商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

デジカメでの商品撮影で色飽和が起こる原因?
前回の記事で「デジタルカメラは極端な色が苦手」と記載しましたが、特に「彩度の高い赤色」について、実際の商品撮影においてどのような不都合があるかをサンプル画像を見ながらもう少し詳しくご説明します。

アパレル向けの商品撮影では、服のカラーとして「赤」というのはよくある定番カラーの1つですが、全て赤1色で染色された商品を物撮りしたり、素材のディテールを撮影し表現しようとした場合、当然、写真全体に占めるカラーは赤が画面を覆い尽くすことになります。

例えば、市販のコンパクトデジカメでホワイトバランスをセットして、その他の設定はカメラ任せで行なった時に下の写真のような現象が起こったことはないでしょうか?

色飽和のサンプル
ご覧の通り、本来の商品色より、赤味が増して階調が潰れている感じが確認できると思います。
(擬似的に階調を変えていますのでご了承下さい)
こうした現象を「色飽和」と言いますが、意味合い的には本来の色階調が消えてしまったり、ディテールが潰れてしまうことで、前回記事で触れたカメラ自体は色を区別しているわけではなく光の強弱(反射率)を判断しているだけです。
最終的にはRGB情報から色を構成(デジタル現像)していきますが、基準になるのは反射率です。

デジタルカメラによって彩度の表現は違う
上記のサンプル写真ように彩度の高い赤の表現はデジタルカメラ個々によって特長があります。
個人的によく店頭で試し撮りする時に行なうのが、「赤いものを画面いっぱいに写す」ことです。
ビッ○カメラの店員さんの制服はラッキーなことに「赤いベスト」を着ている人がフラフラ・・wしているので、ちょっと呼んで赤を撮ってデジタルカメラの「赤の色合いのクセ」を見たりします。(ノーマル設定で)
商品撮影で使うデジタルカメラを選ぶのであれば、ノーマル設定の段階で「綺麗な色で撮れる写真」よりも「適正な色で撮れる写真」を選ぶと色飽和の対策で細かな設定をいじらなくて済むのでベターかもしれません。

色飽和への対策方法

Jpeg画像で記録している場合は、カメラ設定で「勝手にアレンジを加えないように設定する」ことです。
ニコンで言えば、ピクチャーコントロールを「ニュートラル」や「フラット」に設定するようにして、間違っても色の忠実性を重視する商品撮影をするのに「ビビット」を設定して自分勝手な色で商品写真を撮らないようにすることです。

あとは、彩度やコントラストをPCのモニターなどで実際に大きく表示してから色(彩度やコントラスト)を確認して調整をすることを繰り返してベストな色合いに近づけます。
RAW画像の場合は現像ソフトで彩度とコントラストをコントロールすればOKです。
追求するなら色管理されたモニターが必要ですが、まずはお持ちのデジタルカメラの設定を少し見直してみるのも良いかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
自動露出補正について
商品撮影を行なうときにデジタル一眼レフカメラが機械的に判断する自動露出(AE機能)は、大半の方が普段は気にすることはないと思います。
最近のカメラは、精度よく露出を自動で判断して撮影することができます。
しかし、ごく稀に撮影側が意図していない露出(明る過ぎ or 暗過ぎ)になる場合があります。
そこで登場するのが「露出補正」ですが、ちょっとした原理や対処法を知っていると狙い通りの露出補正ができます。
物撮りをしていて「何かちょっと・・」とカメラ任せの自動露出に関して疑問のある方はお読み下さい。

実はデジタルカメラは極端な色が苦手なのです
デジタルカメラ機能の自動露出は極端な色、例えば画面いっぱいに「白い物体がある」または「黒いものが大部分を占める」などの状況や、デジタルカメラの機種にもよりますが、「彩度の高い赤色」は撮って確認すると朱色やオレンジ系になってしまったりします。

このようなことが起こる原因としてほとんどのデジタルカメラの露出計は「色を判断していない」からです。
簡単に言うと「光の反射率」を判断しているだけで、カメラの露出計は18%グレーを基準として明るさを判断しているので、実際は白や黒、その他の色に対しても露出計は色を認識しているわけではありません。

つまり同じ赤のスカートを太陽光とタングステン光の環境で撮っても、カメラの露出計は写真のニュアンスではなく、物体の反射率を判断しているだけで、ホワイトバランスを18%グレーで設定するのも、「この反射率から明るさ(これが白だ!)を判断しなさい!」と命令している状態です。

自動露出のクセを知る
自動露出の段階で「色を認識していない」というのはお分かり頂けたと思うので、次は場面ごとの露出補正を見ていきます。
そしてカメラ任せで顕著に出る自動露出の例として、「白いもの」・「黒いもの」で解説していきます。

まずは白いものとして「雪の写真」のサンプルをご覧下さい。
白いもの自動露出の調整
カメラ任せの自動露出で撮ると全体的に白いものが写っているのでカメラは、「画面がすごく明るいから少し暗く調整しよう」と判断します。
しかし、撮影者は「白い雪を表現したい」ので露出補正はプラスにします。

次に黒いもの「屋内で黒っぽい上着を着た写真」のサンプルをご覧下さい。
黒いもの自動露出の調整
こちらはカメラ任せの自動露出で撮ると全体的に暗い(黒い)ものが画面を多く占有しているのでカメラは、「画面の多くが暗いから少し明るく調整しよう」と判断します。
これも撮影者の意図とは違うので露出補正はマイナスにして黒を表現します。

自動露出は色ではなく明るさで対応
サンプル事例を見ると「白はプラス、黒はマイナスでOK!」と考えてしまいますが、正解のようで間違っています。
「カメラの露出計は色を判断していない」ので、白いものは反射率が高い、黒いものは反射率が低いことから露出をプラスなのか、マイナスなのかを人間が判断します。

例えば、ものすごく天気の良いピーカンの青空を撮って、眩しいくらいの陽射しを表現したいのであれば自動露出(自動で暗く補正する)に頼らず、プラス補正で空の光を強調するのも良いでしょう!
つまり撮影者の意図によって露出はどのようにもできるということ!
上の「雪の写真のサンプル」でも、もし撮影者が「寒々しい感じ」をもっと強調した表現にしたいならセオリー通りのプラス補正ではなくマイナス補正になるでしょう。

今回ご説明した露出補正はあくまでも基本的な対処方法であって、商品写真や作品撮りなどの目的によって露出の決定方法は変化しますので、適正露出は「自分で決める!」ということも頭の片隅にでも置いておいて下さいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場で商品撮影よりも大事なこと
商品撮影を希望される方の中には、「商品写真が変われば楽天市場で売れる!」と思い込んでいるケースもありますが、正解のようでそれは間違いです。
商品写真はあくまでも訪問者が来た時の「決め手になる説明画像」であって、写真が訪問者を連れてきてくれることはありません。
つまり商品撮影で売上げUP!という意味は、ある程度アクセス数があるショップに限られる為、モデルコードはそのようなキャッチコピーは使いません。
そう!これからもずっとです(笑)

では実際に楽天市場で売上げに悩むショップに対していつも弊社がお勧めしている最低限の楽天市場でのページ作成のポイントをご紹介します。
今回は撮影ではなく実践的なページ構成を見直すキッカケになって頂ければ幸いです。

まず、楽天市場で目立つため(訪問者に商品を見てもらうため)には検索上位を目指さなければなりません。
俗に言う「楽天SEO」ですが、通常のGoogleに向けてのページの構成方法と楽天市場では少し趣きが違います。
楽天市場での検索上位を占める最強の要因を持っているショップというのは「売上げ」と「レビュー数」の多いショップです。
こう書いてしまうと「やる気がゼロ」になってしまうかもしれませんが(汗)、考えてみてください。
現在の上位サイトを占めているネットショップもスタートはゼロだと思えば、少し希望が見えてきませんか?

簡単にできる方法ではありませんが、確実に楽天市場でのショップを育てるために重要な項目は以下の3つです。
・商品ページ構成の最適化
・きちんと商品に合ったカテゴリの選択をして商品登録をする
・レビューを書いてもらうよう消費者に促す

大枠としてはこの3つの項目がきちんとできれば、楽天市場での検索結果は必ず変わります。
「商品撮影をできる業者に頼む!」なんて項目は出てきませんよね、今のままの商品画像で十分試すことができます。

では重要項目の「商品ページ構成の最適化」をご説明します。
楽天市場の検索窓にキーワードを打って出てくる検索結果ページは次のようになります。

楽天市場での検索結果ページ例
青枠の部分は広告部分なので、楽天の営業さんの甘い誘惑に負けたら広告枠を利用しましょう(笑)
今回は緑部分の「自然検索」の部分をクローズアップします。

楽天検索の順位決定の商品ページ構成要素は次の4つです。
1:商品名(ページタイトル)
2:キャッチコピー
3:商品説明用の文章
4:販売時の商品仕様などの説明文章


1の商品名では実際の検索タイトルとなりますので最優先に考えます。
例えば「ワンピース」で検索された時に「検索1ページ目」に出てくれば多くの消費者の目に触れますが、オープンしたばかりのショップはまず夢を持たずに複合キーワードで攻めます。(ワンピース+○○+△△など)

この時、参考にしたいのは「ワンピース」と打った後にスペースを入れると「検索候補のキーワード」が表示されます。
下の図のように「ワンピース」に関して複合キーワードとして検索されている候補が出てきますね。

複合キーワードの候補例
さらに探す場合は、楽天が提供している「サーチワード広告」を使って関連する複合キーワードを洗い出します。
キーワード候補が決まったら、実際に販売する商品と結び付けてタイトルを決めていきます。
参考にするのはズバリ!上位に表示されてるショップを研究してみましょう。
「ワンピース」で上位表示されているのショップはこんな感じです。

上位に表示されるショップ
最初に見て頂きたいのは、赤文字1番の「タイトル部分のキーワードの分布」と緑2番の「説明文の箇所」を参考にします。
1位のショップはタイトル部分に「ワンピース」というキーワードをたくさん使っています。
対して2位のショップは説明文にこそキーワードが使われていますが、タイトル部分にはアレレ!?無いですね・・・
でも、レビュー数が1位と1桁違いますね(笑)、これが重要な項目で挙げたレビュー数を多く保持しているショップの強さです。

ページ構成のタイトル部分においてあまりキーワードを連発することは推奨しませんが、全く同じにならないように工夫しながらタイトルを決めていきます。
そして、2:キャッチコピーでもキーワードを必ず意識して書き込み、3:商品説明用の文章では、短文にならないよう、できるだけキーワードを含めて長文になるように熱い商品への想いをテキストで打ち込みまくります。
さらに4:販売時の商品仕様などの説明文章でも「ワンピースを綺麗に着こなす寸法の測り方」などのミニコーナーを作ってさらにキーワードを強めていきます。

この工程をすべての個別商品に対して行なっていき適切なカテゴリへ商品を登録していきます。
面倒ですよね?でも商売とはネットも実店舗も大差なく努力が必要なのです。

面倒だから、「商品写真を変えれば売り上げUP!」みたいな胡散臭いスタジオサービスに頼ってしまうのです。
商品写真は消費者がページを訪問して初めて効果を発揮することを忘れずにショップ運営頑張ってみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加
AFエリアモードの選択方法
3日ほど前の記事で「商品撮影はAFフレームの自動ピントにご用心」というタイトルで、AFエリアモードについて少し触れましたが、今回は補足として商品撮影などを行なう際にTPOに合わせたAFエリアモードを選択できるように各AFモード種類と特長について記載しておきます。

まずAFエリアモードとは何かをご説明しますと、簡単に言えば撮影対象物によってオートフォーカスポイントを任意または自動で行なうかを決めるカメラ側の設定です。
「そんなの自動でいいでしょ!?」と感じる人もいると思いますので、自動にしてしまったよくある事例をご紹介します。
下の写真をご覧下さい。

AFエリアモードの失敗例
集合写真などで撮影対象が人物ですが、人物より前に何かしら遮るものがある時(この場合は木の柵など)にカメラ任せのAFエリアモードで撮ろうとするとピントが人物の顔ではなく「柵から出てる手にピントを合わせてしまう」こともあります。
人物が動いていれば問題ないですが「はい、撮るよ~」と撮影者が声を掛ければ全員ポーズをとって静止する・・カメラは全部が静物(風景!?)と認識して一番手前の柵から出ている手を主役としてピントを合わせてしまうw

こうした自動ピント状態では狙った箇所のピント合わせを人間ではなく、カメラ(機械)が決めるということになります。
とはいえ、カメラ任せのAFエリアモードもシーンによっては大活躍しますので、一概に人間任せがすべてということではありません。

では実際にどのようなAFエリアモードがあるか見ていきましょう。
下の写真は一般的なデジタル一眼レフのAFエリアモードの種類です。

AFエリアモードの種類について
どのフォーカスポイントを選ぶのかを決める設定がAFエリアモードとなり、
・シングルポイントAFモード
・オートエリアAFモード
・ダイナミックAFモード
・3D-トラッキング

などが各カメラによって設定できると思いますので、お持ちのカメラの取扱説明書をチェックしてみて下さい。

AFエリアモードの種類と特長

AFエリアモードはそれぞれの撮影時に適切な設定をしておくと写真撮影が楽しくなりますので、自身がよく出くわす撮影シーンを考えながら参照してみてください。

シングルポイントAFモード
ファインダー内のズラッと並んだ四角のフォーカスポイントの中から撮影者が任意に選択したフォーカスポイントを使用してピントを合わせる場合に設定します。
基本的には静止している被写体向けなので、商品撮影の「物撮り」で狙ったポイントにピントを合わせたい場合に便利です。

ダイナミックAFモード
フォーカスポイントの選択方法はシングルポイントAFモードと似ていますが、被写体が一時的にフォーカスポイントから外れた場合に周囲のフォーカスポイントが引き続き被写体を捉えてピントを合わせ続けますのでポージングを行なう人物撮影などでも有効です。
例えばモデルの目にピントを合わせ、次の瞬間ほんの少し合わせたピント位置からズレたとしても自動で捕捉してくれます。

オートエリアAFモード
カメラ側が、全てのフォーカスポイントから被写体を自動認識してピント箇所を決定して合わせます。
被写体の色や形状なども考慮して自動的に行なうので各メーカーや機種によっても挙動は異なります。
基本的にはカメラに一番近いものを優先してピントをあわせると思いがちですが、人間を優先判別する機種もあります。
「笑顔認識モード」など人に感知するのもこのモードに属していると思います。

3D-トラッキング
まずこのモードの特長は「撮影者が選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わせることです」
その後、シャッターボタンを半押ししている間は、構図をずらしたりする変化に応じて、フォーカスポイントを自動的に切り換えてピントを合わせ続けます。
よくある例ですと、ペットにピントを合わせて、動き回るペットを追尾してシャッターを切るまでピントを合わせ続けてくれます。
スポーツシーンや飛行機を撮るなどピント合わせが難しい場合に非常に便利です。

以上が主なAFエリアモードの説明となりますが、シーンに合わせてモードを決めるって・・考えすぎると面倒ですよね(笑)
個人的には「シングルポイントAFモード」しか使っていません(~_~;)
多分ですが、フィルムカメラ時代から触っていた人はシングルポイントAFモードで十分だと感じている人も多いと思います。
「ピンを合わせてサッとシャッターを切る」これで人物を含めた商品撮影はOKのような・・・

三脚固定の撮影ではそもそもマニュアルフォーカスにしてしまうので・・
盛りだくさんのデジタルカメラならではのAFフォーカス機能は嬉しいのですが、フォーカス機能縮小版でカメラが安くなるならもっと嬉しいと思う今日この頃・・

余談はさておき、色々AFフォーカスモードを試して、ご自身に合うモード設定を見つけて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
料理写真の湯気の表現
モデルコードではあまり料理写真などの依頼は少ないのですが、「料理写真の湯気の表現」について解説させて頂きます。
というのもこういった撮影方法は商品自体が透明な場合などにも覚えておくと便利なので自社で商品撮影を行っているショップはご参照下さい。

最近ではテレビなどの料理番組などで、レポーターが食べている姿とは別に「料理の物撮り」を行なって、より美味しそうな映像を目にすることもあると思いますが、簡単にラーメンなどの湯気を表現するのであれば、「黒い背景で撮る」これで湯気の表現はできてしまいますが、通常の料理写真の場合は、「自然な状態」で美味しそうに見える撮影手法が必要となってきます。
とはいえ今回はいかに湯気を写すかですが・・(笑)

まず、前提として重要なのは、撮影前の準備です。
例えば料理を仕上げてしまってから、写真撮影の段取りをしていては、暖かい商品も冷めてしまいます。
また湯気を表現したいからといって極限まで熱くする必要もありません。
これは季節や室温などを考えて湯気のベストな立ち昇り!?を把握しておきましょう。

あとは撮影のセッティングですが、基本は「逆光で撮る!」
照明機材などが無い場合は、窓際にテーブルを置いて太陽の光で料理が逆光に照らされる位置を探します。
下のレイアウト図をご覧下さい。
料理写真の撮影方法

完全に逆光にするのではなく、少し斜め後方から料理を照らす逆光気味にすると、料理の具材などが立体的になってより本格的な料理写真になります。
左側に設置しているレフ板は100円ショップなどで手に入るカラーボードなどで代用しても大丈夫です。
レフ板は逆光で撮るので、料理手前側が陰になり暗くなるのを防止するためにレイアウトしています。

準備ができたらいよいよ撮影ですが、カメラアングルにも気をつけて、料理の中身が見えつつ湯気も見えるアングルを探します。
これで手軽に湯気を表現しつつ温かみのある料理写真を撮ることができますよ。
ポイントとしては背景はゴチャゴチャさせずに、シンプルに仕上げることでさらに湯気の感じが引き立ちます。

撮影するカメラアングルを少し下げたり、上げたりすることで、カタログ本のような雰囲気に近づけていきましょう!
使用するカメラは自然光の場合、スマホでもコンパクトデジカメでもカメラは選びませんので、レシピ写真などを撮っている方は参考になれば幸いです。

逆光による撮影手法はこうした料理写真だけに限らず、人物や静物の商品撮影でも使い方や工夫次第で楽しい写真が撮れます。
自社で商品撮影をする時も高価な機材を利用することばかり考えるのではなく、撮るための思考を養うことでその人らしい商品写真になりますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション