商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

手ブレ補正の効果と種類
写真撮影において「手ブレ」とは人間がカメラを持つ限り避けては通れない道である・・・・
なんてことはなくw、最近ではメーカーも「手ブレ補正対策」としての機能向上には感心する程です。
しかし、単純に「手ブレ補正」といっても「カメラ側orレンズ側」で手ブレ補正効果や種類も異なります。
今回は手ブレ補正機能について少し探ってみましょう。

カメラ(本体)ボディ内手ぶれ補正

言葉通リですが、デジタルカメラ本体(ボディ)に手ブレを補正する機能がついているものです。
といってもカメラ全体に補正機構が施されているわけではなく撮像素子(イメージセンサー)部分が細かく振動に対して打ち消す動きをして、人間が構えた状態からのブレを軽減しています。
最近では上下左右、前後方の奥行きのブレはもちろん、ボディとレンズ両方で手ブレを軽減する優れたカメラも登場しています。

ボディ内手ブレ補正のメリットとしては、レンズを変えても補正効果が得られることです。
例えば手ブレ補正機能がなかった時代のオールドレンズを装着しても効果を得ることができます。
とはいえ現行ではニコン、キャノンはまだ発展途上の部分もあり、ソニー、オリンパス、パナソニック、ペンタやレンズ一体型のコンデジで多く見られる機構です。
余談ですが、スマホのiphone6シリーズの手ブレ補正もボディ内補正となります。(端末が軽すぎるので意味が無いような気もしますがw)

レンズ内手ぶれ補正

交換するレンズ部分に手ブレ補正機能を持たせたもので、デジタル一眼レフの「手ブレ補正」として一般的に知られているのがこのタイプかと思います。
感覚としてはレンズ内に「めっちゃセンサー入ってる感じ♪」です(おバカ表現)
詳しく書くと専門用語のオンパレードになりそうなので「めっちゃセンサー入ってる♪」と覚えてしまいましょう。

このレンズ内手ぶれ補正の最大の特長はファインダーを覗いた時に「補正効果が目視できる点」です。
ボディ内手ブレ補正のみの場合、ファインダーを覗いても「ブレが生じている状態を見る」、つまり実際撮ってみて補正効果が分かるという具合です。
手ブレ補正を搭載したレンズのデメリットとしてはまずは「高価である」ことや大口径レンズへの搭載が困難であるため、使用できるレンズが限られてきます。

手ぶれ補正からカメラ選びをするのも良い

ボディ内・レンズ内のどちらが優れているとは言い切れませんが、1つだけベストな選択肢を挙げるとするならば、「両方の手ブレ補正を同時に使えれば最強!」というパターンです。
2つの部位で補正を行ってくれるのは理想ですが、ダブルで効かせるにはカメラメーカーと組み合わせレンズも限定されてしまうのが痛い所です。
例えば私のようにニコン機をメインで使っているユーザーは、メーカーの都合上「レンズ内手ブレ補正のみ」となります。
手ブレ補正のことだけを考えて他社に変えれば、その他諸々の出費がとんでもなく必要になります。(販売を待つしか無い)

しかし、これからカメラを購入しようとしている方はSONY・オリンパス・ペンタックス・パナソニックなどはボディ内補正と機種に準じて手ブレ補正付きレンズも出ていますので、ダブルで効かせることも可能です。

手ぶれ補正機能は快適に撮影するためになくてはならない機能ですが、「どれくらい必要か?」と言えば撮影する環境やスキルによっても変わってきます。
普段撮影するシャッタースピードが1/125秒程度でそれ以上遅くなる状況はないのであれば、手ブレ補正はあまり必要ないかもしれません。
暗所であっても三脚を使うなど固定する(ブレを軽減する)措置をすれば回避できる問題でもあります。

カメラマンの勝手な解釈をしてしまえば「手ブレを恐れずシャッターを切れ!」
手ブレを怖がってシャッターチャンスを逃すより、ブレても絵になる写真を撮れば良いのです。
ブレた写真がNGという場面は商品撮影くらいのもので、写真はもっと自由なのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場とYahooショッピングの商品動画の使用法
商品動画の使い方についてご質問頂きましたので、今回は主要ECモールの楽天市場とYahooショッピング出店ストアでの商品動画のアップロード及び扱い方の違いについて記載していきます。
まず、「なぜAmazonはないのか?」ですが、現時点でのAmazonでの商品動画使用については一般出品者での動画投稿には制限が設けられていますので、正式対応がされた段階でご説明させて頂きます。

では楽天市場とYahooショッピングでの動画投稿の方法をご案内します。
弊社にて撮影された商品動画のファイル形式については「MP4形式」となりますので、いずれのモールにも対応している動画フォーマットになります。
◇商品動画の撮影プラン

楽天市場での商品動画のアップロード方法

楽天市場の場合は、「外部サイトからのリンク(YoutubeなどからURLを埋め込み共有)」は基本NGとなっていますので、商品画像を扱う場合と同様に楽天RMSからの操作となります。
つまり自社の楽天サーバー内に動画をアップロードすることになります。

操作方法は簡単で、まずはRMS内の「動画登録」をクリックして「動画管理画面」に移動します。
画面左上の「新規動画アップロード」ボタンをクリックして、「動画の選択・入力画面」を立ち上げます。

「動画アップロード」ページ上にて、
1:PC内の動画ファイルを選択
2:アップロード先を指定(商品動画というフォルダを作っておくと分かりやすいです)
3:タイトルを入力(必ずキーワードを含めて記述する)
4:コメント入力(説明文ですが、ココもキーワードを散りばめます)
5:指定キーワード3つを入力

上記項目を記入したら「アップロード」ボタンをクリックします。
元の画面に戻りますので、「貼り付け用HTMLソース欄」を確認して、記載されている文字列をコピーします。

これで概ねの準備は完了ですので、次に商品ページに動画ソースを貼り付けていきます。
商品動画を追加する商品を選択して編集画面に移動します。

商品ページ設定枠内に「動画(HTMLソース)」の該当欄がありますので、そこに先ほどコピーした文字列をペーストして保存。
以上で、商品動画の設定は完了ですので、商品ページを確認して商品動画が表示されればOKです。

※Youtube外部リンクが可能という記事もありますが、動作の安定性を考えるとこの方法がベターだと思います。

Yahooショッピングでの商品動画の使用方法

Yahooショッピングの場合はグッと簡単になります。
まずはYoutube内に自社のチャンネルを開設します。(今回は開設していることを前提に記載)
Youtube内の管理画面から「商品動画」をアップロードします。
動画をアップロードすると個々の動画に「コンテンツID」が割り当てられますので、そこを確認・控えておきます。

「YouTube」のコンテンツIDは、
「YouTube」URLの「http://www.youtube.com/watch?v=」の=の後の部分となりますので覚えておきましょう。

参考例:「YouTube」URLが「http://www.youtube.com/watch?v=abcde12354」の場合、「YouTubeのコンテンツID」は、「abcde12354」となります。

コンテンツIDが分かっtら、Yahoo!ストアエディターにてタグを入力します。

1:ストアクリエイターProを開く
2:ストア構築へ移動
3:ページ編集へ移動
商品動画を挿入したいページの編集画面を開き、フリースペースや商品説明部分に次のタグを記載します。
商品動画用のタグID

※赤文字部分は動画毎の任意の「YouTubeのコンテンツID」となります。
※半角全角・スペースなど注意して記載して下さい。

これでYahooショッピングでの商品動画を使用したページが完成しますので確認してOKとなります。

最初の内は少し慣れない作業ですが、流れを覚えてしまえば難しい設定ではありません。
こうした作業を業者に依頼すると無駄に費用がかかってしまいますので、商品動画のアップロードや設定は自力でやっていきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラやレンズ機材の保管方法
今年も間もなく終わりに近づいて、企業やショップの皆さんも大掃除の時期ですね。
自社で商品撮影を行っている皆様、カメラやレンズ機材などの「年越し準備」は整っていますか?
「カメラなんて棚に置きっぱなしだよ・・?」という方、撮影機材も一年の労に感謝して大切に保管しておきましょう。

意外とカメラとかは、ポンと棚に飾っておくという人も多いと思いますが、あくまでもデジタル機器ですので「湿度によるカビの発生」など意外と神経なのが電子機器です。
なぜ保管方法にこだわるかと言いますと、もう10年以上前になりますが、私も当時はテキトーに保管してました(笑)
適当というよりは、すぐ出せる・・いや近くに置いておきたい性分でした。

程なくして新しいレンズを購入したので、旧レンズを売りに出した時に査定員に「レンズ内にカビがありますね・・」と衝撃の言葉w
確かにそのレンズは、購入してからあまり登場機会がなかったので売りに出したのですが、付属のポーチに入れただけの状態で保管していました。
当然、査定額も下がってしまい、何だか損した気分でした。

結果としては故障がなかっただけ良かったのですが、それ以来、機材が増える毎に防湿庫の拡大化が始まりました(笑)
カメラ機材にとっての天敵である「ホコリ」と「湿気」、これらの対策をしておくと大切なカメラ類を長く愛用できると思いますので、気になった方はお値段と相談しながらカメラやレンズの保管方法を考えてみてください。

保管方法の種類
しっかり保管することができる防湿庫は、密閉ができるカメラ専用のキャビネットで、常に安定した湿度が保てるのが特徴ですが、その分値段も高くなります。
私の保管方法としてはカメラとレンズ類(主要機材)は防湿庫へ収納して、予備ストロボなどはプラスチックタイプの簡易型ボックスに乾燥剤を入れています。
機能的には遜色ありませんので、お持ちの機材の大きさに合わせていずれかを選ぶと良いでしょう。

くれぐれもこうした保管用品は「入れておけば良い」という訳ではなく、しっかり機材を清掃してから保管するようにしましょう。
年に1回、しっかりお掃除することで、来年も良い写真が撮れる!・・ような気分になります(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
光学式と電子ビューファインダーの違い
タイトルからして面倒な記事になりそうですが、ミラーレス一眼レフをご購入予定の人には有益な情報かと思いますので、ご参考までに。
まず「光学ファインダーと電子ビューファインダーってそもそも何?」という方へ

光学ファインダー
通常の反射鏡(ミラー)を用いたデジタル一眼レフカメラに搭載されているファインダーです。
シャッターを切る時にパカパカするタイプです。
一般的にデジタル一眼レフといえばこのファインダーを採用しており「見たままの画像が映るため、自然な画像を確認」できます。

電子ビューファインダー
反射鏡を使わないミラーレス一眼に採用されている電子式(映像)ファインダーです。
ファインダー内のスクリーン上に液晶画面を使って、映像を映し出しています。

両者の違いは、鏡に映ったものを直接見る(光学ファインダー)、映像化した像を見る(電子ビューファインダー)
更に噛み砕くと、光学ファインダーは紙芝居(アナログ)、電子ビューファインダーは液晶テレビ(デジタル)と仮定します。

で、今回この記事で何が言いたいのか?ですが、キャノンのミラーレス一眼を数週間借りており、実際の撮影現場(事務所モデルの撮影)で使ってみました。
もちろん普段からLX100を使っておりますが、メイン機として仕事の現場で使ったことはなく、キャノンのEOS M3という事で画質などへの安心感で「現場撮影用に投入」してみました。
カメラ的には「良いカメラ」で仕上がりの写真自体は非常に満足がいっております。(クライントも満足)

こちらがそのカメラ↓
キャノン EOS M3
さて撮影スタイルですが、普段の撮影時はファインダーを覗きながら撮影しています。
今回のEOS M3はミラーレスなので、背面の液晶で見ながら撮影もできるのですが、いつもの撮影スタイルのごとく、「ファインダーを覗いて撮影」をしていました。
撮影時間は3名撮って約半日ちょっとでしたが、撮影枚数は1,000枚程です。

さして撮影枚数が多いわけではありません。
ですが、撮影後にPCに取り込んで写真を編集をしていると、どうも目の疲労感が尋常じゃない。
原因は「電子ビューファインダーを見続けた事」です。

普段使っている光学ファインダーでは感じたことがない疲労感。。
例えるならモニターの近くでずっと映画を凝視しているような感覚です。
結論から言えば「背面液晶を見れば??」となるのですが、それでは何か気合が入らないためミラーレスでもファインダーを覗きながら撮りたいのです(笑)

EOS M3は撮影時のファインダー内に映し出される画像自体も綺麗で、テンション上って撮っていましたが、迫り来る目の疲労感は思わぬ盲点ですw
これって個人的に老化したオッサンの目の問題なのか?はたまた電子ビューファインダー自体がこれ程、目に負担となるのか?
光学式と電子式のカメラを現場で採用する検討材料として考えさせられた決定的な違いでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
夜景やイルミネーションの撮影グッズ
本日はクリスマス・イブということで鉄板ネタの「イルミネーションを綺麗に撮る」というお題でいこうかと思いましたが、カメラ側の機能や設定について書かれた記事は世に溢れておりますので、撮影の原点に却って「夜景やイルミネーション」を綺麗に撮る方法についてご案内していきます。

とはいえ、クリスマスなのでお固い話は抜きにしまして単純に「三脚を使う」という基本中の基本となります(笑)
誰でも手ブレなく撮影する為にISOやシャッタースピードを考えがちですが、昔から三脚を使えば殆どのケースが解決します。
しかし、三脚となるとかさばってしまって綺麗に撮れるかもしれないけど、持ち歩くのに邪魔、せっかくだから荷物にならないもので遊びに集中して、たまに撮影したい!という心理は、私も賛成です。

そこで解決策としては「コンパクトで使える三脚」となる訳で・・
安心して下さい!ありますよwそんな三脚。
私も必ず持ち歩いているグッズになりますが、ご紹介します。

夜景撮影に便利なグッズ
上記がマンフロットから出ているミニ三脚です。
現在は同じ型で新製品が出ていますが、そちらは個人的に使いにくく&チープ、そして高価になったのでオススメしません。
ミニ三脚はたくさん種類がありますが、屋外でサッと出してサッとしまう事ができるのが優先すべきポイント!
この三脚の場合は脚部分を開くだけ、よくある脚を伸ばして調整するタイプでは無いので手軽です。

また本体の作りもしっかりしていますので、コンデジから初級機クラスの一眼レフまで比較的安定して使えます。
で、ここからがこの三脚の高評価ポイントです。

・カメラを付けて自撮りする時の「持ち手」としても良い太さである。
・赤いボタン部分を押すことで簡単に角度が変えることができる。
・高さが低いので、食事中にポンと置いても周りに白い目で見られないw

こんな感じでイベント時期の撮影で「こうだったら便利なのに・・」という嬉しい要素が盛り込まれています。

ん?右のクリップが気になりますか??w
これはスマホを挟んで三脚に取り付けることができるクリップです。
三脚と組み合わせることで、かなり安定したブレのない写真を撮ることができますよ。

写真でも動画でも三脚でカメラを固定して、撮影時の設定を「夜景モード」などと併用すれば、ワンランク上の夜景やイルミネーションの撮影ができますので、ご参考下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション