商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 

ネットショップの運営方法の提案と写真の使い方に関するコラム

商品撮影
ネットショップは写真を変えただけでは成功しない
ネットショップには楽天市場、Yahooショッピングなど販売手段はお店によって多様化しています。
では商品撮影を依頼する前に何かすべきことはあるのか?
Web制作の経験からネットショップに商品写真を撮影・掲載する際のヒントになればと思います。
モデルコードは商品撮影には準備が必要だと考えます。
HOME > 商品撮影とネットショップ(コラム)TOP > #05: 商品撮影写真を加工をしないでインパクトを与える

商品撮影のイメージに合わせた背景カラー



ネットショップ運営には画像加工(新着・セールなどの文字入れetc)は労力を意外に必要とする。
現在の商品撮影サービスで主流となっているのは「背景を白とび撮影する」、「加工しやすいようにパス(切り抜き範囲をつける)制作」などネットショップ側が画像加工をすることを前提にした撮影手法が並んでいる。

ですがネットショップの写真事情を見ると色の誤差や違和感が無いように画像加工をしているショップの数は限られてくる。
これは当然のことで、ホワイト背景で撮影した人物画像を、例えば赤の背景に差し替えようとした場合、色の収差などのカラーバランスを行っていくにはある程度の技術が要求される。

ではなぜ?こういった加工を前提とした商品撮影が出てくるのか?
単純に雑誌などのページではこういった処理が行われているが、雑誌を構成出版するにはデザイン会社が介在しているため、違和感の無い合成が実現できている。

消費者の立場からすれば、画像加工に違和感のある写真で購買意欲は湧かないのも当然だ。
加工段階で色をいじる、トーンカーブを感覚で曲げてしまえば、実際の商品との色も大きく変化してしまう危険もある。


デザインに凝ったバナーやTOP画像などは何も切抜きが必須というセオリーはどこにも無い。
あえて言うなら写真ありきの状態でどれだけセンス良くバナー画像を作れるかがポイントなのです。

最大手のファッション通販【ファッションウォーカー】 http://gw.tv/fw/をご覧頂きたい。
単純に大手だからこれで売れるという理屈は無く、素材の特性を有効的にデザインをしている。
このネットショップからは写真素材への違和感は全く無いと感じるのではないでしょうか?
これはモデル撮影した写真にはテキスト文字を主にでデザインしているためです。

ではどうやって写真素材にバリエーションを加えれば良いのか?
それは撮影背景カラーを利用するのが効果的です。
ネットショップの画像を強調させるために現在白抜き撮影をして加工に時間と労力を注いでいるのであれば、背景1色で即座に目立つ素材ができます。


商品撮影についてのカラー背景の選択はオプションとなっており、選択に迷うのも理解できますが、
ネットショップで扱う通年商品と、季節商品との撮影をカラー分けしておくことで、撮影画像を掲載する際に生じる加工処理の労力を軽減するという点で見れば、
費用対効果の高い選択だということが見えてくる。

撮影データを より迅速にご利用 いただけるように、当サーバーからダウンロード受取りをご利用になれます。面倒なハードディスクへのコピーが不要なので、すぐに掲載作業に集中できます。
※もちろん同時にCD・DVDメディアの納品
管理エリア