商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

撮影写真のヒストグラム表示を理解する
自社で商品撮影を行っている方にとって、「写真の白飛びや黒潰れ」というのを何で判断していますでしょうか?
目視で写真を見た時にコントラスト差などは分かるから大丈夫!
でも、もしもその目視しているモニターが画面の明るさの自動調整などで適切な判断ができない状況だったら「大丈夫」と言い切れるでしょうか?
今回は、そんな状況下で「写真そのもの(目視だけ)」で判断するのではなくヒストグラム表示を確認しながら撮影写真を判断するポイントを見ていきます。

まずは、露出計で「適性露出」を出して撮影した写真とヒストグラム表示を確認してみましょう。

適正露出のヒストグラム
ヒストグラム上ではグラフ表示された「山」がありますが、「白飛び・黒潰れ」を判断するにはグラフの左右両端を確認します。
左側は「真っ黒の部分」、正確には純黒を表示しています。
大して右側は「真っ白(純白)を表示していますので、赤枠で囲った部分にグラフピークがきていれば写真上に「白飛び・黒潰れ」が生じている箇所があると判断できます。
上記の写真は左右の赤枠部分いずれもグラフピークはなく「適正」と呼べます。


では、次に「白飛び」が生じたヒストグラムを見てみましょう。

白飛び写真のヒストグラム
純白を示す右側部分グラフピークがきており、「白飛び」により色彩が失われている箇所があることを示しています。
参考写真のカラーチャートでも「淡い白やグレー」のマスの色の違いが認識できなくなっているのが分かります。
商品撮影の場合、こうした状況だと「色の再現性」という点で消費者に正確な商品カラーが伝わらない写真になりますので注意が必要です。

次に「黒潰れ」が生じた写真のヒストグラムを見てみましょう。

黒潰れのヒストグラム
真っ黒を示す左側部分にグラフピークが集中して「黒潰れ」が生じている箇所があることが分かります。
カラーチャート上では「黒の種類」の識別が難しくなり、どんなブラック?チャコールの濃さ?など商品撮影での色表現に影響してきます。

この他にもヒストグラム表示では「コントラストの強弱」や「写真の全体的な色の分布」なども目安として視覚的に理解することができます。
ここで疑問なのは「白飛び・黒潰れはダメ写真なのか?」というと、決してそうではありません。

商品撮影の場合でも「背景を完全に白で飛ばす」というケースもございますし、ロウソク1灯で雰囲気を出す撮影もあるでしょう。
その時は当然、ヒストグラムは左右両端にグラフピークを表示します。
撮影した写真のヒストグラム表示を見るポイントは「何を引き立たせるか?」の情報を読み取ることです。
白飛びしてしまっては困るもの、黒潰れは避けたいなど、まずは両端2箇所を気にしておくことで、撮影状況によってどのようにヒストグラムが変化するのか観察することが大事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットショップはスマホかパソコンどちらが重要?
商品撮影を行っていて、ネットショップ担当者の方のお悩みとして挙がるのが、「PC用とスマホ用」どちらに注力すべきか?という問題。
世の中の流れとしては、「今はスマホの時代!」という記事が乱立していることにプラスして2015年11月現在の統計上のデータもECコマースにおけるスマホユーザーの割合も全体の約49%という数字を出しているものもある。

サイト自体を「レスポンシブ化」する傾向は、まさにスマホ登場が起因しています。
しかし、サイト業務に携わっている私の場合「モデルコードはスマホに最適化していません」
・・えっ?なんで??
と感じるかもしれませんが、一頃グーグルが「スマホに最適化しましょう」との触れ込み記事が出回りましたが、無視しております(笑)
結果、検索順位に影響があったかといえば、影響はほぼ受けておりません。

これはどういうことかと言いますと、「ネットで商売をしているからスマホ用にサイトを作らなければならない」そんな義務は無いのです。
単純に考えてみてください。
例えば1回あたりのオーダーが「数万円」となる弊社のような撮影サービスをスマホ上だけで確認して「ポチる」・・
そんな非常にありがたい顧客はいないでしょう。
入り口はスマホなどのモバイル端末であったとしても、最終的にはPC上で確認、または電話などでやり取りを行います。

さらに1件毎に撮影指示書やオーダー票を制作する個別対応スタイルですので、依頼主が「スマホだけしかない」そんな状況などあり得ません。
持論ですが、「スマホのことだけ考えるネット運営は危険」です。

要は、取り扱う商材の価格から「PCまたはスマホ」どちらを優先すれば良いかを検討すれば間違いありません。
取り扱う商品の平均価格が1万円以下なら「スマホも視野に入れる」、対して1万円以上の商材が多くブランド性も強調したい場合は「スマホはあくまでも入り口」として活用し、説明はPCサイトで充実させるべきでしょう。

想像してみてください。
自身が高価な商品を買う場合、余程ブランドの知名度や価格相場が分かっているものならスマホで決済を完了させると思いますが、その逆の場合は価格に見合った商品なのかじっくりPCサイトをチェックしませんか?
さらに付け加えるならば、「スマホでしか商品を買えない」つまりパソコンとスマホを両方保有していない消費者は「お金がない」という人が多い事実(怒られそうw)
スマホしか持たない十代に向けて高価な商品をスマホサイトを作ってアピールする・・閲覧は増えても売上にはつながらないと判断しましょう。
高価な商品を扱うならどちらを充実させるべきか?はたまたプチプラ商品を扱うならどちらを充実させるべきか?もうお分かりですね(笑)

結論を述べれば「取り扱う商品の価格によって消費者行動を考える」これが大事です。
スマホへの最適化を無視しろとは言いませんが、ネット通販の何もかもすべて「スマホを意識」なんて考えは捨てるべきです。
少々厳しいことを書きますと、「PCサイトも充実していないのに次はスマホを意識する」こうした行動は注視すべき作業労力の分散にもなってしまいますし、最終的には「PCもスマホも中途半端な情報しかないサイト」になってしまいます。

商品やサービスを売るための最善で一番の近道は「まずは1つの媒体に向け十分な情報と説明を盛り込む」これに尽きます。
他の媒体へは特化したPCサイト情報から抜粋するような形式で対応させて制作し、余裕があればスマホオリジナルのコンテンツを視野に進めれば良いと思います。

自社サイトに求める客質が「見にくるだけのお客を呼びたいか?キチンと買ってくれるお客を呼びたいのか?」これをしっかり見極めることがヒントです。
冒頭に挙げたECコマースにおけるスマホユーザー49%という数字も単純に若者を中心に「スマホ保有者が増えた」というだけのことで、スマホでの購買率が49%上がった訳ではありません。
「スマホファースト」こんなキーワードに惑わされると損する場合がありますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影時の開けると絞るの言葉の意味
お持ちのレンズの参考著書などを見ていると「こうした場面ではレンズを絞る」または「開ける」など初心者の方には「何言ってるの?」という疑問が湧く事もあるかと思います。
以前にも「商品撮影で迷うF値の仕組みを知る」と題してレンズと光量の法則を解説しましたが、もう少し単純に解説していきます。

「レンズを○段開ける・絞る」というのは、光の量を段階化したもので、「現在の設定されているF値からどうするか?」をアドバイス(指示)する際に使用されます。
ここで言う「段数(段階化)」というのは、例えばこんなシチュエーションです。
人物撮影時に最初にF値5.6で撮った写真が、背景が少しハッキリ写り過ぎてボケ味が少なく人物が引き立たないと感じたとします。
そこで、「もう1段開けて(開放)で撮ってみたら?」と考えます。
つまりF値の数字を小さくして「ボケ味」を強くするということ。

・開ける=F値の数字を小さくする

・絞る=F値の数字を大きくする

たったこれだけの意味です。
私もカメラを始めた時はわざわざ小難しい言い回しをせずに「F値小さくして!」「F値大きくして!」と言えばいいのにと思ったものです。
しかし、ここからが肝です。

絞りとレンズの変化
「1段」という“段数”ですが、これが指示には欠かせません。
例えば、カメラ講習をやっていて、生徒さんが撮った写真だけを見ても「どのF値で撮ったのか?」は分かりませんが、その写真の被写界深度(ピント範囲)などから「もう1段」という表現が便利になります。

どういうことかと言いますと、撮影経験上「見せられた写真」からどのくらいF値を変えれば、より印象的な写真になるかを経験則で言っているのです。
F5.6で撮った写真で主体(人物)がモヤっとしていれば「あと○段絞れば、よりシャープに細部まで表現できそう」といった具合です。

撮影者にもよりますが、上記の「F値の並びとボケ味の割合の推移」というのは自然と頭の中に入っているものです。
「絞るか?開けるか?」をF値の並びと照らし合わせて発言している場合が多いですね。

当然、F値を上げ下げすれば「写真の明るさ」も変わってきますので、F値の並びとともにシャッタースピードの変化も覚えてしまっています。
面倒なようですが、F値もシャッタースピードも段数には法則がありますので、たくさん撮ると自然と覚えるといった方が適切だと思います。

F値は単純に明るくするための変更だけではないので、難解ですが「同じ位置」でまずはF値を1段毎、変化させて仕上がりを実感する。
その後に明るさを調整するためのシャッタースピードを合わせせていくと、撮影感覚が身につきやすいかもしれません。

撮って撮って撮りまくって下さいね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
SDカードの選び方
デジカメで撮影したデータを記録するメディアとして「SDカード」を使用する機器も増えてきましたが、このカード選びって種類が多すぎて迷いませんか?
カメラ機器というのは本体とレンズを買えばOKという訳ではなく「記録メディア」も必要になります。
例の漏れずSDカードの場合もネット販売で探すと安価なものから高価な物まで種類も様々で自分の機器には何が合うのか?
悩みますよね・・。
今回は、「SDカードの選び方」と題して、難しくならないように頑張って説明しますので参考にして頂ければ幸いです。

まずはSDカードを2つに区別する

カメラの取扱説明書を見ると「SDHC/SDXCカード」との表記があると、まず最初の疑問は「どう違うのこの2種類・・」となります。
ざっくり言えば「SDHCは旧型」で「SDXCは新型」となりますが、ここでの判断基準は「1枚のカードでどれだけ撮りたいか?」つまり何GB欲しいのかで決めてしまいましょう。
例えば、写真も動画も1枚のカードでガンガン記録させていきたいのであれば「新型のSDXC規格」となります。
SDXCは動画や高画素写真の記録などの大容量化に伴って誕生した規格なので、写真であればミドルレンジ以上のカメラで最高画質で撮る人、4K動画撮影もしたいのであればSDXCカードが適任です(フルハイビジョン程度であればSDXCである必要はありません)
SDカードの規格を2つに分ける
ここまでが登竜門としてSDカード2つの規格を見極める方法の1つです。
単純に「SD」という規格もありますが、2000年代前半に全盛だったものですので、選択肢として除外します。

SDカードの肝は書き込みスピードです!

さて次のお悩みポイントとして「スピード」です。
これについては諸説、個々での見解も様々ですが、ズバリ独断で述べさせていただくと「書き込みスピードを命」とすることを推奨します。
この表記については誤解する人も多いので、是非、覚えておいて下さい。
まず、SanDiskのSDカードを例にご説明していきます。
SDカードの仕様の見方
Aの280MB/sと表記されている部分、これは「書き込み」ではなく「読み取りスピード」です。
ややこしくなってきましたが「書き込みスピード命」です(笑)
つまり280MB/sは書き込みスピードではなく実際の最大実効値は、このカード場合は250MB/sとなります。
この目立って表記されていない部分を購入前にメーカーサイトで必ず確認しておきましょう。

なぜ「書き込みスピード」にこだわるのかと申しますと、「シャッターチャンスを逃さない」これに尽きます。
「読み込みスピード」とはSDカードに記録されているデータを読み取る速度ですので、シャッターチャンスを逃さないためには「書き込むスピード」が早い方が実益があるのです。
例えば人物撮影をしていてシャッターを切った次の瞬間に、モデルのいい表情が出た!その瞬間「書き込みが遅くてシャッターが切れない・・」ガビーンですよね(笑)

書き込み速度を求めるためには図のB,Cにおいても数字が高いものが有利となりますので、書き込みスピードを気にするなら選択肢は決まってきます。
最近のエントリーカメラでも高画素なものが増えていますので、写真用途でClass規格であれば「10」またはUHS規格のものを選択肢ます。
また4K動画を撮影する場合はUHS規格でも「UHS-Ⅱ」でスピードクラスは「3」と表記されているものを選びましょう。
ClassとかUHSとか分かりづらい用語も登場しますが、ここでのポイントは「書き込みスピード」をどう考えるかで自ずと諸々の規格などが見えてくると思います。

気になるSDカードの偽物の話

例としてSanDiskのSDカードを紹介をしましたが、このメーカーの「偽物」すごい出回っていますw。
偽物が出るということはSanDisk自体は良い製品なのですが、偽物は当然良くはありません。
で、私自身カメラを使い始めた時に、安さの魅力に負けて通販で「怪しげなSanDiskカード」を買った経験もあります。
結果何が起こったかと申しますと、客先で撮ったデータがPCに移動できなくなり再撮影という最悪の事態になりました。

それ以来、メーカー直販か大手家電量販店でしか購入はしないと決めています。
正直申しますと、一見すると本物かどうかの見極めは非常に難しく、何よりそんな事を気にして撮影などしてられませんよね(笑)
撮影データはその時その瞬間しか記録できません!
若かりし頃の私のように「もう1回・・スイマセン・・」なんて恥ずかしいことにならないためにも、正規商品の購入を強くオススメします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影時の反射を防ぐPLフィルター
光沢物の商品撮影をする際に、対象物が反射して上手く撮影できない時にカメラレンズの前面に装着するフィルターです。
このPL(偏光)フィルターを使用すると反射が強いガラスや貴金属の撮影に重宝します。
でも、全部の反射を取り除いてしまった場合、「輝き感」を失ってしまっては本来の商品の良さがなくなってしまうこともあります。

特徴として、PLフィルターのリング部分を回すことで反射の具合を調整しながら撮影することで、不要な反射を除去して「輝き感」はキープした写真に仕上げることができます。
手順として忘れてならないのは、まず「必ず目視で反射を観察すること」です。
よくPL(偏光)フィルターを装着してすぐに撮影を始めてしまう人もいるようですが、必ず目視で「どこの部分の反射を軽減するか?」を決めることです。
やみくもにリングを回して調整するのではなく「観察」することが大事です。

1:目視で反射を観察
2:装着した状態でピントを合わす
3:フィルターリングで反射率の調整・撮影

こうした手順を励行しましょう。
またPL(偏光)フィルターは「サングラス」のように濃い色になっていますので「撮影時の設定」にも注意が必要です。
商品撮影で使うシャッタースピードによっては三脚が必須となる場合があります。

光沢物の撮影では「ダリングスプレー(反射を抑えるスプレー)」を使うこともありましたが、最近ではもっぱらPL(偏光)フィルターを使っています。
理由としては、スプレーの場合は「微妙な反射を残すのが難しい」・「クリーニング(拭き取り)の手間がある」といった所です。

PL(偏光)フィルターはお持ちのレンズサイズ(口径)に合う製品が必ずラインナップされているので、反射に困っている場合は使ってみると便利さを感じるはずです。
また、風景写真で使ってみると「空をより青く」なんて効果もあるので、1枚持っておくと楽しめますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション