商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

写真撮影をはじめるために必要な機材ベスト5
こと本格的に写真撮影をはじめるとして、機材選びで真剣に考えてしまうのはやはり「カメラ」だと思いますが、実はカメラにこだわっているプロカメラマンは意外と少ないと思います。
誤解の無いように記載しますが、「なんでも良い」ということではなく、必要に応じてカメラを選んでいるということです。
カメラ好きの方に多く見られる傾向として「このカメラがあるから被写体を探す」というパターン。
プロカメラマンは「この被写体(案件)を撮る必要性があるからカメラを選ぶ」という点で「逆の思考!?」であり、少し機材に対する考え方が異なる気がします。

このブログでもよく触れている「カメラは機材の1部でしかない」という観点から、まず業務として本格的に写真撮影をはじめる場合に重視している機材やアイテムは何か?
主観になりますが、優先度の高い順にベスト5をご紹介していきたいと思います。
この優先順位は10年余り業務カメラマンとして活動しておりますが、変化することはありませんのでご参考になれば幸いです。

1位:ディスプレイはとことんこだわる

デジタル時代の写真術としては、やはり写真を実際に見る「ディスプレイ(モニター)」選びは何よりも投資をするべきだと考えます。
今となっては考えられないのですが、駆け出しの頃はHPのノートPCを使ってました(笑)
ハイ、市販のミドルクラスの汎用品です。
そのノートPCで1年ほど写真現像を行っていましたが、たまたま故障したので、新規にディスクトップPCを導入をした際に「EIZOのColorEdgeシリーズ」を購入し、既存の写真データを見た時に青ざめました・・・
「こんなギャグのような色合いで納めてたのか・・スイマセン!!!」

それ以来、モニターはIPSパネルでカラーマネジメントが高い精度でできるタイプ以外使いたくないという感覚になりました。
ここでよく質問があるのが、Macなら高いから大丈夫でしょ?という先入観w
はっきり言いますと「Macだから大丈夫ということはない」というのが個人的な意見で、Macでも外部のカラーマネジメント機器を使って調整するのがベストです。
こうしたディスプレイ(モニター)は少し高額になりますが、「きちんと写真を見る」ことができなければスタートラインにも立てないと考えれば投資する価値も理解できると思います。

◇参考:最低限用意したいデュスプレイ




2位:パソコン内蔵機器(パーツ)

1位はディスプレイですが、2位は実際に処理をするパソコンのパーツです。
パソコンのスペックについては、高い仕様であることに越したことはありませんが、単純に高価だから良いという訳ではありません。
注目するのは、最低限「グラッフィックボード(ビデオカード)」の性能が良いもの。
グラフィックボードはGeforce系統とRadeon系統とメインどころがありますが、細かく記載してしまうと難解なので簡単に説明しますと、「モニターと直接接続するPCパーツ」ですので、「良いモニターと良いグラフィックボードの関係」については相互関係があることはお分かり頂けるかと思います。
「インテルなどの内蔵グラフィック」は、2015年現在の状況では実用レベルとは言い難というのが個人的な見解です。

◇参考:グラフィックボードの形状




3位:編集ソフト

外部的な編集機材環境が整ったら、次は「編集ソフト」です。
初心者の方の場合は、カメラメーカー純正のソフトを使うことが多いかもしれませんが、個人的には純正ソフトは使っていません。
「Adobe Lightroom」または「Adobe Photoshop」の2択です。
なぜ純正ソフトを使わないかと言いますと、カメラ機能の「綺麗にしちゃう処理(笑)」を再現しちゃうからです。
RAW撮影を行った時に、現像するために「素の状態(RAWのまま)」で編集したいため、こうなっているというのが現状です。
カメラ側でピクチャコントロールなどの機能を全部OFFにできるのが理想ですが、仕方ないのですかね・・それとも勉強不足??
要は「自分の写真」を作る上で、編集ソフトは「整理と編集機能が高いもの」が扱いやすいと思います。

◇参考:編集管理ソフト




4位:露出計

地味なアイテムの登場と思われるかもしれませんが、「どんな撮影にでも絶対持っていくのは露出計」です。
最悪、カメラを忘れてでも持っていたいアイテムです(笑)
写真というのは言うまでもなく、「光を描く」ことですので、根本的に光を把握するには露出計は不可欠です。
「そんなのプロなら目視で感じろ!」という意見もありですが、「プロだから正確に計測して把握する」のです。
入射光と反射光の測定ができれば、適正露出が得られるため、現像処理もスムーズにいきます。
その場限りの感覚で、撮影後に「白飛びが激しかった・・」と反省するようではプロではありませんw。



5位:カメラ

最後にカメラです。
長文をお読み頂いた方ならお分かりかと思いますが、上記の1位~4位が整って初めてカメラ性能(写真の質)が確認できるのです。
厳し言い方をすれば、「環境が整っていない状態ではどんな高級カメラを使っても判断すらできない」ということです。
カメラ固有の解像感や色合いの描写力は、閲覧環境や使用アイテムによって大きく見解は異なります。
「何をもって良いと判断するのか?」それはプロの仕事なのかもしれませんね。

◇参考:カメラはお好きなものをどうぞw

以上、勝手にランキングでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影と表現の歴史
普段、何気なく聞いている言葉、写真を扱う仕事をしている弊社にとって「商品撮影」という言葉は、ビジネスと創作の2つの意味がありますが、一体「商品撮影とは何か?」まったりと雑談くらいにお読み下さい。

カメラの誕生と自然光から定常光へ


世の中にカメラという機器が誕生したのは1840年、ざっと計算すると175年程の歴史になるのですが、年数の経過こそあれ現代と何も変わらないのはライティングという考え方です。
そもそも写真は光がなければ撮影ができないため、その昔はもちろん自然光での撮影がメインで、日射しをどうやってコントロールするかが写真撮影の重要なミッションだったようです。
今でも自然光を利用できるハウススタジオの天井ガラス面の大きさや傾斜角度は、「光を読む・描く」という観点から形成されています。
たまに大きなスタジオを訪れると、大きな面で光の質感や量を扱うにはそれなりの規模が必要だと再確認できます。

しかし、撮影の主役となる光が「天候に左右」されるため、撮影ができる条件は限られてしまいます。
こうした条件に左右されないように1808年から電灯として普及していたアーク灯(炭素棒などを使った直流電源)が用いられました。
とはいえ当時の電極部分は非常に小さいものであったので、光を増幅させるには反射鏡などを用いるなど試行錯誤していたようです。
実際のところ撮影として商売をしていたスタジオが実用化したのは1850年代になってからです。
カメラ誕生から十数年で人工光を利用した写真撮影スタジオができていたことを考えると写真がどれほど人々の興味を惹いたのかが分かります。
その後、しばらくは人工的につくられた定常光が撮影のメイン光源となっていったのですが、今でも使われる橙色の「タングステンライト」も機器の形状は違っても光の質感は変わらないと思います。
タングステン光で撮影すると「レトロっぽく感じる」のは、ひょっとしたら無意識にこうした時代を感じているのかもしれませんね。

日本で使われたストロボ光源


昔のストロボ撮影というと、たまに映画のワンシーンでマグネシウム(閃光粉)を使ったものを見たことはないでしょうか?
閃光粉に火を付けてバチバチ燃やして、大きな光を作る・・すごく危険そうな撮影です(笑)
そこまで古くなくてもカメラの横に銀色の円盤みたいなものが付いていて「ジュボ!」という音とともに発火するフラッシュバルブなら見たことがある人もいるかもしれませんね。
とはいえこうした光源は報道写真にはよく使われたようですが、商品撮影に使っていたという文献はなかなか見当たらず、世界的にはどうか不明ですが、日本では1970年代までタングステン光(定常光)による撮影がメインだったようです。
ストロボ光源がファッションや商品撮影で注目され始めたのは、1980年代後半からですので、実用レベルの歴史で考えるとタングステンに比べたら意外と浅いことに驚きます。

商品撮影の表現はまだ未完成


こうした歴史を紐解きながら「商品撮影」という分野に目を向ければ、まだまだ未完成の分野なのかもしれません。
カメラや照明機器はデジタル化が進み、様々な機能で使用者を便利にしていますが、根本的な「光を操る」という写真の原理に立ち返った撮影手法の発見というのは、まだまだこの先に新発見があると思います。

十数年前の話ですが、私が初めてストロボを買って撮影をはじめた頃、確かに「撮影のいろは」を本で学ぼうとしました。
撮影環境からライトの位置や角度、設定値を真似して撮ってみた結果、「本に出てる写真」しか撮れませんでした。
その後、そのような教則本は捨てて、好き勝手に予想して照明を自分なりに組んでみると「面白い写真」というか自分好みの写真が撮れました。
もちろん大失敗は何度もありますが、「表現は理屈ではありません」(笑)
商品撮影のテクニック的なことを活字や動画に求めて学ぶことは勉強熱心とも捉えられますが、歴史が語る未完成な部分を学ぶこと自体、ナンセンスなのかもしれません。

写真を上手く撮れるようになる必要はまったくありません。
自分がニンマリできる写真を撮っていくことが表現としては正解なのです。
ネット分野の商品撮影の表現がこの先どのように変化していくのか?それはカメラを持って撮影する人の心1つです。
同業者の皆様は安い写真を撮らず、高く売れる写真を撮り続けることを目指す方が、歴史に恥じない表現者になる近道なのだと感じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ミラーレスカメラのファインダー構造
ミラーレスカメラ・・というと言葉通り「鏡がないカメラ」ですが、一体ゴッツい一眼レフカメラと何が違うのか?

用語的に説明してしまうとミラーレスカメラは「電子式ファインダー」で一眼レフカメラは「光学式ファインダー」になります。
ではこの光学式と電子式のカメラの内部構造はどのようになっているのでしょうか?
簡単な概要をイラストにしてみましたのでご確認下さい。

ファインダー構造の違い
まずは「一眼レフカメ=光学式ファインダー」ですが、レンズを通した光がミラーに反射し、プリズムを経由して被写体が目に届きます。
「プリズム」とはミラーで反射したものを正規の向きに整える部位です。
これがないと反射した絵が逆さまになって届くので見にくいです(笑)
光学式の場合はファインダーを覗いている間はミラーに跳ね返った絵を確認して、シャッターを切った瞬間ミラーが跳ね上がり、撮像素子に画像情報を伝える仕組みになっています。

対して「ミラーレスカメラ=電子式ファインダー」の場合は、レンズから入った情報を背面の液晶モニターに伝えることでモニターを確認しながらシャッターが切れるのです。
もちろん日中の光の強い状況で、背面モニターが見づらい場合は「液晶ファインダー(EVF)」を覗けば、通常の一眼レフのように撮影が可能という優れ物です。
しかし、一眼レフカメラのようにアナログ的に絵を見るのではなく、電子信号ですので「液晶ビューファインダー」を覗いて正確な色を確認できるかと言えば期待してはいけません。
(現状は安い液晶テレビを見てるような感じw)

構造的な部分で昭和な言い回しをすると、ミラーレスカメラは「全部電子化されたカメラ」と呼べますが、デメリットもあります。
カメラ好きの人が「ファインダーを覗け!」と力説するのは、一眼レフカメラの場合、ファインダーを覗くことで視線と被写体が一体化するために撮影に集中できて、動きの激しい被写体を追うことができるという点を強調したいのだと思います。(背面液晶モニターを見ながらの撮影は視線が直線的になりづらい)
細かく言えばオートフォーカスの追従性など比較すれば切りがありませんが・・

ではミラーレスカメラは一眼レフより劣るのか?
全くそんなことはありません。
使用用途によっては、背面液晶モニターを見ながらの方が綺麗に撮れるシーンは多くあります。
一般の人が「動きの激しい被写体」を撮るシーンに遭遇することはそうはありません。
例えば観光や料理写真などのスナップ写真であれ、大きな背面モニターで構図を決めてしっかり撮れますのでメリットは大きい。
ミラーレスカメラは構造上、コンパクトな設計なので「高画質で持ち運びがラクチン」という点では女性の指示も多い。

ではプロが使うとなるとどちらが良い?という飛躍した質問がネット上ではあるようですが、
正直、そんな事考えてるプロカメラマンはアウトでしょう(笑)
カメラなどの撮影機材はシーンに合わせてチョイスするだけの話で、「何で撮るか?」ではなく「何がベストか?」を考えるだけです。
初めて写真撮影をするモデルさんや素人さんにはミラーレスやコンデジなどの小さなカメラで緊張を助長させないような配慮をしたりします。

画質を最重要視するケースを除けば、「雰囲気を切り取る」ことができるカメラが最適な機材だと思います。
ちょっとした構造を知るだけで、撮り方や目的に合ったカメラが見つかりますので写真の世界は楽しいですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
バナー用の写真素材の活用術
商品撮影された写真を個別ページ以外に、バナー広告用の素材に活用されているショップも多いと思います。
しかし、この写真素材の活用方法1つで消費者に与える印象が変わることをご存知でしょうか?
今回はよくあるカテゴリーページの上部にバナー画像を置く際の写真素材の活用術について例を挙げながらご説明します。

まず、バナー素材と商品説明用の写真素材との違いについてですが、撮影の段階では同じ「全体像を写した写真」であることを条件とします。
元になる画像は下のブレスレットの写真をとなります。

元画像
スタジオ撮影を依頼した時は「商品用として」納品されたカットで、バナー素材に流用していきます。
定番の使い方としては、「画像サイズを縮小してキャッチコピーを加える」ことになります。
早速、定番のバナー素材用に加工した例を見てみましょう。

全体を縮小したパターン
いかがでしょうか?
良くも悪くも落ち着いた印象にはなりました。
ここで少し考えます。
元画像は「商品説明用に撮られたカット」ですが、今回の使用目的は「ブレスレットページのトップ画像」です。

となるとイメージを先行して「消費者の目を惹く商品ポイントを強調した方が良いのでは?」と考えられます。
商品をよく見てみると特徴となるのは「カゴと星のチャーム部分」これを上手く使ってレイアウトしてみましょう。
次の画像は、特徴となる部分だけをクローズアップした画像の使用例です。

特徴を活かしたパターン
これだけで印象が変わると思います。
どちらが良いということではありませんが、前者は「単純に縮小して置いたもの」、後者は「イメージを重視したもの」との違いです。

例えばこの画像をスマホから見ているユーザーがいたとします。
当然、スマホの表示画像サイズはPCと比べると狭くなりますので、前者はディテール部分は認識しづらくなります。
対してパーツを強調した方はクローズアップした分、パッと見た時に目を惹く可能性は高くなります。

バナー素材というのは「見た目のバランス」も大事ですが、「目線を誘導する」ことも想定しておくべきです。
言い方によっては「バナー広告」という言葉があるようにPRできるようにレイアウトしましょう。

こうした特徴部分を捉えるという作業は、商品撮影を自身で行う際にも無意識に身につく写真術にも繋がります。
例えば今まで漠然と全体像を撮影している状態から「どのアングルで、どの部分を見せる構図が伝わりやすいか?」など
伝えようとする意識が芽生えることでしょう。

写真撮影とデザインというのは「感性」という点で非常に似ている部分があります。
要は商品ページやバナー画像を制作している時は、自然と撮影の核心をついた共通項に携わっているとも言えるでしょう。
伝えるということを意識するだけで、消費者に対してショップの姿勢を感じさせることができるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影の担当者がまず読んでおくべき5つの基本サイト
ネットショップを開店して自社で商品撮影を行ってみようと考える担当者も多いと思います。
しかし、いざ自分でカメラ知識と撮影までの基本テクニックを学ぼうと「ゼロからやるぞ!」と思っても、撮影に至るまでの基本的なことを学習する時間が無い場合もあります。

個人的な見解としては「商品撮影は回数をこなすことで向上する!」という持論があるため、撮影文献を読むよりも実践あるのみ!というのが本音です。
しかし、全くカメラを触ったことのない初心者の方が「単純に撮る」といっても必ずギブアップしてしまいます。
こうした状況になる原因は「基本的な知識不足」に依るものが多いため「何を知って撮影に取り組むか?」で状況は打開できます。

今回はそうした「商品撮影をはじめる前に知っておくべき項目」を読みやすく且つ短時間で把握できる5つの基本サイトをご紹介しますので、まずはカメラや撮影の根本的な部分を読み込んで頂き、撮影業務に活かしていただければ思います。
物撮りというのは、自社で行うことができれば商品公開のスピードアップに役立てることもできますし、外注に依頼する際の「スタジオレベル」を判断する材料にもなります。

その1:カメラの基礎知識


カメラの基本機能と設定を知る

デジタル一眼レフカメラを初めて購入した人が戸惑うのは「設定項目の多さ」だと思います。
最初は「フルオート(全自動)でいいや!」とカメラ任せにしていても、撮り続ければ必ず次のステップにいきたいと感じるはずです。
メーカーによって名称は多少変化するかもしれませんが、基本的な構造や設定項目は同じです。
カメラに表示されているマークや役割など取扱説明書では文字数が多くて読む気にならない・・という方にもオススメできるよう整理されたページ内容となっていますので、是非ここからスタートしてみてください。

その2:シーに合わせた写真講座
引用元:Panasonic

写真講座 きほん


シーンに合わせた基本的なカメラ撮影

カメラの構造を学習したら、次はいよいよ撮影に入ります。
しかし、撮影する対象やシーン、撮りたいイメージというのは人それぞれです。
Panasonicの写真講座では、初めて撮影するときに「こうしたい!」という誰でも思う項目を分類分けして説明されています。
例えば「背景をぼかすには?」とか「暗い事務所で明るく撮るには?」など、初歩的な撮影の壁を乗り越えるには有効な情報です。
番外編としてスナップ撮影にも参考になる部分もございますので、このサイトで撮りたいイメージを膨らまして下さい。

その3:レフ板を使った撮影


撮影には欠かせないレフ板の意味と効果を知る

レフ板を使うというと、本当に使って効果があるのか?と感じる人もいるかもしれませんが、商品撮影においてレフ板効果は光を操る最重要グッズです。
個人的な見解ですが「レフ板が無い商品撮影なんて非常に稀なケース」とも感じます。
撮影ジャンルを問わず使用される機材としてのレフ板効果、何となくわかっているようで詳しく掘り下げるページは少ないと思います。
商品の大きさや撮りたい光の質感などを考えながら最適なレフ板を探す手助けになるページです。

その4:撮影に使われるストロボ光源


ストロボ機材を使用しての撮影知識

商品撮影を日中、太陽光を利用したり蛍光灯を使用する。
雑貨などの物撮りではある程度の条件が揃えばこうした光源でも対応はできますが、日照時間や撮影対象の大きさの制限なく「光をコントロール」したいとなると、やはりストロボ光源は必須となります。
しかし、単純にストロボといっても値段や目的によって種類も様々です。
自社の撮影の場合に最適なストロボは何か?
ストロボ光源の特徴や種類についての理解を深め、本格的な撮影にチャレンジしましょう!

その5:露出計と撮影の関係
引用元:SEKONIC

露出計の使い方


デジタル時代でも露出計は撮影の強力なツール

最も写真撮影で購入をためらってしまう露出計という撮影サポート機材ですが、多くの理由は「カメラで撮りながら明るさの調整はできる」という点でしょう。
現在のデジタル一眼レフには確かに「カメラ内臓の露出計」はございますが、単体の露出計と機能は大きく異なります。
例えば、カメラを使わず複数の方向から入ってくる「光の強さ(数値)を正確に測る」には単体の露出計が非常に重宝します。
屋内の太陽光で撮っていてお昼と夕方での「光の強さの違いを把握すること」は「適正露出」を得るためにはまず計測ありきです。
絞りやシャッタースピードなど露出の決め方が分からないという人は是非導入して頂きたい機材の1つです。
写真の光を数字で理解する、この重要性がわかってくると写真撮影はさらに楽しくなるはずです。


以上が、「商品撮影の担当者がまず読んでおくべき5つの基本サイト」のご紹介です。
カメラや撮影に対しての知識や理解は、撮影時につまづいた所をフォローしながら学習することも大切ですが、まずは「撮影とは何か?」という一連の基礎知識を知らなければ「やるべきこと」は見えてこないものです。
これから自社で商品撮影にチャレンジする人に少しでも参考になれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション