。

縦位置用に特化した動画を配信する方法

では、いっそのこと「スマホ縦位置に特化した動画」の制作方法について少し記述していきます。
簡単に言ってしまえば「縦で見るのか?横で見るのか?」・・正方形の映像は中途半端だから使う側も迷うのです。
例えば縦位置で商品動画ページが表示された時に「最大化しなければならない」と直感的に感じればOKです。
横:縦の比率が16:9、これを90度回転させた動画を撮影して、スマホを縦位置で最大化した時に画面いっぱいに表示される動画にします。
少々わかりづらいので、下のサンプル画像をご覧ください。

縦位置での動画の表示例
左は「正方形の映像を最大化した状態」、対して右側は「縦長映像を作って最大化した状態」です。
いかがでしょうか?
明らかに見やすさは縦長映像の方だと思います。

問題点は、PC表示の場合や視聴者が最大化ボタンをタップせずに見た時は・・妙に小さい映像になります。
あくまでも「スマホを縦に持っているユーザーに特化させた場合」とご了承下さい。

ここまで読んで頂いた方は、感じて頂けると思いますが、こうした論争自体がそもそもくだらないのです(笑)
正攻法で16:9で撮影を行っていき、商品の見せたい部分は「映像をズームイン」したり「パン&チルト」していけば良いのです。
静止画と違い、動画はこうした抑揚をつけていくことができます。

つまり、正方形にこだわるということは「カメラが固定されている場合」であって、撮影者が商品の魅力を引き出すために動くことです。
決まったポジションからの撮影だけにこだわってしまうから、アスペクト比を気にしなければならなくなります。
本来の映像制作の現場では16:9を主軸としてカメラワークを考えるのは当然であり、個別の端末に向けて制作するのは極めて稀なケースです。
正方形の映像を推奨している場合、「カメラ自体が動いていない=映像の良さを理解していない」このことに依頼者が気づき、疑問を感じるべきでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
4Kムービーの商品撮影を考える

4K映像はもうすでに一般化している状況です

商品動画撮影における映像記録の解像度としての「4K(ヨンケイ)」と聞くと、「まだ先の話でしょ?」と感じる方も多いでしょう。
個人的にも制作分野に携わっている身として、周囲が盛んに4Kを意識したのは2年ほど前だと思います。
もちろん当時は「4K映像を見る機器」が普及していなかったという点に加え、4K映像を編集するマシン(PC)も「どの程度のスペックなら安定運用できるのか?」など業者内でも迷走していましたが、それも今は昔の話で通常のスタジオやデザインワークを行う業者なら設備的に4K編集は問題はありません。

ですがここで1つ問題なのは、「4Kムービーの意味」です。
一般の方にとって高解像度の4K映像は「フルハイビジョンの2倍」ということは知っていても、そもそも基準となるフルハイビジョンの解像度への理解も曖昧なはずです。
誤解を恐れずざっくり説明してしまうと「アナログ放送から地デジ」に変わるくらいの感覚だと思って頂くと分かりやすいと思います。
例えばアナログ放送と地デジを併用していた時期も「タテヨコの比率は変わったかな?」程度だったと思います。
今では4:3のアナログ映像は「昔っぽい」と感じるはずです。

分かりやすく例えましたが、普通にネットで動画を楽しむ場合でも自然と「4Kコンテンツ」を目にする機会が多くなったと思いませんか?
お持ちの端末で4Kムービを見れる環境がある方は、4K映像を体験してしまうとフルハイビジョンには戻れないと感じる人もいるでしょう。
逆に閲覧するディスプレイ環境によっては「大して差がない!」と感じる人もいるかもしれません。
高解像度の4K映像は、もう既に配信提供も進んでおり、珍しいものではありません。

4K映像は流行ではなく標準の規格となっています


4K対応テレビを量販店に見に行くと「まだまだ高価」で、「本当に普及するのか??」と思いがちですが、端末側の価格はメーカーさんに頑張って頂くとして(笑)、映像規格自体は対応端末の普及云々に関わらず標準となってきています。
4Kのみならず総務省のロードマップには2020年の東京オリンピックの2年前の2018年には8K(フルハイビジョンの4倍)の放送も開始するとしています。
これはどういうことかと言うと、「フルハイビジョン撮影は過去の産物になる」ということを示差しています。(ビデオテープ並の扱いになるでしょう)

一般家庭用の4K対応テレビの普及は遅くても、PC/スマホ市場における4Kディスプレイ化は1年も待たずに完了していくことでしょう。
そうした普及端末がある中で映像制作側が「過去の映像規格」にこだわるのはナンセンスで、積極的に高解像度化に向かうべきです。

YoutubeはもとよりアマゾンTVなど4K映像を視聴できる環境は既に提供されています。
商品撮影でこうした4K映像の撮影が必要かと問われれば答えは全力で「YES!」です(笑)。
理由は単純でAショップの動画コンテンツは「4K対応?またはNG?」と消費者が高解像度の映像を求め出した時に「対応している」、これだけで他社とのアドバンテージを獲得できる可能性が現時点ではあるからです。

小難しい内容になりましたが、4Kで撮影された映像はフルハイビジョンに変換することは可能ですが、撮影時にフルハイビジョンで撮られた映像素材は4Kアップグレードすることはできません。
要は4K撮影を標準にして映像素材を持っていれば、現状の映像コンテンツの解像度で困ることは無いということです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション