商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

商品写真の装飾は必要か?
商品販売ページの構成写真については、ショップごとにパターン化されたものがあると思いますが、商品撮影に出したものが「説明写真」の要素の濃い素材の場合は、画像を加工して見栄えを良くしようとするケースがあります。
ただ、消費者目線から、こうした商品ページの構成方法(写真の見せ方)を考えたことはありますでしょうか?

パソコンやスマホを問わず、消費者(ユーザー)側はスクロールをしながら商品ページを見ています。
商品を見せるための要素として「イメージ画像から説明写真へ」、こうした動線での見せ方が通常は心地よい構成となりますが、「何が主題なのか?」を見失ってしまうと過度の装飾で写真自体の意図が伝わりにくくなってしまう場合があります。

よくあるパターンが白背景で撮られた写真に飾り枠などを合成して、説明写真がうるさくなってしまう例です。
次の写真を見て下さい。

装飾写真のサンプル
そのまま写真を使ったものと、余白部分に装飾をして合成された画像です。
単体の写真で見た場合、「そのまま」の写真では「少し余白が寂しい・・」と感じてしまい、デザインを足してしまう。
でもどうでしょう?
飾りがあると商品がストレートに伝わってこないと思いませんか?
例えばこうした合成された写真が1つの商品ページ上に5、6枚連続して掲載されていたら、印象はかえって悪くなります。

写真に対してデコフレームなどの演出は、「やればやるほど商品が安っぽくなります」
新聞の折込チラシなどで「とにかく目立たせたい戦法」ではありませんが、安い店ほど装飾が多く(笑)、デパート系の商品に自信がある店舗ほど写真に装飾はしていませんよね。
商品ページは消費者に展示する場所ですので、商品よりもデコフレームが目立ってはいけません。

消費者を惹きつける商品ページのよくあるパターンは、「主題となるイメージ画像」→「説明写真」→「シチュエーション写真」、こうした順番での構成です。
最初の写真で商品の印象付けを行い、次にスクロールして多面的に説明画像を見せる、そして最後の「カートに入れるボタン」に近接したところで「商品を買った時を連想させるイメージ写真」でそっとアピールする。(ダメ押しとも言うw)

もちろん写真自体に装飾(デコレーション)をするならば、最初の一枚だけでしょう。
人間の動線というのは、主題(商品)が分かっていれば、スクロールしている時は写真に注視していくものですので、そこに過度な装飾は必要ありません。

とはいえ、1つのライティングパターンで撮られた写真では、こうした構成は難しくなります。
ではどうするか?
1つの方法は「画像のトリンミングでカバーする」ことです。
例えば、商品のアップ、引いた状態の写真を組み合わせることで、売り手が見せたいポイントに強弱をつけて印象づけながら写真を並べることで同じような効果が出ます。
撮影パターンを追加することなく印象を変える方法の具体策としてはスタジオに相談してみても良いでしょう。
撮影スタジオは日々たくさんの写真を見ているはずですので、見せ方についてもアドバイスが貰えるハズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スマホ市場も秋冬バージョンが出回ってくるこの時期、今年の夏からカメラ好きの私としては密かにチェックしている「Wレンズカメラ搭載のスマホ」・・honor6 Plus(オーナーと読みます)、HUAWEI(ファーウェイ)という中国のメーカーから発売されているものですが、この会社知ってます??
創業4年でスマホ出荷台数はサムソン、アップルに次いで世界シュア3位のメーカーです。
日本では「格安スマホ」として楽天をはじめ各MVNOスマホとして扱っていますが、気になるのはその「カメラ機能」です。
まずはどんな機種かご覧頂きましょう。
honor6 Plusカメラ撮影
レンズが2つ付いてますよね(笑)
2015年に入ってLGが発売した「isai vivid」で「一眼レフのような高画質の写真」が撮れると話題になった機種がありましたが、このhonor6 Plusは、着目点がまた違って、2つのレンズを搭載して、内部的な処理エンジンもコンパクトにしています。
そうです、綺麗な写真を撮るための絶対要素をカバーしてきているのです(革新的)。

もちろん、一眼レフ特有のボケ味もありながら、「後からボケの箇所を変更できる!」、つまり撮影した後で「ピント位置を自由に変えることができます」。
今までのように何枚も撮るのではなく、1枚撮って気分に合わせてピント位置を変更してしまえば良いのです。
これで子供やペットなどの撮影も手軽になるでしょう(笑)

で、何でこの機種を紹介するのかですが・・
ネットショップを運営している人で、会社内での商品撮影をデジタル一眼レフで行っていたとします。
でも大きな機材は、撮影準備までに時間がかかったり、店長ブログのような「ちょっとした写真」を撮るのに、わざわざゴツいカメラを持ってくるのは・・・と面倒になりがちです。
情報のスピード公開という点では、正直フットワークに欠けるのが大きなカメラの欠点ですので、「一眼レフで撮った雰囲気」・「手軽」・「素早く」となるとコンデジやスマホのカメラが便利ですよね。

もちろんこのスマホがコンデジを超える!なんてことは言いませんが、AFのスピードも含め良い商品だと思います。
スマホでは写真を決める大きなセンサーを搭載できないだろうと思われていた折に、意外な方法で解決策を見出してきたメーカー努力はすごい!
デザイン的にもあのメーカーの5Sに似て、程よくカクカクして可愛い!?
ちなみに価格もあの人気スマホより格段に安い!、スマホ市場で2位と3位の差はかなりありますが、価格と便利機能ではもう追い抜かれた感じがありますし、端末1台あたりの純利が6万程度のシリーズ商品を毎年出すなら、消費者に単に「○ップル」だからというブランド力ではなく、「買う価値」を提示して欲しいものです。

「変わったのはすべてです(某CM)」・・・どこのメーカーも新製品出したら「変わったのはすべて」でしょ(笑)
裏を返せば、「特に変わったところが見つかりませんでした・・」と発表しちゃったみたいですよ・・
言葉が過ぎたようで・・すいません(汗
このエントリーをはてなブックマークに追加
M2M(エムツーエム)チャンネル
2日ほど前から「Apple TV」のホーム画面内にて「M2M(エムツーエム)」という新たなチャンネルが追加されました。
おかげさまで、すっかり寝不足です(笑)

チェンネルの内容は、過去から現在までのファッション系の動画コンテンツが豊富に用意されています。
カメラマンからすれば「アイデアの宝石箱w」で、モデルにとってはトップモデルの遍歴なども視聴でき、何よりもファッションデザイン業界では今までこういった資料映像的なものは入手が非常に困難であり、見つけたとしても断片的な映像だったり、販売されているものはテープ媒体だったものが、オンラインで何時でも無料で大量にカテゴライズされています。
というわけで、全部一気に見れるわけもない程大量にあり、動画を止めることが出来ず・・寝不足です(笑)

制作業務に携わっている人なら誰でも感じる「あの時代の先駆者は何を考えていたか?」、そんな痒いところまでドキュメンタリーで配信されている。
正直なところ、こうした専門的なチャンネルの配信スタートを仕掛けてくるところは、やっぱりAppleの強みですね。

端末については残念ながら現在は「Apple TV」を持っていないと視聴は出来ませんが、個人的な意見として「見たら手放せないくらい貴重すぎてヤバい映像ばかりです!」
何かしらこういった業界に関係する仕事をしている人ならば是非、このチェンネルを見るだけの為にApple TVを買っても損はないと思います。
M2Mサイトにも記載されていますが、「初めてのファッションビデオネットワーク」ハイ、その通リです!
初めて触れる映像体験、制作意欲を刺激してくれる貴重なチャンネルのご紹介でした。

M2M website |http://m2m.tv/
このエントリーをはてなブックマークに追加
imac4kと5kどちらが良いのか?
突然、経過報告っぽくなりますが、導入したiMac5Kを実際の業務で使ってみた感想ですが、TPOによって別れる気がしています。
個人的にはiMac5Kを導入して、飛躍的に便利になった点は「写真と映像」をいじる場合です。
具体的には、
・ハイエンドカメラで撮った画像の現像処理がとても楽になる。
・印刷関係のDTP作業時に300dpiでのデータのオリジナルサイズでの作業が可能になった。
・映像編集時の作業画面がフルHDでも4K映像でもストレスなく表示・編集が可能になった。


主にこの3点については「購入して良かった点」です。
で、ここからがサイト制作時の作業効率です。
結論から言いますと、サイト制作時は「デフォルトのディスプレイ解像度より低く」設定しています(笑)
理由は単純で72dpi程度の画像をデザイン編集すると2Kのディスプレイ解像度の設定でも表示が小さすぎて見難くて仕方がないのです。
当然ですが5Kの高解像度になれば横幅1920px/72dpiくらいの画像データは更にウソみたいに小さくなります。
細かな箇所を編集する時は気づけば拡大倍率を700%になっている状況も度々でした。

導入当初は「慣れだ!」と思い込もうとしてましたが、アッサリ低解像度の設定へ切り替えることになりました。
window用のモニターは1920x1080なので、Mac側で5K解像度にしていて、WinとMac画面を行き来していると酔ってしまう(笑)
個人差もあると思いますが私の場合は、サイトデザイン時はデフォルト以下のディスプレイ解像度が合っているようです・・

さて、最近21.5インチのiMac4Kも登場しましたが、写真・映像を触るなら27インチかな?と感じます。
写真だけフルスクリーン表示するのであればOKですが、デジタル現像時は左右にメニューエリアが必要なので、その分を考慮してオリジナルに近いサイズで確認していくなら27インチの方がアドバンテージがあると感じます。

しかし、サイト制作など高解像度での環境を頻繁に使わないが、今後のモニター環境に合わせたい場合は4Kタイプは有効です。
そもそも古いPC98世代頃からパソコンを触っている人の場合、モニター正面に視線を合わせて、「目を動かさないで画面四隅をチェックする」には27インチは大き過ぎるのです。
古いことを言えば、4:3のモニターの時代は作業領域こそ狭かったですが、人間がパッとモニターを見た時の「瞬間把握エリア」の都合で視線移動は極端に少なく、テキストをバンバン打ち込むには丁度良かったですよね(笑)
16:9比率のモニターが登場した時の乗り換え時の違和感が懐かしいですが・・今後を見据えた適度なモニタサイズをということであれば、21.5インチのiMac4Kがベターかもしれません。

実際2年前までeMacもサイト制作用としては現役で頑張っていましたし、画面比率の点でも使いやすかったのも事実です。
作業をするマシンとして考えた時に自分に合うかどうかも重要なポイントで、iMac4Kも全部盛りにカスタマイズすると30万近く費用が必要です。
4K対応が今後主流になることは事実としての流れですが、「今必要なのか?」は家庭用として使用する人は考えても良いかもしれません。

たまにアップルさんは、未来を行き過ぎて、振り返ると誰もいなかったというパターンも度々あるのでご用心w
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真撮影の構図テクニック
写真撮影を本格的に勉強しはじめると、「構図の取り方」というものに縛られてしまう人がいますが、個人的にはあまり基本構図を学ぶというのは推奨したくはありません。
というのも、最初に大事にするべきことは写真の良し悪しを「自分が感じて決めること」であって、「人に見せること」を意識してしまったり、「上手く撮る」ということを前提にしてしまっては、写真自体が面白くありません。
「どうやったら上手くなりますか?」という質問が来たならば、「たくさん撮って自分で感じて決めて下さい」としか言えないのです。

ネット時代の現在では「上達テクニック」に関する情報を目にする機会が多くなりましたが、最も有効な上達法は「たくさん撮ること、そして続けること」に尽きます。
三分割構図やレイルマン比率など知識としてはあっても良いですが、構図を先行して撮っていく手法に慣れてしまうと「何を目的に写真を撮っているのか?」という点で撮影目的がぼやけてしまうことになります。
自分で撮った写真が偶然にも三分割構図だった・・というなら、無意識にそういった構図が好きなんだと納得・学習できるでしょうが、先に教則本ありきで「公園だから○○手法」と考えている暇があるなら様々な角度からたくさん撮ることだ。

商品撮影においては、主題となる商品を中心に撮影するものが多い、つまり構図のセオリーを当てはめる事自体がナンセンスです。
では実際に「商品を見せるという目的」で撮られた写真を考えてみましょう。

普通の写真
この写真はカメラを横に構えて、商品を中心に配置して撮ったもの。
よくある商品写真で悪くはない。
では次です。

右の構図写真
今度はカメラ位置は同じで商品を右側に配置したものです。
商品全体を写していることに変わりはないので、これまた悪くない。
ではでは最後です。

商品主体の構図
カメラを縦位置に構えて、商品をファインダーを覗いて画面いっぱいに写しました。
いかがでしょう?背景の無駄なものが排除されて一番分かりやすいですね。

でも、この写真は「日の丸構図」と言われているオーソドックスな構図です。
「商品を見せるという目的」では最後の「商品ドンッ!」の方が伝わりやすいですよね(笑)

当然、構図のセオリーなんかを意識すれば最初の2枚のように「背景との馴染み具合」とか無駄なことを考えます。
説明写真において大事なことは「ストレートに伝わる写真なのか?」が消費者は求めています。

写真を上達させるということは、「目的別に必要な引き出し(手法)」を持っているかということと、自分の撮った写真が好きかどうかです。
カメラはただの機械です。
どのような写真を撮りたくなるかは、撮り続けることでしか見えてこないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション