商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

商品撮影で使えるF値と露出の意味
商品撮影を行なうときに、デジタルカメラのF値について、どう設定したらいいのかを迷う人もいますが、写真撮影を始めたばかりの人の大半は、「F値を上げたり下げたりすると明るさが変わる」とか「背景がボケるいい感じの写真が撮れる」これくらいの感覚で撮影していると思います。
では、具体的にF値による明るさの変化やF値を固定した状態で正確に明るさをコントロールできるかといえば、感覚に頼っている状態ではないでしょうか?
写真を撮りまくって、感覚を習得する!w、というのも1つの方法ですが、基本的なF値の知識を持てば曖昧な判断を少なくすることができます。
今回はF値のボケ味の話ではなく、明るさのコントロールについて触れていきます。

F値の数字には法則があります
F値にはF2とかF5.6とか様々な数字を設定できますが、どうしてもカメラの画面で見ていると数字が変化するだけで法則についてはあまり深く考えない人が多いようです。
まずはISO100で固定した場合の基本的なF値の推移を見ておきましょう。

商品撮影における基本的なF値の設定
上の図のようにF値を並べると緑と赤で規則的に変化していることが分かると思います。
緑、赤の数字の区分けでそれぞれ2倍(段)ごとに数字が上がっていきます。
例:F1.4の2倍の明るさはF2.8となります。
よく言葉として登場する「露出を1段絞って!」などと呼ばれると、「何言ってるの??」とF値の上げ下げで混同してしまう理由がここにあるような気がしています。
露出を1段絞るってことは・・F1.4の場合はF2.8でいいの??と勘違いしてしまうのです。
1段絞るとはF1.4の場合は図の並びから次の数字、F2にするのが正解で、絞りリングを1段絞ると考えます。
本来なら数式で説明してもいいのですが、100%面倒だと感じてしまうと思うので、さらに知識を深めたい方は検索してみてください(笑)

現在のデジタル一眼レフカメラは上記の表以外のF値も表示されるため、F値の数字の意味については難解になっています。
しかし、昔からフィルムカメラのダイヤルを触っている人からすれば基準となるのは上記の図からの変化と感覚的に分かっているため、デジタル時代になって更に細かく絞りを変えることができるので便利になったとも言えます。

とはいえ、ややこしいですよね(笑)
今ではISOの自動設定でほとんどの人がその存在も無視して使っている人も多くなった露出ボタン・・・
フィルムカメラの場合は、装填しているフィルム感度は決まっているので、「F2.8で絞りを固定させて明るくしたいときは即、露出orシャッタースピードを触る」という感覚だったのですが、デジカメからカメラを始めた人はISO感度を触る傾向が多いようですね。
どちらもF値と露出の関係という点では差はありませんが、昔ながらのカメラ知識を得ることで写真撮影のスタイルが変わるかもしれませんのでご参考下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影と写真の解像度
昨今のデジタルカメラは高解像度の写真が撮れることを謳った機種もたくさん発売されていて、自社で商品撮影を行なう企業にとっても「高い画素数で撮れるカメラ=綺麗な写真」という考えからこうした機種を買い求める傾向もありますが、果たしてカメラの画素数は一体どれだけの効果が得られるのか?
ネット向けの商品撮影に関して少し検証してみたいと思います。

商品撮影は解像度が高ければ綺麗という誤解
結論から述べてしまうとネット向けに写真を公開する場合、画像自体の画素数など1000万画素もあれば十分に対応できます。
日本人のならずスマホ所有者の大半が綺麗だと口を揃える「iphone6plus」のカメラ画素数は800万画素で、写真知識の無い方は「やっぱりアップルのカメラはスゴい!」と外野から見ていると苦笑する事例が多いです。
比較しても無意味ですが、市販されているコンパクトカメラのほとんどは、800万画素の低スペックではなく、1600万画素以上のレベルを推移しています。
単純に数値だけみれば、いかに人間がブランドイメージや撮られた写真サンプルに影響されるかが良く分かる現象です。

ではなぜ解像度が低くても綺麗に見える写真になるのか?
スマホであれデジカメであれ、「解像度=写真のシャープさ」、つまりきめの細かい写真が撮れるから絶対に綺麗に撮れる!という意見が多くネット上を賑わせていますが、実際にサンプル写真を見てどちらが綺麗な印象になるか確認してみましょう。

解像度の勘違い事例
上の画像は同じ条件で撮られた写真にそれぞれ効果を加えています。
左は一般的な支持が多い解像感を出すために「シャープ100%」を適用しています。
対して右側は「シャープは適用せず」、コントラストを少し上げています。

いかがでしょうか?
一見すれば、右側の写真の方が奥行きや彩度もあって印象は良く見えるはずです。
厳密に見れば、右側の写真はJpeg画像を縮小リサイズしたままなので、モヤッとした画像ですが、写真の力は出ています。

まとめ
写真の良し悪しを決める際にシャープさを解像度があると判断するのは危険です。
高い解像度で撮れるカメラであれば商品撮影も劇的に変わるということではなく、低画素のカメラでもコントラストや彩度が商品を表現するために適切な階調を持っていれば、写真は綺麗に見えるのです。
話が少し戻りますが、こうした点を考慮しながら「iphone6plus」の綺麗だと言われている写真を見てみると、コントラストが効いた写真が多いことが容易に判断できます。
商品撮影で綺麗な写真を撮るためには画素数やカメラスペックだけに固執せずに写真の基本中のキホンの「光と陰」を意識していきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラの種類と商品撮影での活用
つい先日、カメラ選びについて少し記載しましたが、最近のデジタルカメラの種類(ジャンル)って多様化してるように感じませんか?
各カメラメーカーの努力もあるのですが、高性能化や軽量化も進んで、ちょっと前までは「デジタル一眼レフカメラ」が、プロには最適!と感じていましたが、今ではコンパクトデジカメでも非常に綺麗な写真が撮れてしまう時代です。

ではプロの現場でもデジタルカメラの種類は気にしなくてもOKなのか?
というと、ネット使用の画質のに限れば、どのカメラのジャンルを選んでも高級デジタル一眼レフとコンパクトデジカメを見分けられるのは、ごく限られた人になってくるでしょう。
しかし、実際の撮影状況によってはそれぞれの特徴を考えながら使用する必要があるようです。

細かく機械的な話をしてもつまらないので、どんな撮影状況(シーン)で役立つのかを考えながら、カメラを大枠の種類に分けて、それぞれの特徴を見ていきます。
まずデジタルカメラの種類についてざっと区分けしてみます(メーカーはNikon)
カメラの種類一覧
大枠としてはどのメーカーもデジタルカメラはこの3ジャンルとなります。
ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

デジタル一眼レフカメラの特徴
デジタル一眼レフカメラが他のジャンルと比べて大きく違う点は、オートフォーカス(ピント合わせ)のスピードです。
高速にピント合わせができるので、動きの早い被写体を撮るには最適です。
動きの早い被写体というと、飛行機や車を想像しがちですが、人物撮影でも場面によっては高速で動きます。
例えば、風に揺れる髪の動きの一瞬を撮る場合や、アパレルなら服の生地が揺れた一瞬なども動きの早い被写体といえます。
他のジャンルと比べるとサイズも大きいので、写真を撮るぞ!と意気込むたい人はこの種類のカメラです。

ミラーレスカメラの特徴
一番悩むのはこのジャンルの存在性でしょう(笑)
コンパクトでありながら一眼レフカメラっぽい・・何だこのカメラのカテゴリー??
個人的にも注目しているジャンルですが、理由として「気軽に持ち運べて、あなどれない画質を持つ!」ことです。(レンズ交換もOK)
デジタル一眼レフカメラはサイズが大きくなるため、写真を撮るぞ感(なんだそれw)がありますが、ミラーレスカメラはサイズ感も良く被写体に妙なプレッシャーを与えません。
モデルの商品撮影を行なっていると、たまに感じるのが大きなカメラを使うと「カメラの圧力」で人によっては緊張してしまうことがありますが、こうしたミラーレスサイズのカメラだと変なプレッシャーを与えることはありません。
但し、機種によっては背面の液晶画面で操作を行なう場合もあるので、ファインダーを覗くことに慣れている人は最初は使いづらいかもしれません。

コンパクトデジカメの特徴
どのジャンルより手軽に撮影できるのがコンパクトデジカメの特徴ですが、気をつけたいのはオートフォーカスのスピードです。
他のジャンルに比べて仕様上、撮りたいと思った時からピントが合う速度にズレが生じるため高速で動く被写体を撮影するのは苦手ですが、単純に料理写真や商品単体の撮影レベルであればニーズを満たす機種も多く出ているので、機動力と写真を残すという点では魅力があります。

カメラの種類と機械的なこと
上記3種類のカメラの特徴について書きましたが、「おいおい、メカニカルな事は無視していいのか?」と感じる人もいるかもしれませんが、こだわる人はこだわってください(笑)
そもそもカメラのメカニカルな事は個人的にはどうでも良いと思っているタイプで、機械的な仕様は「その時撮りたい写真」がある時だけ気にします。
「色合いがまろやか」とか「解像感がすごい!」とか・・そうした主観に依る判断はカメラ雑誌などがきっと検証してくれることで、それが好きどうかは別の話ですよね。

他の人は「キャノンの○○に対してこの機種はオレンジ色が強く出てしまう!」とか仰っても、そのオレンジが強く出てしまうことが好きな人もいるのも事実。
カメラの種類と漠然とした特徴を知って、自分の使い勝手に合うカメラを手に入れたら、たくさん写真を撮ってみてください。
そうすれば、カメラ(機械)ではなく「あなただけの写真の特徴が生まれる」ハズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影にホワイト背景が多い理由
今回は商品撮影に常用される「ホワイトペーパー」について少し触れたいと思います。
撮影に使用する背景というのは、何気に白・ホワイトでしょう!と思いますが、「どうして白がいいの?」と聞かれると困りますよね(笑)

漠然と「背景がシンプルだから」とか「切り抜き加工に便利」という記述はありますが、これらの理由であれば別段ホワイト背景にこだわる必要はありません。
白という背景色にもいくつか種類があり、背景紙を製造しているメーカーもホワイト系に準ずる商品は各色用意されています。

ちなみにモデルコードで商品撮影時に使用している背景紙はホワイト系の中でも「スーパーホワイト」を使っています。
1つの理由としては「白抜き加工を想定した撮影時に商品と背景のコントラストを作り易い」ことです。
もう1つは、「ストロボを発光させた時に人物の輪郭に色が被ってこない」これも重要です。
厳密に言えば「白も白く色は被ってくる」のですが、そこは経験で照明セッティングを行ないます。

ではホワイトペーパーでなければ色被りは調整できないのか?
実はそうでもありません。
過去の写真に参考になりそうなのがあったので、実例を見ながらご紹介します。

商品撮影の背景サンプル
上記のサンプル写真は同じ服で背景をそれぞれカラーペーパーと生地背景で撮影したものです。
左はカラーペーパー「黄色(イエロー)」で撮影したもので、右はレースの生地を背景にしています。

一見すると、同じ商品色を保っているように見えますが、よーく目を凝らして見ていくと黄色の背景ペーパーの場合は、光の反射で商品自体に薄く黄色が入っているのが分かります。
モデルさんにも薄く黄色の輪郭が出ていますので、これをバナー画像に使用するために切り抜き加工で合成するには手間が掛かります。

対して右側のレース生地の背景はどうでしょう?
先ほど同様に服や人物の輪郭に色が被ってくることはありません。
白いレース生地のサンプルでスイマセンが、色柄問わず生地背景の場合はあまり目立った色被りは起きません。
理由としてはコットン系の生地は光を吸収する素材のため、色が跳ね返って商品の色に影響を与える可能性は少なくなるということです。
対してペーパー(紙)の場合はある程度は光は反射してきます。

商品撮影に使用される背景に白が多いのは、こうした反射による色被りを避ける目的でも重宝されます。
ということは、反射の少ないカラーペーパーならホワイトでなくても良いのか?
結論としては撮影に慣れていない場合は、ホワイト・グレー・ブラックのカラーペーパーを利用することをお勧めします。
色被りの影響を受けにくいので撮影に集中できると思います・・・って黒背景は奥が深いですよ(笑)

商品撮影は白!というのは、どんなカラーの商品とも相性が良い事と+αのメリットがあるため、初めて撮影スタジオを利用するときの背景はホワイトが無難です。
余談ですが、白背景のみでも、ライティングによってグレー・黒に背景色を変えるなんてこともできますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮像素子から考える商品撮影に使うカメラ
写真やカメラのことを少し勉強すると、フルサイズ機とAPS-C機、はたまたコンパクトデジカメどれを選ぼうか?
と、悩む方もいると思いますが、「果たして商品撮影に向いているカメラはあるのか?」を撮像素子の話を交えながらご紹介したいと思います。

撮像素子って一体なに?
この手の話になると非常にややこしい部分になるので、簡潔にご説明すると、デジタルカメラの内部には光を受け止め感知する基盤があります。
カメラのフィルムに35mmとか中判フィルムなど種類があったようにデジタルカメラでは撮像素子があります。
つまり撮像素子=フィルムのサイズだと考えて頂くと分かりやすいかもしれません。

では実際に撮像素子のサイズの違いをご覧下さい。

撮像素子のサイズ説明
フルサイズ、APS-Cサイズ、4/3サイズ、1/1.8サイズ、1/2.5サイズetc・・デジタルカメラといっても多様な撮像素子の大きさがあることが分かると思います。

・フルサイズ機のデジタルカメラは、35mmフィルムの大きさが基準
・APS-Cは2年程前まではデジタル一眼レフカメラでは主流のサイズです。
・4/3サイズ(フォーサーズ規格)を採用した撮像素子はオリンパスやパナソニックのデジタル一眼レフに採用されていることで知られています。
・1/1.8や1/2.5サイズの撮像素子は、コンパクトデジタルカメラで多く採用されています。


こうして見ると撮像素子が小さいと写せる画角が狭くなってしまうの?と感じるかもしれませんが、撮像素子が影響を与えるのは、
・写真の画質(撮像素子が大きいほど高画質になる)
・画角(異なる撮像素子を持つカメラで同じ距離から撮影した場合の写せる範囲)

ということになりますが、ここで力を発揮するのは「カメラのレンズ」です。
写せる範囲が狭くなってもレンズによって画角を調整しています。
例えば、レンズに「35mm換算で○○」と表記があるのはフルサイズ機以外のものとなります。

やっぱり商品撮影には撮像素子が大きい方がいい!?
フルサイズのデジタルカメラの撮影素子が大きいことはメリットですが、撮像素子のサイズが大きいと、1画素あたりの面積が大きくなるので、感度やノイズといった画質を左右する性能が高くなります。
つまり写真を綺麗に撮れる人は、よりキレイに、初心者の方はそれなりに荒も目立つ・・とも言えます。

個人的にフルサイズ機を求める理由は、フィルムカメラで使っていた過去のレンズが使えることや、APS-Cサイズで違和感を感じていた35mm換算という曖昧な数値から開放されるという点だけです。

撮像素子が大きければ高画質になる!これは数値上は間違いありませんが、写真の良さを決めるのは高画質だけでしょうか?
商品撮影で考えるならば、最優先されるべきは「伝わる商品写真であるかどうか?」で構図やモデルは重要視されますが、ネット上で使用する画質であればフルサイズ機が絶対であるという理屈はありません。

ちなみに今までJPEGで撮影していたものを、RAW撮影に変えるだけで中間階層の色階調は相当変わります。
スマホで撮りましょう!とは言いませんが、フルサイズやAPS-Cなどの観点からカメラを選ぶことは単純に所有欲を満たすだけであって、写真が綺麗に撮れることとイコールではありません。

昔、有名な写真家が使い捨てのインスタントカメラで木村拓也さんの写真集を撮ったように、「カメラは機械で撮るのは人間」それで写真など簡単に変わってしまうのです。
商品撮影に使うカメラで大事なことは撮像素子などの性能ではなく、「伝えたい写真を撮れるカメラかどうか?」です。
最近のコンパクトデジタルカメラは性能も良いですが、メーカーが直感的に使えるよう試行錯誤しているのはこうした理由かもしれませんね。

メカニカルな部分に惹かれるのであれば性能重視で、また逆に「カメラの形が可愛いから買う」、これも素敵な写真を撮るための重要な要素です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション