商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

写真撮影の構図テクニック
写真撮影を本格的に勉強しはじめると、「構図の取り方」というものに縛られてしまう人がいますが、個人的にはあまり基本構図を学ぶというのは推奨したくはありません。
というのも、最初に大事にするべきことは写真の良し悪しを「自分が感じて決めること」であって、「人に見せること」を意識してしまったり、「上手く撮る」ということを前提にしてしまっては、写真自体が面白くありません。
「どうやったら上手くなりますか?」という質問が来たならば、「たくさん撮って自分で感じて決めて下さい」としか言えないのです。

ネット時代の現在では「上達テクニック」に関する情報を目にする機会が多くなりましたが、最も有効な上達法は「たくさん撮ること、そして続けること」に尽きます。
三分割構図やレイルマン比率など知識としてはあっても良いですが、構図を先行して撮っていく手法に慣れてしまうと「何を目的に写真を撮っているのか?」という点で撮影目的がぼやけてしまうことになります。
自分で撮った写真が偶然にも三分割構図だった・・というなら、無意識にそういった構図が好きなんだと納得・学習できるでしょうが、先に教則本ありきで「公園だから○○手法」と考えている暇があるなら様々な角度からたくさん撮ることだ。

商品撮影においては、主題となる商品を中心に撮影するものが多い、つまり構図のセオリーを当てはめる事自体がナンセンスです。
では実際に「商品を見せるという目的」で撮られた写真を考えてみましょう。

普通の写真
この写真はカメラを横に構えて、商品を中心に配置して撮ったもの。
よくある商品写真で悪くはない。
では次です。

右の構図写真
今度はカメラ位置は同じで商品を右側に配置したものです。
商品全体を写していることに変わりはないので、これまた悪くない。
ではでは最後です。

商品主体の構図
カメラを縦位置に構えて、商品をファインダーを覗いて画面いっぱいに写しました。
いかがでしょう?背景の無駄なものが排除されて一番分かりやすいですね。

でも、この写真は「日の丸構図」と言われているオーソドックスな構図です。
「商品を見せるという目的」では最後の「商品ドンッ!」の方が伝わりやすいですよね(笑)

当然、構図のセオリーなんかを意識すれば最初の2枚のように「背景との馴染み具合」とか無駄なことを考えます。
説明写真において大事なことは「ストレートに伝わる写真なのか?」が消費者は求めています。

写真を上達させるということは、「目的別に必要な引き出し(手法)」を持っているかということと、自分の撮った写真が好きかどうかです。
カメラはただの機械です。
どのような写真を撮りたくなるかは、撮り続けることでしか見えてこないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホワイトバランスの調整で目的に合った写真に
商品撮影は「消費者に伝えること」という目的で写真を撮りますが、この写真を伝える意図において「どのような印象として伝えるか?」という部分も大切にしたいものです。
説明用の商品撮影では「色の再現性」からホワイトバランスの調整というのは基本的には「ニュートラル」な状態が好まれます。
また、撮影の段階でクライアントとの間で、「最終的な写真の仕上がりの色合い」まで細かく具体的に指示されるケースは稀です。

これはまだまだスタジオ側と依頼主との距離を感じさせる場面でもあり、改善すべき点ではありますが、スタジオ側がRAW撮影を行っていれば、ホワイトバランスの調整で後から印象的に仕上げることも可能ですので、相談してみてもいいでしょう。

ホワイトバランスで印象的に?というと少し抽象的な表現になってしまうので、実際の画像サンプルをご覧ください。
ホワイトバランスの調整例
左側の商品写真(元画像)のホワイトバランスはスタジオ側が任意に設定したものとします。
しかし、商品ページを構成する時に、「もう少し伝わりやすくしたい」と感じる方もいるはずです。
例えば、「冬っぽくしたい!」、または「ハンドメイドの温もり感」を出したいなどイメージとしての素材力を上げる時には「ホワイトバランスの調整の仕方」で印象は変えていきます。

上部のキャンドルの写真では「寒色系」にホワイトバランスを調整して、撮影時の写真から変化をつけています。
そして、もう1つのカップケーキの写真では、「暖色系」に調整して「温かい印象」を与えています。

注目していただきたいのは、「キャンドルの炎の部分」と「ケーキの部分」です。
一見すると「写真全体の色合い」が変わったように見えますが、実は主題(炎とケーキ)の商品部分の色は変わっていません。
つまり部分的にホワイトバランスを施しています。

こうした色調の処理によって、「色の再現性」と「イメージの演出」の両方の条件を満たした写真素材に仕上げることができます。
こうした写真を完成させるポイントはスタジオ側が対応できるかどうか?
撮影の段階でRAW撮影を行っていなくて、後からJPEG画像からホワイトバランスの調整をかければ画像は劣化しますので、印刷用途で使う場合は注意が必要です。

1度の撮影で「説明用」と「イメージ」の両方を目的とした撮影を依頼すれば、スタジオ側は照明を変えたりするので費用もかかりますが、
デジタル写真の特性を活かして、スポット的に仕上げ方を変えることも可能だといこも覚えておきましょう。
但し、スタジオ側に事前に意図を伝えておかなければセッティングの都合上、両刀使いが難しい場合もありますので、相談することも忘れずに!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーのデジタルカメラの「RX1R II」発表



ソニー好きの方ならもうチェックはしていると思いますが、アメリカで行われた展示会「CEDIA EXPO 2015」にてデジタルカメラの新機種「RX1R II」が発表されました。
以前、個人的にパナソニックのLX100を購入した記事を書きましたが、また欲しくなってしまう可愛い形のカメラが登場しました。

デジカメ写真はセンサーサイズの大きさで仕上がりが変わる!と何度も書いていますが、「RX1R II」は35mmフルサイズセンサーを搭載したレンズ一体型のコンデジ・・と言っては失礼な程の性能を持っています。
写真撮影をするコンデジという点で見れば、スペック的には現在最強の機種です。
可変式ローパスフィルターの採用やチルト式液晶画面、レンズの組み込み方・・うん、欲しいと唸ってしまいます。
LX100もすごく気に入っていますが、使っていてレンズの部分・・少し不満

lx100との比較
こんな感じで、電源ONで「にゅーん」します。
「RX1R II」は、にゅーん無いです(笑)

なぜ最近、コンパクトデジカメ(ハイエンドモデル)を好きになったかと言えば、やはりLX100の影響が大きいです。
気軽に撮れて「楽しい写真がどんどん貯まる」、LX100を使うまでは「RAW撮影が最強」とか思っていましたが、JPEGのみ設定で「撮ってすぐ鑑賞」という流れが心地良いのです。
「RX1R II」についてはLX100と同様にレンズ交換はできません。
しかし、出かけ先でスナップ撮影をする時に「レンズ交換ができれば・・」なんてことを感じたことはありません。
そもそもレンズ交換ということを念頭に買っていないので、「決まった条件で何が撮れるか」を考えるのも楽しいです。

ただ、超注目ポイントは価格です。
現在日本での発売は未定ですが、現地の情報では3300ドル(日本円で約40万円)!!!!コンデジですか?コレ??気軽に買えませんよ(笑)
「褒めて落とす」ではないですが、この価格で4K動画も撮れないようですし、コンデジ界で違った意味で最強になってしまいますよ!
この価格をコンデジに投資するなら「α7S IIのデジタル一眼」を買うと思いますが・・変ですか?

なぜパナソニックのLX100を買ったのかご理解いただけましたでしょうか?w
一眼レフを持っている人にとってコンデジはあくまでもサブ機というか趣味用カメラとして所有する人が多いので、手軽な価格とフットワークの良さ、そして最後に納得できるスペックなのかをと優先順位がデジタル一眼を買う時と少々異なるはず。

LX100は、チルト式でもありませんし、「にゅーん」とレンズが飛び出しますが(笑)、「価格とスペック」の面で十分に所有欲を満たしてくれます。
コンデジでオススメは?、と聞かれれば迷わず「LX100」です。
今は価格も手頃になっていますので、「RX1R II」を買うならLX100が4個も買えます・・ってどういうこと??(笑)

SONYとパナソニック、ここ数年デジタルカメラの中では面白い機種を発表し続けていますが、パナソニックの方が「一般消費者向けに着実に進化している感」はするが、ソニーの場合はどうでしょう・・日本ではなく、ブランド力を活かした海外の富裕層に着目してるのでしょうか?

ともあれコンデジで「写真撮影」という点で考えればスペック上は(クドい)最強です。
写真と動画を気軽に高画質に楽しむ総合力で選ぶか、「写真に特化した」超ハイコストコンデジを選ぶかは買う人の好みですね。
私の場合は、「欲しい!!」と思って、値段を見て「なんじゃそりゃ!」と笑ってしまった人間です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トップクラスの撮影モデルについて
今回は、実体験として「弊社に少し関わりのある、現在もファッションモデル業界でトップクラス」で仕事をしている女性のお話です。
アパレル系のモデルを志す人は、なぜ?モデルを目指すのか?一人のサクセス・ストーリーから吸収できるポイントがあれば参考にして頂きたい。
あえて名前は伏せていきますが、業界人であれば、ここ最近、東海エリアのモデルとして目立っている人といえば分かるでしょう。
ハイブランドや日本を代表するレベルのモデルの話ですので、ちょろっと雑誌に出る程度の人ではありませんので悪しからず(笑)

まずその女性との初対面は、弊社のモデルオーディションの応募からです。
面接リストに並んだ時には、正直、「ただの18歳の女の子」でした。
面接当日にドアを開けて、スタジオに入ってきた姿勢を見た時「レッスン経験者かな?」と感じました。
モデルの面接というのは、カメラテストだけで決めている訳ではなく、「日常の立ち居振る舞い」も観察しています。

面接中、会話している最中も「身長こそ恵まれていました」が、スッピンだったせいか特にピンと来るものはなく(失礼)カメラテストへ・・
簡易的なセッティングで1枚撮影をしてみると「とんでもなく写真がいい!」、一瞬、カメラ壊れたのかと思いましたw
何気なく「少し自由に動いてみてください」と声を掛け、撮影してみると・・当時所属していたメンバーには申し訳ないですが、誰よりも「ズバ抜けて感がいい動きをする」さっきまで「普通の女の子」がウソのようでした。

思わずカメラマンの興味として、翌日撮影予定の商品を着て貰いました。
この商品、失礼承知で申し訳ないですがプチプライスで販売されている商品でお世辞にも「良いモノ」ではありませんでしたが、彼女が着るととても良い商品に見えました。

で、その後カメラテストが2時間続きました(笑)
通常は15分程度ですが、本人の希望により「モデルとして使える技があれば教えて欲しい」とのリクエストからです。
撮影した感覚で「合格」は間違いなかったのですが(笑)、「もっと上を目指したい」とか「モデルに真面目に向き合う」熱意が、誰でも分かるくらい強いと感じたので、私の中で違った感情が生まれました。

というのは、確かにこの人を弊社のモデルとして採用すれば、モデルコードは儲かる!
さらに付け加えると、お客様もこの人しかオーダーしないのでは?というくらいの写真上での存在感でした。
ですが、弊社のようなスタジオモデルで彼女の目指す「トップクラスのモデルになれるだろうか?」という自社への疑念です。
モデルにとって18歳から20歳までの2年間は非常に重要です。
主観でしたが、彼女のレベルならきっと名古屋よりも東京に出て勝負した方が活躍の場が広がるのでは??
多分、どこの事務所も欲しがる素材だろうと感じました。

結果、代表としてはあるまじき行動ですが(笑)、「まずは東京の○○事務所を受けなさい!、5年頑張ってダメならいつでも弊社はウェルカムです」
「合格だけど不合格」意味不明な最終判断でしたが、あれから4年後の現在、彼女は間違いなくトップモデルとして成長しました。
連絡頂いた時は、その後どれだけキツいレッスンをしてきたかが分かりましたが、きっと楽しんで苦しんでいた状況は口調からわかりました。

当時、私自身モデルとして才能を見抜けたとは全く思えません。
そもそも撮ってみないと存在感に気づかなった程度ですので(笑)

ただ1つ言えるのは「私程度のカメラマンを感動させることができなければ、その上のランクなどない」ということ、カメラマンは褒めるのも仕事なので、やたらと誰でも褒め言葉を連発しますがw、本当に感動した時は無言になるものです(笑)

トップモデルになるための第一条件は、「これで飯を食ってく」という覚悟と行動です。
実際、彼女自身も弊社の面接を受ける3年前から「モデルの動きを研究」してすごい細かいノートを何冊か作っていました。
彼女をブランドイメージに採用した超有名ディレクターも「彼女は努力家だ」という賞賛のコメントをしたのも納得できる。

努力は才能を生み出す原動力で、才能は努力をすることで磨かれる。
どちらか一方を諦めれてもダメですが、両方のモチベーションを継続することは非常に難しい。
だからトップクラスなのでしょう(笑)
自分を信じて考え行動することが、トップクラスへの駆け上がり方だと彼女の経験から学んだのでした。
おしまいw
このエントリーをはてなブックマークに追加
CCD(撮像素子)と綺麗な写真
以前、このブログで「撮影写真は高画素だからといって綺麗ではない」というタイトルで高画素の数字だけで「カメラの性能(描写力)は判断しない」ということに触れましたが、今回はもう少し掘り下げてCCD(撮像素子)について知識を深めていきます。

まず、CCD(撮像素子)とは何か?ですが、これはややこしい話になるのでザクっと説明すると、フィルムカメラの場合だとシャッターを切った時にフィルムに光が入り像(ネガ焼き)を作りますが、デジカメの場合はシャッターを押す、その瞬間に光がカメラ内部に入り込み、まずCCD(撮像素子)に受光し「被写体の明暗を電気に換えて信号化」します。
フィルムで例えるなら「フィルムに光が届く前の処理」となり「受け取った光を電子信号に変える役目」ですので、まだこの段階では写真としての画像ではありません。誤解を恐れず書くなら「光の量(明暗)の感知役」ですね。

CCD(撮像素子)は格子状に配列されていて、1マス(画素)の数が500万画素とか1200万画素と表記されています。

画素の説明
ということは?写真一枚に500万個の情報と1200万個では、やっぱり高画素の方が綺麗なのでは??・・
一般的に考えると画素数が増えれば、より細かな部分まで再現できることになりますが、上記に書いたように「CCD(撮像素子)が電子信号に変えただけの状態」は写真ではありません。
信号化された情報が次に行く先(パーツ)は、「撮像素子(イメージセンサー)」そうです!大本命の登場です!!
受け取った信号をデジタルデータ(写真としての情報)に変換をする部品ですので、この部分はサイズが大きいほど描画できる情報が多くなり「綺麗な写真」が生成されるのです。

さらに言えば、「レンズ」+「撮像素子(イメージセンサー)」+「画像処理エンジン」が良ければ綺麗な写真になる!
残念ながらCCD(撮像素子)は信号変換器なので、ここで写真が生成される訳ではありません。

スマホの場合は、特に「撮像素子(イメージセンサー)」についての表記がされるケースはあまりなく、「有効画素数1800万画素」などCCD(撮像素子)を強調する傾向にあります。

有効画素数の比較
上記の有効画素数の比較を見てもらえば分かるように、xperia Z4とプロ機として定評のあるEOS-1D XのCCD(撮像素子)の数値はEOSの方が低くなる。

「だから私はエクスペリア♪」CMみたいなことにならないように(笑)

CCD(撮像素子)はデジカメにとって重要な役割を果たしていることは否定できませんが、機能と役割を知っていれば数値に惑わされることはなくなると思います。
現在、市場に出回っているどのカメラもCCD(撮像素子)的には、どれを買っても何の問題もありません。
大事なことはCCD(撮像素子)以後の回路の性能だと覚えておきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション