商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 手ブレ補正効果と種類を知る

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
手ブレ補正の効果と種類
写真撮影において「手ブレ」とは人間がカメラを持つ限り避けては通れない道である・・・・
なんてことはなくw、最近ではメーカーも「手ブレ補正対策」としての機能向上には感心する程です。
しかし、単純に「手ブレ補正」といっても「カメラ側orレンズ側」で手ブレ補正効果や種類も異なります。
今回は手ブレ補正機能について少し探ってみましょう。

カメラ(本体)ボディ内手ぶれ補正

言葉通リですが、デジタルカメラ本体(ボディ)に手ブレを補正する機能がついているものです。
といってもカメラ全体に補正機構が施されているわけではなく撮像素子(イメージセンサー)部分が細かく振動に対して打ち消す動きをして、人間が構えた状態からのブレを軽減しています。
最近では上下左右、前後方の奥行きのブレはもちろん、ボディとレンズ両方で手ブレを軽減する優れたカメラも登場しています。

ボディ内手ブレ補正のメリットとしては、レンズを変えても補正効果が得られることです。
例えば手ブレ補正機能がなかった時代のオールドレンズを装着しても効果を得ることができます。
とはいえ現行ではニコン、キャノンはまだ発展途上の部分もあり、ソニー、オリンパス、パナソニック、ペンタやレンズ一体型のコンデジで多く見られる機構です。
余談ですが、スマホのiphone6シリーズの手ブレ補正もボディ内補正となります。(端末が軽すぎるので意味が無いような気もしますがw)

レンズ内手ぶれ補正

交換するレンズ部分に手ブレ補正機能を持たせたもので、デジタル一眼レフの「手ブレ補正」として一般的に知られているのがこのタイプかと思います。
感覚としてはレンズ内に「めっちゃセンサー入ってる感じ♪」です(おバカ表現)
詳しく書くと専門用語のオンパレードになりそうなので「めっちゃセンサー入ってる♪」と覚えてしまいましょう。

このレンズ内手ぶれ補正の最大の特長はファインダーを覗いた時に「補正効果が目視できる点」です。
ボディ内手ブレ補正のみの場合、ファインダーを覗いても「ブレが生じている状態を見る」、つまり実際撮ってみて補正効果が分かるという具合です。
手ブレ補正を搭載したレンズのデメリットとしてはまずは「高価である」ことや大口径レンズへの搭載が困難であるため、使用できるレンズが限られてきます。

手ぶれ補正からカメラ選びをするのも良い

ボディ内・レンズ内のどちらが優れているとは言い切れませんが、1つだけベストな選択肢を挙げるとするならば、「両方の手ブレ補正を同時に使えれば最強!」というパターンです。
2つの部位で補正を行ってくれるのは理想ですが、ダブルで効かせるにはカメラメーカーと組み合わせレンズも限定されてしまうのが痛い所です。
例えば私のようにニコン機をメインで使っているユーザーは、メーカーの都合上「レンズ内手ブレ補正のみ」となります。
手ブレ補正のことだけを考えて他社に変えれば、その他諸々の出費がとんでもなく必要になります。(販売を待つしか無い)

しかし、これからカメラを購入しようとしている方はSONY・オリンパス・ペンタックス・パナソニックなどはボディ内補正と機種に準じて手ブレ補正付きレンズも出ていますので、ダブルで効かせることも可能です。

手ぶれ補正機能は快適に撮影するためになくてはならない機能ですが、「どれくらい必要か?」と言えば撮影する環境やスキルによっても変わってきます。
普段撮影するシャッタースピードが1/125秒程度でそれ以上遅くなる状況はないのであれば、手ブレ補正はあまり必要ないかもしれません。
暗所であっても三脚を使うなど固定する(ブレを軽減する)措置をすれば回避できる問題でもあります。

カメラマンの勝手な解釈をしてしまえば「手ブレを恐れずシャッターを切れ!」
手ブレを怖がってシャッターチャンスを逃すより、ブレても絵になる写真を撮れば良いのです。
ブレた写真がNGという場面は商品撮影くらいのもので、写真はもっと自由なのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション