商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 楽天市場とYahooショッピングの商品動画の使い方

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
楽天市場とYahooショッピングの商品動画の使用法
商品動画の使い方についてご質問頂きましたので、今回は主要ECモールの楽天市場とYahooショッピング出店ストアでの商品動画のアップロード及び扱い方の違いについて記載していきます。
まず、「なぜAmazonはないのか?」ですが、現時点でのAmazonでの商品動画使用については一般出品者での動画投稿には制限が設けられていますので、正式対応がされた段階でご説明させて頂きます。

では楽天市場とYahooショッピングでの動画投稿の方法をご案内します。
弊社にて撮影された商品動画のファイル形式については「MP4形式」となりますので、いずれのモールにも対応している動画フォーマットになります。
◇商品動画の撮影プラン

楽天市場での商品動画のアップロード方法

楽天市場の場合は、「外部サイトからのリンク(YoutubeなどからURLを埋め込み共有)」は基本NGとなっていますので、商品画像を扱う場合と同様に楽天RMSからの操作となります。
つまり自社の楽天サーバー内に動画をアップロードすることになります。

操作方法は簡単で、まずはRMS内の「動画登録」をクリックして「動画管理画面」に移動します。
画面左上の「新規動画アップロード」ボタンをクリックして、「動画の選択・入力画面」を立ち上げます。

「動画アップロード」ページ上にて、
1:PC内の動画ファイルを選択
2:アップロード先を指定(商品動画というフォルダを作っておくと分かりやすいです)
3:タイトルを入力(必ずキーワードを含めて記述する)
4:コメント入力(説明文ですが、ココもキーワードを散りばめます)
5:指定キーワード3つを入力

上記項目を記入したら「アップロード」ボタンをクリックします。
元の画面に戻りますので、「貼り付け用HTMLソース欄」を確認して、記載されている文字列をコピーします。

これで概ねの準備は完了ですので、次に商品ページに動画ソースを貼り付けていきます。
商品動画を追加する商品を選択して編集画面に移動します。

商品ページ設定枠内に「動画(HTMLソース)」の該当欄がありますので、そこに先ほどコピーした文字列をペーストして保存。
以上で、商品動画の設定は完了ですので、商品ページを確認して商品動画が表示されればOKです。

※Youtube外部リンクが可能という記事もありますが、動作の安定性を考えるとこの方法がベターだと思います。

Yahooショッピングでの商品動画の使用方法

Yahooショッピングの場合はグッと簡単になります。
まずはYoutube内に自社のチャンネルを開設します。(今回は開設していることを前提に記載)
Youtube内の管理画面から「商品動画」をアップロードします。
動画をアップロードすると個々の動画に「コンテンツID」が割り当てられますので、そこを確認・控えておきます。

「YouTube」のコンテンツIDは、
「YouTube」URLの「http://www.youtube.com/watch?v=」の=の後の部分となりますので覚えておきましょう。

参考例:「YouTube」URLが「http://www.youtube.com/watch?v=abcde12354」の場合、「YouTubeのコンテンツID」は、「abcde12354」となります。

コンテンツIDが分かっtら、Yahoo!ストアエディターにてタグを入力します。

1:ストアクリエイターProを開く
2:ストア構築へ移動
3:ページ編集へ移動
商品動画を挿入したいページの編集画面を開き、フリースペースや商品説明部分に次のタグを記載します。
商品動画用のタグID

※赤文字部分は動画毎の任意の「YouTubeのコンテンツID」となります。
※半角全角・スペースなど注意して記載して下さい。

これでYahooショッピングでの商品動画を使用したページが完成しますので確認してOKとなります。

最初の内は少し慣れない作業ですが、流れを覚えてしまえば難しい設定ではありません。
こうした作業を業者に依頼すると無駄に費用がかかってしまいますので、商品動画のアップロードや設定は自力でやっていきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション