商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 綺麗な写真とリアルな写真、売れるのはどっち?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品写真は綺麗かリアルかどっちが大事?
昨日、某大手通販サイトで商品を購入する際に、他の方のレビューを見ていて、少し「なるほど」と感じた投稿が目立ったので、本日のお題に取り上げてみました。
私が閲覧していたのは複数のショップが集まり綺麗に整頓された商品写真が並んでいるECモールで、着用画像に関しても正統派のモデルを使ってよくまとまっている商品ページ(サイト)でした。
実際わたしが購入しようとしていた商品は「モッズコート」で、カラーはオリーブとカーキの中間くらいの色合いのもので、ファー部分がチープじゃないものw
こうした目的で物色していると気になる商品が何点か挙がってきました。

しかし、どこのショップのモッズコートを見ても1つ疑問が湧く・・
それは「商品写真は綺麗なのですが、リアルではない」ということ、どういうことかと申しますと、「陰影を強くつけたライティングの写真」であったので、モデル着用画像の色合いと平置きやパーツ部分の写真の色合いが「どれが正しい色なのか判断ができない・・」

これは普段撮影をしている側から見ると、「気を遣う色」というのがあって、「カーキ系」もその1つです。
光の反射によって「濃いグリーン」にも「薄いグリーン」にもなり得ます。
私のように「カーキとオリーブの中間色希望」となると「どの写真が本当の商品の色あいなの??」となってしまい、多分「平置き写真が実際の色に近いのだろうと」と購入しようとしましたが、レビューを見てみると購入された方の数名がこんな書き込みをされていました。

平置きもモデル画像も実際の色と違ったので返品しました


こういう書き込みを見ると“ポチる”のを躊躇します(笑)
商品そのものや写真としては綺麗なのですが、「平置きもモデル着用画像、どちらも色が正解ではない・・」
第1候補がそんな具合でしたので、第2候補を吟味していると今度は光を当て過ぎた商品写真でレビューを見てみると「届いたら画像より色が良かった」などのコメントが・・

繰り返します。
私のように「カーキとオリーブの中間色を希望」していると「思ったより良かった」では意味不明となります。
「思ったより良かった購入者」が何色を欲しいと感じて買ったのかも不明で、深く考え過ぎると時間の無駄だと思い、結局は第1候補を求めて欲しいと思うブランドを扱うショップに直接出向いて購入しましたw。

で、実際の商品はどんな色だったのかと言えば「モデル画像と平置きの中間ぐらいの色あい」でした。
どちらが正解と聞かれれば、モデル画像がリアルな商品カラーに近かったという結末です。

余談ですが、好奇心もあり購入したショップに電話で聞いてみたところ「モデル写真と平置き写真の撮影業者は違う」との回答で妙に納得しました。
商品撮影を行う立場上、「綺麗な写真」というのは必須な部分ですが「リアルな写真」というのも今回の私のような購入目的を持つ消費者に向けては必要な事だと感じた次第でございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション