商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

カメラマンの撮影スタイル
個人的に、「撮影講座」なるものは嫌いです(笑)
写真を基礎から学ぶということは大事なことですが、「撮影スタイル」を教わることはベターではないと感じます。
例えば写真家Aさんの撮影講座を受けて納得した気分になって、いざ撮影本番を迎えた時に感じるでしょう。

「ぜ~んぶ自身で考え行動しなければならない」という現実を・・

撮影スタイルというのは、個々のカメラマンの経験から生まれるもので、誰でも真似すれば良いというものではない。
例えばモデルやクライアント、撮影環境や機材など、講座の先生と同じ条件になる現場など100%無い。
「モデルさんにはこうやって気を遣いましょう」とか「アングルはこうして作る」など為になるようで核心をついたものではない。

初めての撮影現場でグダグダな雰囲気になってしまっても躊躇うことはありません。
「それが今の自分の撮影スタイル」なのです。
無理に現場を仕切ろうとすれば経験不足から失敗を招くでしょう。
であれば、「初心者なので助けてください(^_^;)」と声掛けをすれば万事上手くいく。
撮影のみならず、クリエイティブな現場では経験が手助けになります。
経験の豊富な人材はカメラマンである必要はないのです。

「撮影スタイル」を学ぶということは、先駆者が通った"カメラ道”みたいなのを知ることで、知識であり経験値にはなりません。
上手くいかない現場や思い通りに写真が撮れなかった経験が、次の課題を示してくれます。

要は「今すぐ上手くなろうとはせず、今足りないものを知る作業」を撮影工程の中で見つけることが大事なのです。
「このレンズではこんな写真ができる」とか「こうセッティングするとこうなる」などは撮影技術の仕様で、「撮影スタイル」とは別の問題ですが、混同してしまうケースが多い。

私自身感じるのは、写真が好きで何十年も撮影を続けてきた人には勝てないと感じることがあります。
写真の出来が上手い下手というのは個々の主観の問題で、現場を上手く回すとか、切り抜け方法というのが独自の撮影スタイルに繋がるようにも感じます。
カメラマンやモデルを目指す人に今足りないものは、「失敗したくないプライド」が強すぎることで、そうした心理が働くと写真(作品)としては面白くはなりません。
「若気の至り」のような写真って意外と人の心を突くものです。
駆け出しのカメラマンは撮影スタイルにこだわらず、夢中で撮って、全力で失敗した方が肥やしになります。

というのも私の経験ですが・・・参考になれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影モデル画像を補正するテクニック
ぽっちゃり体型のモデル写真をスタイル抜群の写真に変える!
こう書いてしまうと、デジタル処理の高等テクニックのように感じるかもしれませんが、実はさほど難しい処理ではありません。
どんな時に使うのかといえば、商品撮影のパーツ画像などです。

例えばカタログで出版する「ストッキングの着用画像」など、理想の脚の細さってクライアント毎に変わります。
理想の脚を持つモデルを探すのがベストですが、1カットだけ使用するためにモデルを追加する・・そんな経費の無駄は嫌ですよね(笑)

では実際に撮影した後に体型を変えるフォトショップの使い方を今回は見ていきましょう。
まずは画像を見て頂いた方が早いので、補正前後を比べてみてください。

モデル写真の補正サンプル
左は「補正なし」で右側は“くびれ”を強調して少しバストアップしています。
元からスタイルは悪くない参考画像ですが、フォトショップでここまでは簡単にできてしまいます。

実際の作業方法はこうなります。
フォトショップのメニューから「ゆがみ」をクリックします。
そうすると画面が切り替わって、補正画面になります。

撮影写真の補正手順
慣れていない方は、まず「左側のツール」で「縮小ツール」、そして右側の「ツールオプション」で、ブラシサイズ150、ブラシ密度50、流量20くらいにして、スタイルを補正したい箇所を軽くクリックしながら輪郭を調整していきます。
この動作を繰り返して、違和感の無いように調整して、納得のいく状態になったら「OK」で閉じます。
ハイ、出来上がり(笑)簡単です!

誤解のないように記載しますが、弊社のモデルリストの画像はスタイル補正は一切行っていないのでご安心くださいw
こうしたテクニックは「標準を目指す説明写真」にはちょくちょく利用される補正方法です。
手タレ、脚タレなどパーツ専門モデルさんを使うのも1つの方法ですが、今の時代はこうしたデジタル処理が出来てしまうから怖いですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影スタジオの料金交渉とは
さて今回は「撮影スタジオ側が敬遠したくなる価格交渉とは?」について触れていきます。
どうしてもサービス提供側なので「お客様第一主義」のようなキレイ事ばかり並べがちですが、これはあくまでも「お客様になった場合」です。
日々撮影に関する見積もりや問い合わせの中には、正直「受けたくない要望」というのが存在します。

昨今は比較的アパレル商材を扱った経験の無い方でも、脱サラなどしてネットショップを開店するケースも多く、外注撮影に関しては「適正価格」というのが「自身のものさし価格」で考えられてしまう傾向が目立ちます。
「お客様は神様だ!」という理想論も理解できますが、撮影スタジオも利益を求める仕事です。

多数存在するスタジオが経費などを考え各々で料金設定を行っていますが、よくある問い合わせとして、

「他社はこの価格でやってくれるよ!」

というお客様候補のご指摘・・・たまに「安くしろ!」という情熱が強すぎて今後の友好関係は築けなさそうな物言いだったり・・(笑)
弊社の場合は、明らかに自社の作業内容に見合わなければ、アッサリお断りしてます(すいません)

というのも、長年ネット上で商品撮影サービスをやっておりますと、「他社からのりかえ」で、訪れるお客様が多いのです。
撮影に向けて相談を受けていると他社のスタジオがどんな写真をどれくらいの価格で撮影しているかは大体把握しています。

まず、次の2枚の画像を御覧ください。
一応弊社アピールが強すぎると宣伝のように思われる可能性があるので無料素材を使います。
さてさて画像です。

撮影料金の比較画像

いかがでしょうか?
例えば、今まで左側の商品写真が300円だったとして、同じ価格で右側のような「良さ気な写真」をスタジオに要求したら・・
端的に言えば、「左:ただ白い紙の上に置いて撮ったもの」と「右:照明などに配慮して撮られたもの」これを同じ土俵に上げて交渉されてもスタジオ側も・・渋い顔になります。

これが右のように整頓された写真なら料金は変わっても良いというのであれば、頑張って見積もりますが、クオリティは上げて価格はそのまま300円で撮影して欲しいとなると、スタジオのプライドの問題になってきます。

当然、左のような写真を納品することに対して「プロとして許せない」と感じるはずなので、右の写真を最低ラインにすると思います。
そこで考えるのは「利益が出るかどうか・・」アパレル商材を扱うスタジオは繁忙期が必ずあります。

シーズン前の繁忙期に300円物件を無理に入れるかどうか??
撮影側や依頼側は関係なく、経営として考えれば得策ではありません。

良いスタジオというのは、「顧客によって値段が劇的に変動することはありません」、その替り「品質は保証されます」
顧客側からみれば、自分のショップは単価500円なのに他のショップは300円で受けてる・・そんなの嫌ですよねw

商品撮影というのはスタジオごとに最低ラインや適正価格がありますので、「とにかく安く」という料金交渉はお勧めできません。
スタジオが出す見積りというのは他社スタジオの動向や自社との兼ね合いを踏まえ、算出されているはずですので、「出された金額と欲しいと考える写真の仕上がりが一致している」これが業者を決める判断材料としては適しています。

今やデジタル写真は誰でも手軽に撮れる時代です。
大なり小なり撮影に対して「お金を払う」ということは、数字ではなく内容を見極める力が依頼主にも求められています。
このエントリーをはてなブックマークに追加



高解像度モニターでの写真現像、またiMac Retina 5K displayネタで申し訳ないですが、しばらくアドビのLightroomで写真現像を行ってみてのご報告です。
特にこうした高解像度のモニターで写真を見ましょう!とお勧めしている訳ではなく、ネットショップで写真を扱う担当者様の参考になればと思います。

写真の現像についてですが、iMac Retina 5Kの雑感としては、今まで使っていたモニター(FHDサイズ)で現像するとテンションが落ちる・・という心理的変化が起こっています。
既存のモニターも決して安いものではなくEIZOさんのカラーエッジなので色への信頼度としては満足しています。
しかし、今どんな状況になっているかというと、iMac Retina 5Kで現像を行い、EIZOで最終チェックして納品している感じになっています。
多分、時間をみつけてiMac Retina 5Kのカラマネをしっかりして、単体で納品までもっていく計画です。

マックが飛び抜けて良いとは感じませんが、パソコンのスペックと高解像度モニターによって写真を見る目が変わる感じがしています。
例えば、お使いの一眼レフカメラが入門機(エントリーモデル)ということであれば、ほぼ等倍でモニター上で写真を見ることもできるため、編集作業は体感できる程に早くなります。
ページ制作の場合でも、モニター上の作業エリアが広くなるため、やたらとスクロールすることなくページ全体を把握しながらの編集も可能です。

撮影写真の編集の場合は、1件あたりで1000枚以上のカットをセレクトしていく時の写真チェックに要する時間は劇的に早くなりました。
拡大して詳細をぐるぐるマウスで拡大部分を移動して・・などの地味な時間が短縮されます。

但し、注意していただきたいのは「高解像度ではあっても色の再現性は絶対ではない」ということです。
こうしたモニターで見ている側は「綺麗!」と感じていても一般向けモニターで見た時の「色の再現性」は考えないといけません。
要は高解像度且つ、カラーマネージメント処理を適正に行っておくことです。

先述した通り、最後にEIZOのモニターで確認しているのも「綺麗すぎて怖い」というA型の性格が出ています(笑)
メリットとしては恩恵が大きいのは間違いありませんが、単純に解像感だけで納得してしまうのは危険な気もします。

結論としては「高解像度モニターは安いものを選ばない」これが今のベストな選択です。
知人のDELLの4Kモニターで写真を見せてもらうと、やはり「色合い」という点でかなりiMacとは異なります。

撮影した写真を趣味で楽しむ場合は、それほど心配することはありませんが、業務で写真を見せる、またはネットショップ等で販売するための写真を見るモニターとしては高解像度+色合いのバランス(調整できるかどうか)は大切なポイントです。

とはいえ、こうしたモニター選定の前提は何も4Kor高解像度に限らず「色の再現性」には常に気を遣った方が無難ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加


引用元:Google 日本語入力

site |https://www.google.co.jp/ime/


今回は文字入力システムのお話です。
ネットショップのページ作成時に文字入力(テキスト打ち)された構成にするのはSEO上も有効です。
でも長文を入力は苦手・・という人も多いハズです。
メールなどの短文の打ち込みではあまり不憫に感じることはないかもしれませんが、長文となると文字入力ステム(IME)の変換精度によって作業効率は大きく変わります。

こうした文字入力用のソフトとして有名なところでは、ジャストシステム社の辞書機能などもある便利なATOKが有名ですが、無料ではありません。
となると標準のIMEとなってくるのですが、変換能力はあまり賢くはありません。
そこでGoogle 日本語入力は無料でインストールして使うことができ、意外とハイレベルな精度を持っています。

正直、Google 日本語入力のサービス初期段階は「ATOKの方が良い」と感じていたのですが、1年ほど使ってみて変換や学習するという点では有料のATOKと変わらない便利性があると感じています。(今ではATOKがサブです)
無料で高機能なIMEと聞かれればGoogle 日本語入力がベストと紹介したいです。

何がそんなに良いかといえば、やはり変換の精度です。
四字熟語やタレントやアーティストの名前などを入力した時に「細かく区分けして変換する必要が無い」のです。
随時、最新の語彙が更新されるのも好感が持てます。

例えば、安室奈美恵、倖田來未なんかの文字列は意外と地味に面倒くさいw
さらに、こんなビジネス文・・

「貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は格別のお引立てを賜り、厚くお礼申し上げます。」

一気に打ち込んで変換すると標準のIMEでは意味不明になったりします(笑)

商品撮影後のネットショップのページ構成で一番悩む部分が商品の説明や紹介文のテキスト打ちだと思いますが、そんな時に変換誤差などでイライラするなんてことは避けたいものです。
商品に対しての想いを書き綴る時に、「変な漢字で変な感じw」になると文章を見直す一瞬で、その時ひらめいた良いキャッチコピーを忘れるなんてことも・・・

無料で賢いIMEを探すならGoogle 日本語入力がベストです!
あとは余談ですが、最近iPhoneの音声入力(Siri)を使ってこんなことをしています。

サイト制作でクライアント先に訪問して、商品を見せて頂く時に、その時のリアルな感想を音声入力でメモをとっておきます。
ボイスレコーダーとは違って、音声データではなくテキスト変換されて保存できるので、商品紹介文の資料テキストで使い回しができるので大変重宝します。

カメラもアプリも自分の手足になると非常に便利になりますね。
効率的に有効な情報をまとめておく作業は、ネットショップ運営には大事なポイントです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション