商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 

ネットショップの運営方法の提案と写真の使い方に関するコラム

商品撮影
ネットショップは写真を変えただけでは成功しない
ネットショップには楽天市場、Yahooショッピングなど販売手段はお店によって多様化しています。
では商品撮影を依頼する前に何かすべきことはあるのか?
Web制作の経験からネットショップに商品写真を撮影・掲載する際のヒントになればと思います。
モデルコードは商品撮影には準備が必要だと考えます。
HOME > 商品撮影とネットショップ(コラム)

消費者の購買意欲を過剰に煽らない



抜群に良いアングルと照明効果で良質の写真素材をネットショップ上で公開することは、
良くも悪くも消費者の購買意欲を誘うことは間違いありません。

しかし、商品の詳細(ディテール)までグレードアップしてしまうのはいかがなものか?
アパレルで良く挙げられるクレームとしては「生地の厚み」に対するものも少なくない。

当然ですが商品撮影時には生地の薄さのデメリットは極力避けて通るのがセオリーですが、
あえて、ポイント写真として生地の厚みを紹介するカットを入れるようオススメしたい。

単純に考えるとマイナス要素は隠しておきたいのはオーナー心理ですが、良い部分だけをアピールした写真は消費者に対して「過剰な期待」を抱かせてしまう結果となります。
そして購入した際に「生地が薄い」ことに気付きクレームとなる。
クレームを挙げてくれれば対応次第では印象を悪くすることはないが、悲惨なのはリピーターに繋がる消費者を逃がす事です。

例えば、ハイブランド商品のカタログを見ていただくと、
俗に言う「当たりの良い写真」で構成されている。
これはある程度、消費者側に商品やブランドへの信頼性がある為、成立する写真である。

こうした写真を真似をしてネットショップにスライドして印象の良い写真ばかりでネットショップを構成してしまうと「消費者の過剰な期待」を煽ることになる。
撮影を代行する業者側にも問題はあるが、回避策としては、消費者への事前の情報提供となる。

本来、「売れる写真」や「魅力ある写真」とは照明やモデル選びでは無く、商品イメージを誇張せず正確に撮影することで、ネットショップの信用度を上げる目的もある。

弊社紹介で恐縮ですが、なぜMODEL CODE.comが1アイテムに対して他社よりたくさん写真をお渡しするのか?もちろん理由があります。
それは、消費者に対しての写真情報の欠落部分を補完して期待値を平均化する目的もあります。

新規の消費者ばかりを狙う目的であれば「当たりの良い写真」で構成すれば良いですが、
大切なのは確実に商品を購入してくれる「リピーター」になってもらえる消費者を増やすことではないでしょうか?

撮影データを より迅速にご利用 いただけるように、当サーバーからダウンロード受取りをご利用になれます。面倒なハードディスクへのコピーが不要なので、すぐに掲載作業に集中できます。
※もちろん同時にCD・DVDメディアの納品
管理エリア