商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

アパレルモデルの容姿について

「周りの友達からモデルになった方がいいよ!」と言われます。

よくあるモデルになろうと思ったキッカケの1例ですが、現実は素人さんの友達から勧められたからといってモデルになれる訳ではありません。
容姿端麗・・でもモデルには向いていない人はたくさんいます。
では「綺麗だけどモデルになれない人とは?」・・今回はモデルの素質について少し触れたいと思います。

容姿端麗でビジュアル的には問題ない人は結構いる
弊社のようなスタジオモデルというジャンルの実体験をお話しするなら、モデル募集を見て面接を受けることになる人の半数以上は「見た目はすごく綺麗な人」が占めます。
当然ですが、面接をして即OK!ということもなく、「カメラテスト」で実際に撮影をしてモデル業務を任せて大丈夫か、“可能性”を試します。

この段階ではポージングなどのスキルは全く問題にはしていません。
では、何を見ているか?

「自分を演出できているかどうか」を判断しています。
つまり答えがないものを見たいと思っています。

活字で書くとややこしいですが、「モデルを演じているか」がポイントです。
モデル業務として撮影に臨む場合は、クライントの意図を演じることが仕事です。

ここが大事で「モデル業務のすべてである」と考えます。
メイクやポージングスキルは努力で何とかなるものです。

ビジュアルがどれだけ良くても撮影時に棒立ちになってしまって免許証の証明写真のようになってしまっては、撮影時に服を着こなす動きになるまでに何年練習をしなければならないか?と考えると、即戦力ではありません。
冷酷な表現をしてしまえば「モデルの覚悟がなければ応募はしないで欲しい」と感じます。

撮影モデルに求めることへの勘違い
モデル希望者だけではなく、撮影を依頼するクライアントもそうですが、「良いモデルの基準」を勘違いしているケースが多いのも現実です。

カメラマンにとって良いモデルは、決して操り人形のように指示されたポーズを繰り出せる小手先の技術ではなく、「無意識に演じる力を持っている人」です。
こうした人材の場合は、撮影カットのイメージや体の向きを伝えれば、あとは自ら演じながら服を着こなしていく。

「とってもギャラの払い甲斐のある人材ですw」

では演じる力って、そもそもどうしたら身につくのか?

簡単な例をご紹介すると、カラオケって行ったことありますよね?(笑)
その時は少しは好きな歌のアーティストになりきって歌っていると思います。
つまり無意識に「アーティストに近づけようとしている」ハズです。

写真撮影でも同じで、誰でも最初は立派なモデルではありませんので、「モデルになろうとする」これが演じる力のヒントです。

でも・・恥ずかしい・・・

そうです。モデルは恥をかく商売です。
言いかえれば、自己表現を恥ずかしいと思っている人はモデルには向きません。
最近のスタジオモデルがクライントへの見栄えを考慮して「ビジュアルを揃えるだけ」の傾向に疑問を感じるのはこういった点です。

撮影に求められる綺麗さを知る
アパレル商材においての「綺麗の絶対条件」は「着こなし(演技)力」です。
これはマニュアル通リのポージングよりも優先されるべきだと個人的には考えます。

本来写真の良し悪しというのは「あっ!かわいい!」、「あっ!綺麗!!」という瞬発的な感情で決まります。
そうした写真が撮られる過程にはモデルや撮影者の「綺麗と思わせる演技」が介在します。

撮影側は光やアングルなどで演出をし、モデルはそうしたパターンに合わせた演技で応える。
そうした写真の中に「クライアントの商材」が入り、商品着用写真としての品質は向上します。

つまり、撮影に求められる綺麗さとは「綺麗な女性が着るか?」ではなく「演じる力のある女性が着るか?」で綺麗な写真の仕上がりは左右されます。
容姿端麗でスタイルが良いというのは、あくまでも指標であって、絶対条件ではありません。

モデルを業務として捉えると大事なことが見えてきますので、アパレルモデルを目指す方は「綺麗とは何か?」を一度考えてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影シミュレーターアプリ


一眼レフカメラを使って写真の勉強をしようと思っても、屋外にカメラを持ち出して撮るには・・ちょっと気分がノラない・・
そんな出不精の方でも時間がある時に楽しみながら撮影をシミュレートできる便利なアプリをご紹介します。
大胆な冒頭の書き出しになってしまいましたが、あくまでもシミュレートとしてお役立て下さい。

海外版ですが、上記のリンク先からページを開いてもらうと一目瞭然です!
撮影の雰囲気をシミュレートできます。

たかがアプリといって侮ってはいけません。
「天候」・「被写体との距離」・「ズーミング」・「ISO感度」・「絞り」・「シャッタースピード」はもちろん、撮影モードも「絞り優先」、「シャッタースピード優先」、「マニュアル」とかなりの充実でフリーで遊べます。

各設定項目を決めたらシャッターボタンを押すと、仕上がりイメージが表示されます。
シャッタースピードによる手振れや適正露出になるためには、どの設定をいじるとどこが連携するのか?
初心者の方にとっては、活字で説明されるよりも直感的に写真撮影の操作感を味わえるので便利です。

こうしたカメラレッスン的な事を実際のモデルを使って行なうとなると、費用や時間もかかりますし、何よりカメラテストに付き合う方は精神的に疲れます。
被写体としてカメラ前に立っていて、撮影側は数値を触って写真の違いを楽しめますが、被写体は立ち尽くすしかない・・・

カメラ機能で最初に覚えたいことは、「数値を変えると写真はどう変わるのか?」だと思います。
このシミュレートアプリならそうした数値の変化を視覚的に捉えることができますので、入門編としては役立ちます。

しかし、撮影は現場の空気感や被写体との会話の中から写真は生まれることを忘れないで下さい。
どれだけ撮影をシミュレートしてカメラ機能を覚え込んでも対象が変われば撮り方は変化します。

極上の撮影上達方法は「本気で撮って、本気で失敗すること」です(笑)
本気で撮って納得がいく写真が撮れなければ絶対に悔しいはずで、もっと上手くなりたい欲求が生まれます。
予習と復習、学生みたいな当たり前のことですが、撮影技術を自分のものにするには、所詮アナログな考えの方が近道だったりします。

バーチャルアプリやシミュレーターは、向上心をサポートするツールであって、技術や実績を形成する核になることはありませんのでご注意を。
写真撮影においてシャッターチャンスが訪れる瞬間は、心が動く瞬間ですのでシミュレートアプリでは再現できないと割り切りましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラ選び
「カメラ欲しいけど何がオススメ?」

これって近くにカメラを持っている友人・知人に聞いてしまうよくあるパターン。
親切な人は機能面や画質の違いなど細かくカメラ選びのアドバイスをしてくれるかもしれませんが、個人的には「好きなの買えばOK」といつも言ってしまいます。
誤解の無いように書きますが、冷徹な対応ということではなく、道具選びなど感覚で選ぶのが一番です。

そもそも写真を撮るという行為は、十人十色。
もっと言えば、どのカメラを買っても写真は撮れるのです。

カメラに対する想いもそれぞれですが、現在市販されているカメラのことを購入前から機能や画質などを考えるのはナンセンスで「買ってしまえば機能も画質も納得して使うしかない」のです。
他のレビューなどを見て迷うのであれば、実際に店頭に行ってデザインが好きなのを選ぶと良いでしょう。
直感的に好きになったカメラは経験上、長く使うからです。

こだわってしまえば際限なく迷うことが出来ることもカメラ選びの楽しさの1つですが、「簡単なのがいい!」ならスマホでいいでしょ(笑)
道具というのは必要な条件を満たしていることが重要で、「持っていて可愛いのがいい」という条件であればトイカメラのホルガでもその人にとってはベストな選択なのだと思います。

仕事として使うカメラということでプロが選ぶのはコレだ!みたいなくだらない記事を目にすることもありますが、どんなプロでも写真だけを見て「機種まで当てれる人などいない」
そもそも機種が判断できて何のメリットが・・「機種ソムリエ」なんて職業ないでしょ(笑)

要は、写真を撮ることを目的にしている人ほどカメラを選ぶという事の優先順位は低い。
熱くカメラの機能面を語っている写真家ほど、「過去の栄光にすがっている評論写真家が多い」と感じるのは私だけでしょうか・・(暴言です)

撮影現場の経験上、一眼レフを使うこともあれば、コンパクトタイプを使うこともあります。
高画素ハイスペックな写真を撮ることが良い写真ということではなく、時には雰囲気を重視してチープ感を出したい時もあるのです。

PC関係の仕事で撮影をはじめた経験上、昔感じたことですが、こんなことって今もありませんか?
パソコンの中に「イラストレーター」や「フォトショップ」をインストールしてある・・が使ってない。
要は使わない人が万能アプリを持っていてもHDDの無駄です。
でもインストールしていることで、デザインができる気になっているみたいな・・
そんな変な所有欲とハイスペックカメラの所持って何か似ているような・・

満足できるカメラ選びは簡単です。
手に持ってみて「良いと感じるカメラ」をたくさん使って、たくさん写真を撮ることです。
くれぐれもカメラのスペック表だけを見ず、撮影者のスペックも見るようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影モデルとしての基礎
ことアパレルモデルというジャンルは商品撮影という業務からみると、販売前の素材力を決める重要なポイントです。
では「商品を伝えるための人物素材」という視点で、これからモデルを目指す人や既にモデル活動をしている人に向けて「最低限知っておくと役に立つ項目」についていくつか触れてみたいと思います。

この記事を読んで「できてないかも・・」と感じた人は、良く言えば「伸びシロがある」、悪く言えば「自称モデル」です(笑)。
では早速、実際の業務からクライアントに指示されやすいモデル像とは何か?を項目別に確認しながら知識を深めましょう。

髪の毛のカラーやメンテナンス
これはヘアースタイルが決まっているということではなく、商品やジャンルに合わせた戦略があるモデルとしての自己管理ができているか?という部分です。
例えば、月の初めにカラーリングをして2ヶ月近く放置している・・、一般の人が考える「そろそろ何とかしなきゃ!」と感じるメンテナンス感覚と不定期に入る仕事に対応しなければならないモデルとでは「人に指摘されてからではアウト」だということを自覚しましょう。

「消費者の代表」として新商品を着用するモデルのヘアコンディションが悪いという時点で、ショップが受けるイメージダウンは避けれれません。
よくある事例が「この前、ちょっと髪色明るくしてみました!」とその時はコンディションが良いケース。
その後、メンテを放棄すれば下手にメンテが大変なカラーリングをしない方が無難だったと悔しい思いをするのはモデル本人です。
カラーやスタイリングの基本は「自分でキチンと管理できる範囲内か?」を考えることが重要で、一発屋のようなヘアコンディションは、正直1度でもメンテを怠った状態で撮影に入れば一気に信用を失います。

アパレルモデルとしての「おしゃれ」と、普段使いの「おしゃれ」は違うと心得るべきです。

目元づくりの勘違い
最近は常用されている「つけまつ毛」、全面的には否定しませんが、ジャンルによっては致命傷になります。
では「つけまつ毛」を使う際に気をつけることは何か?
1つは「表情を潰さないようなものを選ぶこと」です。
写真撮影を行なった時に無表情になる原因として目元を飾り過ぎたことで生じる「本来の目のチカラの消失」があります。

装着している本人は「目元を強調、可愛くする」ために付けていると思いますが、逆効果になることを理解すべきです。
また、糊が目立つようなつけ方をしていると、目線を下に落とした表現の時に「汚い目元」になります。
商業写真は肉眼で見るよりも精細に写りますので、「これぐらい大丈夫」は全然大丈夫ではありません。

カラーコンタクトも同様に考えるとベストな選択とは言えません。
分かりやすい事例としては、フランス人形でも何でも構いませんが、人工で作られた眼球をじっと観察してみてください。
きっとそこには「目から伝わる感情」というのは何も伝わってこないことが分かるはずです。
どんなに笑顔を作ることが上手くても「目玉が笑っていない」・・・却って怖い写真になります。

自分流メイクから脱出する
ネットショップ向けのメイクは「モデル自前メイク」となるケースが多く、メイクアレンジの多さも武器になります。
とはいえ、普段は普通の仕事してるからメイクを勉強する暇はない・・これは言い訳の常套手段です。
こうした人の多くは「写真を撮るからメイクを頑張る」傾向があります。
言い換えれば、普段のメイクは頑張っていないと主張しているようなものです。

普段は普通の仕事・・であれば普段から「ナチュラルメイクを極める努力をする」それだけで良いのです。
そして休日に女子会でもあるのなら「アレンジを効かしたメイク」にチャレンジすれば経験値は増えます。

「私メイク苦手なんです」と言う人はモデルを諦めれば良いだけで、現場では「出来る人」しか残りません。
普段からできる努力を怠る人にクライアントは振り向きません。これが現実です。

街中には美容部員を要した化粧品メーカーのブースがいくつもあります。
タダでメイク術を教わってしまえば知識も増えるでしょう。
できない理由を自慢するのではなく、できるようになる方法を探す人材になりましょう。

以上が基本の「き」として商品撮影モデルとして心得ておくべき項目です。
アクセスが多いようなら第二弾も予定していますので、心臓の強い方はお楽しみに(笑)。

アパレル系や商品撮影モデルは面倒な事が多い。
でもそうした一般の方が日常から面倒と感じることを実践しているからこそ、クライアントはそこに価値を見出し、仕事を任せると思いませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
レタッチの基本を学ぶ
自社で商品撮影を行なった写真、レタッチで調整していますか?
ネットショップ上で取り扱う写真素材の雰囲気がバラバラだと心理的に「統一感のないショップ」という印象を消費者に与えることもあります。
例えば事務所内で太陽光を光源として、撮影しているケースなどは作業時刻や天候によって仕上がりにバラつきがあることもあります。

では、一般的にレタッチ作業とはどのような順番でどこを見ていけばよいのか?
今回はレタッチが必要かどうかを決定する基本項目を確認しながらショップ画像の統一感を目指します。

まず、大事なことは「基準となる画像」を必ず決めておくことです。
撮影回数が多くなってくると「前回の画像」を基準にする傾向が目立ちますが、最初(初回)の撮影で「ショップの基本画像となる色合いや明るさ」を把握しておきましょう。

では、始めていきます。

ホワイトバランスを調整する
撮影した写真のホワイトバランスを調整していく際は、「見たままの印象+α」を考えます。撮影の段階でキチンと調整できていればそのまま基本(元)画像として使用しても構いませんが、今回はホワイトバランスを少し調整して印象的に見えるように調整してみます。

ホワイトバランスの調整
これで、基本となる画像のホワイトバランスが決まりましたので、今後の作業はこの元画像を基準に「どう印象付けていくか?」を決めていきます。

明度の変更
適正露出という点で見れば、元画像の方が適していますが、バナー画像などインパクトを出したいときは、まず最初に「明度の変更」を確認してみて下さい。露出を変えることでハイキーにもローキーにもなりますので、最初に色合いを変更してしまう前にまずは「明度を変えてみる」このことを覚えておきましょう。

明度の変更

コントラストの変更
明度の変更は画像全体に影響を及ぼすのに対し、コントラストは画像内の「明暗の差」を調整する部分になります。
この設定項目で「パキッとした画像にするのか?」または、明暗の差を少なくして「ぼんやり柔らかい写真にするのか?」を決めることが出来ます。
同一のショップ内でブランドによりイメージが違う際はコントラストを調整することでシャープにもスウィートにも仕上げることが出来ます。

コントラストの調整

彩度の変更
いわゆる「色合い」を決める項目となります。基本設定では画像全体に影響しますが、スポット色にターゲットを合わせて調整することも可能です。
参考画像では花びらのピンクを強調するように彩度調整しています。
この彩度調整でカメラやレンズの影響による色を忠実に再現することもできますので、ホワイトバランスでは補完できない部位の色調整にも有効です。

彩度の調整

色相の変更
あまり普段は使用しない機能ですが、1カラー分の写真からカラーバリエーションを生成する時に使えます。
例えば参考画像のように、同じピンク系の花びらでも、「少し淡いピンク」がある場合などは色相を指定して微調整することで、カラー展開分の写真素材として仕上げることが出来ます。
参考では「レッド系」「イエロー系」を調整しています。

色相の変更

こうした基本的なレタッチ機能を把握することで、撮影時のムラをなくして統一感のある写真素材に仕上げることができます。
商品説明画像としてレタッチを行なう場合は、「極端に本来の色を損なわないようにする」ことも大切です。
基本レタッチの順番を覚えておくと、補正作業が迷走してしまうミスを防ぐこともできますので、やみくもに画像補正を行なうのではなく、順序を決めておくと効率的に作業が進みますのでご参考下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション