商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

ISO感度について
デジタル一眼レフカメラでの撮影で「ISO感度」という項目があります。
端的に言ってしまえば、「ISO感度の数字を上げると明るく撮れる」のですが、絞りやシャッタースピードで明るさを変えることとはと違います。

もともとISO感度という用語は、ASA感度(アメリカ基準)、DIN感度(ドイツ基準)があり、古いフィルムだとASA「100」とかDIN「21°」とか記載されたものもあります。
ご覧の通り、表記が異なると使う方は「ややこしい」ので、ISO表記に変わりました。
たまにデジタル一眼カメラの取扱い説明書に記載されている「ISO 200/24°相当」とはASA200、DIN24°という意味です。

現在では各社メーカーもDIN表示は省略してISO200とかの表示になっています。
フィルムのISO感度の表示
さてさてISO感度ですがフィルムの話でお気付きだと思いますが、本来はフィルムによって光を捉える感度を変えていたわけですが、デジタルになってフィルムから撮影素子(センサー)によって感度を変えるようになり、そのなごりとしてISO感度の設定項目があります(○○相当)というのはフィルムの感度換算の意味です。

このISO感度の設定は、デジタルカメラ初心者の方にとっても非常に役立つ機能です。
理由としては、カメラの設定でつまづく要因上位の「絞りやシャッタースピードの関係」は数字の計算が少々ややこしく、どちらで明るさを調整するか迷う人も多いと思いますが、ISO感度は感覚的に写真の明るさを変えることができます。
例えば、手持ちで「F8・シャッタースピード1/60」・・この設定で撮りたいけど、手ブレが不安な場合はISO感度を上げれば倍のシャッタースピードで撮れることになる。
つまりISO感度とシャッタースピードの関係はISO100から200に上げれば、シャッタースピード1/60→1/125で手持ちで撮れるので計算が単純ですね。
ISO感度は数字を上げ過ぎると画質が粗くなることもあるので、お持ちのカメラのノイズが出ない限界感度を知っておくと良いです。

すごく便利なISO感度ですが、デメリットも当然あり、各カメラには「ISOの常用感度(一番そのカメラで綺麗に撮れる値)」があり、数字が低いほどカメラ性能を活かしたものになります・・と書きたいところですが、最近は常用感度がISO100~16000くらいのものが多く、ドデカく紙に印刷する目的以外での使用であれば気にすることはないかもしれません。
個人的にはISO800くらいまでが、どのカメラでも合格ラインのノイズ感のような気がしますが・・(熱い論争になりそうですねw)

根本的にフィルム時代との大きな違いはデジタルカメラでISO感度を上げることは、電気信号を増幅させていくことですの、その分ノイズも増幅されてノイズが増える点ではどのデジタル一眼カメラでも起こる現象です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真をHDRトーンで加工する方法
商品写真にHDR処理??というとあまり聞きなれない方も多いと思います。
フォトショップなどのソフトを所有している人ですと、写真の加工というと「トーンカーブ」を使った技法や彩度や明るさ機能を使う傾向があり、あまりHDRトーンを使うなんてことはありませんよね(笑)
では「HDRトーン」が何かというと、本来は黒く潰れた箇所がある写真と白く飛んでしまった写真などを合成して適切な色にする・・分かりにくい・・・
もっと簡単に言えば、外でスマホで人物に撮る前に「ポン」と人物に露出を合わせますね、でも人物に露出を合わせると風景(背景)は暗くなったりしちゃいます。
それを人物もいい感じ♪、背景もいい感じ♪の明るさで合成して1枚の写真にしちゃうのがHDR合成処理・・強引ですがそう考えてみてください。
「HDRトーン」は1枚の写真でも明暗をクッキリさせたり、はたまた人物撮影の写真では不思議な効果を生み出します(人物編は後日)
細かいことはこの辺にしてまずは、何も処理していない写真をご覧下さい。
処理前の写真
そこそこ綺麗な写真ですが、花びらの発色や背景の明暗などを調整したらもっと迫力があるような・・
そこでHDRトーンの登場です!
この写真を使ってプリセット機能の「フォトリアリスティク」を選んでみます。
HDRプリセット写真
かなりメリハリのあう色彩になってきましたが、花の中心の暗さがもう少し欲しい・・
では、初期設定に戻して、各所HDRトーンをオリジナルで触ってみます。
HDRオリジナル加工した写真
最初の写真から比べると「赤や黄色の部分はより深みのある色合いに」、背景の露出も少し下げてより花の色彩が際立つようにしています。
うん、いい感じみたいな感じ(笑)

1枚の写真からHDRトーンを使って画像加工をする場合は、設定値を上げすぎたり下げすぎたりすると、極端に色合いなどが変化してしてしまうので、まずはサンプル写真などを用意して、どこの箇所を触ると、写真のどこの箇所が変化するのかを確認しながら本番用の画像の処理をすることをお勧めします。

最近のスマホのアプリでは撮った写真にHDR処理を行なう機能を持ったものもありますが、フォトショップではより細かい設定ができますので、あからさまに加工した写真にならない自然な仕上がり、且つダイナミックな写真にすることが出来ますので、コントラストや色彩豊かな商品写真の処理方法として覚えておくと、ショップのバナー画像などでインパクトを出すなど効果的に活用できそうですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影の前に確認しておくべき5つのポイント
ネットショップを新規オープンさせる方やサイト制作自体を外注に出す予定の方も是非考えて頂きたい内容です。
ネットショップの多くが陥る現象として仕入れやページ制作に追われ、「作業疲れで消費者目線になれないこと」で、売る情熱が失われてしまう悲しい現実・・
商品撮影を依頼する前に基本的な計画を立てておけば、負担の無い作業で効率よくショップ運営を行なっていけると思いますので、新作をドンドン投入するしかない状況になる、いわゆる薄利多売型のショップ運営になる前に参考にして頂ければ幸いです。

まず基本的なネットショップのレイアウト構成でご説明していきます。
ネットショップの写真レイアウト例
上記のイラストのようなレイアウトは「よく見るパターン」ですが、ショップデザインの基本形は大体どこも同じです。
横幅サイズや企画の多さやデザイン性でイメージが違うだけですので、全体的なイメージをまずは掴んでください。

A部分に関しては「ショップの顔」となる部分ですので、イメージ性のある写真が無い場合は、商品撮影を依頼するときに1カットは必ず指示しておくと良いでしょう。
弊社の場合はイメージ写真が無いということであれば1シーンは無料で撮影対応しています。
また特集ページ(シーズン毎またはコーディネート事例)などはオープンしたばかりのショップは、急がず商品ページ制作に慣れてきてからじっくり計画を立てましょう。
「他がやっているから・・」という単純な理由でコンテンツを増やそうとせず、1つの商品に集中して充実したページを作ることを優先します。

B部分のカテゴリーに関しては、オープンからすべて他社と同じようなカテゴリーを網羅しようとせず、オープン時までに揃えることが可能なカテゴリー、そして将来的に増やしていきたいカテゴリーをしっかりと区分けしておくようにしましょう。
経験値として花火のように消えるネットショップは、「どの商品が売れるかを消費者に公開する前の段階」から商品仕入れを過剰にしてカテゴリーを増やしていき、在庫を抱えすぎて
数ヵ月後に閉店・・・それでは意味がありません。

C部分の商品陳列については、B部分と少し重複しますが、「たくさん種類があるショップである必要は無い!」ので厳選した商品を少しづつアップしましょう。
間違っても「取扱い商品数が少ないから見栄えのために安い仕入れで済む商品を扱ってみよう」などと考えずに多少価格は高くても「良い商品の提供」を心掛けてください。
例えば1枚5,000円のワンピースの中にワンコインの激安商品を置くと、消費者は「その内5,000円の商品も安くなるかも・・?」と錯覚します。
「チープな値段の商品は扱わない!」これもショップの個性の1つです。

D部分では実際に商品ページでページ下部までスクロールしたくなるような写真は何かをイメージしておきます。
商品撮影に出して、仕上がったもので何となく加工してトップ画像にするのではなく、「こうしたい!」というイメージを持つことが大事です。
そうすれば、撮影側にも具体的に意図を伝えやすくなりますしコンセプトがブレずに済みます。

E部分では商品のポイントカットや着用パターンを並べますが、モデルで何カット使う、商品だけの写真で何カットと具体的に枚数を決めておくと後々の作業が楽になります。
撮影に出す度、または商品ページを作るたびに使用カット枚数が変化してしまうと、その都度ページ構成を考えなくてはならないので、扱う商品数が増えた場合に作業負担が多くなります。

以上が商品撮影に出す前に考えておきたいポイントですが、最後に今後の売上げを左右する重要なことを書きます。
商品ページの「商品説明テキスト部分」で、
・商品名とキャッチコピー
・2,3行の簡単な説明文章
・商品のサイズ表記

これだけの項目のみで商品ページが完成だと考えているショップはまず失敗します。
上記レイアウトの5つのポイントはあくまでも「商品撮影に出す前に考えておくべきポイント」で、レイアウトが決まり→商品写真が仕上がり→アップする・・
最後の部分の「アップ(公開)する時」にどれだけ作りこまれた商品ページをアップするのか?
ここを重要視すれば訪問者数は確実に変わります。
つまり1つ商品ページ対してペラペラの2,3行の文章で他社も書いている同じような商品仕様だけを記載しても、勝ち残るのは商品数が多いショップが検索にヒットするだけです。
新規参入ショップのみならず、今後の商品ページは「どれだけテキスト文字で商品の事を語ったか?」で順位は必ず変動します。
商品ページの文章サンプルについては、また別の機会に詳しくご説明しますので、まずは商品撮影を出す前に自社のショップの全体像(方向性)を把握しているか1度チェックしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真にシャープをかける
商品ページの構成(雛形)の関係で「決まった画像サイズに撮影写真をリサイズする」場合、ちょっとした“ひと手間”を加えると写真の印象が変わることがあります。
現在の商品ページを制作するツールは拡大用の写真をアップすれば、自動でサムネイルサイズが生成されるパターンが多いですが、今回は「拡大された時の写真解像感(シャープさ)」の記事です。
例えば拡大画像の横幅が800pxに対して商品撮影で納品された写真が横幅1500pxだった場合、縮小した画像を作るかと思いますが、JPEG画像から単純に縮小すると画像が少し “ぼんやり” することはご存知ですか?
希望サイズで納品を指示をしている場合はスタジオ側で写真の解像感を調整していると思いますが、そうでない場合は、少しシャープをかけてみてください。
画像がよりハッキリ鮮明になります。
まず具体的にシャープの適用でどれぐらいの違いがあるかサンプル写真をご覧下さい。
写真のシャープ効果
左がシャープを30%適用した写真で、右側がリサイズしたままの写真です。
少し分かりにくいかもしれませんが、右側の方が「もやっとした感じ」だと思います。
シャープをかけるポイントとしては「自然に且つ鮮明に見えるように注意することです」
よく見かける失敗例としてシャープ適用量が多すぎて、人物の肌などにノイズが出てしまっているケースもあります。
また貴金属類のモデル写真で、商品をシャープにしようとするあまり、同じようにシャープをかけ過ぎて逆に「加工しました感」が強過ぎてしまう事もよくあるので避けましょう。
元の写真サイズから半分に縮小した場合は、大体30~40%のシャープ適用で自然でクッキリした画像になります。

最近のフォトショップ(CS2以降)の場合、一般的にはスマートシャープを使うことが多いようですが、私の場合「シャープ(輪郭のみ)」をよく使います。
シャープ機能の中には「アンシャープマスク」・「シャープ」・「シャープ(強)」・「シャープ(輪郭のみ)」・「スマートシャープ」と5つございますが、それぞれ特徴があるようなのでフォトショップをお持ちの方は色々試してみると効果の違いが分かって面白いです。
ちなみに「アンシャープマスク」は、大判の写真を印刷用にリサイズした時などに使いますが、少し扱い方にコツがあるのでネット使用用途であれば「シャープ(輪郭のみ)」でフェード調整した方が直感的に把握しやすいと個人的に思います。
慣れてきたら「スマートシャープ」を使ってレンズ効果(ボケ味)などを演出してみたらレタッチマニアになれるかもしれません(笑)
撮影側の立場では撮影した写真にボケ感などの演出効果を足されたら・・・少しヘコむかもしれませんが・・・w
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影にアパレルモデルを使う人へ
実際に商品販売の武器となるモデル素材は慎重に見極めたいところです。
スタジオモデルというジャンルは、一般の女性へモデル募集をしてアパレルモデルとして採用・掲載することが多く、当たり外れもあることは否定しません。
採用側が「アパレルモデルとしての最低条件」を考えて採用していることを切に願いますが、中には希望者を全て合格にしてアパレルモデルと称しているスタジオもあるので注意が必要です。

では、一体モデル採用の基準って何なのか?
もちろんすべてを公開することはできませんが、弊社のアパレルモデル採用の基本の「き」を少しお話します。
アパレルモデルという言葉を聞くとビジュアル面が先行した「綺麗・可愛い!見た目の良い人材」を連想するかもしれませんが、私服の写真で可愛いだけであれば月間で数十名は合格者は出せます(笑)
しかし、業務を担うアパレルモデルの容姿の条件として「クライアントの服を着て綺麗or可愛いのか?」があり、弊社では「服が活きる表情を持っているか?」を見ています。
まず、下の表情のイラストをご覧下さい。
表情で撮影モデルを見極める
いずれも顔の形状や目鼻のパーツは同じですが、女性が共感できる・・嫌味の無い表情は左側のものになると思います。
真ん中のように素人過ぎる印象がるものはもちろん、右端のようなギャル系雑誌を真似たような個性を狙った表情を作って、逆に個性的でなくなる勘違いな表情も同性としては嫌なものでしょうw。
こうしたパッと見た表情1つで、その人がアパレルモデルになりたいのか、自分が目立ちたいだけの人間かを判断することができます。
私が弊社のブログで「読モ嫌いを公言」していますが、読者モデル(そもそもそんな業種は無くただの雑誌のモニターです)に個性アピールが酷い人が多く、「クライントの服より目立ちたいならタレントを目指して欲しい」と考えてしまうからです。

アパレルモデルはクライアントの服を伝える1つのパーツでしかなく、名も知れないモデルが着たからといって一般の消費者が共感して「モデル売れ現象」など起こるはずはありません。
であるならば、まずは謙虚に服を伝える努力をして、クライアントに貢献し認めてもらうことを繰り返すことでモデル業務とは何かを経験していく方が大事です。

撮影スタジオのモデル採用基準は当然、個々のスタジオの方針に委ねられますが、実際にネットショップで販売を行なう担当者にとってモデル着用写真にどういう人材が必要かを考えれば、商品撮影のモデル選びポイントは必ず見えてくるはずです。

お時間のある時にでも、イラスト左のような綺麗な表情を作っているモデルがどれだけいるか?
確かめてみるとすぐに分かります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション