商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

撮影レンズを決める5つの要素
初めて一眼レフカメラのレンズを追加を検討する人の中で多いのが「標準ズーム」に「単焦点レンズ」を買い足すケースですが、何を求めてレンズを変えるのか?
今回は単純にF値が明るいからという理由だけではなく、実際に撮影レンズを決める上で大切な5つの要素を紹介しますので、ご参考頂ければと思います。

まずレンズに求めるものは何か?
人によっては、焦点距離や画角を重視して表現力は重視しないというパターンもあるでしょう。
しかし、レンズの最大の特徴である表現力をしっかり吟味しておかなければ、広角で撮れるようになったけど、「写真がのっぺりした」などの購入後の後悔にも繋がるので気を付けたいものです。
では早速、レンズ表現とは何か?個別に見ていきましょう。

発色の要素を考える


発色
発色に優れたレンズとは単に鮮やかということではなく、撮影対象物の「本来の色」を忠実に再現に加えて鮮やかさが表現できるのか?という点で重要な要素です。
例えば同じような仕様のレンズで同じ真っ白な被写体を撮影した時に、いずれかのレンズで撮ると白色が少し黄色が滲んだように見える「色の濁り」やカラフルな被写体を撮った時に生じる「色かぶり」もレンズ個々の表現特性ともいえます。
被写体の色彩を美しく撮ることは風景写真を主に撮る人は、特に気を付けたい部分です。
レンズにどのようなコーティングがされているのか?これで発色は決まります。

明暗差のコントラスト


コントラスト
俗にいう「メリハリ感のあるレンズなのか?」コントラスト表現は、最近のカメラではカメラ内蔵設定でも行えますが、現状は単純に明暗差を強調したコントラストという印象があります。
レンズ上のコントラストは明暗差をスキっと再現すること+「ヌケ感が良い」というのもチェックしておきたい要素です。
活字にすると難しいのですが、太陽光の下で撮影した写真の陰影の濃淡に奥行きがあるような感覚で捉えて頂きたい。
メリハリに情緒があるというか・・
機会があったら撮り比べをしてみます(笑)

雰囲気を再現する階調


階調表現
雰囲気をと書きましたが、撮影時の空気が撮れるわけではなくw、薄いグラデーションや影の部分のトーン変化などの「滑らかさ」の具合です。
例えば夕焼けの空を撮った写真でオレンジ色からグレーにグラデーション発色している部分がキッパリと色の境界線が目立つようなら「滑らか」ではありませんよね。
あえて活字で描写するのでしたら「ニュアンスを豊富に含んだ写真」が撮れるレンズと言えます。
写真に写るカラーは単色ではなく「黒の中にもどんな黒の集合体なのか?」というディテール色があると覚えてしまいましょう。

みんな大好き解像度


解像感
レンズを語る時に意見が多い、「写真の解像度!」カメラマニアは大好きですよね(笑)
例に漏れず私も大好きですが、どこまで細部を精細に美しく撮れるレンズなのか?これはレンズ選びの醍醐味です。
よくサンプルで登場するのが動物の毛並みの1本1本まで再現できているか?、精細な表現の中に滲みがないか?など解像度とはシャープさの追求でもあります。
F値を上げればシャープになるでしょ!と思う方もいるかもしれませんが、良いレンズは開放で撮った時の解像感は鳥肌モノです。
絞りの調整ではなくレンズの解像感とは “通し” で撮っても満足の得られるシャープさときめ細やかな美しさがあるものだとお考え下さい。

ボケ味の美しさにこだわる


ボケ味
解像度と密接に関わるボケ味、このボケ感は、撮影した被写体のピントが合った部分の前後に生まれ、主題を明確にする役目とイメージの演出には欠かせないものです。
主題には解像感が求められボケ味には写真を見る人の想像力を掻き立てる効果もあります。
抽象的な言葉はさておき、このボケ味を決めるにはレンズ個々の収差や絞り羽根の枚数や構成によって、ボケ味の好き嫌いが分かれます。
ボケ味の特性として光が円状になる「玉ボケ」や「柔らかいボケ」が好まれますが、個人的にはボケ味に正解はなく、主題が引き立つのであればどんなボケ感で美しいと思います。
円形のボケが好きな人は、レンズを前から覗いて羽の形状を確認して、羽が重なりあってできる中央の穴の部分が「円に近い」ものを選べば、「玉ボケ」しやすくなりますよ。

以上が、撮影レンズを決める5つの要素ですが、当然レンズには価格や性能にそれぞれ個性があり、万能なレンズは存在しません。
しかし、これらの要素はレンズを決める上で重要であり、撮影後の満足感に関係するポイントです。
レンズを購入する時は、カメラやレンズメーカーのショールーム等に行って、実際にお持ちのカメラに装着して試し撮りをしてみても良いでしょう。
あとは値段との相談ですね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
アパレル俯瞰撮影の方法
平置き撮影できちんと形状をキープしたまま商品写真として仕上げるには「俯瞰(真上)の状態」から撮影することは皆さんもご存知でしょう。
スタジオであれば、こうした俯瞰撮影については無難に対応するとは思いますが、自社で行うには天井の高さの都合などで難しい場合があります。
「大きな三脚を使って垂直にカメラを固定すれば・・」とマニアックな意見もあるかと思いますが、アパレル商材の場合、「服の丈」によっては固定ポジションが常に変化する場合があります。

例えばトップスとワンピースでは丈の長さが異なり、全体を撮影するにはそれなりの大きな機材が必要となります。
今回は「予算を抑えた俯瞰撮影の方法を考える」と題してご紹介したいと思います。

一般的に服を床に置いて撮る場合は、撮影者が脚立に登って、頑張って真上から撮ろうとしますが、やはり長尺のものは天井や脚立の高さに制限があります。
簡単な回避方法としては、服自体に傾斜をつけてしまえば、撮影者が高い脚立に上る労力が軽減されます。
要は、カメラに対して服が垂直になっていれば「俯瞰の状況になる」ので、それを構成します。
用意する部材は、白いスチレンボード(最低タテヨコ90☓180cm)と角度をつけるための台座(100均の発泡ブロックでOK)これだけです。
実際の撮影イメージが以下のイラストとなります。

俯瞰撮影の見取り図
ご覧のように俯瞰撮影が実現できるように配置すれば、巨大な脚立や三脚がなくても撮影は出来てしまいます。
撮影者が上り降りする作業が地味に集中力を削いでしまうので、商品点数が多い場合は有効です。
しかし、これにも問題点はございます。

お気づきかと思いますが、服をのせる白ボードの大きさに制限があり、且つ角度をつけ過ぎると服が固定できず傾斜によってズリ落ちてきます。
都度、ズリ落ちないようにパーマセルテープなどで留めれば良いのですが、面倒ですよね・・・
しかも、「予算を抑えた」と謳った割にはパンチ力が無い(笑)

そこで最終兵器の登場です!
イスに乗って撮るだけで俯瞰撮影をしたように見える方法を教えます・・というよりソフトを使用しますが(笑)
まずは、ある程度俯瞰になるように椅子の上に立ってパシャッと撮ります。
この時は、白ボードなど特に必要ありません。
背景にする白い紙を床に貼って、服を置いて撮るだけです。(もちろん照明には気をつけて)

こうして撮ったままだと当然「服の形状は歪んでいます」ので、あとはフォトショップなどの加工ソフトで歪みを調整して終わりです。
参考例として、普通のパイプ椅子に立って撮影した写真を俯瞰になるように形状を調整した事例をご覧ください。

俯瞰撮影テクニック
レンズ性能もあるので、ある程度初期の状態(左)でも「見れる状態」ではありますが、やはり形状がおかしくなっています。
最終的に「ゆがみ」を補正して仕上げます(右)

ポイントとしては後から歪みを補正するので、撮影時に余白を多めに撮っておくことです。
ファインダーを覗いて服を四隅ギリギリで撮ると、歪み調整を行った時に余計な作業が増えてしまうのでご注意を♪

俯瞰撮影は難しいと思われがちですが、一般の人でも撮影方法と加工ソフトを使うだけで実現できます。
実際に撮影してみて、今使っている外注先の写真と比べ遜色ないようであれば、自社で撮ってしまえば経費削減ができるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影というキーワードを外した結果
今回はネットショップ運営者の誰もが気になる「SEO上のキーワード」のお話です。
本当のところ、この内容を公開することに関しては非常にためらいましたが、サイト運営の参考になればと箇条書きにしておきます。
参考にして頂き、上手くサイト構成を行うと経営方針の再検討を促す起爆剤になるかもしれません。

検索数の多いキーワードを考え直す


どこのサイトでも基本軸としてサイトキーワードがあります。
弊社の場合であれば、最も検索数が多いであろう「商品撮影」というキーワードです。
誰もがパッと思いつき、検索をしてくれると予想するキーワードです。
アパレル商品を扱っている場合だと「ワンピース」で1ページ目に出てくれば閲覧数は伸びるでしょう。

うちの場合も、例にならってこうした検索語句を軸に構成していましたが、やめました(笑)
ではどうしたのか?というと、「全くSEOを気にしないサイト構成」にシフトしました。
具体的には「全く気にしない」というのは少し違いますが、要は上位に掲載されたい語句の競合サイトの検証をしてみたのです。
結果、弊社のコンセプトと競合するサイトが乱立するのかどうか?疑問が湧き、昨年の10月ですので、約1年前から「商品撮影」というキーワードを意識したサイト更新を減少させていきました。

このように検索数の多いキーワードを考え直すことになった経緯をご説明します。

撮影の問い合わせ内容の質の悪さ


サイト内でも何度か登場する「適正価格の写真撮影」ですが、これがヒントです。
要は、検索され発見される可能性は上がっても「料金の値引き要請」を主眼とした問い合わせが増えても経営上のメリットはありません。
つまり「本当に必要とされるクライアントに情報が届いていない」という感覚です。
撮影スタジオは、オーダーを獲得することに注力しますが、「どのような顧客を獲得するか?」についてのコントロールはできているか?は疑問です。

例えば「商品撮影」で検索した時に出てくるのが「価格設定の安さをウリ」としているライバル他社が圧倒的に多い場所に「モデルコードは似合わない」・・・であればここから退散しようという理由です(笑)
1件の撮影単価を激安スタジオに近づけていくのではなく、「キチンとした写真を希望する市場に向けて情報を流す」この方がモデルコード自体のコンセプトはブレません。
こうした施策を行った結果、どうなったのか?1年後のレポートをさせて頂きます。

顧客数の減少に反比例して利益は伸びた


結論から申しますと、見込み客(問い合わせ)や実際の顧客数は減少しました・・
が、しかし一昨年の同時期と比較すると利益率は伸びました♪
つまり、「顧客数を増加させることが良い」という今までの考え方が180度変わる結果が出たということです。

撮影価格という面でみれば、利用者にとっては「安価に越したことはない」のですが、現在の顧客層は「安すぎる料金は安い写真になる」ということに理解があるお客様が多くなったと感じています。
これについては、感謝しかありませんが、作業面においてもじっくりと撮影に向き合える状況になったのは確かです。

将来を見据えた商品撮影の在り方


実際に自社のサイトでの顧客層の変化を感じて思うことは、「継続性、将来性のあるショップと付き合っていくことの大切さ」です。
商品撮影サービスをはじめて以来、様々なネットショップと取引を行ってきましたが過去3年程度を振り返っても「存続しているネットショップ」というのは、撮影に対して「価格よりも質」を求めている傾向にあります。

たかが商品写真という分野ではありますが、「投資すべきポイント」の嗅覚というのはショップ担当者のセンスだとも言えます。
最終的に商品を買う消費者に対して「どのような商品をどのように見せて販売するか?」これがネット販売の優先事項です。
撮影料金の価格破壊については、企業努力もあると思いますので完全に否定はできませんが、商品販売の脇役として弊社のようなサービスがあるとするならば、3年後も継続するようなショップになってもらうための写真素材の提供を心掛けなければなりません。

検索キーワードを通じて改めて「ネットの不思議」に触れた感覚にもなりましたが、情報をどこに流すかによって状況は変えられることを学びました。
ビックワードが乱立するアパレル市場ですが、もしネット販売で行き詰まっている担当者様がいらっしゃいましたら「今のキーワードに固執しない」というのも1つの経営戦略かもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真の撮り方と見せ方
商品写真とは「消費者に商品を伝えるもの」という考え方は誰でもご存知ですが、そうしたコンセプトが浸透している事柄ほど落とし穴があるものです。
ネットショップの商品撮影の裏側を感じながらネットサーフィンをしていると、「これ・・現場で気づかないかな??」と不思議に思うものがある。
例えば、紐の結び方が雑な写真やモデルの髪が極端に長くて服の正面を撮った商品写真なのに、モデルの髪が邪魔で商品デザインが見えないなど、プロあるまじき写真が並んでいるケースを目にすることもあります。

商品撮影のみならず、写真は「じっくり考える撮影方法」と「インスピレーションに任せる撮影方法」の大きく2パターンに分けられますが、商品写真とは間違いなく前者の「じっくり考える」ことが重要で、モデル撮影においても、その場のテンションだけで撮っている業者は先述した「凡ミス写真」を生むことになります。
今回は、「立ち止まって考える事」で撮り方や見せ方でイメージが変わるということについて少し触れていきます。

ではまず例として商品は「コーヒー豆!」・・
えっ!なんで!?と思うかもしれませんが、パッと浮かんで個人的によく飲むので例題にしちゃいました(笑)
早速、いってみましょうw

よくあるパターンは「商品全体」を写して最終的にロゴを入れるケースです。

全体を説明する写真
悪くはありませんが、「主題」が豆なのかロゴなのか??少し伝わりにくい印象になります。
商品の説明写真としてはページの1枚目に持ってくる写真ではありませんね。

続いて、主題は「豆」だということを意識して最大限にアピールしてみます。

主題を強調した写真
おぉ!確かに分かりやすいですが・・・くどい・・(笑)
画像のタテヨコのサイズ感もありますが、この写真の全体的なカラーを考えると、「ロゴの文字色」に「黒は使いにくい状況」になります。
サンプルの写真では白色の文字になっていますが、サイト全体の配色も考えなければならなくなります。

そして最後は、「主題とロゴのバランス」を考えて撮影した写真です。

バランスを考えた写真
いかがでしょうか?
豆の多さもイメージさせつつ「コーヒー感」のコンセプトも失っていません。
何より商品ページを構成する際に「1枚目に見せる写真」として使いやすい印象になります。

商品写真の撮り方や見せ方は、外注スタジオの考え方やデザインを担当する人のセンスによりますが、冒頭で述べました「商品写真とは消費者に商品を伝えるもの」というコンセプトをしっかり撮影完了まで考えていれば、シンプル且つ印象的に仕上げることが可能です。

例えば、トップスの撮影を依頼して「前後のカットだけ撮って」と指示したとして、スタジオ側が現場判断でもっと伝わりやすい角度の写真をプラスしてくれたならば、依頼者の満足度は上がるでしょう。
当たり前の要望を当たり前にこなす・・これは少しカメラに詳しい人であれば、誰でもできる作業です。

プロの撮影屋ならば、「撮り方と見せ方」を意識して「指示よりも1つ先をゆく写真」を目指すこともサービスだと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ロケハンや撮影に持ち出すイヤフォン
電車通勤などをされている方は、スマホで音楽聴きながら・・なんてことも多いと思いますが、私の場合ブラっとスナップ写真を撮りに行く時やロケハンなどに出掛ける時には、スマホで音楽聴きながら♪ぶらぶら妄想を立てたりします。
で、今回はイヤホンタイプのヘッドフォンのお話・・

どうでもいいことですが、個人的に撮影などで持ち運ぶ時のヘッドフォンは、昭和の雰囲気バリバリのaiwaのものを使っています。
今はこのメーカー自体も吸収されてしまいましたが、「これに替わる良い物がない」と感じています。
で、実際に使っているアイテムはこれです。

撮影のお供のグッズ
キズがひどいのでモノクロで申し訳ないですが、見て頂きたいのは「収納ケース」です。
購入当時(約20年前)の世の中は、こんな収納ケースに入っているのが一般的でした。
今は本体だけ売っているパターンが多く、ケースとかコードのウネウネを何とかするにはクリップなどを別途買っていますよね。

でも、正直バックに入れておくと、絡まったり、コードがゴム素材だったりするとゴミやホコリで汚くなります。
潔癖症ではありませんが(笑)、スマートじゃない・・

これだと、コードも簡単に巻き取れて、出す時もコードがいつもピンと張った状態で、結果ここまで長持ちしているのだと思います。
昭和の製品もバカにできないものです。

現在は音質や軽さやデザインは遥かにカッコよくなったかもしれませんが、大事なのは「機能性」で、撮影などで使う場合はカメラとイヤフォンだけではなく、コードが多いグッズもバックには入るので「スッと出せて撮影に集中する」には、コンパクトでスマートに限る。
無駄にイヤフォンを買っては止めてを繰り返していますが、最終的にコレになります。

唯一不満があるとすれば「Bluetooth対応ではない」ことですが、昭和のものですので仕方がありません(笑)
スマートに持ち運ぶという意味ではこうした昭和な収納ケースなど不要なのかもしれませんが、「無くして欲しくない機能」というのはある訳で、これはカメラ業界も同じです。

便利になるだろうと想定した機能が登場する影に「割愛された機能」があったり、実は撮影現場では割愛された機能を多用してたりして、仕方なくカメラメーカーを切り替えるなんてことはよくある話です。

写真を撮る目的でのカメラに関してもう少し触れるなら、画質や解像度の面では正直なところ現在どのメーカーであっても「綺麗に撮れる」、というより人間が使う用途としては中身的なものは十分満たされていると感じています。
こぞって各種メーカーは「不要な使い勝手のこだわり機能」や「ありえないシュチュエーションでも撮れる機能」などPRポイントを必死に探しているようにも思えます。

時代とともに電子機器は変化する事自体は避けられないですが、「必要か不要か?」を見極める感覚は常に持っておきたいものですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション