商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

20150119-concept.jpg
ネットショップの運営を支える弊社が行なっている商品撮影サービスは正確な写真を撮るという行為はもちろんですが、最近のネット通販の増加に比例して本来あるべき「写真屋」としてのサービス形態が少し変わってしまっているサービス業者が多いことを危惧しています。

デジタル撮影であれば、もちろん一般の方でも撮影はできますが、わざわざ外注に依頼する意味について考えれば「正しい業者選び」が見えてくるはずだと考えます。

商品撮影はクリエイティブな仕事です

多くのショップが写真に求めるものは「品質が良くて安い料金!?」

一見すると相反する言葉ですが、一部の撮影スタジオは、その理想を叶えるためかどうかは別にして、「激安だけど高品質」をキャッチコピーににサービス展開をしております。

そうした甘い言葉に惑わされて撮影依頼をすれば、プロの目からすれば「値段相応」のクオリティーでしかない写真が、まるで「お得な写真撮影が可能!」という誤解が生まれます。。

流れ作業で行なう撮影では商品について深く考えることはなく・・いや正確には商品についての知識が無くても「モデルがとりあえず着ている画像」を仕上げてしまう結果になってしまいます。

仕事としての写真というのは、準備から撮影までの流れをお客様個々に合わせて行なえば納品のトラブルは無いはずですが、安さという言葉を武器にプロレベル以下の撮影をすることはクリエイティブではありません。

撮影業者の安さのカラクリや写真についての“言いにくい事情”を公開することで、間違わない商品撮影サービスを選択して頂く参考になれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション