商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 光学ファインダーと電子ビューファインダーの決定的な違い

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
光学式と電子ビューファインダーの違い
タイトルからして面倒な記事になりそうですが、ミラーレス一眼レフをご購入予定の人には有益な情報かと思いますので、ご参考までに。
まず「光学ファインダーと電子ビューファインダーってそもそも何?」という方へ

光学ファインダー
通常の反射鏡(ミラー)を用いたデジタル一眼レフカメラに搭載されているファインダーです。
シャッターを切る時にパカパカするタイプです。
一般的にデジタル一眼レフといえばこのファインダーを採用しており「見たままの画像が映るため、自然な画像を確認」できます。

電子ビューファインダー
反射鏡を使わないミラーレス一眼に採用されている電子式(映像)ファインダーです。
ファインダー内のスクリーン上に液晶画面を使って、映像を映し出しています。

両者の違いは、鏡に映ったものを直接見る(光学ファインダー)、映像化した像を見る(電子ビューファインダー)
更に噛み砕くと、光学ファインダーは紙芝居(アナログ)、電子ビューファインダーは液晶テレビ(デジタル)と仮定します。

で、今回この記事で何が言いたいのか?ですが、キャノンのミラーレス一眼を数週間借りており、実際の撮影現場(事務所モデルの撮影)で使ってみました。
もちろん普段からLX100を使っておりますが、メイン機として仕事の現場で使ったことはなく、キャノンのEOS M3という事で画質などへの安心感で「現場撮影用に投入」してみました。
カメラ的には「良いカメラ」で仕上がりの写真自体は非常に満足がいっております。(クライントも満足)

こちらがそのカメラ↓
キャノン EOS M3
さて撮影スタイルですが、普段の撮影時はファインダーを覗きながら撮影しています。
今回のEOS M3はミラーレスなので、背面の液晶で見ながら撮影もできるのですが、いつもの撮影スタイルのごとく、「ファインダーを覗いて撮影」をしていました。
撮影時間は3名撮って約半日ちょっとでしたが、撮影枚数は1,000枚程です。

さして撮影枚数が多いわけではありません。
ですが、撮影後にPCに取り込んで写真を編集をしていると、どうも目の疲労感が尋常じゃない。
原因は「電子ビューファインダーを見続けた事」です。

普段使っている光学ファインダーでは感じたことがない疲労感。。
例えるならモニターの近くでずっと映画を凝視しているような感覚です。
結論から言えば「背面液晶を見れば??」となるのですが、それでは何か気合が入らないためミラーレスでもファインダーを覗きながら撮りたいのです(笑)

EOS M3は撮影時のファインダー内に映し出される画像自体も綺麗で、テンション上って撮っていましたが、迫り来る目の疲労感は思わぬ盲点ですw
これって個人的に老化したオッサンの目の問題なのか?はたまた電子ビューファインダー自体がこれ程、目に負担となるのか?
光学式と電子式のカメラを現場で採用する検討材料として考えさせられた決定的な違いでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション