商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

商品撮影においての商品単体写真、一般的には「物撮り」と呼ばれている撮影ですが、アパレルショップにとって基準となる物撮りによる撮影手法は大きく分けて4つに分類できます。
それぞれの物撮りパターンで商品の見せ方や伝わり方に違いがありますので検討材料としてご参考下さい。
物撮りパターンの特長を知る

下記は商品撮影での各物撮りパターンの説明となります。

平置きによる物撮り写真
平置きの物撮り
商品を背景(地面)に置く基本となるパターンで撮影アングルや照明よって風合いが変わります。
立体感のある生地や柔らかすぎる素材の場合は、服の内側に「しこみ」をして凹凸感を出すこともあります。
また素材によっては商品自体の形状をキープする場合に撮影難度が上がる場合があります。

トルソーによる物撮り写真
トルソーを使用した物撮り
立体感を出したいジャケットやストレッチ素材商品などの形状を重視したい場合に効果的です。
物撮りでは万能タイプのように感じますが、前面からの撮影時首元のタグや裏地が見えなくなります。
正確な着用感や形状を伝える説明画像として利用されるケースが多いのが特徴ですが安価なトルソーは形状(スタイル)が悪い場合があるので注意が必要です。
トルソーとマネキンとの違いは、マネキンは頭部から足先まであるもの、トルソーは首下からの胴体部分などのパーツ構成となります。
ハンガー掛けによる物撮り写真
ハンガー掛けでの物撮り
ハンガー掛けした状態で撮影するためトルソーと平置きの中間的な役割を担います。
業者によってはハンガー骨が細い、または透明アクリルなどでオリジナルハンガーを作って、浮いた状態を演出する場合もあります。
撮影後ハンガー部分を消す、または掛けた状態での画像のみを型取りする場合は補正作業が必要です。
基本的には補正をせずショップにあった雰囲気のハンガーを使用し「個性」を出すことを推奨します。
吊るしによる物撮り写真
吊るし(ピン留め)での物撮り
糊残りのないテープまた極細のピンを使用して背景に形状を綺麗に整えて留めていく撮影です。
商品の切抜きや成形の意味では平置きと似ていますが、ワンピースやドレスなどでよく使用されるチュニックやサテンなど成形の統一が難しい場合、商品の重みによって綺麗に成形されます。
主にカタログ撮影などの用途に向いています。
以上が物撮り撮影の主なパターンとなりますが、扱っている商材によって最適な方法を業者と相談すると良いでしょう。
例えばモデル撮影とトルソー撮影など狙っている意図が重複する場合などは「モデル撮影+ハンガー掛け」など物撮りのパターンを変更して多角的に消費者に商品イメージを伝える写真を用意すると説明画像としての説得力も増すと思います。
・狙うポイントによって物撮りパターンを考える
・商品素材や形状によって使い分ける
・画像加工を前提とした場合は使い回しの良さを考える


今回はアパレルを主体に物撮りについて解説してきましたが、その他の商材や使う部材によって商品撮影のバリエーションは多様なパターンが想像できます。
単純にサイトに掲載されている撮影単価でどのぐらいまで対応しているのかをチェックすることも大事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライトスタンドの選び方
商品撮影に使用するライトスタンドってこだわっていますか?
ストロボや定常光を立てて撮影をする時には必須の機材ですが、その他にブームを付けたり、トレペを垂らしたりetc・・意外と頻繁に使うライトスタンドは何といっても「耐久性を最優先」したい所です。

とはいえ、私自身も撮影を始めた頃は、「ただの照明を立てるスタンド」と考えていましたので、使用用途に合った高さのライトスタンドであればどれも同じだろうと考えていました。
しかし少し使っていくと安価なライトスタンドと撮影機器メーカーが出しているライトスタンドでは明らかに使用感が違うのです!

例えば、ライトスタンドを開く際の三脚部分の結合箇所で開き方がスムーズがどうか?これはバタバタと忙しい撮影時にはチョットしたことがストレスになります。
そして高さ調整時のネジ部分、個人的にはライトスタンドを選ぶ時はココを最も重要視しています。
理由としては、「高さ調節は頻繁に使う箇所」ですので、安価なライトスタンドだとネジがすぐダメになります。
ネジだけなら交換すれば済むのですが、ネジ穴が潰れやすいものは、高さ調節どころか「ただの鉄の塊」になってゴミに出すのも大変です。

こうして失敗を繰り返し(笑)、行き着いた結果が「このタイプのライトスタンドは絶対に買わない!」というポイントの写真を参考にご覧下さい。
ライトスタンドの形状の違い
いかがですか?
一見すると「何が違う?」と思うかもしれませんが、「このネジ、このダンパー部分の形状は」絶対に避けています。
・・今はもっぱらManfrottoかCOMETだけにしていますので、ネットで探すことはありませんが、微妙な価格のライトスタンドを購入する際はご参考に(笑)

なぜこうしたライトスタンドにこだわるかと言えば、単に余裕のある経費が使えるようになったとかw、長期的に見て得か損かの話ばかりではなく、「安全性」です。
弊社の場合、モデルでの商品撮影が多いので、万が一、撮影時にライトスタンドをケチったばかりに転倒や破損で怪我をさせてしまったら大変です。
安価なライトスタンドでの撮影は設置したときのグラつきや歪みなど何か問題があるケースが多いため、そこを気にしていると撮影にも集中できません。
さすがに大手の撮影機材メーカーはそうした現場の雰囲気を知って製品を出しているのだと改めて感心する瞬間でもあります。
皆様、撮影時のライトスタンドは少々高くても、安定感・耐久性は大事ですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
一眼レフカメラを使っていると「絞りを開ける」など人によって言い回しが異なる「絞り」という言葉、シャッタースピードやISO感度にも関係する撮影時に重要な「絞り」はレンズ内部の動きを観察してみると「言葉の言い回し」に振り回されることはありません。

では早速、ご説明します。
そもそも撮影の用語で使われる「絞り」とはレンズの羽根の動きで「光を取り込む量」をコントロールすること+「絵作り(ボケ味)」ですが、ご存知のようにカメラは「絞り」だけで光の量をコントロールしている訳ではなく、シャッタースピード、ISO感度などの各条件によっても組み合わせは無限になります。
初心者の方が一番迷う部分が、こうした相互関係によってF値を決めようと思うと・・結果「オート」にしてしまうことが多い。
オートでもマニュアルでもレンズ内部(羽根)の動きは同じですので、絞りの変化による羽根の動きをご覧下さい。
絞りの説明
ご覧のようにF値の数字が小さければ光をたくさん取り込めます=明るい写真が撮れます(開放で撮るとはF値を小さくすること)で、逆にF値を大きくすれば光を取り込む量が少なくなる=暗めの写真になる(最小とはF値が大きくなること)
ここがややこしい部分で口頭で「絞りを最小にして!」と言われると「最小」という言葉に影響されてF値を小さくしてしまうのはNGで(笑)、絞りの最大、最小という意味は「光の量を多く、少なく」と言っているのです。

ここまでは用語に対する誤解の解消ですが、では絞りはどうやって決めるのか?

私が一眼レフカメラらで写真を撮り始めた時にやっていた方法は、「最初に絞りを決めてしまう」これが一番簡単でした。
つまり、作りたいボケ味などを最初に決めてしまって、それに合うシャッタースピードやISOを考えると迷いが少なくなります。
でも、晴天の太陽光の下でF1.4で撮ったら白くぶっ飛んでしまうではないか??と突っ込みたくなると思いますが、シャッタースピードを最大にしても対応できなければ、レンズ側にフィルターを被せればいい、当時はレンズの絞りを開けて最高のボケを出すことに意地を張っていたのでフィルターは買い漁ってましたね(笑)
カメラ側の設定で「絞り優先モード」という選択もありますが、絞りを決めてすべてマニュアル設定で行なう状況でたくさん写真を撮っていくと決めた絞りに対しての「状況によるシャタースピードの感覚」が養われるので、光源と絞りをみれば「このぐらいのシャッタースピードでいこう」となります。
写真は読んで覚えるのではなく、撮って撮って撮りまくる!これに尽きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラマンとフォトグラファー
一般の方は特に写真の撮影者の呼称を気にすることはありません。
私の場合、商業ベースで写真撮影をさせて頂いていますが、「写真撮ってる○○と申します」とはよく言いますが、「カメラマンの○○です」という自己紹介をした記憶はほとんどありません。
無論、名刺にもそんな肩書きを記載したことも無ければ、作る予定もありません。

しかし、カメラマンとかフォトグラファーという単語にはそれぞれ漠然とした意味があるようです。
カメラマンという呼び方自体、日本では一般的ですが、海外では写真撮影を行なう人を総じてフォトグラファーと呼び、動画撮影者をビデオグラファーと呼ぶみたいです。
日本では企業から委託された写真を撮る人(商品撮影など)をカメラマン、作品撮りなどの芸術性があるものを撮る人をフォトグラファー
・・だそうです。

なぜこのような用語を説明するのか?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、私もそう感じる人に同感です。
つまり、サイト上で顔写真とか出して「フォトグラファー××」って書いてあるのを見ると少し滑稽で笑ってしまう自分がいます。

写真なんて今や誰でも撮れますし、あえて「フォトグラファー」なんて肩書きを付記する必要性に疑問を感じる。
敢えて書かせて頂けば、カメラマンやフォトグラファーなんて肩書きは、企業の役職でも無いのですから自ら名乗るものではなく、第三者に「どう見られているか」に委ねてしまえばいい。
そうした肩書きを記載をすることで本人が安心するならそれでも構わないですが、誰もが認めるフォトグラファー!?ほど自身のサイト上でそうした肩書きを記載している人は少ない。

写真撮影は人間が行なうのでそれぞれの個性が出る、プロカメラマンやプロフォトグラファーを前面に出しているサービスほど「金儲けの臭い」がしてしまうのは私の気のせいでしょうか・・それも個性が分かりやすくて良いのですが・・
カメラマンと呼ばれているうちはまだ名前を覚えられていない証拠、そんな風にモチベーションを上げる今日この頃でした(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影でシャッタースピードの数値は重要
「自社で商品撮影をしてみよう!」的なページで、1:実際に商品を撮ってみて、2:ストロボの光量に合わせてシャッタースピードをイメージに近づけましょう・・
その方法、ちょっと!待った~~です(笑)
そもそもこうしたマニュアル化っていうのは、撮影を始める方にとってはありがたいことですが、せっかくストロボとカメラを揃えたのであれば、なぜシャッタースピードを調整するのかを理解すると今後の応用もできますので、簡単にご説明します。

まず前提として外部ストロボを使って商品撮影をする場合は、絞り(F値)+シャッタースピードなどのカメラ側の設定を決めてからストロボの光量を調整します。
光量に合わせてカメラ側の設定を行なうことは、スタートの段階から「こう撮りたい!」という意志が無いのと同じような・・
つまりどのようなボケ味で撮るとか、どこまでクッキリ撮るかを決める行為がカメラ側の設定です。

ではよく見かけるネット記事で、手ブレ防止の為に、「三脚」にカメラを固定してシャッタースピードを1/60秒にする。
これは「手ブレ防止」や「ストロボの光を十分に取り入れるシャッタースピード」という点では正解です。

次のグラフをご覧ください。
シャッタースピードと光量の関係
実際にシャッタースピードを1/125秒・1/60秒で撮影した場合のストロボ受光量の推移です。
ご覧頂くと分かるように「グレー部分」はシャッターが完全に閉じて「捨てられる光」となりますので、当然1/60秒のシャッタースピードの方が受光量としては多くなります。

ここで問題・・1/60秒で撮って「光量が強すぎる!」と感じたらどうしますか?

ハイ、正解はストロボの光量を弱めるです(シャッタースピードをその数値で撮ると決めたら変更するのは光量)
これが自然光(屋外)では難しい“光をコントロールできる”ストロボ撮影の魅力です。
例えばF1.8の絞りで綺麗なボケ味で撮りたいと考えて、光が明るすぎるからF値をどんどん上げていったら、最初の目的(ボケ味を出す写真)が変わってしまいます。

では1/125秒とか1/60秒とかの数字は撮影意図だけの問題なのか?といわれれば補足になりますが、カメラ内部の「シャッターユニットの動作」が関係しています。
カメラ内部の動きで(シャッターが開いて閉じる)写真全体にまんべんなくストロボ光を取り込むためには上記のグラフのように1/60秒というシャッタースピードが必要で、ミラーレスなどの例を除けばこの動作時間が必要だということ。(詳細はメカニカル過ぎるので割愛w)

難しくなってしまいましたが、シャッタースピードはストロボの同調率の兼ね合いもあるので、横暴ですが、三脚なら1/60秒、手持ちなら1/125秒~1/250秒までと割り切ると迷わないかもしれませんねw。

最後にシャッタースピードをそれぞれ1/125秒と1/60秒分けて撮影して、光量調整だけで同じ演出をした例をご覧下さい。
シャッタースピードを変えた写真
ご覧の通り、シャッタースピードによって写真が明るくなったり暗くなったりすることはありません。
撮る行為(カメラ設定)に対してストロボ撮影の醍醐味である光を調整しただけです。

今回・・書ききれなかった気がしてますので、またの機会に掘り下げてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション