商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

プログラムAEモードとは何か
デジタル一眼レフカメラに設けられているモードダイヤル、「フルオート」、「マニュアル」、「絞り優先」、「シャッタースピード優先」など使用する人やシーンに合わせた撮影モードをダイヤルを回すことで選択することができますが、謎のダイヤルモードが「プログラムAE」という撮影モード(笑)

カメラを始めたばかりの人によく質問される、この「撮影モード選択内のPのマーク」、確かにファイルカメラの時はこんなモード選択なんて気にすることはありませんでしたが、デジタルカメラ時代の有効な撮影モード機能の1つとして今回少し「プログラムAE」とはどのような使い方ができるのか?を理解しておきたいと思います。

「Pモード」つまり「プログラムAE」は、使い方を知っていれば非常に便利なツール(機能)です。
数年前にスナップ系の有名女性写真家もスナップ撮影をするときは、「プログラムAE」モードに固定して撮っているという発言があって驚いたほど便利な機能です。

では通常よく使われるカメラの「オートモード」と何が違うのか?
結論から言えば「絞りやシャッタースピード」をカメラ(撮影者)任せに切り替えながら撮影していくことができるモードです。
いまいちピンときませんよね・・

さらに噛み砕くと「オートモード」はシャッターを押して写真が出来上がりますが、「プログラムAE」はカメラのメインコマンドダイヤル(ニコンの場合)を回すことで「絞りやシャッタースピード」の数値を適正露出をキープしながら変更できてしまうのです。
機種によってはシャッター半押しの状態でダイヤルを回します。

プログラムAEモードの設定方法
「全部カメラ任せは嫌だけど、個別に絞りやシャッタースピードの設定は面倒・・」という時に最適なモードです(独自見解)
例えば明るさが場所によって異なる室内で、移動しながら撮影をする時などは、明るさの変化を気にせずに撮影に集中できます。
つまりダイヤルを回すことで適正露出の組み合せをポンポンとカメラ側が決めてくれるので、照明の光量や撮影場所によって「暗くなりすぎたり」、「明るすぎたり」することなく手軽に写真撮影が楽しめます。

ボケ味などの意図した数値を個別に設定して撮影したい時は、やや撮影者の意図がストレートに反映されるモードではない気がしますが、適正露出というのは初心者が悩む項目の1つなので、使い方によっては有効な武器にもなりますね。
プログラムAEモードはフルオートでしか撮ったことの無い人が「もう少し絵作りがしたい」という要望に応えるモードですので、まずはこのプログラムAEで表示される絞りとシャッター速度の関係性を確認しながら次なるステップへと進んでいきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真の活用術
商品撮影された写真素材を使った商品ページ画像の作成・・・
外注にページ制作を依頼していない場合は、ショップ担当者様が編集をされているケースが多いと思いますが、実は写真素材をどう構成するか?
意外と大変な作業ですよね。

よくあるパターンとしては着用画像をそのまま掲載していくページ構成、個人的には撮影冥利に尽きる感じはしますが(笑)、少し手を加えて消費者に対して訴追効果を高めたい所です。

ということで、今回は1枚の画像だけで商品説明画像は作れるのか?をテーマに弊社の標準画像サイズ1500pxを活用した構成例を作ってみましたのでご参考下さい。

では、まず元になる画像をご覧下さい。
本番前のテスト画像で申し訳ないですが、敢えて過酷な素材でやってみましょう(笑)
使っている編集ソフトはフォトショップですが、特別な機能は使わず、またフォントも標準のだけで構成してみます。
編集前の写真素材

元画像だけを見ると、商品細部の説明は別の「ポイント(商品アップ)カット」を使いたいところですが、これも1500pxの大きい画像納品のメリットを活かしてこの素材から抽出していきます。
弊社の備品のトップスなので特徴的では無いですが・・袖口と襟元がアピールポイントと仮定して構成してみます。
仕上がりは次の画像になります。
作業時間は3分程度であることと、1枚の元画像からすべてアレンジしてあります。
編集後の写真素材

このサンプルでお伝えしたことは「写真素材の活用方法」です。
例えば商品撮影されたモデル画像は「全身」と「ひざ上」で撮影された写真がほとんどだと思います。
つまり良くも悪くも商品をクローズアップしていない着用イメージ写真だということです。
どうアレンジするかはお客様次第・・w

1枚の画像を1枚として使うのではなく、パーツとして切り抜く方法もあるということ。
こうすることで1着あたりの撮影枚数を調整できますので、撮影コストの交渉材料としても有効です。

どのような商品画像(ページ)を作りたいのか?
それによって必要カット数(予備も含む)は何枚くらいなのか?を考えることができます。

写真素材の良い部分だけを切り取り、構成していくことで「伝わりやすさ」も変わります。
やみくもに写真素材を並べることを考えるのではなく、商品写真を情報として捉えることで無駄な撮影経費を抑えることもできますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
モデル料金の妥当性
商品撮影などの商業用写真に起用するモデルとはモデルです・・

何を今更・・と感じられるかもしれませんが、これはモデル費用が込みとなっている撮影料金に大きく影響していることを考えて欲しいと思います。
弊社サイトをご覧頂いてる方の大半は、ネットショップ事業者様だと思いますが、モデルと単なる被写体を区別する感覚が浸透していないケースがたまにございます。
今回は、「なぜ撮影業者がモデル料金込みで安く受けるか?」を感覚で捉えて頂ければ幸いです。

さて本題ですが、私の感覚として「モデルとは」クリエイティブな感性を持った人材です。
対して「被写体」とは文字通り「撮影に必要な素材(オブジェ)」です。

アパレル商品の着用写真という観点でみれば「モデル」を起用することは商品を購入する人にとって有益な情報提示となりますが、スキル無い人材、つまり被写体だけを望むのであれば、生身の人間を使う必要は無く、マネキンやトルソーで十分役割は果たします。
これについては何度か記載していますが、これを現在の撮影サービスに置き換えてみたらどうでしょうか?

例えば「モデル撮影代金込みで1000円!」という破格の安値があったとします。
同業者から見れば、「ただの被写体か・・」とすぐ見分けはつきますが、一般の方からすれば「モデル料金が安くてお得かも!?」と勘違いしてしまう方もいると思います。

モデルという言葉や肩書きは、昨今のネット事情では、スキルの有り無しに関わらず、写真の被写体であればモデルだという表記がされています。
スタジオを変えたら着用イメージの写真が全然違った!・・という意見は明らかにこうした認識のズレが生じた結果だと感じることもあります。

単純に着用している「生身の人間」つまり被写体であればOKという条件であれば、格安の業者を利用することは料金的にはメリットがあります。
ただ1つ考えておいて頂きたいのは「もしもトルソーの方が価格が安かったら?」個人的には被写体としての人間より、サイズ感が正確に出るマネキンやトルソーを選択します。

弊社の場合、撮影代金は「高過ぎず、安過ぎず・・」です。
これが良いか悪いかはご利用頂くお客様の判断に委ねるとして、撮影業者として「曖昧な表現」は避けています。
激安とか業界最安などの文言は当然使いたくもありませんので、「適正価格」と表示しています。

取り扱うモデルの価値を「被写体レベル」まで下げていけば、「日本一安いモデル撮影サービス」と記載するかもしれませんが(笑)、モデルとしての現在のコンディション状況や直近のお客様の感想を素直に提示することでモデルレベルをキープしてきた弊社のスタイルは変わることはございません。

被写体扱いの人材なのか?、モデルとして扱える人材なのか?
その境界線をしっかりと見極めることができれば撮影料金の妥当性は見えてくるものだと信じております。
このエントリーをはてなブックマークに追加
レフ板の使い方
商品撮影には欠かせないアイテムとして「レフ板」があります。
普段使いとして一般の方が写真を撮ろうとした時に、レフ板を用意するなんてことはあまり無いかもしれませんが、スタジオ撮影ではレフ板の使い方によって写真の仕上がりは大きく変わりますので必要不可欠な機材の1つです。

と、ここで「レフ板ってなに?」という方もいるかもしれませんので補足すると「白と黒の面がある板」です。
白黒以外にもカラーが銀色、金色があり、形状も四角や三角・・大きさも人物大のものから、ハンディタイプの小さなものまで様々ですが、基本的な使い方は「光を起こす」もので、例えば、人物の顔を撮影する時に右側から照明を当てた際に、当然左側は影(暗い部分)になります。
それを補完するためにレフ板を使って右側からの光を反射(光を起こす)させます。
メイキング映像などで撮影のアシスタントさんが白い板を女優さんに当てているアレです(笑)

光を起こす使い方以外にレフ板の黒い面を使って「光を切る」場合にも重宝します。
これまた例えると、回り込んだ光が人物に当たらないようにしたり、作為的に影を演出したりなど用途は様々です。

さて、商品撮影でよく見かける「背景の白とび撮影」ですが、これもレフ板の使い方によって印象は変わります。
背景を白く飛ばすということは、人物に当たっている光よりも強い光量を背景に向けて照射しますので、人物と背景の距離感によっては、光が後ろから回り込んできて輪郭が消えてしまうこともあります。

次の写真をご覧頂いて、実際に「背景白とび撮影」時に「白いレフ板を両サイドに置いた場合」と「黒いレフ板で光を切った時」の違いを確認してみましょう。

レフ板の色による写真の違い
左側の写真は、「白いレフ板を両サイドに置いた場合」で、よく見てみると脚などの輪郭の部分が白く飛んでいるのが分かると思います。
対して左側は、「両サイドに黒いレフ板を置いた写真」で、背景から跳ね返ってくる余分な光を抑えています。
丸で囲った部分を注視して頂くと、輪郭がしっかり出ていることが分かります。

例えば、真っ白な商品を着用して白抜きを想定して撮影する場合は、黒レフの方が有効ですが、少しアクセントのある写真が好きならば右側でも良いかもしれません。
弊社の場合では「完全に後から切る抜く画像」をオーダーされれば、黒レフを使いますが、イメージと併用するような場合は微妙にアレンジ(企業秘密)します。

単純にレフ板を立てているようですが、角度や距離などにより光の返り方は変化しますので、「背景白とび撮影」で1つの照明設定ですが、レフ板のアレンジによっていくつもパターンができるのです。
ストロボや定常光など発光する機材だけではなく、こうしたレフ板などのアナログな機材も撮影には重要で、何も無いところに光を持ってくる役割も担うレフ板は撮影の基本を学ぶ上でもポイントとなる機材です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影照明と光の質の違い
最近では商品撮影キットで、「ストロボ+アンブレラ+スタンド」がセットになったお手軽撮影機材のセット販売みたいなものがあります。
こうした初心者向けキットでは、「コレさえあれば何でも撮れます!」的な触れ込みを目にしますが、この文言が少々疑問だったので、私なりに光の特徴から環境にあった照明機材について書き留めたいと思います。

照明機材といえばアンブレラがベスト・・なのか!?
一般的には撮影照明機材となるとアンブレラやボックスタイプが主流ですが、一見すると同じような照明効果のように感じてしまいがちですが、比較すると違いはあります。

まず、こうしたボックスやアンブレラを使用する理由は主に2つあります。
・光の質をコントロールする。
・光の方向をコントロールする。


この2点についてはボックスでもアンブレラでも意味としては同じですが、「集光性の違い」においては決定的に異なります。
ボックスライトは「スポットライト」、アンブレラは「点から面へと変化するライト」と呼んでも良いかもしれません。

それぞれの光の拡散方法を知る
拡散光というと「どれだけ光が広範囲に行き渡るか?」ですが、ボックスとアンブレラではストロボ装着時の向きがまず違います。
ボックスライトはストロボ電球の向きはボックスの面に向いているのに対して、アンブレラは一旦跳ね返った光を飛ばす方向(傘の内側)に向いている違いがあります。(アンブレラタイプでも1部仕様が異なる場合はあります)
懐中電灯で例えると、ボックスは人物に直接向けたような光、アンブレラは壁に跳ね返して照らしている感覚です・・例えが分かって頂けると嬉しいです(笑)

次の画像をご覧下さい。
上記の光の向きの違いにより、ボックスとアンブレラでは「光の拡散の仕方」が異なります。
アンブレラは距離が遠ざかるにつれて拡散率は大きくなりますが、ボックスは単一方向に向かって光が伸びていくイメージです。

ボックスライトとアンブレラの違い
こうした光の特徴がどのような影響を及ぼすのか?
例えば、人物の顔を中心にライティングしたい場合は、どちらでも比較的簡単にライティングは行なえます。
しかし、全身を均一に照らそうとすると、アンブレラの場合は拡散率が高いので、100の光を被写体に100届けるのは厳しくなります。
光量の集光性が高いボックスであれば100の光をロスを最小限に抑えて照らすことができます。
ただ、集光性が高いという事はそれだけ「人工の光」のイメージが強くなりやすく、太陽のような自然な光を作ることは難しくなります。

一概には言えませんが、物撮りのような人物以外の撮影を想定した場合は「狙った所に光を簡単に当てることができる」この点で、ボックスライトがお勧めですが、人物撮影の場合はアンブレラの方が撮影照明のコツを掴みやすいようです。
人物なのか?物撮りなのか?・・・この違いで最初に揃えるべき照明機材の参考にして頂ければと思います。

どちらが有利ということではなく、写真の仕上がりに合った機材を選ぶことが重要で、「お手軽キット」と書いてあっても、目的によってはお手軽ではない場合があることを覚えておいて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション