商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

商品撮影にとって大事なことは何ですか?
と聞かれれば大半はカメラや照明などの撮影機材のことや撮影テクニックのことが書かれることが多いですが、個人的に商品撮影に必要なことは撮影までのプロセス、つまり「下準備」でしかないと考えています。
どんなに最高のモデルを使っても下準備ができていなければ撮影は止まってしまいます。
また撮影についての機材選びなどは経験則に基づくことが多く、そんなことは極論、お金で解決する問題です。

しかし、撮影に至るまでの商品への理解を深めるための行動はお金では解決できないため、地味に調べて自ら学ばなければ撮影物に対する「撮るための下準備」はできません。
例えば私事で恐縮ですが、女性アパレルの撮影をメインとして行っているので、大体、女性誌を月に10冊ほどは目を通しています。
当然、男性ですので(笑)、服を見て「可愛い~」とトキメクことはなく(笑)、客観的にモデルさんの雑誌別のポーズの傾向や写真の撮り方の流行などをチェックしています。
またネットショップについても、いわゆる「売れているショップ」でのモデル起用傾向や商品画像のレイアウト方法などもチェックの対象としています。

この手のことはアシスタントに任せればいい、という考えもありますが、撮影者が自分の目で見て確かめた情報は、口頭で聞いた情報よりは確実に浸透します。
商品撮影と下準備
撮る側が商品に対しての知識が低い、この場合は商品をたくさん撮っている回数ではなく、理解力です。
いくらたくさん服を撮っていても、あくまでも商品を綺麗に撮る技術があるだけで、商材に合ったアプローチができているとは限りません。

昨今は撮影業務についても「効率化」という点でスタジオ側が勘違いしている例も多いと感じることがあります。
そもそも撮影作業は効率だけを重視していくと「写真のオリジナリティは損なわれる」この事実は明白です。
例えるなら写真サービスのコンビニ化というか・・手軽に簡単に撮影して納品する!?
便利といえばそれまでですが、その先に待っているのは「どこにでもある商品写真」になっていくことでショップの個性は無くなっていく。

今回は撮影に対する「思想的な下準備」について書きましたが、物理的な下準備(撮影前の作業)の効率化を図っているケースも多いので、こういったサービスが是か非かは利用者の考えに委ねるとして、個人的には昔ながらの写真屋さんのスタイルは残していきたいものだと思います。

写真撮影は手間のかかる作業と分かって商売していれば、面倒だとは感じないのですが、何ともデジタルな時代なのですかね。
このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイエンドコンパクトデジカメ!?それともスマートフォン?どちらの機能も持った新ジャンルなカメラが気になる!
Panasonicのカメラ関連だとデジタル一眼レフカメラのDMC-GH4が話題になって、個人的にも注目しているメーカーですが、このLUMIX(ルミックス)DMC-CM1は、「コミュニケーションカメラ」とジャンル付けされていて、カメラ好きにはたまらないゴツゴツしたレンズを搭載した一眼レフ相当の写真も撮れるアンドロイド系スマホ!?になっています。
意味不明な新ジャンルなので詳しくは動画をご覧下さい。

スマホで写真を撮らないカメラ好きも巻き込むかも・・
私事ではありますが、持っているスマホで写真を撮る機会はほとんど無く、ロケ先のメモ程度に撮って捨てるのがスマホのカメラ機能の使い方です(笑)。
理由としては、画素数的にスマホに期待している訳でもなくiphoneが綺麗に撮れるといっても本気で撮るにはオッサンには魅力に欠けるのが正直なところ。
遊びで撮るならホルガの方が中版フィルムのドキドキあって楽しいと感じてしまいます。

それはさておき、LUMIX(ルミックス)DMC-CM1は所有しているNIKONのAPS-C機を凌ぐ1.0型のセンサーサイズを搭載して、おまけにライカのレンズです・・本気??
この恩恵として、スマホでは実現しにくい一眼レフカメラ独特の「ボケ味のある写真」もキチンと撮れる。
おまけにRAW撮影でシャッタースピードや絞り、ISO感度などすべてフルマニュアル設定+4K動画も撮れるとなると心躍ります。

スマホ写真の便利さも兼ね揃える驚きの機能
カメラ部分だけでなく、スマホユーザーでも嬉しい機能が裏側のタッチパネル、SIMフリーのアンドロイド端末になっているので、電話やメール、LINEだって何でもできる。
撮った写真をSNSにアップすることも全然OKなので、もうスマホとコンデジ2台持つなんてことは必要ないかもしれません。
それでもあなたはアップルを指示しますか?(笑)と問いかけたくなる国産メーカーの頑張りっぷりです。

大きさや使い勝手はどうなの?
これだけ面白い機種は、長所短所はありますが、大きさやインパクトはかなりあります。
しかし、カメラ好きにはこのくらいのメカニカルな風貌でなければ逆に受けないでしょう。
感覚としては、高品位なコンパクトデジカメをスマホと融合させた感じなので、気軽に質の良い写真を撮って楽しみたい人にはストライクだと思います。
RAW画像が撮れるスマホなんてメーカーのチャンレンジ精神が伝わってワクワクしますね。
あとは価格です!10万切ってくれたら即買いなのですが、世の中そんなに甘くない(笑)

やっぱり写真撮るなら外側が黒とシルバーで締まったカラーだとテンション上がりますよね~
パナソニック恐るべし!そして国内2000台のみの限定販売も恐るべし(笑)
お店で見つけたら即買うかどうかの選択を迫られる緊張感!?

なんか商品紹介になってしまいました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ガラスボトルの撮影テクニック
商品撮影で難度が上がる商品として光沢物やガラスなどの透明性の高い商品がありますが、自分で撮影しようと思うとちょっとした仕掛けが必要になることもあります。
今回はガラスやボトルなどの光の透過率が高い商品を撮影するときに使える仕掛け(手法)についてご紹介します。
この仕掛けは商品撮影のテクニックというよりは、プロの現場ではちょくちょく出てくる撮影方法なので、覚えておきましょう。

前置きとして、この撮影方法を使うシチュエーションですが、
・ガラスやボトルをしっかりと浮き出させたい
・ボトルの中に背景が透けて写り込まないようにしたい

この2つの条件が揃ったらチャレンジしてみても良いかもしれません。

まずはガラス素材のボトルがあったとします。
背景を白く飛ばして後で加工することを前提に、撮影照明のセッティングをします。
そのまま撮影すれば、ボトルに当たる光量によっては、透明感が出すぎてしまうことがあります。
そこで、ちょっとした仕掛けを施します。
商品撮影テクニック
上の画像のようにボトル型に切り抜いた紙をボトル裏側に貼り付け、正面から見たときには見えないように工夫します。
そのまま最初の背景を白く飛ばすセッティングと同じように撮影すると、ボトル中身の透過率が減少し、ボトル自体の輪郭も出てきます。
「でも、ボトルの中身の透明感も少し出したい・・・」という場合は、貼り付ける紙をトレーシングペーパーなどの薄いものに変更して撮影をすると微かに透ける状態を演出することもできます。
また、型紙を半分にして撮影し、左側は透過させる、右側は透け感を出さないように細工することで立体感の演出性も増します。

簡単にご説明しましたが、こうした光沢感+透過性の高い商材は、単に照明を当てただけでは、質感を表現することは難しくなります。
例えばこれが数十点、数百点と増えた場合、その都度、商品の形状に合わせた型紙を制作していくことを想像すると、1点にかける撮影時間や労力を考えると通常の商品群に比べ光沢物ジャンルの撮影料金が高くなるのは理解して頂けるでしょう。

商品撮影は「どの部分に重点を置いて伝えるか」で撮影手法は変化していくので、こだわれば際限の無い作業となります。
どのレベルで撮影を進めるかはスタジオ個々の判断となりますが、どんなジャンルも同じ撮影セッティングで撮る価格重視のサービス提供との差が出る部分だと感じて頂ければ幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真撮影で起こるフリッカー現象
商品撮影をしていて、たまにこんな現象ございませんか?
連続してシャッターを切っていて1枚目と2枚目の「色あいがおかしくなっている?」続けて数枚撮ってみると、また同じように「何かおかしい!?」、カメラの設定自体は変えていないのに枚数を重ねると明らかに色合いが変わってしまう場合は、「フリッカー現象」が影響しているかもしれません。
現在の撮影光源が、「蛍光灯で撮影している場合」はこの現象を疑ってみても良いでしょう。

フリッカー現象とは何か?
蛍光灯は日常目にしているときは「点灯(ずっと光っている)」ように見えますが、実際は「点滅」を繰り返しています。
よく見るケースとして、テレビやパソコンの画面をムービーで撮った時に縞模様や点滅してしまうのもフリッカー現象です。
電源には「ヘルツ」という電気信号の周波数があり、東日本では50ヘルツ、西日本では60ヘルツとなっています。
家電用品を購入する際に目に触れる機会もあると思いますが、これが蛍光灯の点滅回数に影響を与えていて、東日本では100回/1秒、西日本では120回/1秒という点滅を繰り返していますが、人間の目には光っている(点灯)という状態に見えています。

写真撮影でなぜフリッカー現象の影響を受けるのか?
デジタル一眼レフカメラの場合、シャッタースピードの設定があります。
例えばシャッタースピードの設定が1/250秒や1/500秒の場合、蛍光灯の点滅の間隔の隙間にシャッターが切れる場合があります。
下の図を見ていただいてどのタイミングでシャッターが下りてしまうのか?をご確認下さい。
フリッカー現象の原因
図のように蛍光灯が光る、消えるの隙間でシャッターが切れたり、また光っている時、消えている時のランダムなタイミングで撮っていると写真の色がおかしくなっていきます。

撮影時のフリッカー現象を防ぐ方法
まず簡単にフリッカー現象を防ぐには「シャッタースピードを遅くする」ことです。
商品撮影の基本マニュアルなどにあるシャッタースピード設定を1/80秒にしましょう!とあるのも蛍光灯下で撮影する人が多いのでフリッカー対策としても有効です。
あとは、LEDに変える、または蛍光灯自体をインバーター仕様のものに変えます。
インバーター使用の蛍光灯は点滅回数が通常のものに比べ圧倒的に多く1/500秒程度のシャッタースピードではフリッカー現象は起きません。
撮影スタジオで使用している「定常光」はこうした撮影に影響しない光源が使われていることがほとんどです。

蛍光灯の光で撮影するときは上記の点を注意しておくと、撮った写真の色あいが変わってカメラの故障かとドキドキすることも無いと思います。
たまに寿命を迎えている蛍光灯がチカチカしているのを見て「フリッカー現象」を思い出しましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデルコードの商品撮影が続く理由
数ある商品撮影サービスの中で弊社、つまりモデルコードドットコムが続いている理由について考えてみました。
というのも、おかげ様で今月で8年目に突入することもあって、弊社がスタジオ撮影を行なってきた過去から現在を少し感慨にふけります(笑)

商品撮影サービスとして過去から現在を振り返ってみると、この商売は2つの流れになっていると感じています。
1つの流れとしては大手をはじめとする「低価格重視派」があり、ネット上での露出度はもちろんですが、分かりやすい点としては1カット分の料金を安価に見せることで顧客を増やすタイプです。
もう1つは、そうした大手に負けないように無理に価格破壊にチャレンジして自滅していく「真似したら失敗した派」です。

モデルコードは撮影に関しては、儲けを重要視していない。
こう書くと薄利多売と誤解されてしまいますが、弊社の場合は、例えば1件も撮影が入らなくても潰れません(笑)
つまり商品撮影は業務ジャンルの1つのサービスであって、本筋は地元の企業向けのデザイン業務がメインですので、必要としているショップがあれば撮影を行なうスタンス。
こうした点で、通常のスタジオ撮影サービスとは少し路線が異なります。

とはいえ、撮影自体を軽視していることは無く、写真の仕上がりについてはデザイナー目線で自社他社問わず「いけてない写真」の線引きは厳しいです。
私自身、昔デザイン業務だけ行っていた時期は、現在弊社を利用して頂くお客様と同様に写真は外注にお願いしていました。
しかし、実際に数社の写真を見てみると「自分で撮った方が綺麗だな・・」と上から目線で思ってしまったことがモデルコードをスタートさせるキッカケでした。

デザイン業務を行なう際に「写真」は特に重要な素材です。
補足すればそれだけトップレベルの商業写真については業務上、大量に見ています。
1枚の画像に○万円を払うことも当然ありますが、金額に見合った写真品質があるからです。

ネットショップ向けの撮影サービスを見てみると「この品質やモデルでこの価格は無いでしょ!」と突っ込みたくなるケースも多いですが、そこは需要と供給のバランスなので特に否定はしませんが、写真に何を求めるかはお客様の主観に頼ることになります。

モデルコードでは失礼とは思いつつも「値段のみの交渉」をされるお客様は「他社へどうぞ」と促すケースもあります。
こうした金額のみを重視する依頼者を断る理由は3つあります。
1つ目は弊社の撮影料金は他社と比較しても高いわけではなく、むしろ平均より少し安いと感じています。
2つ目は「モデルコードは撮影が無くても問題ない経営」なので、他社より価格競争で勝り、顧客を獲得することに何の喜びもありません。
3つ目は、理由としては一番重要ですが「価格重視のお客様と長く取引が続くことは無い」ということを経験上知っているからです。

モデルコードのオープン以来、ずっと利用して頂いているショップは「価格だけの交渉」をする人は1件もいません。
つまりモデルコードを気に入って利用して下さっていて、価格は相場であれば良いという感覚の方が多いということ。
逆に価格を重視して商品撮影サービスを探してコロコロ業者を変えているショップは長くて2年くらいで閉店している。
経営者や担当者の「物事の考え方」というのは長く続くショップとそうでないショップという点で何かしら意味があるのかもしれません。

今の時代の流れというのは、マスメディアなどで他社との差別化など謳われることが多いですが、個人的な感覚として昔ながらの「顧客と公平且つ真摯に向き合い、サービスを提供する運営」を行なえば、ライバル他社が価格重視などで「安くするからお立ち寄りください!」的な差別化を図ってくれるので、なぜか普通にやってるだけでそれが個性になってしまう状況にあるモデルコードって幸運なのかもしれません。

ネットならではの販売戦略や広報活動があることは、15年以上ネット業界に携わっているので十分理解できますが、「小手先よりも中身」という感覚は現在のネット上ではまだまだ重要度が低いとも感じています。
モデルコードドットコムの商品撮影サービスが続く理由は、もしかしたら顧客件数よりも顧客の資質を見てきたからかもしれませんし、利用するショップの方々も表面上のサービス品質ではなく作業工程などの実質的な満足感を得たいと思う客層がたくさん存在している証拠なのかもしれません。

写真は人間が撮るのですから、撮影サービスの運営方法も人間っぽい提供を重視して今後も続けたいと思った次第です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション